« 倍音の月 熟成の週 | トップページ | 笑っていいとも »

24時間戦えますか

土星が勤労の乙女座に入ってから、
世間が仕事モードに入っているような感じがしています。
もうすぐ木星や冥王星も、社会や地位を示す山羊座に入るので、
ますます「お仕事ムード」は高まっていくような気がします。

ところで、冥王星が山羊座に入ることもあって「父親」や「権威」がテーマになっていきそうな予感ですが、
木星が山羊座に入る来年は、いったいどんな父親像が流行るでしょうか。

父親や権威は、時代とともに悪の代名詞のように地に落とされてきたように思います。

冥王星蟹座世代では、確固とした家族(父権)制度の価値観を持っていました。

獅子座世代は、国家のような大きな権力に対し闘争しました(大学紛争)。

乙女座世代では、親や先生のような個人に向けて、ツッパリや校内暴力となって反抗しました(尾崎豊世代)。

天秤座世代では、「育児をしない男を父とは呼ばない」や男性も育児休暇をとるようになり、家事分担も抵抗なくできる人が増えました。

蠍座世代では、過去の反省が進み、教育や育児の価値観がゆらいで、新しいものと古いものが入り乱れ混乱した中で育ちました。学校週5日制、ゆとり教育、生活科の導入がはじまった世代です。(父親になるのはこれからです。この人たちが、これからの父親像を作り上げて行くのですね)。

射手座世代では、父親不在、友達親子のような風潮になり、
教育や育児の価値観は多様化し、暴力教師は訴えられるようになりました。ニートやパラサイトシングルという言葉が生まれました。

最近になって、「父親」が見直されつつありますが、
どんな父親がいいのか、見本が見つからないような状況ではないか・・と思います。

これからの時代、どんな父親像が理想とされていくのでしょうね。
流れをみていくのが楽しみです。

(権力的ではない「権威のあるお父さん像」が出てきてほしいと思います。)


ところで、父親っぽい(父親役をやったとか)人をあげてみると・・・
(山羊座なので、ある程度年齢が上の人を集めてみました。)

宇津井健さん、高倉健さん、いかりや長介さん、泉谷しげるさん、
藤岡琢也さん、田村正和さん、武田鉄也さん、時任三郎さん・・・

この中で、冒頭に上げた「お仕事モード」を兼ね備えている人といったら、
やっぱり、「24時間戦えますか(リゲインのCM、1988年)」の時任三郎さんですね。

時任三郎さんのホロスコープを見てみると・・・、
太陽(水瓶座)と月天王星(獅子座)180度。(改革パワフル仕事人)(再来年はブレイクしそうですね~)
ジュノーが太陽金星と120度、月天王星と60度。
(きちんと自分の権利を主張できる人)
ドラゴンヘッド海王星木星バーテックス(蠍座)
(社会から求められている理想に向かって進む人。蠍座世代の人たちにとって父親の見本になるかも?そういえば、子育てのために、しばらく一切の仕事を休み、家族で海外に移住し、子育て中心に暮らされていたようです。太陽キローン合もあるので、父親として奇跡を起こせる人でもあります。)
火星と冥王星120度(精神力や体力が強壮。エネルギッシュで安定的な権力行使)
ドラゴンへッド海王星木星バーテックスを中心に、火星および冥王星とカイト。

・・・・まさに、24時間戦えますか、というのにピッタリのホロですね・・。

1988年(リゲインCM)のときは、
この強力な火星の上に、トランジットの土星天王星が乗っていました。
今現在、
この火星の上に、トランジットの木星と冥王星が乗っています。
時任さんにとって、ふたたび「24時間戦えますか」の時代到来でしょうか~。

今からもうまさに、時任三郎さんに注目してゆきたいと思います。

****

<12月9日のホロスコープ>

13:00 火星(蟹座)と土星(乙女座)60度(コントロールされた意思)

☆サビアンを見ると、相手の心に同化していく火星と、個性を抑圧する土星で、自分をセーブしながら人に関わっていくという意味があるのかな、と思います。

<12月10日のホロスコープ>

2:40 新月(射手座17度)

☆サビアンでは、羽目をはずしそうな子どもや若者を鼓舞したり保護したり指導したりします。盛り上げたり引き上げたりを、コントロールする度数のようです。

<12月11日のホロスコープ>
9:24 水星(射手)と天王星(魚)90度(考え方が風変わり)

☆大きな理想だけでなく現実に根ざして実務面に力を入れようとする水星と、ムーブメントを仕掛けようと煽る天王星との葛藤です。

ボイド0:36~3:51

<12月12日のホロスコープ>
4:24 木星と冥王星0度(射手28度)(指導的人格、カリスマ、信念)

☆役立つ自分になれるよう精いっぱい努力する度数です。

8:19 火星(蟹)と金星(蠍)120度(社交的、情熱、愛情)

☆静かに受容的な金星と紳士淑女の振る舞いの火星です。しっとりした愛情です。

12:48 太陽(射手)と海王星(水瓶)60度(感受性、芸術)

☆偏見なく人に柔軟に応えていく太陽と、ありのままの姿勢でいると解決へのメッセージが受け取れる海王星。心をやわらかくしておくことを意味しているようです。

☆抑制的、柔軟性の意味合いの強い4日間ですね。
「役立つ」「指導する」という、社会的な意味合いの強い日々です。

****

<射手座第4グループ>

『抽象的精神性や哲学を実社会的な活動へ落とし込む』

双子座の影響が入ってきます。

具体的な個人としての能力を拡大し、他者と競争して出し抜く意味合いが加わります。

脆弱だった射手座の抽象的な精神性を、補強していくグループです。

この影響で、
社会の中で具体的に活動できる分野を探すことになります。
多くの場合、自立している人や組織などに寄り添っていきます。

制限された生き方に息苦しさも感じますが、次第に図太く変貌していきます。

多くの人の自主性を鍛えるための教育をするのに適しています。

☆理想を語るだけでなく、現実に根付くための具体的な活動をしていくグループです。
それまで叩かれると弱かった射手座が、こうして現実や実務性を身につけていくことで強くなっていくのですね。

****

<12月8日のサビアン>
射手座16度『船を見ているカモメ』
自分精神的な豊かさをうまく生かすために、見習い的な実務を学習する必要があります。
妥協して慣れる必要があるでしょう。
(精神の広がりを犠牲にして、世間への適応法を探していきます。)
自分の弱点を補強するために、あえて精神性を犠牲にして実務に携わったり、強い力をもつ人や組織に依存しようとします。
自分の力だけでは、生活するお金も手に入らないという単純な理由も多いはず。
しかし、次第に今までの闘争心も萎えていくので注意が必要です。

☆夢や理想だけでなく、生活のために実務的な仕事につく度数です。
天職と適職があるとしたら、天職は趣味として残し、適職で生活に必要なお金を稼ぐといった意味合いですね。

<12月9日のサビアン>
射手座17度『復活祭の日の出の礼拝』
人の中の失われた情熱を煽る性質を備えています。
集団に働きかける力があり、みんなを鼓舞できたら、自分の中の力も回復することを知っています。
集団を扱うと良いでしょう。
(自立性を復活させることになります。集団を煽って盛り上げる過程で、自分も回復していきます。
自分と他者を同時に元気にさせます。)
人の手助けをしたりすると、とたんに強い人に変わります。
特に年少者に関わるとよい効果があります。

☆人を助けることで自分も助かる度数です。
射手座の教育的意味合いは、このあたりの度数から来ているのですね。

<12月10にちのサビアン>
射手座18度『日除け帽をかぶっている子ども達』
羽目をはずしそうな子どもや若者を指導することに能力を発揮する人が多いでしょう。
保護することで行き過ぎを防ぐという点では、自制心の強い人になるでしょう。
特には抑制的過ぎる場合も。
(盛り上げてもいいけれど、行き過ぎはダメだと指導します。
自分で盛り上げて自分で落とすという人も出てきます。)
自制心によって、内面の嵐のような感情の盛り上がりを制御します。
引き時を知ることになります。

☆緩急つける度数ですね。
盛り上げる力と押さえる力は、両方とも教育には必要です。

<12月11日のサビアン>
射手座19度『住居を移動するペリカン』
有害な影響から遮断された理想の環境で、生活を丸ごと優れた目的に沿って統一しようとする考えになりやすいでしょう。
純粋な教育ということに興味が出てきやすく、未来への発展を真剣に考えます。
(地上生活の理想的な場所を確保しようとする試み。
生活の拠点ごと健全な場所に移します。)
自分の生き方に最適な場所はどこかと考えて、移動したくなるでしょう。
決まりきった特定の環境に寄生し続けると、人間の可能性は封じられることも多いのです。
また、教育に関心を抱き、本当の意味での創造性を保護するような教育は何か、考えます。
子どもがいる人は、もっと理想の教育を受けさせる場所はないか探すことになります。

☆生き方にとって最適な場所とは・・、また教育のために適切な場所とは・・と移動する度数です。

<12月12日のサビアン>
射手座20度『氷を切り出す男たち』
思想的、教養的な面で、必要に応じて、いかなるものにも応える柔軟性をを身につけます。
自分の好みや得意不得意にはこだわらず、要求に対応できるので、研究者としては理想的です。
(得意不得意がなくなり、精神性の分野もそれ以外の分野も、同じに見えてきます。
教養面で他人に貢献できます。実務に弱いコンプレックスは解消されます。)
人に必要とされるものを提供する柔軟性が発達してゆきます。
偏見やこだわりがないために、どんな分野のことでも、そこそここなすことができます。
何でも楽しめます。熱くなりすぎることもないでしょう。

☆柔軟にあらゆることをこなすことができる度数です。


****

<12月8日のオーラソーマ>
B75『流れとともに行く』(マゼンタ/ターコイズ)
「視点の変化、今までと違うように物事をとらえるチャンス」

<12月9日のオーラソーマ>
B76『信頼』(ピンク/ゴールド)
「無条件の愛を通して表現された過去の知恵」

<12月10日のサビアン>
B77『カップ』(クリアー/マゼンタ)
「愛と光の明示、肉体的な完璧さ」

<12月11日のサビアン>
B78『クラウンレスキュー』(ヴァイオレット/ディープマゼンタ)
「平和を愛して、それに依存できる状態」

<12月12日のサビアン>
B79『駝鳥のボトル』(オレンジ/ヴァイオレット)
「ショックを受けたときの内側からの深いヒーリング」

<参考引用文献>
・「決定版サビアン占星術」松村清著、学研
・「オーラソーマハンドブック」マイク・ブース/野田幸子著、モデラート

|

« 倍音の月 熟成の週 | トップページ | 笑っていいとも »