« 共振の月、創始の週 | トップページ | 共振の月、洗練の週 »

ヤッターマンと山ちゃん

「ヤッターマン」が、実に30年ぶりに復活ということで、
見ました!

ドロンジョさまや、取り巻きの子分?たちの声は昔のままで、
「豚もおだてりゃ木に登る」などなどの、定番の名台詞も生きており、
とても懐かしく楽しかったです。

にしおかすみこさんがPR係をされていたそうですけれど、
ドロンジョさまのイメージにピッタリですね。

ヤッターマンの絵も、そのままっぽいけど、古さを感じさせないですね。
かえって、あの70年代のセンスが新しく感じられます。

ドロンジョさまや、主人公の女の子の、胸やおしりやウエストのラインが強調されているあたり、キューティーハニーを連想させますが、
子どもだけでなく、3~40代の大人(男性)にとっても、懐かしく嬉しく楽しい番組になりそうです。


ところで、ナレーターの声は誰でしょう。
そうです、やまちゃんこと、山寺宏一さんです。

数年前に、「あれ、この人こういう番組に出ているんだ(おはスタ)。どうして?(CMに出ているイメージがあったので)それにしても、司会進行や発言や動作やリアクションが、おもしろい・・というか見事。」と思って以来、何となく気にしていました。

そしたら、俳優さんや芸人さんではなく、声優さんだったのですね。


そうか~「かいけつゾロリ」のゾロリの声だったんだ~。
ゾロリのあの楽しい歌(オープニングやエンディングの)も、山寺さんが歌ってたのか~。すごい、おもしろいと思ってた~。
「あんぱんまん」の名犬チーズもか~。
洋画のジムキャリーなどなども~。
気づかないところで、いろいろ耳にしていた声だったかも~。

という感じで。
いろいろなところで、大活躍な方だったのでした。

で、調べてみると、「ものまね」も、とてもお上手なんですね。
すごすぎます。


ホロスコープを見てみました。

太陽双子座、月獅子座、ノード獅子座、火星獅子座

う~ん。これだけ見ても、アニメや映画、子ども向け番組などなど、
とても向いている(天職)な方なのだなと思います。

一番見ごたえがあるのが、蟹座の水星。
蟹座は模倣上手です。
海王星と120度、キローンと120度で、グランドトライン。
水星海王星なので、「こんな感じ」というのを上手に演じてしまえるのかもしれませんね。
物まねがとても上手なのも、うなずけます。
冥王星と60度、金星と60度なので、こだわり抜いて、しかも楽しく演じることができます。

すごく才能のある人なのだナというのがわかりました。


月や金星の状態や、もと奥様のかないさんとの相性を見てみると、
ちょっぴり切ないものがありますけれど・・・。
(ふたりとも、金星と海王星と冥王星のアスペクトがあるもの同士。
金星同士が合なので、ものすごく惹かれあったのでは・・。
しかし、山寺さんは双子獅子座系ですが、かないさんは魚牡牛系で・・・まぁほかにも・・・・)


さて、今年の運勢見てみると・・・

ここ2年ぐらい、運行中の土星が、山寺さんの月や天王星やノードや冥王星の上を通過していました。
もしかしたら、天変地異のような大変な状況だったかもしれませんね。。
しかし、もう抜けました。
去年年末あたりから、元気になってきたかと思います。

また、現在、いったり来たりしている火星が、
山寺さんの太陽や水星の上にしばらく滞在しています。
なので、さらにモチベーションがアップしていることと思います。

小堺さんと舞台のお芝居をされているようでしたし、ヤッターマンが始まることも、意欲アップに関係があったかな?

お誕生日から一年を見る太陽回帰図をみると、
今度の誕生日(6月)から一年は、
海王星や冥王星や天王星がいろいろヒットしたり、金星もかかってきたりするので、
山ちゃん人気が大きくアップする予感です。
今年から来年にかけて始まったことで、
はまり役のキャラクターとか、ヒット番組とかを手に入れる可能性がありそう。
かなり知名度もアップするのでは・・・・(!)
(木星が水瓶座に入る来年の方が、いい感じかも)

本当に楽しみです。
山ちゃん、応援しています~。

****


<1月14日(おととい)のサビアン>
山羊座24度『修道院に入る女』
自分が属している文化のルーツに近づき、そこから精神的な伝統的を受け継ぎ、現代社会の中で発展させようとする意思を持つ人です。
やや内向的な行動をするかもしれませんが、社会から遊離せず、むしろ社会の源流に接近する行動です。
(これまでの社会に新しいものを期待しても、何も生まれないことを承知しています。
そこで、慣れ親しんだ世界に別れを告げ、より優れたものを探索する旅に出る度数です。
この「修道院」とは、社会の中でのすべての活動を十分に体験し、その先に進みたいという積極的な意思を持つ人が目指す場所です。
一見引退しているように見えて、裏側で実権を握っているような人です。)
自分が属している社会を支えている伝統の中にある、より奥まった、力の源の場所にたどり着こうとします。
そのことで、表面的な実務能力や野心発揮の場からは離脱したかのように見えるかもしれませんが、実際には引退でもないし、消極的になったわけでもありません。
もっと根本の力をつかみとりたいという野心が隠れています。

☆社会を十分体験し、その先の精神的な伝統(根源的なもの)に近づこうとする度数です。



<1月15日(昨日)のサビアン>
山羊座25度『東洋の敷物を扱う商人』
自分の社会には存在しない異質なものをよその文化から持ち込み、
自分の社会に対して新鮮な活力を新たに加えようとする人を示しています。
異種文化を吸収して、すぐさま自分のものとしてしまう才腕があります。
(修道院という隠遁生活から元の社会に復帰したときには、それは社会に新風をもたらすことになるでしょう。
社会から離脱した人が持っている異質で新しい情報は、共同体の新陳代謝を促す有用な贈り物となるのです。
自分が属している社会に対するこだわりをすでに捨てています。
ありとあらゆる境界線を利用して、社会への貢献活動をするのが特徴です。)
なじんだ環境に、異質なものを持ち込むことに興味を持つでしょう。
目新しい刺激を自分の力でもたらしたいので、盛んに外の環境に関心を持つことになります。

☆境界線の向こう側から戻ってきて、新しい文化を持ち込む度数です。


<1月16日(今日)のサビアン(山羊座第六グループ)>
山羊座26度『水の妖精』
自分の属する文化の中にある古きよきものを受け取り、芸術面や文化的な活動の中で、その古き良きものを再生させることができるでしょう。
感受性に優れていますが、華美な趣味や安逸に流される傾向も隠せません。
(人の心に救いや潤いをもたらす想像力の作用をします。
いつの時代にも変わることのない安らぎをもたらします。
しれは、人間心理の根本的な働きも表しています。
芸術的な天分、繊細なセンスなどに関係しています。
天啓を受けるなどの意味もあります。)
自分の感受性や芸術的センスを開発するために音楽や芸術に親しむと、
それを通じて普遍的な、いつの時代も変わらない人間の心や情緒、愛情などを知ることができるでしょう。
それは今のあなたには大切で、目の前のことに神経が集中していたこれまでの生き方から解放されます。

☆人の心に癒しをもたらす情緒性や受容性に関する度数です。
いや~、音楽や芸術はいいですネ。
そういえば、これは私の金星の度数です。


****

<1月14日のオーラソーマ>
B23『愛と光』(ローズピンク/ピンク)
「内なる愛を見つけるための知恵と理解」


<1月15日のオーラソーマ>
B24『新たなメッセージ』(ヴァイオレット/ターコイズ)
「スピリットのハートレベルでのコミュニケーション」


<1月16日のオーラソーマ>
B25『回復期のボトル/フローレンスナイチンゲール』(パープル/マゼンタ)
「開拓のスピリット、スピリチュアルな知識の探求」

<参考引用文献>
・「決定版サビアン占星術」松村清著、学研
・「オーラソーマハンドブック」マイク・ブース/野田幸子著、モデラート

|

« 共振の月、創始の週 | トップページ | 共振の月、洗練の週 »