« 歳の差結婚 | トップページ | ヤッターマンと山ちゃん »

共振の月、創始の週

13の月の暦では、共振の月(1月10日~2月6日)が始まりました。

共振の月のテーマは
「調律を命ずる」奉仕を行為へと調律する

問いかけは
「自分の奉仕を他の人にも合わせるには?」

キーワードは
「調律、チャネルをあわせる、呼び起こす」


創始の週のcodonは
「光り輝く回路」


う~ん・・・・ちょっと難解ですね。。
テーマを意識しながら過ごしていると、きっと意味がわかってくると思います。。


****

<共振の月、創始の週の、大きなアスペクト>

1月13日は、金星と天王星が90度。
恋愛事件が起こりそうな予感ですね。自由気ままな姿勢はNG。
突然恋が始まる予感もあります。
電撃結婚のニュースもあるかな・・?
同様に、突然の別れの予感も・・・・。
投機や投資は、思いつきで始めるのはNG。
衝動買いもしないよう気をつけましょう~☆

また、太陽と月が60度。
快活で魅力にあふれます。フットワークも軽く動けそう。
サビアンを見ると、もっとより良いものを取り入れたくなるかも。


1月16日は、上弦の月
真面目さが増します。頑固になったり、要領が悪くなったりして、回り道してしまいそう。
もう一度目標を見直して、地道な努力を。
サビアンをみると、もっともっと上に!と気持ちが先走っている感じかな。


****

<ホロスコープ>

1月10日   (午前中わけもなく不安。夕方以降わきあいあい。)

1月11日   (夢が広がりそう。夕方以降行動に移していって)

1月12日  ボイド2:51~3:44
        (午後は楽しい感じ。しかし夕方以降、気分低調)

1月13日  2:24金星と天王星90度
       20:24太陽と月60度
        (愛情面で突然の変化がありそう。突然の出会いも。)

1月14日  ボイド8:40~9:23
        (朝からイライラモード。かなり強烈です。自制を。)

1月15日   (夕方から和気藹々ムード。昨日ケンカしたなら仲直りに最適。)

1月16日  4:45 上弦の月
       ボイド12:39~13:12
        (苦しい状況でも、とりあえず行動を。親しい仲間達が支えてくれます。)


☆1月13日あたりから、大きな変化がありそうですね。


****

<山羊座第5グループ(1月11日から15日)>

『活発な社会活動と律儀さ』

社会の中で積極的にチャレンジ精神を発揮していきます。
勝ったり負けたり、再チャレンジしたりと、忙しく活動的なグループです。
かなり図太い山羊座のパワーが、いかんなく発揮されることになります。
それなりに目立つ働きをしますが、集団的な価値観から逸脱してしまうことはありません。
社会での人間関係を舞台としたドラマがあり、浮き沈みが激しいですが、活動は活発です。

競争原理が働くことで社会がより活性化することを知っていて、この中で生きることを有意義だと感じます。
遅れをとることを警戒するので、常に最先端であろうとするでしょう。

転んでもただでは起きないので、社会的にはかなり役立つ人と言えます。

☆山羊座も油がのってきましたね~。
たのもしいです。


<1月10日のサビアン(前のグループです)>
山羊座20度『歌っている隠れた合唱隊』
個人的功名心をおさえ、社会や仕事の場で共同的に振舞います。
日常の努力の中で地道に仲間に貢献する積み重ねによって、
共感や喜びを得ることができます。
出すぎず引っ込みすぎずという加減のよさが大切です。
(お互いに助け合いながら集団を運営していく行動が取れるようになります。
高いレベルの蟹座が、山羊座の硬い自我を砕いた結果、山羊座の性質がグレードアップされた結果です。
自分の成功にこだわらず、仲間との関係で、陰になり日向になって助けることができるでしょう。)
自分の個性を強く押し出すよりも、仲間を助けることに価値があると感じます。
しかし自分のおかげだとは、決して言わないようにしましょう。

☆ 自分の功名心を抑えて、仲間のために、陰日向になって働く度数です。
企業の社員たちは、個人の成果を上げても会社の業績となりますが、そういった意味合いです。


<1月11日(昨日)のサビアン(ここから第5グループ)>
山羊座21度『リレー競争』
仲間と協力し合いながら、競争社会に参入します。
良い意味での競争は、社会全体の水準を引き上げることになるので、
全体に貢献しているという満足感を得ることができるでしょう。
ビジネス社会ではもっと実力を発揮します。
(協力しながら他チームと戦うのは、今日では企業間競争がまさしくそうで、山羊座の能力発揮の場面としては、最も華のある部分かもしれません。
山羊座の世界観から見れば、この度数は満身の力を込めて集中できる、充実した活動のピークを示しています。
山羊座は基本的に個人的な活動をさほど重視しないので、集団の中で自分がうまく歯車としておさまる場所を探し、律儀に奉仕的に働きます。
また、そのメンバーに選ばれることは名誉なことでしょう。)
有意義な働きをするチームに自分が参加し、積極的に仕事を進めるという、一番充実した張のある時期を示します。

☆ 有意義な活動をするメンバーの一人として、充実した働きをする度数です。


<1月12日(今日)のサビアン>
山羊座22度『敗北を優美に認める将軍』
より優れた成果を目指すために、表面的な勝ち負けからは降りる人が多くなります。
小さなことで負けるかわりに、より大きなことで勝つ人が多いでしょう。
仕事の成功などといったものには、もう飽きている人が多いかもしれません。
(物質と精神は逆相になっているという説があります。
その理屈から考えると、集団社会で目に見える戦いに勝つというのは、精神面では敗北するという意味になります。
戦いに負けることと引き換えに、心の高貴さを称えられ、精神的な意味での勝利を得ます。)
社会的な勝敗レースには飽きてしまい、そのとたんに競争に負けてしまうかもしれません。
しかし、それよりももっと優れたものを得ることが多く、ただ負けたという虚しさを抱えたわけではありません。
新しい世界を開拓できますが、しかしそのことに周囲の人は誰も気づかないことが多いでしょう。

☆戦い競争から降りて、精神的な豊かさを得る度数です。
冥王星が山羊座に入りますし、これからの世の中、こんなふうな価値観へ転換していくかもしれませんね。


<11月23日(明日)のサビアン>
山羊座23度『戦争での勇敢さをたたえる二つの賞』
仕事での勝敗に対する積極性と、さらに人間的な意味での包容力に恵まれた結果、
良い業績を上げるとともに、人間的にも尊敬される人が多くなります。
仕事面でのいろいろな体験が増えるので、その分野での経験豊富なベテランとなるでしょう。
(競争から脱出することで別の価値観を見出した人は、ここで、社会での競争に生きることもできれば、そこから降りることも可能な、自由な生き方を獲得できるでしょう。
社会内の価値を、内側からも外側からも見ることができる生き方です。)
この段階になって初めて、正しい仕事の仕方を身につけることができるのかもしれません。
必ずしも成功にこだわらないという余裕が出てきて、やっと楽になれます。

☆必ずしも成功にこだわらず、社会競争に乗ることもできれば降りることもできるという生き方を身につけることができる度数です。



<1月10日のオーラソーマ>
B19『物質界に生きる』(レッド/パープル)
「心を改めれば、身も新しくなる」


<1月11日のオーラソーマ>
B20『チャイルドレスキュー/スターチャイルド』(ブルー/ピンク)
「本能的な愛、無条件の愛によるコミュニケーション」


<1月12日のオーラソーマ>
B21『愛への新しい始まり』(グリーン/ピンク)
「新しい視野、新しい誕生」


<1月13日のオーラソーマ>
B22『再生者のボトル/目覚め』(イエロー/ピンク)
「新しい視野、新しい誕生」

<参考引用文献>
・「決定版サビアン占星術」松村清著、学研
・「オーラソーマハンドブック」マイク・ブース/野田幸子著、モデラート

|

« 歳の差結婚 | トップページ | ヤッターマンと山ちゃん »