« 律動の月、熟成の週 | トップページ | 歳の差結婚 »

源氏物語から千年

11世紀初頭、紫式部によって書かれた『源氏物語』。
寛弘5年(1008年)に宮中で読まれていたとの記録があることから、
2008年は『源氏物語』から千年ということで、話題になっているようです。

木星も冥王星も、古典の山羊座に入るので、
ピッタリなシンクロだなぁと思います。
今年は着物ファッションが流行るかな・・?

この年末年始は、時代物のドラマが多かったですね。
今期の新ドラマも、山羊座っぽいものが多いです。
「篤姫」「新水戸黄門」は、時代物。
「おシャンのシャン」は、歌舞伎(古典芸能)。
「1ポンドの福音」は、禁欲的なシスター。
「ハチミツとクローバー」は、片思い。
「斉藤さん」や「エジソンの母」は、真面目なお母さんや先生。
「あしたの喜多善男」は、おじさんが主人公。

そういえば、
オダギリジョーさんたちの結婚の、「しつけの厳しいご家庭のお嬢さんとの門限を守った交際」というエピソードは、山羊座っぽいですし、
松たか子さんたちは、「長い交際期間と年上男性との結婚」ということも、山羊座っぽいナと思います。


☆今日は山羊座の新月です!(20:37)
確固たる目標を設定し(長期的なものが吉)それに向けて努力を始めると良いようです。
ストイックに頑張る決意を!


****

さてサビアン。

<山羊座第4グループ(1月7日~11日)>

『大人の中にひそむ子ども意識を成長させる』

「社会的な大人意識を育成する」山羊座に、
対抗サインである「情感や情緒を育て内面の豊かさを生み出す」蟹座が入ってきます。

個人のことは顔に出さず、社会的に振舞おうとする山羊座ですが、
対抗サインの影響で、
思いや感情をむき出しにし、幼児に戻ったかのように社会ルールを無視した行動が出てきます。

しかしこれは、縛られて身動きが取れない山羊座に、生命の共感意識をもたらし、包容力のある度量の大きな山羊座への成長を促します。

一時的に効率性や仕事の能力が犠牲にされてゆき、場をわきまえない言動が増えますが、
それはより大きな山羊座になるための発展途上にあるといえます。

子ども的な心を取り戻し、あらためて自分を大人として育成させることに、大きなテーマがあります。

嘘やごまかしを嫌い、家族や仲間を大切にします。

****

※ごめんなさい、サビアンずれました・・☆

<1月6日のサビアン>

山羊座16度『体操着の少年少女』
幼い資質の中に社会性を与えるために、基礎的な規律などを教えます。
また、大人として振舞っている人の内面の、幼い子ども的な要素に着目し、それを抑圧しないで直視することを学びます。
(義務、仕事、社会のルールを身につけるのに、子ども的な遊び気分で取り組む傾向が出てくるでしょう。
自分の中に急激に強まってきた蟹座の情感や資質に対しての自己訓練をしなくてはなりません。
今まで、相手の気持ちを思いやって仕事を進める方法を考えもしなかったり、仕事に対して意欲的になっているときに家族から邪魔をされ、仕事に熱中するのは逃避だといわれたりと、いろいろなことが起こりやすいでしょう。)
義務意識の中で大人的に振舞うことに対して息苦しさを感じます。
もっと楽しい遊びの中で社会生活を運営できたら楽しいと感じます。
気持ちの奥底にある素直な感情が豊かに出てきますが、それらをどう手なづけて良いのか途方にくれることも。

☆中年期の転換期のような度数ですね。
楽しく社会生活を運営できたら、どんなに良いでしょう・・・。

<1月7日のサビアン>
山羊座17度『ひそかに裸で入浴する少女』
大人意識の中に隠された純粋な心理や個人的な感情を解放して、人間的に自由に振舞うことに関心を抱きます。
表面的な大人の意識でなく、真の人間性の成長を考えるには、まずは裸の心に向き合うことが大切です。
(自然体で生きたいという解放への欲求を示します。
形の上では集団生活に適合しているように見えても、心の中では自由気ままに生きようとしています。
心の奥まで染みついたタブー意識を捨て、内面の声に耳を傾け、自分が本当は何を望んでいるのかを正直に見つめます。
抑圧が効き過ぎている場合は、極端な行動に出ることも)
自分は本当のところ何を望んでいるのかを、問い直してみましょう。
うっかり、やりたい放題になる癖も出てきます。

☆本当に望んでいることや正直な気持ちを見つめなおす度数です。

<1月8日のサビアン>
山羊座18度『イギリスの国旗』
野放しにされている個人的な感情を、意識的に自己管理する必要を感じることでしょう。
真の意思によって、自己コントロールを始めるので、成長した人格を作り出すことができます。
規律や抑制に対して正しく評価できます。
(他者からの抑圧ではなく、自分自身で管理していきます。
状況をわきまえた適切な行為ができるように、自制心を身につけます。)
気ままに暴走する自分の感情や気持ちを自分で自覚するにつれ、やはりこれはもっとちゃんと自己管理しなくてはならないと、真面目に考えるようになります。
状況に合わせて自分を律していき、目的に合わせて自分の気持ちや感情を作り出していきます。

☆感情的にも行動的にも、状況に合わせて律したりくだけてみたり・・という、完成度の高い大人になっていく度数です。

****

<1月6日のオーラソーマ>
B16『菫色の衣』(ヴァイオレット/ヴァイオレット)
「真の自己と奉仕に目覚める」

<1月7日のオーラソーマ>
B17『吟遊詩人Ⅰ/希望』(グリーン/ヴァイオレット)
「スピリチュアルな新しい始まり」

<1月8日のオーラソーマ>
B18『エジプシャンボトルⅠ/ターニングタイド』(イエロー/ヴァイオレット)
「スピリチュアルな教師、自己を癒すための知恵」

☆紫をベースに、上層部が紫→緑→黄色→赤(次)と変化していきます。だんだんと目覚めて開放的に元気になっていく色の変化ですね~。


<参考引用文献>
・「決定版サビアン占星術」松村清著、学研
・「オーラソーマハンドブック」マイク・ブース/野田幸子著、モデラート

|

« 律動の月、熟成の週 | トップページ | 歳の差結婚 »