« 銀河の月 | トップページ | 銀河の月、洗練の週 »

南海キャンディーズふたたび

先日、静ちゃんのホロスコープを見てみましたが、
相方の山ちゃんのほうはどうかな・・?と思い、
見てみることにしました。

山ちゃんは、太陽おひつじ座、月うお座、ノードてんびん座。

太陽とドラゴンテイルが合。
月とペルセポネが合、木星リリスろ90度、天王星と120度、水星キローンと60度。
水星と天王星が180度に土星が90度(Tスクエア)

オタクっぽいお笑い系のひとですね。
ちょっと小心なところがあるかな・・。

金星(おうし座)が冥王星と180度、海王星と120度、土星と120度(グランドとライン)
火星(うお座)が海王星と90度
恋愛面では、まじめで一途で情熱的で献身的です。

南海キャンディーズは、静ちゃんのホロスコープの形でやっているナ~と思っていました。
(太陽火星水星と月と天王星とリリスでグランドクロス)
すごくインパクトが強くてオモシロです。

静ちゃんは、うお座ドラゴンテイルにペルセポネ合、おとめ座ドラゴンヘッドに土星合。
若いうちは、きちんとした華々しい世界に苦手意識があり、甘えられる環境に浸りがちな面がありますが、
山ちゃんはドラゴンテイル太陽の人なので、きっと、静ちゃんにとって、気負わずに関われる相手なのかな・・と思います。
相性を見ても、山ちゃんは静ちゃんの暴走をセーブし、静ちゃんのことをわかってあげられます。
静ちゃんをリードしていくことができそう。
また静ちゃんにとって、運命の相手と思わせる部分もあります。
二人が組むと、おもしろ不可思議な魅力がばっちり効いて、静ちゃんの安心するドラゴンテイルの世界に住むことができるようです。

しかし、こうして売れて脚光を浴びるに従い、
静ちゃんは、華やかなドラゴンヘッドの部分を鍛えていかなければなりません。
おとめ座しかも土星合なので、自己管理をしっかりし、まじめで堅実にやっていくことができるようになると思います。

二人のホロスコープを見てほほーうと思う部分は、
二人とも、金星と冥王星のアスペクトがあること。
山ちゃんはものすごく愛情深い献身的な人ですし、
静ちゃんも金星と冥王星と太陽で小三角。
合成図でも、金星と冥王星と海王星が小三角。
おふたりの間に恋愛感情があるかどうかはわかりませんが、
深い愛情(パートナー愛?)でつながっている組み合わせであることは間違いないと思います。

南海キャンディーズを見ていて、なんだか良い感じがするのは、
こういう愛情面での結びつきが、周りに伝わってくるからなのでは・・・と思ったりしたのでした。
おふたりの活躍を応援したいと思います。。。


****

<2月7日のサビアン>
水瓶座18度『仮面がはがされた男』
個人に許された範囲を超えて過剰に持ってしまったものを、
無理やりに奪われる体験をしやすいのですが、
この体験から真の公平さとは何かを理解することができるでしょう。
(個人として秘密にしていたことを暴かれてしまう体験をしやすい)
溜め込んできたものを開放します。
閉じ込められたような気分から逃げ出したいという強い衝動が働くのです。
そのために自分の秘密を他人に公開されたり、
また自分からそうしたりして、
蓄積されていた緊張感が開放されるような体験をしやすいでしょう。
最終的にはすっきりしますが、
一時的には不快な気持ちになるかもしれません。

☆外と自分との壁が消えてゆき、外の情報や感情の流通がストレートに行われるようになる度数です。

<2月8日のサビアン>
水瓶座19度『消しとめられた山火事』
新たな事件が起きるたびに、これまでの経験から決まりきった対応をするという怠惰に陥ることなく、
そのつど直視して対応するという姿勢が確立していきます。
外界に真に開かれた態度を取れる人です。
(そのつどそのつど、状況に応じて対応するという姿勢を確立してゆきます。)
最初から決め付けてしまうと、何もできないことを痛感します。
個人の自己中心的な内面という現実逃避的な心を捨てねばなりません。

☆決め付けてかかるのではなく、内面を開いて現実を直視し、
そのつど対応していく度数です。

<2月9日のサビアン>
水瓶座20度『大きな白い鳩、メッセージの担い手』
周囲で生じるすべてのことに心を開き、
環境の中を流れている意識の潮流に身を任せていると、
困ったことが起きたときにも必ずどこからか回答がやってきます。
関係する人とモノ、すべてがメッセージを運んでくるように思うでしょう。
(真の意味で心が開かれた人になります。
たとえ苦しいことが多かったとしても、
同時に優れたチャンスも見落とさなくなります。
また問題解決への導きも外側からやってきます。)
外界で起こることを拒否しないで、起こるがままに放置していたとしても、
それはそれでいいと考えるようになるでしょう。
こうしたありのままの姿勢でいると、問題が生じたときにも、
解決の道を探すのはとても早くなります。
現世に関わることを避けていたかのような水瓶座が、
この段階になって、何かを避ける必要も、拒否する必要もなくなります。
そうしなくても、自分の意思や目的を失うことがないことがわかったからです。
図太い水瓶座の誕生です。

☆自分を保ちつつ、外界とも関われる水瓶座になる度数です。
すばらしいですね~。

****

<水瓶座第5グループ>

『理性的自己を育成する』

客観的で普遍的な自分というものを作ろうとします。
特殊な個性があると、そのひとは、どこにでも通用する人物ではなくなってしまいます。
個性に支配されない、理性的な自分を作り出そうとする試みが始まります。
一見大人の振る舞いに見えますが、
山羊座のそれと違うのは、
明確な理由や動機がないと、いかなるものにも従わないという点です。
納得できないものは、あたかも最初からなかったかのように無視する姿勢なのです。

個人的な感情などを犠牲にしても、大きな目的のために働くことを選びます。
理性的に行動することに対する思い入れがありますが、
それは理想的な完成された人間になろうとする意志から来ているものです。

目的を果たそうとする時、そのことに反抗する自分の中の気ままな資質を、自分で教育して作り変えます。
教育者として適しています。

☆理想的で普遍的な自分になるために、自分を作り変えていくグループです。


****

<2月10日のサビアン>
水瓶座21度『絶望し幻滅した女』
個人的な感情を捨てて、大きな目的のために奉仕する行動をする傾向があります。
しかし、心の中に潜む幼児の心にかなり負担がかかることが多く、
それを被虐的に喜んでしまう傾向もあります。
理性的な自己像を好む人です。
(必要とされる仕事や義務を果たすことのできる自分を作るために、
自分の心理的な許容度や、身体的な耐久度を越えてまでも働こうとします。)
大きな目的のために、純粋に貢献できる自分を作りたいが、
身体や心は盛大に反抗して、なかなか統一行動が取れない自分にいらだちます。
無理をして行動すると、後で反動がやってきて感情がパニックを起こします。
苦しい時ですが、それが妙に楽しいという気持ちも一面では感じています。
ある意味自分をどこかでいじめようとしています。

☆自分の心や体を犠牲にしても、大きな目的のために貢献していく度数です。

<2月11日のサビアン>
水瓶座22度『子供たちが遊ぶために床に敷かれた布』
自分の心の中に住んでいる幼児の魂は、
理性的な行動を取ることに反発しています。
この度数の人は、この幼い部分に改めて目を向けて、それを癒し、
また再教育することに関心を抱きます。
これは本能を訓化することともいえるでしょう。
(知性に従わない身体や感情を、再教育する必要性に駆られます。
そのために、基礎的なところからもう一度考え直そうとするのです。
差し迫った治療効果を必要としています。)
ストレスの多い暮らしをしていると、反動でのんびりと夢のある生き方をしたいという気持ちが出てきますが、
これはギリギリのところで出てきた願望なので無視してはいけません。
子供のような素朴な遊びをしたくなる場合もありますが、
無駄な時間を過ごしているようでも、心理的な治療効果があるので、
遊びたいときには遊んだほうがいいのです。

☆感情や身体を無視して溜めたストレスを、緩和する必要が出てくる度数です。
幼児的な心に退行することでストレスを回避します。

<2月12日のサビアン>
水瓶座23度『座ってすべての手足を振っている大きな熊』
自身の中の原始的な本能が、自発的な意志で向上心を持つことを重視します。
無理に押し付けるのではなく、
自ら望んで意識的な自我へと成長することは、人間の真の本質面を発達させるのです。
(自身の中にある理性的行動に抵抗する本能、感情、身体の偏りをターゲットに、これらを自発的に訓練します。)
自分の中にある知性や意志に言いなりにならない部分を訓練して、
個人の偏った癖を矯正することに関心を抱きます。

☆自分の偏りを矯正するために訓練しようとする度数です。

<2月13日のサビアン>
水瓶座24度『情熱に背を向けて自分の経験により教えている男』
情熱を借りて人に働きかけることは悪と考え、
自らの体験を通じて会得したものを冷静に人に伝えようとします。
無知が残るときだけ情熱が生まれ、
真に知っていることは情熱を持つことはないのだと考える人です。
(「情熱は有害である」と考え、冷静に自身を訓練する方法を伝えようとします。
「情熱は善である」と信じ込んでいる人が多い世の中で、
この価値に賛同する人は少ないでしょう。)
経験的に学習したことを人に伝えたり、まとめたりする時期です。
一般に言われていることと自分が体験したことには違いがあり、
まことしやかに伝わっているような内容には批判的になります。
完全性を求めるので、自分にも人にも曖昧さが残ることを嫌がり、
人間の構造についてもっと探求したくなります。

☆情熱は無知なるゆえと考え、冷静さを伝えていく度数です。

<2月14日のサビアン>
水瓶座25度『右の羽がより完全に形成されている蝶』
破綻のない冷静な自我が生まれてきます。
そのためには本能や感情、情緒などを無視することなく、
ちゃんと理性や思考と対等に扱い、
人間性について全体的な知識を得る必要があります。
(冷静な資質(理性や知性)が根底から形成されたことを表現しています。
表層的な脳の働きを超えて、
もっと深層のところにまで理性的な資質が定着したことを暗示しています。
思考、感情、肉体のすべてを自分の意志でコントロールする努力を続ける人です。)
表面的なものでなく、根底から安定した、
公平で理性的な自己を作り出そうという強い意志が働きます。
これまでの試みで、それはある程度成功する段階に来ています。
多少何が起きてもびくともしない、
普遍的な自分像がはっきり生まれてきます。

☆思考、感情、肉体を自分の意志でコントロールするという冷静な資質が完成する度数です。
それにしても、水瓶座、すごいですね~。。。ほんと、すごいです。

<参考引用文献>
・「決定版サビアン占星術」松村清著、学研

|

« 銀河の月 | トップページ | 銀河の月、洗練の週 »