« トヨエツさん | トップページ | 30年前の土星 »

EQ

最近、忙しく働いている人が増えました。
世の中お仕事モードですね。
乙女座の土星と山羊座の木星ですものね。
来年の今頃は、木星が水瓶座に入っているので、
お仕事の中でも、「専門職だよ、独自性」というムードが高まっていきそうです。

でも、土星は、乙女座の次には天秤座へ入っていくので、
「仕事は、知的能力だけが優秀でもダメ、対人関係能力を鍛えなくては。」
というふうな流れに、きっとなっていくと思います。

まだ先のことですけれど、少し心に留めておきたいですネ。
(お笑い番組が盛り上がっているのは、そうしたEQ能力の高さがウケているのでは・・)


****

<牡羊座第6グループ>

『自分の活動力の地上的落としどころをさがす』

牡羊座の目的は、基本的に自分は何者かということを明確にすることですから、
このグループでは、自覚を高めることに重きが置かれ、
子供っぽさや単純さが目立たず、精神性が高くなる傾向があります。

同じ火のサイン(獅子座、射手座)は、他者や集団に働きかけますが、牡羊座は単独で成立する火なので、個人の自覚や達観に関係します。

牡羊座にとって精神性を追及する相手は他者ではなく宇宙という印象があり、宇宙の中で一人で立つ自分というのが、このグループの人が描く理想的なイメージかもしれません。

ある悟りに近い自覚というものも生まれやすいでしょう。
また、精神性がぎりぎりまで発展した結果、個体を維持できなくなるような限界点にまで近づいていきます。

牡羊座の個人の精神が、肉体という物質世界に飲み込まれていくための転換点となります。

本当の意味で自分の生きる目的とは何かをいつも意識する人になるでしょう。
細かいことでなく、大きな視点の中で生きる意味を模索するので、人に対しても正しく評価できる能力があります。

事務的な仕事をするよりも、もっと人間そのものの生きる目的を問うといった、大局的な立場に立って困っている人にアドバイスしたり、新しい提案をする仕事を目指すと満足感があります。

人間の精神性を大切にし、精神の分野に関しては詳しくなる人が多いでしょう。

☆牡羊座の精神性が極まるグループです。牡牛座の肉体へ移動する手前の段階です。

****

<4月15日のサビアン>
牡羊座26度『持ちきれないほどの贈り物を所有する男』
思いついたことを片っ端から実現しようとする人になります。
なかなか落ち着きのない人ですが、忙しい生活には合っていて、アイディアマンになるでしょう。
何ごとも過剰になりがちですが、それが性にあっています。
(同時にいくつもの可能性を追求できるマルチな人です。
過剰な負担を背負い、日々忙しく行動しても、あまり苦痛を感じないでこなすことができるでしょう。
しかし、心の奥底からやってくる衝動に突き動かされ、自分でも考えていなかったことに手を染めることも多くなります。
霊的なインスピレーションを受け、無限の可能性が開かれているように思うかもしれません。)
思わぬ事態の変化によって、生活全体が豊かで多彩な展開を見せてきます。
首尾一貫性がなくなることも。

☆忙しいマルチなタイプの度数です。
(釜本邦茂さん、坂上二郎さん)


<4月16日のサビアン>
牡羊座27度『想像の中で復活された失われた機会』
失敗から多くのことを学び、想像力でさまざまなケースを想定して、人生を立て直すことができる人です。
多面的に物事を見ることができるので、どんな落ち込みのときでも気分の切り替えは早いでしょう。
(どんなものにも不動の価値が備わっているわけではなく、人生の成功や失敗ということに関しても、解釈しだいでは成功と思えたものが実は失敗で、失敗と思えたものが実は成功だったということに気づく人です。)
自分の生活が秩序を失い、どこに意味があるのかわからなくなってくるかもしれません。
このような状況の中では、何が一番大切かを見直し、それを中心に、改めてすべてのことを考え直すという努力をすると良いでしょう。
何度崩れてもまた何度でも立て直しすることができます。

☆想像力によって最重要な目的を意識し、それによって立て直す度数です。
(なぎら健壱さん、畑正憲さん、高見沢俊彦さん)


<4月17日のサビアン>
牡羊座28度『落胆させられた大聴衆』
周囲の期待に応えなくてはならないという気持ちを捨てることができたら、真の目的を実行するには何が必要かわかります。
環境に対して心を開くきっかけは、失敗に見える体験から始まりますが、それは本当の失敗ではありません。
(周囲の環境とうまく調和しない事態が起きます。周囲の期待に応えようとすることが障壁となったのです。
期待を裏切ることで、自分の本当の立ち居地を確認し、自分と周囲との関係を改めて結びなおします。)
環境に支配される自分と、真に自分の人生を歩もうとする姿勢の間に葛藤がありますが、何らかの偶然を利用して自由になるチャンスが訪れます。
嫌な体験かもしれませんが、後から考えると、それが良いきっかけだったと感じるはずです。
周囲の期待に振り回されず、自分のことを真剣に考えましょう。

☆期待を裏切ることで、改めて周囲との関係を結びなおす度数です。
(小宮悦子さん、チャップリン、モルガン)


<4月18日のサビアン>
牡羊座29度『天球の合唱隊が歌っている』
言葉では表現し得ない場の全体的な雰囲気を鋭いく察知し、自分が何をするべきかも、直感的につかみとります。
形よりも目に見えないムードや座の空気などを重視するので、内面的に理解力のある人になります。
音楽的な才能も出てきやすい人です。
(言葉や理性よりも音や波動と周りの環境を感じ取れるので、他の人より非常に深い喜びを味わうことのできる人です。
芸術作品などに存在する純粋な意思には敏感に反応し、物事を判断するときは常にこうした言葉とは違う全体的な存在のトーンのようなものから考えようとする人です。)
細かい仕事や行為はしにくい時期ですが、余暇を大切にして過ごすことで、精神的には非常に充実します。

☆果てしなく広大な宇宙を感じる「天球」の音楽に浸る度数です。
(宅麻伸さん、久世光彦さん、村野武憲さん、庄司薫さん)

<4月19日のサビアン>
牡羊座30度『アヒルの池とそれが育む子供たち』
多くを望まず、自分のなじんだものの中に、自分の目的や真の意義があることを自覚します。
いろいろたくさんのことにチャレンジしても、最後は、古くて懐かしい道に戻るでしょう。
もともと本質的なことを考える人です。
(自分探しをしますが、自分にふさわしい居場所に戻ってきます。
足場のないところで自分探しをするという不毛さや空虚感が癒されます。)
自分がしたいこと、長期的に取り組みたいテーマが、ごく自然に見えてくる時です。
気がつくと自分はこればかりしていた、などという形でわかるかもしれません。

☆なじんだものの中に戻る度数です。
(坂本一生さん、犬養道子さん、大沢樹生さん)

|

« トヨエツさん | トップページ | 30年前の土星 »