« 獅子座の新月 | トップページ | 桑田さんとひぐらしとB面の夏 »

金星乙女座IN

今日(8月6日)から、金星が乙女座INです。
8月10日には、水星が乙女座IN。

夏の獅子座らしい、盛り上がったイケイケ気分はおしまい・・。
社会人は、まだお盆休み前ですが、浮かれずに現実に目を向けていきたいですね。
実務をおろそかにしないこと。また、批判的になりすぎないように。
学生さんなら、早めに休み明けの実力テストの勉強を開始したほうが良いでしょう。
受験生のみなさんは、「夏を制するもの受験を制す」という意気込みが大切のようです。
女性のオシャレは、清潔感のある爽やか系がグッド。レース使いも◎。
シャンプーや石鹸の香りが漂うなんて、イイかもですね(この表現、古いですか・・w)
体調管理や身だしなみに気を使い、常識や礼節のある振る舞いを忘れずに。

明日(8月7日)3:38~39に、火星と天王星が180度、水星と海王星が180度という、びっくりなアスペクトを形成します。
判断能力が狂って大きな事故やトラブル発生の暗示です。
四柱推命鑑定士の矢野さんも、7~8日は要注意だと言っていますので、
http://www1.ocn.ne.jp/~m.yano/osyaberi.html
もう、今日のうちから気持ちを切り替えて、数日は慎重堅実路線で過ごしたいですね。
浮かれ気分や大風呂敷は、おしまいですョ~。

そして、8月14日は金星と土星が0度。
8月15日は太陽と海王星180度。
8月16日は水星と土星が0度。
8月17日は満月および火星と冥王星が90度。

う~ん。。またまた、なかなかハードですね~。
慎重に真面目に堅実に、そして批判的で潔癖・・というムードの中、
理想に燃えて、現状を思い切り覆したくなりそうな星の配置です。
痛みを伴った改革という感じですかね。
8月19日には火星が天秤座に入りますので、
理想と現実をバランスよくやっていきましょうよ~という感じの流れに落ち着いていきそうです。

思い切って転身大改革&ストイック堅実路線の、両方の意味合いがあるここ2週間くらいですけれど、基本的に獅子座内ですのでね、「自分のありたいようにあれ!」ということを言ってみたいな・・と思います(いい加減に聞こえるかな・・あせあせ)。


個人的なことでは、いや~ここ最近ぐらぐらすることが多かったのですが、安定を取り戻してきました。
ぐらぐらしている時によく読む本が、
『國分康孝 著「<つきあい>の心理学」講談社現代新書』
『國分康孝 著「<自己発見>の心理学」講談社現代新書』
精神科医やカウンセラーの世話にならないうちに、自分で何とか自己改造をはかれるようにと書かれた本だそうです。
理論的根拠は、精神分析、論理療法、交流分析、自己理論、ゲシュタルト療法、行動療法。
読んだだけでカウンセリングを受けたかのようなすっきり感があります。
ぐらぐらした時に、おすすめです~。

****

<乙女座の金星>
理想が高く、恋愛に完璧さを求めるので、心からの満足が得にくい配置。
恋愛において自己分析しすぎたり、相手に対しても批判的。
心に描く恋愛は純粋で、愛情表現も控えめ、かつ誠実。しかし理想と現実のギャップから、恋愛に臆病になりがちです。相手に対して長所を見つけるより欠点を探すのが得意。
金銭面では、注意深く几帳面なところあり。

<乙女座の水星>
乙女座特有の分析力・識別能力が現実的な思考をもたらします。
抱える問題に対し、机上の空論ではなく、具体的な解決法を見出そうとします。
物事を整理したり分類したりするのが得意で、優れた学習力と記憶力の持ち主です。
批判的で懐疑的なところもあり、口うるさくうんちくを傾けたりしがち。
細かい注意を必要とすることに才能を発揮。秘書・評論・分析や調査関係など。
健康に関する興味と適性も。

<天秤座の火星>
デトリメントの位置で、火星の攻撃力や自己表現力を弱めてしまいます。
調和を愛し、他者を喜ばせようとするので、対人関係にエネルギーが振り向けられます。
友達(特に異性の)を作ることに積極的ですが、問題の多くは対人関係を通してやってきます。
たとえそれが相手の気分を害することでも、自分の欲求をちゃんと表現することも大切。
対人トラブルや腎臓障害に注意。

(岡本翔子著『心理占星学入門』)

****

<獅子座第3グループ>

『人との関係の中で高揚をつくり出し、いかに自分を印象づけるか』

外交的になり、獅子座らしい遊び精神をのびのび発揮するようになります。
ここではあまり実用性は問題にされていません。
そもそも獅子座の場合、自己の中心から出てくる創造心や楽しみ、充実感が大切なので、他の人の欲求に合わせるという実用性や実務性は重視されていないのです。

このグループでは、かなり気楽な「行動の揺れ」とでも言えるような楽しみ方が出てきて、他人との交流も増加します。

もともと自己の中心的な意志が大切ということは、人との交流にはあまり適していないということになりますが、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら、人との接点を模索することにもなります。
ここでは広がりが重要ですが、こうなると自分の創造的な意志の応用的な多彩化が必要です。たくさん話題があること。さまざまなテーマに対して、柔軟な対応力を持つこと。時には心にもないお世辞や冗談が言えるということも大切かもしれません。

人によってはいい加減と目に映るかもしれませんが、それはこのグループで、人は見栄を張ったり、外見としてどう映るかを意識しながら、自己表現能力を磨くことになるからです。
第3グループはある意味では演出能力の練習と考えてもいいでしょう。
芸能関係やプロモーターなどには適しています。

人を楽しませたり驚かせたりすることが好きなので、社交的な場では目立つ存在になるでしょう。
かなり見栄を張る傾向がありますが、それはそれで持ち味だと考えましょう。
会話能力を磨くことが大切です。

多くの人を楽しませるエンターテイメント関係の仕事であれば、かなり適しています。
社交場やイベントを企画したり運営したりすると、自分でも意識の高揚感を感じるはずです。
その場の雰囲気を盛り上げる力があります。


****

<8月3日のサビアン>
獅子座11度『大きな樫の木にあるブランコに乗る子供たち』
さまざまな創造的なアイディアを練ることに余念がなく、いつもおもしろいことを考えているでしょう。
子供のように率直に自分の遊びに熱中します。
大きなことよりも、身近で細かいことに楽しみを見出すことが多いでしょう。
(ゼロから作るのではなく、すでにあるものを応用的に作り変えたりして、いろいろ考えては「子供」のように遊ぶ行為は、生活を娯楽として楽しめるものにします。)
いろんなことを思いつき、その思いつきで頭の中がいっぱいに。
応用力がとても強まっているので、企画もたくさん出てくることでしょう。
それらを一つ一つ実行するよりも、まずは書きためてストックしておくといいでしょう。

☆子供心に裏付けられた応用能力を表す度数です。
(伊藤英明さん、なすびさん、黒鉄ヒロシさん、藤田朋子さん)

<8月4日のサビアン>
獅子座12度『宵の芝パーティー』
上手な自己表現を追及し、社交的な場に出かけることを好むでしょう。
虚栄心は強めですが、それが強くなければアピール力を鍛えるという意欲も出てきません。
大人として振舞っても、内心は子供的です。
(プレゼンテーション能力や、人に理解させる技能が要求されます。
また、いかに面白く話すかということも大切で、サービス精神を発揮しなくてはなりません。
あくまで獅子座なので、自分の思っていることを話すということが大切で、人の話を聞くということは課題に入っていませんから、一方的であることは事実です。
また自慢話もたくさん入るはずで、結局、言いたいことは自分がいかにすごいかを主張したいだけ、ということのはずです。
いかにかっこよく見せるかということに、大変な時間を使うことになるでしょう。
それはやがて、プロモートの能力に変わってゆくのです。)
自分を対外的に表現したい、他人から関心を持たれたいと、なりふりかまわない自分ではなく、もっとちゃんとした自分を演出し、会話技術なども身につけたくなります。
しかしやりすぎると恥ずかしいことになるので、控えめなよい趣味を心がけましょう。
いかにアピールするかを工夫するのは大切で、他者との関わりでは予想外に重要な事項です。

☆見栄えのよい社交的な場で人との会話を楽しむ度数です。
(鈴木蘭々さん、布川敏和さん)

<8月5日のサビアン>
獅子座13度『揺れている年を取った船長』
思い出や思いつくことを、脚色なしで語ることのできない人です。
いつも話を面白くしようと努力しているので、話し手としては老練の業を獲得できるでしょう。行動的ではありませんが、話は大げさになりがちです。
(人に話すために作られた物語や、ウケ狙いのシナリオを作っている面があります。
老練な知性を示しているので、ただ思ったことを言うという直接的な表現方法ではなく、間接的で婉曲な表現もいくらでも編み出すことができるでしょう。小説を書いたりするのに適しています。)
行動的に何かをするよりも、あれこれと考えている時間が多くなる時かもしれません。
こうしたときには、創作をするのもよいでしょう。
一人でしたいことが多いので、忙しい生活をするよりも、暇が取れるのんびりした状況を作ったほうがいいです。

☆親しい人だけに話をするような、私的な時間を作る度数です。
(壷井栄さん、藤吉久美子さん、アームストロングさん)

<8月6日のサビアン>
獅子座14度『表現の機会を待つ人間の魂』
効果的に自己表現するには、時と場というシチュエーションをうまく活用しなくては、まったく成果が上がらないことを意識して、いつも自分を表現できる最高の場を狙っています。表現手段を正しく選ぶことも大切です。
(公的に表現のできる場を求める探求が始まります。自己表現は時と場をわきまえないと効果的でないと知ったこの人は、理想的なシチュエーションとは何かということを常に考えます。自己表現の姿勢や方法論が決まります。)
自分を表現できるのにもっとも適した場所を探したくなる時期です。場をうまく見つけないことには、溢れるばかりの創造的な意志がうっくつしてしまうでしょう。
吸収するより、放出したい時期なので、黙って本を読んでばかりもいられません。
表現の焦点をはっきり絞る態勢をつくることが大切です。

☆タイミングのつぼを押さえ、表現の態勢を決める度数です。
(堺正章さん、奥菜恵さん、辰巳拓郎さん、古田敦也さん、司馬遼太郎さん、内田春菊さん)

<8月7日のサビアン>
獅子座15度『山車』
感情の興奮の頂点で、自己表現力を満足させます。イベント、お祭りなどの高揚する出来事の中で、真に自分の意識が目覚めます。しかし退屈な日常的な世界では無為になる人も多いでしょう。
(お祭りがくるといきなりシャッキリして飛び出します。お祭り屋として最高の資質を完成させたといえます。
主観的な表現力において大団円であり、獅子座の前半においての完成地点です。
ぱっと派手なことをしたい人でしょう。)
自己表現の大きなチャンスが訪れると思い切り盛り上がります。
イベントやお祭りに積極的に参加してもいいでしょう。

☆自己表現力を満足させる度数です。
(桑名正博さん、東野幸治さん、アラン・レオ)

****

<獅子座第4グループ>

『日常の退屈さに巻きこまれる自分の弱さを克服する』

獅子座は自分を中心にして世界を見るということに特徴があるサインです。
どこかにいつも自信のなさが見えているのは、周囲の評価に不安を抱えているからです。

獅子座の反対側である水瓶座の公平で無私な意識が大量に入り込んできたとき、
獅子座的なアイデンティティーは分解していくかのように見えます。
しかしこのとき、周囲の反応に気を配るという資質がうまく取り入れられ、その後回復した時には、自信のない不安は消えてゆきます。

自分を中心にして考える人が、多くのひとのばらばらな意見が聞こえてくるという心理状態の中にあると、何か元気になる肝心のへそを奪われた気分にもさせられます。

しかしその後、周囲の状況に振り回されないで自分の元気さや高揚感を作り出すことができるように努力します。
勝手にひとりで興奮している人のように思われるかもしれませんが、生活の中での高揚感は本人には切実に必要なものです。


****

<8月8日のサビアン>
獅子座16度『嵐のあとの陽光』
祭りの後のように、感情の高揚が鎮まり、平和な日常が続きますが、この中で自分をどうやって奮い立たせていいのかわかりません。
この度数の人は、穏やかで明るい性格ですが、なんとなく核心を失ったような気分にとらわれています。
(獅子座の積極的な興奮作用を沈静し、無気力にしてゆく意味があります。
これは、感情の波風のない水瓶座の侵入によって、獅子座の愛好する興奮の「嵐」が沈静化されてしまったことを意味しています。)
これまで自分の個性の主張にこだわり、自分流の表現を拡大してきた人が、ここで急に糸が切れたように、今までの行為に意味を感じなくなり、もっとのんびりした平穏な生き方をしたくなります。
それは身体や健康にはいいことですが、いつもの自分の流儀を忘れてしまうことも多くなるでしょう。

☆水瓶座の影響が入り、獅子座の興奮が鎮火する度数です。
(前田美波里さん、池畑慎之介さん、新井素子さん、吉行和子さん)

<8月9日のサビアン>
獅子座17度『ベストを着ていない聖歌隊』
穏やかな日常生活の中で、ちょっとした高揚をする体験をしたり、または神聖だといわれているような宗教的な活動などで、非日常的な体験をかいま見ることもあるでしょう。
生活の中で感動の場はどこにでも見つかります。
(ごくありふれた行為の中にも、思わぬよい物を発見します。他者と共鳴して働くこと。利害から離れて無私の協力の中で感じる喜び。あたかも自分が不在であるかの状況でも、充実感を味わうことができます。)
こまごまとした日常生活の中で、時折訪れる感動的な体験や、楽しい出来事は、ちょっとした充実感を与えます。

☆日常の中でも感動を味わえることを発見する度数です。
(黒柳徹子さん、ホイットニー・ヒューストン、ダスティン・ホフマン)

<8月10日のサビアン>
獅子座18度『化学の先生』
他の対象に関して研究したり、真相を解明したりする集中的な行為の中で、自信も変化してゆくことを発見し、自己の変成の目的で何か一つの仕事に熱中します。
対象や環境が変化する中で、自分も劇的な成長を遂げてゆきます。
(自分に直接関わりのないような行為に取り組んでも、そこに求める楽しみや実感が得られることを見出します。自分以外のものを受け入れるばかりか、それにあわせて自分もより大きくなれることを見出します。)
自分と直接関わりのない外面的な出来事に労力を使うことは、これまで無駄なことと考えていた人も、実際には本気で取り組むことで、自身も大きく変化してゆくことを発見し、どんなことも無駄には見えなくなってきます。
どうやら外の出来事と自分の内面は、象徴的な関係性を持っているということに気がつきます。

☆自身の内的な変化が外的な事象と一致して進行することに気づく度数です。
(筧利夫さん、安倍なつみさん、吉田戦車さん、松村邦洋さん、千葉すずさん)

<8月11日のサビアン>
獅子座19度『ハウスボートパーティー』
自分の中で浮き沈みする感情や気分にあわせた生活をしようと志します。
結果的に、会社や不動産に縛られることを嫌い、自由に変化できるような生き方を選ぶことになります。内面と外面を合致させようとしているのです。
(納得できる自由な生活の獲得が不可欠なので、あたかも自分の内面の風景そのままの生活スタイルを持つことが重要です。自分の趣味や遊びに人を巻き込みます。)
周囲のことを気にしないで、気ままな暮らしをしたい。内面に忠実に生きたい。あまり仕事もしないで、のんびり過ごすという方針でもいいでしょう。のびのびしたほうがいいです。

☆内面と外面を合致させ、自由な生活スタイルをもつ度数です。
(孫正義さん、岸恵子さん、淡谷のり子さん、陣内孝則さん)

<8月12日のサビアン>
獅子座20度『ズーニー族の太陽の崇拝者』
環境の偶発的な影響に依存することなく、自身の自発的な意志や行為で、高揚した精神状態をつくり出すことができる能動性を手に入れます。
舞踏や古典的な儀式などに関心が向く人も多いでしょう。才能もあります。
(象徴的な対象に意識を集中することで、高揚感を自分で呼び出すという技巧を獲得します。環境に左右される獅子座ではなくなります。)
日常生活の中で、必要な活力を自分で呼び起こすことができたら、常に元気でいられます。
そのように力を呼び起こすための儀式のような行為を身につけることになるでしょう。

☆自分の意志や行為で高揚感を呼び出せるようになる度数です。
(吉岡秀隆さん、東幹久さん、角松敏生さん、貴乃花さん)


◇<参考引用文献>
決定版「サビアン占星術」、松村潔 著、学研

|

« 獅子座の新月 | トップページ | 桑田さんとひぐらしとB面の夏 »