« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

天秤座の新月。

新月ですね~。天秤座の新月。
なんとなく、嬉しいですよね。。。なんとなく・・。

ところで、9月24日長いボイドの日、しかもこの日から20日以上も続く水星逆行の始まりの日に、麻生内閣が発足しました。
国交相の失言や辞任など、早々に波乱含みですね。どんな流れになっていくのか、静観していきたいと思います。
また、新幹線のダイヤの乱れなども、水星逆行の象徴的な出来事だなぁ・・なんて思います。


さてさて、今日(9月29日17:12)は新月。
物事の中庸を見極めるバランス感覚を働かせたり、理性を働かせて、周りの人やモノを平等公平に扱ったりする力のある天秤座です。
この機会に、他者との(特に1対1のパートナーシップ)関係性を大事にしながら物事を調整解決していく能力を、伸ばしていきたいですね。
また、洗練された美的センスにも優れる天秤座です。オシャレをしたり、優雅な立ち居振る舞いを心がけたりしてみましょう。
それと・・「恋人がほしい」「幸せな結婚をしたい」「キレイになりたい」というお願い事をするとイイかも!


****

<9月28日~30日>
天秤座6度『男の理想が多くの結晶に変わる』
夢や言動が、いろんなところで具体的な形になってゆくという体験をしやすい人です。
そういった体験は、自分が世の中にしっかりと受け入れられているという肯定的な実感をあなたにもたらすでしょう。
だからといって運命を逆手に取ったり、世の中を軽く考える人ではありません。
意志の持つ力を知っているからこそ謙虚な感覚を持つことでしょう。
この度数を持つ人は、狭い自分だけの世界や思い込みの中に引きこもらず、常に他者や仲間に対して、持ちつ持たれつの考えを持つことで、よりスムーズに生きることができます。
しかしながら個人と環境の間にはそれなりのバランス点があり、思いが次々に実現してゆくという状態は、環境から個人を守ることはできにくくなります。
安心感を求める人には、やや変動の大きすぎる結果になるかもしれません。
(願いが形になる)

<9月29日~10月1日>
天秤座7度『ヒヨコに餌をやり、鷹から守る女』
幸せを守り安定させるための努力を惜しまない人です。
かつて現在の結果を強く望んだときには怖いものがなかったあなたも、ひとたび守りに入るとさまざまな障害に直面し、エネルギーが枯渇していく現実に当惑することもあるかもしれません。
ほしいものを手に入れる能力は高い人ですが、手に入れた結果、反動的な影響にさらされやすくなります。
この度数を持つ人は、勤勉で努力家にして素直な性質があります。
しかし幸せを維持するために積み上げれば積み上げるほど、それを脅かす力が増してきて、時には投げやりな気分に支配されます。
自分を邪魔するものが多すぎたと感じると感じたときには、何かを手に入れた当然の代償であることに目を向けてください。
光が強くなるほど、闇は深くなります。
ただ安穏な暮らしを望むだけでなく、日々の努力や気配りを絶やさぬことも大切です。
(安心の檻の中、何を守りたいのか)

<9月30日~10月2日>
天秤座8度『荒廃した家の中で燃え盛る暖炉』
何かに失敗しても再びチャレンジする力に恵まれた人です。
ひとつの目標に挑んでは挫折し、再びそこに舞い戻ることが多いかもしれません。
しかし一度脱落し、スタート地点に戻ることで、今度こそは負けないと、かえってやる気に火が付くことが多そうです。
何かの試験に失敗しても、後日、学力をつけて再試験ののぞむといったニュアンスに近いかもしれません。
職業に対しても同様で、いったん出奔した職場のよさに改めて気づき、後日、復職を願い出ることもありえます。
実際その願いは聞き届けられることが多いでしょう。
本人がやる気さえ取り戻せば、チャンスや居場所は常に要されているといった幸運の持ち主です。
(新鮮な気持ちでもう一度真価を得る)

<10月1日~3日>
天秤座9度『アートギャラリーにかけられた3人の巨匠』
他者の意見や生き方を尊重し耳を傾ける人で、自分の立場とは異なる人の考えにも理解を示します。
人生のヒントは先人の知恵を深く理解することで解決できると考え、行き詰った時は偉人の伝記などを参照する人も。
ひとりの人物を参考にするのではなく、幅広くいろいろな生き方に理解を示し、ドラマの中に思いをはせます。
この度数を持つ人は、利己的な人生観を嫌い、時代や地域性を越えた普遍的な生き様を模索します。
個人的な利益を優先しすぎると、進路が決定できなかったり、自分を確立する明確な印を得ることができず、焦ることもあるかもしれません。
自分の過去を振り返って反芻してはその意味を考えたり、先人の巨匠たちが苦難をどのように乗り越えたかを考え、誰にも通用する知恵を得る努力をすると良いでしょう。
歴史学者や奉仕的な仕事に適性があるでしょう。
(理解を広げるために先人の知恵を拝借する)

<10月2日~4日>
天秤座10度『危険な流れを抜け、安全な場所にたどり着いたカヌー』
人生の浮き沈みやさまざまな経験に対して、一歩はなれた平和な気持ちでとらえることのできる人です。
何事もその渦中にある場合は、思いいれや感情移入が強すぎて、公平なスタンスを得ることは難しいのです。
あなたの場合は、自分の過去に関しても偏った思い入れを捨て、他者にも同一に過去の経験があることを理解し、自分だけが苦労したわけではないと考えるのです。
この度数を持つ人は、物事を過小評価も過大評価もせず、バランスの取れた視点を獲得します。
過度な否定も肯定もしない視点は、願望から離れることで得られるものです。
卓越した位置から述べる意見は、公平ではありますが、渦中に溺れる人からは冷たく感じられるかもしれません。
しかしあなたの人生の挑戦は、内面の嵐をいかに抑制できるかというところにありそうです。
医者や教師など、対象に思い入れしすぎては成り立たない職種に適性があるでしょう。
(経験から得た知識をまとめる)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

もうすぐ天秤座。それと水星逆行。

いきなり余談ですが、今、NHKの『サラリーマンNEO』を観ています。
今日は、サラリーマン体操をやっています。ほんとうにこの番組おもしろすぎる・・・。

またまた、まったく余談ですが、スーパーのバナナ売り場は、急にすごい売れ行きですネ。
TVの影響力はすごいなぁ・・。
いまは、秋刀魚の美味しい季節です。
ひき肉でも何でも100グラム当たり100円以上はするのに、旬の秋刀魚は、今日は一匹100円以下でした。ありがたいですね。


と、庶民的になっておりますが・・
いよいよ天秤座ですね~(9月23日IN)。
12宮中一番エレガントで美しい上流階級といったイメージの天秤座です。
ですが、平等精神や正義・倫理といったことには、主張性や交渉能力も持っている星座です。活動宮でもありますしね。
そのわりに対人面で優柔不断になったりする面もあります。
いずれにしても、おもに対人面やパートナーのことにスポットが当たる天秤座期間のはじまりです。

そうこうしている間に、9月24日には金星が蠍座にIN。
そして、水星が天秤座内で逆行を開始します(9月24日16:14~10月16日4:55)。
蠍座の金星というと、親密な恋愛とか、深くコミットする関係ですね。
火星が天秤座にいる10月5日までは、ライバル意識とか嫉妬心とか駆け引き的な恋愛の要素が大きいですが、10月6日からは火星が蠍座に入りますので、深くのめり込んでがっちり結束している恋愛の感じがありますね。また、支配したりされたり、策略陰謀といったドロドロした意味合いも。
さらに水星が逆行しているので、誤解や行き違いも多発するかもしれません。(それに、天王星と土星もオポしているし・・)
こうして見てみると、かなりドラマチックな恋愛模様が展開されそうですネ。
人生が劇的に変わるほどの恋愛を体験をする人もいるかも。

天秤座の真ん中あたりの、いちばん対人関係が混乱しやすいところを水星が逆行するということは、
対人面では言葉選びを慎重にとか、感情的になり過ぎないようにとか、巻き込まれないようバランス感覚を大事にとか、契約関係などは慎重にとか、そういったことに気をつけるのはもちろんなのですが、
逆に、久しぶりに連絡を取ってみるとか、こじれた関係を修復すべく働きかけてみるとか、復縁に挑戦してみるとか、そういった方向へ動いてみるのも案外良かったりするかもしれませんネ。

そうだそうだ、天秤座の健康というと「腰」です。腰痛、ぎっくり腰にはご注意を。
あとは腎臓ですね。
そして蠍座に火星が入るころには、膀胱や泌尿器系、婦人科系。
冷えはじめる季節なので、暖かくしてください。
過労やストレスでつぶれる前に、どうか休養を。。。


<天秤座の太陽>
社交的で礼儀正しく、品性を重んじる性格。
風の星座特有のクールさがあり、理性と感情のバランスが取れています。
自己表現を重んじる太陽が人との調和を大切にする天秤座にあると、自我に葛藤をもたらします。
自分の欲求と周りがあなたに期待することとの間にバランスをとることが課題となるでしょう。
美や芸術を愛する優雅な人ですが、欠点は八方美人で怠け癖があること。
多くの人間関係を通じて、人生が発展していきます。

<天秤座の水星>
静かで激情に走らない心と自制心の持ち主。
明晰でクールな合理性があり、物事を比較検討して正しいバランスを取ろうとします。
外交手腕があり、優雅で品のある言葉遣いをするのも特徴。
物事の両面を見抜く才能は、一方で決断力のなさや優柔不断さを生む傾向も。
外交・調停を必要とする職種、デザイン・音楽サービスに関する仕事に適正あり。
(ただし、今期は水星逆行中なので、こうした性質がストレートには現れにくい模様)

<蠍座の金星>
好き嫌いの念が強く激しい愛情の持ち主となります。
金星のエネルギーは性的な欲望となり、愛情表現の中でSEXが重要になります。
相手を無意識にコントロールしようとしたり、嫉妬心に悩まされたりします。
最良の場合、恋愛で今までの自分が解体されて、新しく生まれ変わる体験をする人も。
財政面は良いか悪いか極端ですが、スポンサー運には恵まれます。

<蠍座の火星>
決断力に恵まれ、目的を達成する力強さが与えられます。
激情にかられやすく、やや自己破壊的な形で自分を表現しようとする傾向もあります。
怒りを感じると復讐心をもちやすいのも特徴。
感受性はするどく、洞察力もありますが、無意識に人を支配しようとします。
ハードアスペクトが多いと、高慢になり、人となかなか打ち解けないように。
生殖器関係の疾患にも注意。また、性的欲求を解放することに興味を持つ傾向も。

(岡本翔子 著『心理占星学入門』)


****

<9月23日~25日>
天秤座1度『突き通す針により完璧に刺された蝶』
万人に理解されやすいはっきりとした個性の持ち主です。
初対面の人に対して鮮烈な印象を残すようなタイプといえるでしょう。
あなた自身、他人からどう見られているかを計算に入れた上で、みんなの期待に沿うような人物を演じていることも。
この度数の持ち主は、場の雰囲気を敏感に感じ取り、素早くレスポンスを返すことができるのが特徴。そうした反射神経の鋭さは、もって生まれた才能と呼ぶべきものです。
気がつくと、わかりやすく爽やかなキャラクターは、やはり周囲から支持されることでしょう。
この度数を持つ人は、ありのままの自分を包み隠さず表現すると良いでしょう。
それが周囲に受け入れられないと、自分の存在価値が否定されたような気分になるかもしれません。
拒絶を恐れず、力強く自分のスタイルを押し出していくことがポイントです。
(可能性を広げるために環境に自分を開こう)

<9月24日~26日>
天秤座2度『6番目の部族の光が7番目のものに変質する』
目の前に開かれた数多くの選択肢を前に、自分の可能性を試そうとする人です。
先入観のない純粋な状態に自分を保ち、何でも試してみようとするでしょう。
この可能性はたいてい外からもたらされたもので、自分で言い出したものではありません。
しかしそこに積極的に乗っていくことになるでしょう。
あなたの前に多彩な可能性が開けたのは、あなたが世界に対して自分をオープンにさらすことができた結果です。
この度数を持つ人は、一歩進もうとしただけで、次々に選択肢が登場するという感覚を持っているかもしれません。当然どれに飛び込むべきか迷い戸惑うことも多いでしょう。
あなたにはあふれる行動意欲が内在しているはずです。その意欲をどこに向かって発揮すべきかを試せるのは幸せなことなのです。
(やってみないとわからないので試してみよう)

<9月25日~27日>
天秤座3度『新しい日の夜明け、すべてが変わった』
環境や人間関係によって現在の自分があるのだと謙虚に考える人です。自分の意志だけが運命を左右するとは思っていない、宿命論的な人生観を持っているかもしれません。
自分と環境の間に壁がなく、縁と縁が未来を作っていくような経験が多いでしょう。
思いがけずに大きなチャンスにめぐり合ったり、始めに思い描いていた計画とは違った方向へと運命が流れていったりと、否応のない流れの中に自分がいるように感じるでしょう。
この度数を持つ人は、自分の思惑通りに人生が進まないと感じるかもしれませんが、はるかに優れた結果をもたらすことも理解するでしょう。
単純で素直な態度を心がけることが、良い環境や人間関係をひきつけると考え、流れに身を任せるとおのずと可能性の幅が広がるでしょう。
(こだわるよりも流れを生かす工夫を)

<9月26日~28日>
天秤座4度『キャンプファイヤーを囲むグループ』
自分のキャラクターに合った対人関係に囲まれながら、その交流の中で生きる人です。
友人に恵まれますが、信頼できる少数の人との密な関係をもっとも大切にします。
バランス感覚と公正な意識は十分にあるのですが、今は自分の意志をかためるためには少数の仲間が必要です。
この度数を持つ人は、グループの中心的な人物であることが多く、特に目立った行動をとらないのに、そのグループの方向性を代表するような立場にあるでしょう。
各自の都合を配慮し自分を適応させていけるセンスを持っているのでしょう。
あなたの場合は、自分の方向性を決定するのは現在の交友関係そのものであるため、方向性を変えるためには、付き合う相手を総入れ替えしなければならない場合もあります。
(情熱を共にする仲間)

<9月27日~29日>
天秤座5度『心の内面の知恵を教える男』
自分を丸ごと受け入れてくれる、少数だが信頼できる人間関係に恵まれた人です。
そこではあなたの意志は相手の意思である場合が多く、本音をさらしても何のリスクもない交流が展開されるでしょう。
自分の考えを理詰めで説明しなくても、ちょっとした一言でかなり深い部分まで理解し合える親友にも恵まれます。
この度数を持つ人は、何か方針を決定する時は、親しい人との会話の中で方針を立てたほうが成功しやすいでしょう。
よき理解者に囲まれているため、あなたにとって最良と思われる方向性をおのずと環境や友人が開いてくれるのです。しかし相手は、反応を返してくれなくても、聞いているだけでもよいかも。話しているうちに、あなた自身が答えを見つけるはず。
思ったことはたいてい実現しやすく、自分の主張や希望が壁に閉じ込められることは少ないでしょう。
(仲間に支えられて思いが実現化する)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

阿部サダヲさん

『パコと魔法の絵本』など、いろいろな映画や舞台やTVで活躍中の阿部サダヲさん。
個性的な光を放っている役者さんですよね。
主演の『舞妓Haaaan!!!』とてもおもしろかったです。

阿部さん、ユニークな3枚目系の役者さんだと思い込んでいたのですが、
「舞妓Haaaan!!!」では柴崎コウさんを、「ぼくの魔法使い」では井川遥さんを虜にして(けっこう乱暴に扱って)ブイブイいわせているのを見て、「!?」と思いました。
もしかして・・・2枚目の役者さん・・・???(私の目はふし穴だった?いや近眼なので・・)
じっくりお顔を(TVやPC画面で)拝見させていただくと、2枚目のようでもアリ、3枚目のようでもアリ・・。
どちらにしても、美女を惹きつけてやまない(役柄だとしても)要素がありそうと思い、ホロスコープを検証してみることにしました。

阿部さん、太陽、水星、金星、土星が牡牛座にあります。
それほど太っていないのに、どことなくドシッとした感じがするのは、牡牛座が強いからでしょうネ。顔のパーツはキリッとしているのに、なんとなくばたくさい(すみません☆)のも、このためかと思われます。
太陽は木星と180度。ビックになります。オーブを広めにとると土星と合なので、基本真面目。構成も「1:5:2:2」「1:6:3」で、地と不動宮が多いことから、実力や実績を積み上げながら大成していかれる方です。
火星は双子座。落ち着きがなくそそっかしく楽しい演技はこれですネ。このふたご座の火星がいいアクセントを効かせています。相手の出方によってリアクションをとっていく能力にもなります。また、水星は天王星とセスキー。かなり個性的でユニークな発想をします。おもしろ系なのはこのあたりでしょうか。
月は蠍座。執念深いような情念絡み系の役もぴったり。また、深層心理系やサスペンスものにも適性があります。月と水星が180度なのもこのあたりの能力をフルに活用できることを意味しています(台本は、じっくりじっくり深く多方向にまで読みこんでいらっしゃると思います)。
冥王星が太陽月水星金星火星土星にアスペクトしているので、かなりインパクトのある役者さんになります。土星も絡んでいるのでなおさら。
一度見たら忘れられない存在感は、この冥王星にあるのでしょうネ。
さて、女性を虜にするアスペクトは・・・
太陽と木星が180度で、リッチで頼れる大らかなイメージ。金星と月が180度で、華やかで贅沢な雰囲気。水星と金星合で軽やかなトーク。火星双子座で気が多くすぐちょっかいを出す。太陽牡牛座、月蠍座で肉感系。極めつけは金星と火星がそれぞれ海王星と180度でロマンティックで妖しい恋。太陽とリリス90度、土星と冥王星セスキーなので、危険な香りのするオトコ。ということで、も~・・これはモテるでしょうネ(アイドルとは違う意味で)。
乱暴なことを言ったり足蹴にしたりしてもなお、美女がすがりついてくるという役柄に、納得です。
(きっと宮藤官九郎さんも、そのような適性を見抜いていらっしゃるのでは。)
それにしても、奇才を生かし努力しながら仕事でビックになって優雅で贅沢(牡牛座)なお茶屋遊び(海王星とのアスペクト)に命をかける「舞妓Haaaan!!!」は、ホロスコープを上手に生かしているハマリ役だなと思います。

今、太陽期なので、来るもの拒まずといった感じでいろいろな役柄に挑戦されていることと思います(というより、向こうからどしどしやって来る感じかナ)。
6~7年後の火星期に入ったら、双子座火星で(海王星と180度、天王星冥王星と120度)飲む打つ買うという危険な匂いのする役柄とか、粗忽で節操がなくておもしろい役柄とか、個性的でエネルギッシュな役柄とか、ミステリーとか裏組織とか駆け引きとかなどなど、とにかく、阿部さんにしかできないおもしろい役柄を、ますますやっていかれそうで、とても楽しみです。
パコと魔法の絵本では、カエルの役柄でしたネ。必ず観るつもりです手(チョキ)


****

<9月17日~19日>
乙女座25度『半旗として掲げられた旗』
半旗という弔意を持つこのサビアン生まれの人は、一種の潔さを持った人が多いでしょう。
若いうちから悟ってしまうようなところがあり、仕事にしても恋愛にしても、一度自分で納得するまで頑張ってしまえば、きっぱりとした諦めのよさが出てきます。
終わりよければすべて良しと、といった人生観の持ち主が多く、仕事やそのほかの岐路に立たされたときは、節目節目できっちりと決着をつけようとします。
また、こうすることにより、新しい人生のスタートがよりダイナミックに踏み切れることを、本能的に知っているのです。
終わった出来事にだらだらと未練を残さずに、常に前に進もうとする人といえそうです。

<9月18日~20日>
乙女座26度『香炉を持つ少年』
生きていくこと、死んでいくこと、人間哲学、精神世界などに興味を持ち、勉強をしている人かもしれません。常に「なぜ?」ということを考え、答えを一生懸命考えているような人です。
ただ、そんな高尚な哲学を持ってしまったがために、実社会で働くだけでは飽き足らず、もっと人間を向上させていく道を探すことでしょう。
自分ではわからないことについて、より優れた人のところで学ぼうとします。
その姿勢はとても真面で、周囲からえらいと思われている人には、迷わず敬意を払ったりしますが、まだそれは自分が未熟だからだと考えるからです。
ちょっと人の話を真に受けてしまうところもあるので、もう少し柔軟な姿勢を身につけた方がいいかもしれません。
けれど、現代社会の中で、その真剣な生き方は賞賛に値するでしょう。

<9月19日~21日>
乙女座27度『お茶会をしている高貴な貴婦人』
おっとりとした品のある人が多い度数です。やることなすことすべてに余裕が感じられ、なんだかほっとできる人でしょう。
「貴婦人」という度数が示すように、生まれながら苦労を知らない余裕のある環境にいる人も多いでしょう。
もしくは、苦労を苦労と思わずこなしていける楽天的な要素の持ち主でもあるようです。
あなたは無理をしたり、がむしゃらに何が何でも、というハングリー精神は持ち合わせていません。
なりふり構わず奔走して何かを獲得するのは、あなたの美学に反すること。
一見、怠惰とも映る姿勢に眉をひそめる人もいるかもしれませんが、このサビアンを持つあなたは、そんな余裕のある生活や精神状態の中から自分の役目を見出していく人なのです。
緊張した立場に長くいることには耐えきれませんが、アシスタントとして何かをお手伝いしたり、秘書のように、ある人々の間を取り次いだり、仲介役を引き受けることで、生き生きとその能力を発揮することができます。

<9月20日~22日>
乙女座28度『禿頭の男』
禿頭には自分の考えを隠さないという意味があります。あなたの意思表示は、はっきり言って明確でしょう。
初対面の人や目上の人も臆さず、思ったことをはっきり言うことができる人。言いたいことを言ってしまうために人の神経を逆なでして怒らせてしまうようなこともあるかもしれません。
ただそれは相手をねじ伏せようとか、言いくるめるといった戦略的なものではありません。思ったことを包み隠さず喋ってしまうという純粋な言動であるだけ。
それが真実をついて聞いていた本人は辛くなってしまうという現象が起こるのです。
少し注意したほうがいいのかもしれません。
そんなあなたは、核心に触れるような実感のともなうストレートな生き方を目指すべきです。そうすることにより、評判とか風説にはだまされないでしょう。

<9月21日~23日>
乙女座29度『読んでいる書類から秘密の知識を得る男』
人の話を素直に聞くことができる純粋な人。さらに自分自身を振り返って分析する癖があり、昔の事件や出来事をよく覚えています。
過去に自分が犯した失敗をきちんと反省することができるため、同じ過ちを繰り返さず、常に成長することができるでしょう。
もちろん他者へも同様に的確なアドバイスを与えることができるため、相談事を持ち掛けられたり、頼られることも多いはず。
このサビアンを持つ人は、本質的に頭のよい人で正確に理解するということにこだわる人です。
「秘密の知識」の言葉が表すように、人の話や本の内容にしても、言葉のまま受け取るのではなく、その真意を汲み取ろうとします。
人の何気ない言葉の中にも、はっとする真実を見出せるでしょう。

<9月22日~24日>
乙女座29度『直接の内容に注意を集中したためききとられなかったまちがいメッセージ』
大胆かと思うと、とても小さなことにこだわることがあり、少しバランス感覚の悪いところがあります。
本来はパワフルでとても勇気のあるたくましい人。ただし、ひとたび、あなたの急所をつかれたとたん、周囲の人も驚くほど気が小さくなって心配性な一面をのぞかせます。
そうなると誰がなんと言っても、気になり始めた細かいことを処理してからでないと次のステップにはいけません。
「まちがい電話」を聞き逃す、というサビアンからも読み取れるように、表向きには見えてこないきっかけを、細かいことにこだわってしまったために聞き逃してしまいます。
つまりは、大切なことを見失ってしまいやすいあなたの性格に警告を発しているのです。
注意力のアンテナを張り巡らせ心を空っぽにしておくと、今一番知りたいことも自然にわかってきます。
形あるものやはっきりしたものにだけ目を奪われ過ぎないコツが必要です。


◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

満月。魚座の月

時間だけでなく、時代が進むのも早い感じのするこのごろですね。
「時間がな~い。急がなきゃ。時間がな~い。」とウサギちゃんが駆けて行くCMのまねをしたり、
「やれ~ば終わ~る、やらなくちゃ終わらない・・」と○○ハウスのCMを替え歌にして歌ったりしているのは、私だけではないハズ・・・・笑。


さて、今日18時13分に満月(月は魚座)です。

約半年前(3月8日)の新月で願ったことが、そろそろ成果が現れている頃ではないでしょうかね。
勝算がありそうなら、そのままGO!
あまりうまくいっていないようなら、軌道修正が必要です。
魚座の新月の得意分野は、ロマンスや精神世界に関すること。また、インスピレーションの必要とするアートの分野などでした。
恋の成就を願ったり、スピリチュアルな世界に心惹かれて、魂の癒しに没頭したりした人も多いでしょう。
しかし、そろそろ現実認識の甘さや、生活や人間関係のルーズさが目立ちはじめたりもしそうです。
魚座の月の、人を愛する素晴らしさやヒーリング能力をもっと生かすには、乙女座の意味する健全な日常生活を送ることが必要不可欠。
ちょっと気持ちを引き締めてみませんか~。。。

<願いをかなえるために使いたい魚座満月のパワー>
・感傷的になりすぎる面を改める
・物事や人間関係を曖昧にしない
・意志が弱く状況に流されやすいところを改める
・自己陶酔をやめる
・現実逃避傾向をやめる
・「誰かのために」と言う発想をやめる
・お金にルーズなところを改善する
(岡本翔子 著「新月&満月のリズムで夢をかなえる」)


****

<9月12日~15日>
乙女座21度『少女のバスケットボールチーム』
前向きで努力を怠らない人です。まだ人が手をつけていないような未知の世界に興味を持ち、研究してみたいと思う人です。
また面倒見がよく、仲間との時間を心から楽しいと思うあなたはワンマンプレーヤーではありません。
自分と目的を同じくするチームを作り、同じ目標に向かって力を合わせていくと、大きな成果を生み出すことができるでしょう。
仲間との共同作業は面倒なこともありますが、それさえあなたは、楽しみながらやってしまう人でしょう。
実務能力は飛躍的に高まりどんな分野の仕事でもpうまくこなすことができます。
いつでも新しい課題に向けて挑戦的に取り組むことは負けないでしょう。

<9月13日~16日>
乙女座22度『王家の紋章』
ちょっと上品でおっとりした雰囲気の漂う人。
がむしゃらに汗水たらして働いて、といったイメージからは遠いでしょう。
この生まれの人はもともとそんな無理をしなくても、自分の好きなことを選んで、自分らしく仕事をしていく生き方ができるのです。
食べ物や身の回りの日用品も、自分のカラーに合うものを選ぶことで、優雅なライフスタイルを実現でき、あなた自身の存在感も増すことに。

<9月15日~17日>
乙女座23度『動物のトレーナー』
教え鍛える仕事につく人が多いシンボルです。
一見気難しそうな人、周囲から嫌われ者で通っている人でも、あなたならその人の良い面を最大限引き出してあげることができ、相手は心を開いて接してくるでしょう。
社会人としての常識やスキルを、若者に教え鍛える力もあります。
その行為の中で、自分の強すぎるプライドをも、同時に矯正していくのです。

<9月16日~18日>
乙女座24度『メリーさんと彼女の白い羊』
素朴で子どものように軽快な人です。ある時期まではがむしゃらになって自分の夢や目標を達成しようと頑張り、それなりの成果をおさめます。
ただ、達成してしまうと、以前のような欲望は消えうせてしまいます。やがて自分にとってほんとうに大切なことを模索し始めます。
そうしてそれを手に入れたとき、己の社会的な成功や、地位や肩書きのむなしさに気づき、素朴な人間性を回復させることに関心が向かうでしょう。
社会的な立場と、人としてピュアで居つづけることの両立を模索するのです。
人に対する信頼感があるので、自分が持てる立場にいるかぎりは、周りへのバックアップは惜しみません。いろんな場面で誰かに手を差し伸べようとするでしょう。

<9月17日~19日>
乙女座25度『半旗として掲げられた旗』
半旗という弔意を持つこのサビアン生まれの人は、一種の潔さを持った人が多いでしょう。
若いうちから悟ってしまうようなところがあり、仕事にしても恋愛にしても、いちど自分で納得するまでがんばってしまえば、きっぱりとした諦めのよさが出てきます。
終り良ければすべてよしといった人生観の持ち主が多く、岐路に立たされた時は、節目節目できっちりと決着をつけようとします。
終わった出来事にだらだらと未練を残さずに、常に前に進もうとする人といえそうです。


◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

さかなクン

さかなクン。
とても不思議な方ですよね。
スーパーの鮮魚コーナーへ行くと、あのさかなクンの声の、
♪フィッシュフィッシュ魚です!おいし~です!・・ウ~マンボ!♪
という歌がエンドレスで流れていて、なんとなく「お魚・・買おうかな・・」と購買意欲をそそられます。

さかなクンは、H・Pを見ると、イラストレーター、お魚らいふコーディネーター、東京海洋大学客員准教授、農水省の・・という、たくさんのお仕事をされていますね。
聖なるお魚クンといった印象ですが、
果たしてホロスコープは・・・・?

さかなクン、太陽が獅子座です。あの明るく天真爛漫なパーソナリティーは、獅子座ならではと言う感じですね。
太陽と水星が合に海王星が120度、冥王星と60度。
また水星と木星は120度。
海のお魚とお話ができてしまうとか、立派なお仕事に恵まれるといったことがあらわれています。

月は蟹座。守り育む蟹座です。やさしいイメージは、この蟹座の月でしょうかネ。
月は土星やジュノー合、天王星90度と木星キローン90度(Tスクエア)
火星60度、海王星セスキー、冥王星Q、リリスセスキー、セレスSeと、
いろんなアスペクトが目白押しです。
真面目で主張性があり、変わったことをして大らかで夢見ることもして活発で、根性もあり、妖しくもありやさしくもあり・・・
月は幼児の頃をあらわしますが、おっっっっもしろい子どもだったのでは。
真面目で臆病なところもあるけれど、天真爛漫にわーっと騒いだり、妄想の世界で遊んだり、かんしゃく起こしたり、虫や動物達をかわいがったり・・・
さかなクンの子ども時代をイメージするだけでも楽しいアスペクトですね。
現代だと「うちの子、何か発達に問題があるんでしょうか・・・」と、奇行を心配されそうですけれど、月は母親もあらわすので、さかなクンのお母様もきっとこのような感じのユニークな方でいらして、きっとそんなさかなクンを楽しく大らかに見守っていらっしゃったのではと思います。

月が蟹座ということで、育てることが得意で、さかなクンのアスペクトからすると天才的な飼育の才能もはっきします。中学生の時に蟹の人工孵化(珍しいことらしい)に成功したそうで、なるほど~と思います。
また5000種以上の魚やその料理法の知識があるそうで、このあたり(お料理)も蟹座だなぁと思いますが、でもアスペクトがすごいことになっていますのでね、お魚料理研究家になったとしたら、ギョッとするようなお魚たちを、ギョッとするような調理法で紹介したりもしそうですねw

金星は乙女座で海王星と90度、リリスと180度。
聖なるおさかなクン、清いイメージはこれですネ。
火星は牡牛座でドラゴンテイルと合。
金星と火星をみると、あまり男男していないですよね。
太陽獅子座、月蟹座というところとあわせてみると、やっぱり今のさかなクンのキャラクターになりますね。明るくこどもらしく純粋な感じの聖なるさかなクンです。
(もし、火星がドラゴンヘッド合だったら、ものすごく男らしい漁師さんとか、
漁業組合の団体交渉とか何か、漁師さんやお魚を守るために、先頭に立って立ち上がっていく人になりそうですが)

吉本さん(水族館研究員)のところでもお仕事されているようですので、
あと3~4年後の火星期になったら、もしかしたらそちらの方へ力を入れていかれるのでは・・なんて思ったりもします。
また、保護本能の強い方ですので、今の海の環境問題や海の生態系の変化、漁業の危機的状況などに強く憂いているこのごろでしょう。
今後は、何らかの方法で、こういったことを働きかけていかれるのでは。
さかなクンのこれからの活躍が楽しみです。
(それにしても、見ていて飽きない(イメージが広がる)楽しいホロスコープでした。)


****

<9月7日~9日>
乙女座16度『オランウータン』
純粋で根は真面目な人でしょう。自己管理がきちんとできていて、計画通りに事を進められる強い意志があるので、自分の思い通りにしたければ、きちんと努力をすれば事は進められます。
今までの人生の大部分をそのように過ごせてきた思いがあるため、思いがけない事件やトラブルに巻き込まれてしまったときの弱さは否めません。
しかしそれを乗り越えてこそ、ほんとうの実力と強さが身につきます。
このサビアンを持つ人は、普段は冷静で客観的な判断ができる人。何かあったときこそ、真の実力を発揮するぞ、という心がけを忘れずにいれば、何も怖いことはありません。

<9月8日~10日>
乙女座17度『噴火している火山』
火山のシンボルを持つあなたは生涯のうち何度かは衝撃的な体験をするはず。
それは「なぜ、私だけがこんな目にあうの?」というような苦しい事件だったり、傍から見ても大変な生活の変化を伴うものかもしれません。
ただしこれらはすべて、あなた自身の強い衝動によるもの。
自分では認めがたいものの、あなたの中には安定したものを壊したくなる強い衝動や、自分では味わえないスリルを求めて、危うい橋を渡りたがる側面が存在するようです。
自分の思いに反していかにも普通の暮らしをしていると、溜まりに溜まった衝動が噴火してしまうという構造があなたの中にはあるのです。
しかしそんな転機を通して、あなたは成長し、自分の気持ちに正直な生き方のできる人になってゆくのです。

<9月9日~11日>
乙女座18度『ウィジャ盤』
目に見えない世界に興味を示すことでしょう。心理学、精神世界、オカルト、占い、魔術などの世界に興味を持つかもしれません。
あなたにとってこの一種独特な世界はなくてはならないもの。というのも、無意識からやってくる衝動を封をすると、かえって目に見えないパワーに引きずり込まれ、生活を翻弄されることが多いのです。
しかし常に小出しに付き合っている分には、あなたの生活に新鮮さを与えるエッセンスとなりうるでしょう。
このような世界に免疫をもたないと、合えって危ない思想に走ったり、怪しげな宗教のカモになる恐れがあります。
また、ダンスやボディワークなどで手足を自由に動かすことを心がけると、よい影響があります。

<9月10日~12日>
乙女座19度『水泳競争』
人の心の中や心理学といった分野に興味を抱きやすいでしょう。深層心理などに迫りたがり、人のこともとても興味があります。
本や専門書を読み漁るだけでは飽き足らず、人の相談に乗ってあげる機会が増えそうです。
そんなことから人の家庭の問題や、争いごとにまで深く立ち入りすぎてトラブルに巻き込まれたり、やらなくて良いような雑務まで抱えやすい傾向があります。
その結果、役に立つよりもかえって感謝されるよりもかえって逆恨みされてしまうことも。
まず、自分の判断力や、人を見る目を鍛えることに自信がついてから人の問題の手助けをしましょう。
勉強家でもあるので、ほんとうにカウンセラーや心理学の研究家になる人も多いです。
時おり危険な心の領域に踏み込んでしまう癖がありますが、経験をつみ、やがて識別力を身につけます。

<9月11日~13日>
乙女座20度『キャラバン車』
多くの友人を助け、助けられる人。何かを一人でやったり、個人で独立するようなことには向いていません。何かを始めるにしても仲間を集めて、共同で事業を起こすほうが向いています。
あなたには人の才能を引き出したり、その人の一番良い状態にもっていくことができる才能があるので、仲の良い友人を集めて行動を共にすると良いでしょう。その人たちの力に助けてもらえます。また、指導的な立場や教師なども向いています。
ただし、そのぶん孤独に弱く、一人でいるとネガティブな感情にとらわれ、一気に落ち込みやすい人。
悩みや問題を抱えてしまった時はけして自分ひとりでどうにかしようと思わず周囲に甘えて。
あなたが思っている以上にあなたの為なら、と一肌脱いでくれる人はたくさんいるのです。


◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »