« もうすぐ天秤座。それと水星逆行。 | トップページ | 以心電信。 »

天秤座の新月。

新月ですね~。天秤座の新月。
なんとなく、嬉しいですよね。。。なんとなく・・。

ところで、9月24日長いボイドの日、しかもこの日から20日以上も続く水星逆行の始まりの日に、麻生内閣が発足しました。
国交相の失言や辞任など、早々に波乱含みですね。どんな流れになっていくのか、静観していきたいと思います。
また、新幹線のダイヤの乱れなども、水星逆行の象徴的な出来事だなぁ・・なんて思います。


さてさて、今日(9月29日17:12)は新月。
物事の中庸を見極めるバランス感覚を働かせたり、理性を働かせて、周りの人やモノを平等公平に扱ったりする力のある天秤座です。
この機会に、他者との(特に1対1のパートナーシップ)関係性を大事にしながら物事を調整解決していく能力を、伸ばしていきたいですね。
また、洗練された美的センスにも優れる天秤座です。オシャレをしたり、優雅な立ち居振る舞いを心がけたりしてみましょう。
それと・・「恋人がほしい」「幸せな結婚をしたい」「キレイになりたい」というお願い事をするとイイかも!


****

<9月28日~30日>
天秤座6度『男の理想が多くの結晶に変わる』
夢や言動が、いろんなところで具体的な形になってゆくという体験をしやすい人です。
そういった体験は、自分が世の中にしっかりと受け入れられているという肯定的な実感をあなたにもたらすでしょう。
だからといって運命を逆手に取ったり、世の中を軽く考える人ではありません。
意志の持つ力を知っているからこそ謙虚な感覚を持つことでしょう。
この度数を持つ人は、狭い自分だけの世界や思い込みの中に引きこもらず、常に他者や仲間に対して、持ちつ持たれつの考えを持つことで、よりスムーズに生きることができます。
しかしながら個人と環境の間にはそれなりのバランス点があり、思いが次々に実現してゆくという状態は、環境から個人を守ることはできにくくなります。
安心感を求める人には、やや変動の大きすぎる結果になるかもしれません。
(願いが形になる)

<9月29日~10月1日>
天秤座7度『ヒヨコに餌をやり、鷹から守る女』
幸せを守り安定させるための努力を惜しまない人です。
かつて現在の結果を強く望んだときには怖いものがなかったあなたも、ひとたび守りに入るとさまざまな障害に直面し、エネルギーが枯渇していく現実に当惑することもあるかもしれません。
ほしいものを手に入れる能力は高い人ですが、手に入れた結果、反動的な影響にさらされやすくなります。
この度数を持つ人は、勤勉で努力家にして素直な性質があります。
しかし幸せを維持するために積み上げれば積み上げるほど、それを脅かす力が増してきて、時には投げやりな気分に支配されます。
自分を邪魔するものが多すぎたと感じると感じたときには、何かを手に入れた当然の代償であることに目を向けてください。
光が強くなるほど、闇は深くなります。
ただ安穏な暮らしを望むだけでなく、日々の努力や気配りを絶やさぬことも大切です。
(安心の檻の中、何を守りたいのか)

<9月30日~10月2日>
天秤座8度『荒廃した家の中で燃え盛る暖炉』
何かに失敗しても再びチャレンジする力に恵まれた人です。
ひとつの目標に挑んでは挫折し、再びそこに舞い戻ることが多いかもしれません。
しかし一度脱落し、スタート地点に戻ることで、今度こそは負けないと、かえってやる気に火が付くことが多そうです。
何かの試験に失敗しても、後日、学力をつけて再試験ののぞむといったニュアンスに近いかもしれません。
職業に対しても同様で、いったん出奔した職場のよさに改めて気づき、後日、復職を願い出ることもありえます。
実際その願いは聞き届けられることが多いでしょう。
本人がやる気さえ取り戻せば、チャンスや居場所は常に要されているといった幸運の持ち主です。
(新鮮な気持ちでもう一度真価を得る)

<10月1日~3日>
天秤座9度『アートギャラリーにかけられた3人の巨匠』
他者の意見や生き方を尊重し耳を傾ける人で、自分の立場とは異なる人の考えにも理解を示します。
人生のヒントは先人の知恵を深く理解することで解決できると考え、行き詰った時は偉人の伝記などを参照する人も。
ひとりの人物を参考にするのではなく、幅広くいろいろな生き方に理解を示し、ドラマの中に思いをはせます。
この度数を持つ人は、利己的な人生観を嫌い、時代や地域性を越えた普遍的な生き様を模索します。
個人的な利益を優先しすぎると、進路が決定できなかったり、自分を確立する明確な印を得ることができず、焦ることもあるかもしれません。
自分の過去を振り返って反芻してはその意味を考えたり、先人の巨匠たちが苦難をどのように乗り越えたかを考え、誰にも通用する知恵を得る努力をすると良いでしょう。
歴史学者や奉仕的な仕事に適性があるでしょう。
(理解を広げるために先人の知恵を拝借する)

<10月2日~4日>
天秤座10度『危険な流れを抜け、安全な場所にたどり着いたカヌー』
人生の浮き沈みやさまざまな経験に対して、一歩はなれた平和な気持ちでとらえることのできる人です。
何事もその渦中にある場合は、思いいれや感情移入が強すぎて、公平なスタンスを得ることは難しいのです。
あなたの場合は、自分の過去に関しても偏った思い入れを捨て、他者にも同一に過去の経験があることを理解し、自分だけが苦労したわけではないと考えるのです。
この度数を持つ人は、物事を過小評価も過大評価もせず、バランスの取れた視点を獲得します。
過度な否定も肯定もしない視点は、願望から離れることで得られるものです。
卓越した位置から述べる意見は、公平ではありますが、渦中に溺れる人からは冷たく感じられるかもしれません。
しかしあなたの人生の挑戦は、内面の嵐をいかに抑制できるかというところにありそうです。
医者や教師など、対象に思い入れしすぎては成り立たない職種に適性があるでしょう。
(経験から得た知識をまとめる)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« もうすぐ天秤座。それと水星逆行。 | トップページ | 以心電信。 »