« 阿部サダヲさん | トップページ | 天秤座の新月。 »

もうすぐ天秤座。それと水星逆行。

いきなり余談ですが、今、NHKの『サラリーマンNEO』を観ています。
今日は、サラリーマン体操をやっています。ほんとうにこの番組おもしろすぎる・・・。

またまた、まったく余談ですが、スーパーのバナナ売り場は、急にすごい売れ行きですネ。
TVの影響力はすごいなぁ・・。
いまは、秋刀魚の美味しい季節です。
ひき肉でも何でも100グラム当たり100円以上はするのに、旬の秋刀魚は、今日は一匹100円以下でした。ありがたいですね。


と、庶民的になっておりますが・・
いよいよ天秤座ですね~(9月23日IN)。
12宮中一番エレガントで美しい上流階級といったイメージの天秤座です。
ですが、平等精神や正義・倫理といったことには、主張性や交渉能力も持っている星座です。活動宮でもありますしね。
そのわりに対人面で優柔不断になったりする面もあります。
いずれにしても、おもに対人面やパートナーのことにスポットが当たる天秤座期間のはじまりです。

そうこうしている間に、9月24日には金星が蠍座にIN。
そして、水星が天秤座内で逆行を開始します(9月24日16:14~10月16日4:55)。
蠍座の金星というと、親密な恋愛とか、深くコミットする関係ですね。
火星が天秤座にいる10月5日までは、ライバル意識とか嫉妬心とか駆け引き的な恋愛の要素が大きいですが、10月6日からは火星が蠍座に入りますので、深くのめり込んでがっちり結束している恋愛の感じがありますね。また、支配したりされたり、策略陰謀といったドロドロした意味合いも。
さらに水星が逆行しているので、誤解や行き違いも多発するかもしれません。(それに、天王星と土星もオポしているし・・)
こうして見てみると、かなりドラマチックな恋愛模様が展開されそうですネ。
人生が劇的に変わるほどの恋愛を体験をする人もいるかも。

天秤座の真ん中あたりの、いちばん対人関係が混乱しやすいところを水星が逆行するということは、
対人面では言葉選びを慎重にとか、感情的になり過ぎないようにとか、巻き込まれないようバランス感覚を大事にとか、契約関係などは慎重にとか、そういったことに気をつけるのはもちろんなのですが、
逆に、久しぶりに連絡を取ってみるとか、こじれた関係を修復すべく働きかけてみるとか、復縁に挑戦してみるとか、そういった方向へ動いてみるのも案外良かったりするかもしれませんネ。

そうだそうだ、天秤座の健康というと「腰」です。腰痛、ぎっくり腰にはご注意を。
あとは腎臓ですね。
そして蠍座に火星が入るころには、膀胱や泌尿器系、婦人科系。
冷えはじめる季節なので、暖かくしてください。
過労やストレスでつぶれる前に、どうか休養を。。。


<天秤座の太陽>
社交的で礼儀正しく、品性を重んじる性格。
風の星座特有のクールさがあり、理性と感情のバランスが取れています。
自己表現を重んじる太陽が人との調和を大切にする天秤座にあると、自我に葛藤をもたらします。
自分の欲求と周りがあなたに期待することとの間にバランスをとることが課題となるでしょう。
美や芸術を愛する優雅な人ですが、欠点は八方美人で怠け癖があること。
多くの人間関係を通じて、人生が発展していきます。

<天秤座の水星>
静かで激情に走らない心と自制心の持ち主。
明晰でクールな合理性があり、物事を比較検討して正しいバランスを取ろうとします。
外交手腕があり、優雅で品のある言葉遣いをするのも特徴。
物事の両面を見抜く才能は、一方で決断力のなさや優柔不断さを生む傾向も。
外交・調停を必要とする職種、デザイン・音楽サービスに関する仕事に適正あり。
(ただし、今期は水星逆行中なので、こうした性質がストレートには現れにくい模様)

<蠍座の金星>
好き嫌いの念が強く激しい愛情の持ち主となります。
金星のエネルギーは性的な欲望となり、愛情表現の中でSEXが重要になります。
相手を無意識にコントロールしようとしたり、嫉妬心に悩まされたりします。
最良の場合、恋愛で今までの自分が解体されて、新しく生まれ変わる体験をする人も。
財政面は良いか悪いか極端ですが、スポンサー運には恵まれます。

<蠍座の火星>
決断力に恵まれ、目的を達成する力強さが与えられます。
激情にかられやすく、やや自己破壊的な形で自分を表現しようとする傾向もあります。
怒りを感じると復讐心をもちやすいのも特徴。
感受性はするどく、洞察力もありますが、無意識に人を支配しようとします。
ハードアスペクトが多いと、高慢になり、人となかなか打ち解けないように。
生殖器関係の疾患にも注意。また、性的欲求を解放することに興味を持つ傾向も。

(岡本翔子 著『心理占星学入門』)


****

<9月23日~25日>
天秤座1度『突き通す針により完璧に刺された蝶』
万人に理解されやすいはっきりとした個性の持ち主です。
初対面の人に対して鮮烈な印象を残すようなタイプといえるでしょう。
あなた自身、他人からどう見られているかを計算に入れた上で、みんなの期待に沿うような人物を演じていることも。
この度数の持ち主は、場の雰囲気を敏感に感じ取り、素早くレスポンスを返すことができるのが特徴。そうした反射神経の鋭さは、もって生まれた才能と呼ぶべきものです。
気がつくと、わかりやすく爽やかなキャラクターは、やはり周囲から支持されることでしょう。
この度数を持つ人は、ありのままの自分を包み隠さず表現すると良いでしょう。
それが周囲に受け入れられないと、自分の存在価値が否定されたような気分になるかもしれません。
拒絶を恐れず、力強く自分のスタイルを押し出していくことがポイントです。
(可能性を広げるために環境に自分を開こう)

<9月24日~26日>
天秤座2度『6番目の部族の光が7番目のものに変質する』
目の前に開かれた数多くの選択肢を前に、自分の可能性を試そうとする人です。
先入観のない純粋な状態に自分を保ち、何でも試してみようとするでしょう。
この可能性はたいてい外からもたらされたもので、自分で言い出したものではありません。
しかしそこに積極的に乗っていくことになるでしょう。
あなたの前に多彩な可能性が開けたのは、あなたが世界に対して自分をオープンにさらすことができた結果です。
この度数を持つ人は、一歩進もうとしただけで、次々に選択肢が登場するという感覚を持っているかもしれません。当然どれに飛び込むべきか迷い戸惑うことも多いでしょう。
あなたにはあふれる行動意欲が内在しているはずです。その意欲をどこに向かって発揮すべきかを試せるのは幸せなことなのです。
(やってみないとわからないので試してみよう)

<9月25日~27日>
天秤座3度『新しい日の夜明け、すべてが変わった』
環境や人間関係によって現在の自分があるのだと謙虚に考える人です。自分の意志だけが運命を左右するとは思っていない、宿命論的な人生観を持っているかもしれません。
自分と環境の間に壁がなく、縁と縁が未来を作っていくような経験が多いでしょう。
思いがけずに大きなチャンスにめぐり合ったり、始めに思い描いていた計画とは違った方向へと運命が流れていったりと、否応のない流れの中に自分がいるように感じるでしょう。
この度数を持つ人は、自分の思惑通りに人生が進まないと感じるかもしれませんが、はるかに優れた結果をもたらすことも理解するでしょう。
単純で素直な態度を心がけることが、良い環境や人間関係をひきつけると考え、流れに身を任せるとおのずと可能性の幅が広がるでしょう。
(こだわるよりも流れを生かす工夫を)

<9月26日~28日>
天秤座4度『キャンプファイヤーを囲むグループ』
自分のキャラクターに合った対人関係に囲まれながら、その交流の中で生きる人です。
友人に恵まれますが、信頼できる少数の人との密な関係をもっとも大切にします。
バランス感覚と公正な意識は十分にあるのですが、今は自分の意志をかためるためには少数の仲間が必要です。
この度数を持つ人は、グループの中心的な人物であることが多く、特に目立った行動をとらないのに、そのグループの方向性を代表するような立場にあるでしょう。
各自の都合を配慮し自分を適応させていけるセンスを持っているのでしょう。
あなたの場合は、自分の方向性を決定するのは現在の交友関係そのものであるため、方向性を変えるためには、付き合う相手を総入れ替えしなければならない場合もあります。
(情熱を共にする仲間)

<9月27日~29日>
天秤座5度『心の内面の知恵を教える男』
自分を丸ごと受け入れてくれる、少数だが信頼できる人間関係に恵まれた人です。
そこではあなたの意志は相手の意思である場合が多く、本音をさらしても何のリスクもない交流が展開されるでしょう。
自分の考えを理詰めで説明しなくても、ちょっとした一言でかなり深い部分まで理解し合える親友にも恵まれます。
この度数を持つ人は、何か方針を決定する時は、親しい人との会話の中で方針を立てたほうが成功しやすいでしょう。
よき理解者に囲まれているため、あなたにとって最良と思われる方向性をおのずと環境や友人が開いてくれるのです。しかし相手は、反応を返してくれなくても、聞いているだけでもよいかも。話しているうちに、あなた自身が答えを見つけるはず。
思ったことはたいてい実現しやすく、自分の主張や希望が壁に閉じ込められることは少ないでしょう。
(仲間に支えられて思いが実現化する)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 阿部サダヲさん | トップページ | 天秤座の新月。 »