« 満月。牡羊座の月。 | トップページ | 蠍座の新月。 »

火星海王星のアスペクト

蠍座いよいよ蠍座(10月23日)ですネ。
一足先に、金星が射手座(10月19日)に入っています。
次なるは(11月5日)水星が蠍座へ。
そして11月13日には金星が山羊座。
11月16日は火星が射手座です。
蠍座、射手座の人にとっては、特に盛り上がりのある期間になりそうですね。


サーチ(調べる)ところで、『火星と海王星』というと、飲む打つ買うという『ギャンブルのアスペクト』ですが、たとえば競馬の場合、騎手や競走馬にもこのようなアスペクトがあったりするのかな・・?と思って、調べてみました。
すると、「ちょっとおもしろいかもしれない。。。」ということがわかったので、報告してみたいと思います。

走る人まず騎手の場合(私の知る範囲です~。あしからず。)
<火星と海王星のアスペクト『あり』>
岡部幸雄さん、武邦彦さん、福永祐一さん、細江純子さん

<火星と海王星のアスペクト『なし』>
武豊さん、武幸四郎さん、蛯名正義さん、安藤勝己さん、四位洋文さん

☆考察☆
で、詳しい方をつかまえて共通点を聞いてみましたら、
「『なし』のほうが、ここ一番の勝負で強い(でも岡部さんは「あり」でも強い)」ということでした。
う~ん、おもしろい・・・。
『あり』の場合、曖昧にする無意識の海王星が行動の火星にヒットする。すなわち、ここ一番の時に勘が鈍ることがあるということでしょうか。
海王星には「先見の明」というよい意味もありますが、
ここ一番の勝負(火星)の時には、不安定にどちらにも転ぶ可能性のある海王星はかかっていないほうが、ブレずに安定した力を発揮できるのかもしれません。


ウマ競走馬の場合
<火星と海王星のアスペクト『あり』>
エアグルーブ、ダンスパートナー、アドマイヤベガ、エアカシャール、オグリキャップ、ダンスインザダーク、ディープインパクト、ウォッカ、タニノギムレット、ディープスカイ、キングカメハメハ、

<火星と海王星のアスペクト『なし』>
クロフネ、スペシャルウィーク、メジロマックイーン、スーパークリーク、カネヒキリ、アドマイヤムーン、メイショウサムスン、

☆考察☆
競走馬は『あり』が多いですね。またダービー馬も『あり』が多いです。
で、また詳しい方をつかまえて共通点を聞いてみましたら、
『あり』のほうは華がある(ピークは短いよう)
『なし』は王者として君臨しているイメージ

ということで、
う~ん、これまた実におもしろい・・・。
海王星は「夢」「希望」「理想」「期待に応える能力」という意味がありますので、
『あり』の場合、みんなの望んでいることを(海王星)実現させていく行動力(火星)があるということなのでしょうね。
また、調教など、人が要求しているものを察して行動に移す能力が求められるということもあるかもしれません。


遊園地そういえば、デープインパクトのお仔が今年何頭か生まれていますが、火星海王星のアスペクトがあるのかどうか、気になりますね。
2008年は、2月中旬と6月中旬生まれが『あり』なので、
この時期に生まれたお仔は、けっこう有望かも。
来年は・・・
2009年は、3月上旬と5月下旬生まれ
2010年は、5月下旬~6月上旬生まれ
2011年は、2月中旬生まれ
2012年は、4月~5月上旬生まれ

こうしてみると、アスペクトのある期間は短いですね。

ドル袋そうだ、来年(2009年)のダービーは、2006年生まれのお馬が出走するので、
この年は3月下旬生まれを要チェックですw
(ちなみに再来年の2010年は、2007年3月生まれをチェック。)

ダービーに限らず、どのレースでも参考にしてみても面白いかもしれませんね。
なので、ついでに書いてみよう。
2002年3月生まれ。
2003年2月上旬と5月中旬生まれ。
2004年2月下旬と3月上旬と4月中旬生まれ。
2005年4月中旬生まれ。
2006年3月下旬生まれ。


えんぴつそれでそれで、また気づいたことに、
騎手も競走馬も、「太陽や月に木星(成功、社会で活躍)のアスペクト」のあるケースが多いです。
また、「火(意志、情熱)」の要素の強い人(馬)がほんとに多い。
3区分では「不動(守り)」のお馬が多いですね。
いちおう分けたのを書いてみますが、どうでしょうか・・・(同数の場合、両方入っています)。
見る人が見たら解釈できるかな・・。

<活動(攻め)>
武豊、福永祐一、岡部幸雄、安藤勝己、蛯名正義、四位洋文、
エアグルーブ、エアシャカール、クロフネ、オグリキャップ、ダンスインザダーク、
<不動(守り)>
武幸四郎、武邦彦、
ダンスパートナー、エアシャカール、クロフネ、スペシャルウイーク、スーパークリーク、オグリキャップ、ディープインパクト、カネヒキリ、アドマイヤムーン、メイショウサムスン、タニノギムレット
<柔軟(潤滑油)>
武豊、武邦彦、岡部幸雄、
アドマイヤベガ、メジロマックイーン、スーパークリーク、カネヒキリ、ウォッカ

電球あっ、そうか、「火星海王星のアスペクト+火+不動宮+太陽や月に木星のアスペクト」は強い馬の可能性があるのか・・。
とすると、ディープインパクト、オグリキャップ、タニノギムレットですね。

あぁ・・・あまり詳しくないので、考察ができませんが、
ディープインパクトやオグリキャップがいるこの仮説、なんとなく信憑性が高そうですよね・・。


目そういえば、武豊さんは太陽ドラゴンヘッドの人ですが、岡部幸雄さんは太陽ドラゴンテイルの方です。
岡部さんの時代は、競馬(ギャンブル)の騎手というイメージで、武さんは競馬(スポーツ)の騎手というイメージの違いがあったりするのかな・・・なんて思ったりして。
(または、武さんは広く人気を集め、岡部さんはコアなファンに囲まれるといった解釈でもいいかも・・。)

☆そして、話題の新人、三浦皇成騎手は・・・。
射手座太陽天王星合の人なので、ものすごいオリジナリティーがありそうです。太陽や月に木星とのアスペクトはありません。火星海王星のアスペクトもなし。火の要素も少ない。水星のアスペクトが特徴的。ほんと、今までにないタイプの騎手になりそうです。一風変わっている自由人。外国で活躍する人になるかも・・・・!?(外国を騎乗のベースにするとか、なんだかわからないけど、今までの例にないことをしそう。)


TVおまけで、競馬に関係のある芸能人の火星海王星アスペクトは・・・?
JRAのCMに出ている佐藤浩市さん、大泉洋さん、小池徹平さん、蒼井優さんは『あり』
ディープインパクトの馬主さんで図研の金子真人さんは『あり』
競馬のTVに出ている井崎脩五郎さんは『あり』
万馬券をとった爆笑問題の田中裕二さんは『なし』
オーラの泉で競馬の話題が出た梅沢富美男さんは『なし』
競馬のイベントで司会をしているフリーアナウンサーの原山実子さんは『なし』

う~ん、もっともっと調べたい~。西洋占星術、オモロ~♪


****

<太陽・蠍座>
感情の深さと激しさにおいて、蠍座は他のどの星座よりも勝っています。
強い目的意識を持ち、類まれな集中力と忍耐力でその目標に向かっていきます。
内面に激しさを秘めながら、表面的にはどこか超然とした感じ。
蠍座につきものの秘密主義は、内なる欲望や感情の激しさを隠そうとする必要があるからです。
研究心や探究心が旺盛で、人の心の裏側や物事の核心を見通す洞察力の持ち主。
欠点は猜疑心が強く、強情で嫉妬深いところ。

<水星・蠍座>
研究心・探究心が旺盛で、神秘的な事柄や物事の背後にある隠された原因などに興味を持ちます。
謎解き・探検・人の心理を探る才能あり。
蠍座の水星は、熱さと冷たさの両極を持ち備えています。普段はかなり冷静で客観的なものの見方をしますが、好き嫌いの感情に触れると激情的になりがち。皮肉屋ですが純真さも備えています。
調査・追跡を要する仕事、研究職、人の心を扱う精神科、心理学関係にも適正があります。

<金星・射手座>
愛情表現は陽気でフランク、オープンな感じ。
探求精神が強く、理想の愛を求めてさまよう傾向もあります。
寛大で温かみがありますが、感情的に落ち着きがなく、安定した関係を保つことが苦手です。
恋愛というよりもむしろ、芸術や宗教的なものを通じて、精神的な冒険を求めているようです。
金銭面は大雑把で、どんぶり勘定的な面あり。見通しの甘い投資で損をする可能性もあります。

<金星・山羊座>
恋愛に対して猜疑心を抱きがちです。愛情表現も現実的で上手とは言えず、ムードやロマンチックさに欠けます。こういった傾向は、子ども時代に条件付けられたのかもしれません。
真面目でとても誠実な愛情の持ち主で努力家。性的な欲求を抑圧する傾向も見られます。
アンティックや古美術など、価値のある美に強く惹かれます。
経済観念は発達していて、無駄を嫌います。商才に長けたタイプもいます。

<火星・射手座>
軽快で行動力に恵まれます。自分なりの信念や信仰に基づいて、情熱的にことを進めるのも特徴。
火星の攻撃性は主に、スポーツや旅行・冒険など、肉体的なレベルで表現されることが多い。
楽天的で大雑把なところがあり、計画性には欠けます。失敗してもあまり懲りない性格。不調和だと、やることなすことオーバーで、周りを振り回すことも。
また、宗教や法律に関するトラブルも予想されます。


****

<10月23日~25日>
蠍座1度『観光バス』
他者との関わりや、新しい環境に順応する力を備えている人です。
蠍座は外部の何かと合体して、自分自身の不足分を補う傾向があります。
ですからこうした外部とのつながりが、ほんとうに自分自身の不足分を補ってくれるとわかれば、その相手とはもう離れることなどできなくなるでしょう。
なんとなく足を踏み入れたことにも、自分に必要だと感じたら、強引に食い下がっていきます。
自分の知らない世界に導かれて、感動的な体験をしたいと躍起になることもあるようです。
そんなときは底知れぬパワーが発揮され、押しの強さで相手を圧倒することもあるでしょう。
逆に、他者から強引に引き込まれることもあり、気がついたら相手のペースにはまっていた、ということもしばしば。
徐々に相手の色に染められ、心のあり方も変化していくのかもしれません。
観光などに関係した仕事が向いています。
(躊躇せずに人の輪に加わってみる)

<10月24日~26日>
蠍座2度『割れたビンとこぼれた香水』
強い信念を持ち、やや強引なところのあるのが、この度数の持ち主。
個性的な雰囲気をかもし出しているのも特徴です。
蠍座は、外部の何者かと結びつくことで、自らの不足分を補う傾向にあります。
対人関係とは友好関係でありながら、きちんと結ばれた協定のようなもの。
助け合ってはいるものの、互いのテリトリーを犯すことは許されません。
しかしここでは、あなたはそれを破って、より深い結びつきを持ちたいと願うのです。
そのため、予想もしていなかったような大胆な行動に出て、しばしば周囲を驚かせたり、誤解されてしまうこともあるかもしれませんが、その結果、初めて新しい自分と向き合うこともできるのです。
この度数の人は感受性が豊かなので、芸能・芸術関係の仕事に向いています。
自分と相手の間の壁を破って深い関わりを作るので、信頼関係は長く続くでしょう。
(勇気を出して自分をさらけ出すこと)

<10月25日~27日>
蠍座3度『棟上げ式』
協調性があって、誰とでもうまく付き合っていけるタイプの人です。
蠍座の特徴である他者との結びつきに長け、皆で一緒に盛り上げていくことを得意としています。
出過ぎることがなく、人間関係のトラブルに巻き込まれることは少ないでしょう。
それはけして受身な態度であるということではありません。
周囲との調和を積極的に図るために、労力を使うことを惜しみません。
突出して目立つわけではないので、リーダーというよりは、縁の下の力持ち的な存在でいるほうが向いているでしょう。
寂しがりやな面もあるので、ひとりでいるより大勢に囲まれることを好みます。
複数のスタッフと何かを作り上げる仕事に向いています。
制作プロダクションや建築関係の仕事が良いでしょう。
(作り上げる喜びを他人と分かち合おう)

<10月26日~28日>
蠍座4度『火の灯ったろうそくを運ぶ若者』
本来蠍座は、他者との深い結びつきを大切にしています。
自分にないものを相手から補い、そして成長していく特徴があります。
この度数の人は、さらに他者への執着心が強く、親密な関係を好みます。
相手は誰でもいいというわけではなく、信頼できるごく限られた人やものに限定されます。
仲間意識が強いので、常に行動をともにしたり、共通の秘密を保持したりするなど、その執着心は並々ならぬものがあるようです。
特に恋愛関係を結んだ相手には、とことんすがりつく傾向も。その関係が深ければ深いほど、あなたの心は満たされていきます。
閉鎖的な関係の中でつくられるあたたかさや情感によって、癒され育てられるのです。
またこの度数は、性の儀式的な面を表してもいるので、セックスの神秘性に惹かれることもあるでしょう。
(他者とのかかわりを深めていくチャンス)

<10月27日~29日>
蠍座5度『大きな岩場の海岸』
この度数の持ち主は、保守的な習慣について、自分の進路を妨げる障害のように感じることがあるかもしれません。壁にぶち当たった時は、外の世界を非難することもあるでしょう。
でもそれは筋違いで、自分の中に、そういう頑固な気質が潜んでいることを自覚したほうが良いでしょう。
一方小さなことには動じないタイプの人です。突発的な出来事にも冷静に対処し、難を切り抜けていく力を持ち合わせています。
変化や成長を、すぐには受け入れられないものの、時間をかけて少しずつ受け止めていくことができるでしょう。
安定した常識感覚も備わっているので、あまり小さな物事に振り回されることはありません。
感情的になることも少ないので、周囲からの尊敬も厚いようです。
じっくり腰をすえて、長期的な展望にたって生きる地道な人といえるでしょう。
焦らず確実に進むこと。
(挫折も経験、壁を乗り越えること)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 満月。牡羊座の月。 | トップページ | 蠍座の新月。 »