« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

射手座の新月。

ついこの間、満月だと思っていたら、もう新月ですネ。
射手座の新月(11月28日1:54。射手座5度。)
昨日(27日)、冥王星が山羊座にINしました。
この新月では、個人的なことだけでなく、社会的な面(雇用や経済)での安定も願いたい気持ちです。

今日の新月のサビアンは、射手座6度『クリケットゲーム』
フェアプレイで競技するスポーツ。勝っても負けてもお互いに理解し合えることを意味しています。
たとえば会議の場では、柔軟な姿勢で自由に意見を出し合って話し合うイメージです。
(反対意見を出されたとしても、けして否定されたわけではなく、より良いものを出し合って決めましょうという、そういう感じ。)

射手座の新月で意識したいことは・・・・。
『自分の可能性を信じる』
物事の明るい面を照らし、楽観性を授ける射手座の新月。
明るい未来と自分の可能性を信じることに、スポットを当ててみましょう。
また、旺盛な知識欲にも関係しています。
これは、とくに哲学や教育、語学や法律など、高度で深遠な学問に関すること。
また、冒険や旅行、探求といったテーマも。
射手座らしい自由な精神で踏み出したい、今日の新月です。


☆個人的なことでは、大掃除を始めました。
やり始めると、もう頭の中は掃除のことでいっぱい笑。
せっかくの射手座期間なのに、ちっとも深遠ではないこのごろですw。

****

<11月27日~29日>
射手座6度『クリケットゲーム』
とても爽やかですがすがしい人です。
他者とのぶつかり合いのなかから、人それぞれのいいところを吸収して自分の成長の糧にしていきます。
そのためにはお互いの手を全て見せ合い、力を出し尽くす場がどうしても必要になります。
それが勝負でありゲームです。
けしてルールを破ることなく正々堂々とライバルと戦うでしょう。
勝った負けたということよりも、そこに至る精神的な過程を大切にします。
どんな混乱した状況に置かれても冷静さを失わず、自分の中にしっかりした軸になるものを作り上げていきます。
が、実際に成長するためには、戦いや競争がないことには、なかなかエンジンがかからないことがあって、アマチュアスポーツを観戦にいくと元気になれるでしょう。
正義感の強さが特徴ですが、自分の仲間や属する集団を過剰評価する傾向はあるでしょう。
(集団生活の中で協調性を発揮する)

<11月28日~30日>
射手座7度『ドアをノックするキューピッド』
個人主義的な人です。
皆で何かをしようということになっても、自分だけ少し外れたことをしたいと思うでしょう。
人の知らないことを知りたがり、人のやらないことを自分だけがやりたがります。
その仲に興奮と成長の鍵があります。人と同じではおもしろくないのです。
どうやって他者と差をつけようかといつも考えています。
そして楽しいもの、刺激があるものに弱く、好奇心に導かれるままに行動します。
しばしば集団の規律は守られません。あなたの周囲ではいつも小さな軋轢が起こっています。
恋愛至上主義でもあり、ロマンチックな雰囲気を身につけているため、近寄る異性は多いでしょう。
しかし男性に夢中になるというより、恋をしている自分に酔ってしまう傾向があります。
関係が安定すれば、ドキドキわくわくする気持ちが失われるので、その関係に飽きてしまうことも多々あります。
(内なる衝動を抑圧せず、精神を解放する)

<11月29日~12月1日>
射手座8度『岩やその内部で形成されているもの』
今あるところにとどまってはいけないという内なる声に動かされ、大胆な行動をとります。
その衝動を他人に納得させるだけの理路整然とした言葉を持たないため、
自分でも自信がなかったり、人からも誤解を受けやすい面があります。
枠に収まりきらないスケールの大きさは、社会的な常識からみれば粗暴と受け止められかねません、しかし古くて硬直した状況を壊し、新しいものを生み出すにはそういった類のパワーも必要です。
自分のしようとしていることを意識的にうまく説明できない時には、自分が正しいのか、それとも判断が間違っているのか、本人も戸惑うことがあるかもしれません。
しかし試行錯誤の中でやがて目的が明らかになり、予感は確認へと変わるでしょう。
常識的に正しいと思えることが実は間違っていたり、誤りだと思われていることが実は正しかったり。
価値観の逆転がおきやすいのですが、判断の基準は自分の心の奥にある力に求めると良いでしょう。
(運命の変化の流れに逆らわずに生きること)

<11月30日~12月2日>
射手座9度『階段で子ども達を連れている母親』
強い向上心をもって未知の世界を探求する人です。
かなりの努力家で、物事の意味を突き止めようと全身全霊でそれに打ち込みます。
何かしらテーマが決まったら、ひとつの頂点を極めるまで、そのほかのことはまったく見えなくなり、寝食を忘れて熱中するでしょう。
そのために無理な生活を送りがちですが、あなたの気持ちは高揚した充実感にあふれています。
可能な限りハードルの高いものにトライしましょう。
そうすることで、自分のキャパシティーを広げていくのです。
一人では無理と思われることでも、必ず先へ導いてくれる存在の人が現れるのも、この度数を持った人の特徴です。
そして自分の実力では到底果たせないようなことを成し遂げていく人もいます。
あまりよそ見をしたり考え込んだりせずに、直感に従って行動しましょう。
やるべきことの優先順位をはっきりさせておくように。
(ひたすら前向きに努力を重ねていくこと)

<12月1日~3日>
射手座10度『金髪の幸運の女神』
華やかな夢を描き、人生をドラマのように生きていく人です、
自分が経験したこと感じたことを伝えるのがうまく、なおかつそれに教訓や意義までも付け加えて他人に大げさに語るでしょう。
あなたの卓越した表現力や演出力に圧倒されて、人々は人生が感動的で希望に満ちたものであると気づき始めます。
影響を受けて方向転換しようとする人も出てきます。
人々の未来への期待が広がる時、あなたの可能性も広がっていくのです。
そして夢物語で終わることなく、現実面での成果を出していくことが出来るでしょう。
正自分の考えが正しいとの思いに固執し、人を見下してしまうような面もあります。
自信と自慢は違うということを学ばねばなりません。
シンプルな性格が誰にでも愛されますが、お山の対象になってしまいがちな部分も。
押し付けがましくならないよう注意が必要です。
(ポジティブ思考で夢を実現)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

3丁目の夕日

咳の風邪をひくと長引いてしまい、毎年困らされているのですが、
今年はようやく良く効く薬にめぐり合い、心底ホッとしているところです。
しかし、それを飲むと眠気がすごくて、うっかりしていると立ったままでも眠ってしまうくらい。
爆睡という表現ではなく、こう、すぅぅっと吸い込まれるように・・・笑。

ところで、この間『続ALWAYS3丁目の夕日』がTVでやっていました。
『続』は昭和34年、もとの『3丁目』のほうは昭和33年の設定です。

昭和33年(1958年)というと、
岩戸景気という1958年6月~1961年12月までの好景気の始まりの年。
高度経済成長。池田内閣では、1961年から10年間で所得倍増するという計画が掲げられ、高度経済成長期が始まっていきました。
当時の大卒の初任給1万4000円弱、バス代15円、風呂代16円、理髪代150円。
1960年代から、サラリーマンの収入が激増し、国民の間に中流意識が広がっていきました。『一億総中流』という言葉も。
つまり雇用の面で大きな変化がはじまったのが、この昭和33年。
1961年(昭和36年)国民皆保険。医学や衛生面でも大きく進歩していきます。
内風呂は1960年代に各家庭で取り付けられるようになり、衛生状況は大きく改善。
歯磨きなども推進されました。(昭和32年当時、歯磨きしない人は約21%)。
集合住宅やスーパーマーケットなども、あちこちに出来はじめたりと、
その後も、オリンピック景気やいざなぎ景気などあり、まさに高度経済成長期だった1960年代でした。

昭和33年の春分図を見てみると・・・
冥王星が乙女座にINです。
雇用や医学衛生面での大改革が始まったというのもうなずけますね。
この年は、アセンダントが蟹座、MC牡羊座に太陽と月が合。太陽は6ハウス射手座土星と120度、7ハウス水瓶座火星と60度。月は1ハウスの獅子座天王星と120度。10ハウスに牡羊座水星。2ハウスに乙女座冥王星。
働くぞ!稼ぐぞ!競走するぞ!立身出生するぞ!という感じですね。
4ハウスで蠍座木星ノード海王星が合。家庭や家族での喜びごとや出会いなどを意味していますが、MC太陽とは150度。1ハウス天王星や7ハウス火星と90度。
家庭での幸せもありつつ、社会にも開けている図ですが、ハードアスペクトになっているので、無理やひずみも徐々に始まりつつあるような意味合いです。家族の幸せのためにも社会に出てがんばらないと・・といった感じもありますね。
豊かな未来への希望にあふれた『3丁目の夕日』の昭和33年だったことがわかりました。
この前後数年の春分図も見てみたのですが、ここまできれいに現れているものはないようですね。
昭和33年が映画になるのも納得だなと思いながら、ホロスコープを眺める私です。


****

ところで、気づくともう射手座ですね。
運行中の星の星座です。

<太陽・射手座>11/22~
陽気で楽天的。理想家肌で未来に対して常に発展的なヴィジョンを描いています。
一見快楽主義のようでいて、心の中ではより深遠なテーマに耳を傾けていることも多い。
射手座の自我は、絶えず未知なる何かを追い求めています。
未知の領域を探る哲学・宗教・そして旅にも心魅かれます。
またスポーツなど戸外の活動を好む人も。
欠点が強く出ると、楽天性は誇大妄想となり、無責任が目立ちます。落ち着きがなく持続力に欠ける点も。

<水星・射手座>11/23~12/12
水星の冷静さ・客観性が弱まる「デトリメント」となります。
知識欲・向上心は旺盛ですが、飽きっぽく集中力に欠けます。
具体的な事実にはあまり注意を払わず、ものの考え方が飛躍的。
理性の声よりも、情熱や閃きで直感的に物事を判断します。
真面目で厳格な考えには目をそむけ、自分に都合の良いように思考を組み立てる傾向あり。
語学・教育・動物・スポーツに関する仕事は適職。
単調な仕事が苦手で、職歴が何度も変わりやすい。

<水星・山羊座>12/12~
山羊座の支配性土星の影響で、水星が非常に規則正しく現実志向になります。
物事を計画通りに行い、思考は具体的になりがち。
直感や閃きによる飛躍的な考えには懐疑的で、保守的で浮ついたところのない考え方を尊重します。
実務レベルではとても有能で合理的。時間の使い方やスケジュール調整などが得意です。
無口で辛らつなところもありますが、教師として有能。
理数系に強く、システム管理・技術系に才能を発揮。経営センスにも優れます。

<金星・山羊座>11/13~12/8
恋愛に対して猜疑心を抱きがちです。愛情表現も現実的で上手とは言えず、ムードやロマンティックさに欠けます。こういった傾向は、子ども時代に条件付けられたものかもしれません。
真面目でとても誠実な愛情の持ち主で努力家。性的な欲求を抑圧する傾向も見られます。
アンティックや古美術など、価値のある美に強く惹かれます。
経済観念は発達していて、無駄を嫌います。
商才に長けたタイプもいます。

<金星・水瓶座>12/8~
個性的でエキセントリックな水瓶座の影響で、愛情表現に一貫性がありません。
友好的でフランクですが、相手との距離を置きたがる面も。
どんなに親密な関係でも、束縛を嫌い自由を求めます。
常識や因習にとらわれないので、人から見ると自由奔放な異性関係に移る場合も。
博愛・人道主義を根拠とするものや、その考え自体に惹かれます。
愛情面ではクールな客観性が特徴。
公共機関を通じての利得。金銭への執着は薄いほうです。

<火星・射手座>11/16~12/27
軽快で行動力に恵まれます。自分なりの信念や信仰に基づいて、情熱的にことを進めるのも特徴。
火星の攻撃性は主に、スポーツや旅行・冒険など、肉体的なレベルで表現されることが多い。
楽天的で大雑把なところがあり、計画性には欠けます。失敗してもあまり懲りない性格。

(岡本翔子 著 『心理先生学入門』より)

****

<11月22~24日>
射手座1度『共和主義キャンプファイヤーの威厳ある軍隊』
あなたにとって人生とは戦いです。
人と競い合うことは自分を磨くことであると信じて勇敢に挑んでいくでしょう。
勝負そのものにはあまりこだわらず、サッカー選手が試合のあとお互いのユニフォームを交換して闘志をたたえあうように、さっぱりとしています。
むしろ同じゲームを戦い抜いた共感のほうが強いでしょう。
負けたとしても、より多く努力をした者に対して素直に賞賛し、自分も次はもっと頑張ろうと思い、勝ったとしてもそのことに驕りません。
チームとしての固い結束より個人の自由な意志を尊重する、とても純粋でうがった部分のない人です。
この度数を持った人は新鮮な活力にあふれていて、いつでも元気いっぱいです。
自由闊達な雰囲気が人をひきつけます。
しかし周囲から見ると非常に大胆で攻撃的な傾向も。
まっすぐな言動が他人を傷つけてしまうこともあります。
(人と切磋琢磨して自分自身を高めていくこと)

<11月23日~25日>
射手座2度『白い波の帽子に覆われた大洋』
変化の激しい人生を好む人です。
ドラマティックに雰囲気を盛り上げたいといつも思っていて、自分の行動に周囲が派手にリアクションしてくれないと何もやる気が起きません。
ひとたび、周りの人が認めてくれると多大な力付けを得て実力以上のものを発揮できます。
ひとりで何かをするということはあまりなく、他人を巻き込んで「場」を作り上げることが多いでしょう。
コンサートホールや、スポーツ競技の行われているスタジアムなど会場全体がよどめき、ひとつの盛り上がった空気を全員で共有するような雰囲気にあこがれます。
ひとつの会場の中で個人個人の無意識が反応しあい、より大きな活力を一人ひとりにフィードバックしてくる集団性の醍醐味を理想とするあなた。
誰よりもその影響を強く受けるので、非常に敏感だったり、感情がいつも揺れている印象を与えることも。
(集団活動に参加して、気持ちを盛り上げる)

<11月24日~26日>
射手座3度『チェスをするふたりの男』
要領よくスマートに生きていける人です。
自分の中にある闘争心と、それを表に出した場合の周囲の反応とを巧みに計算して、人より一歩先んじることが出来ます。
周りの出方を推理し、自分の考えた手順どおりに物事が推移するのを、あたかもゲームのような感覚で見つめています。
社会のルールから外れることなしに、定められた枠の中で、自分の欲求を満足させるためにはどうするのが一番よいかを気長に考えることができるでしょう。
また、損得勘定ではなく、行動計画をいろいろシュミレーションすること自体が楽しみにもなります。
その能力で多種多様な人たちとの交流も難なくこなし、友人は多いタイプです。
ただし、ゲーム感覚が強くなりすぎて策略家の雰囲気を与えてしまうとマイナスです。
人間関係に関しては頭をめぐらせるよりも、駿粋な気持ちで付き合うことを心がけると良いでしょう。
(冷静に先の計画を立てながら行動を)

<11月25日~27日>
射手座4度『歩くことを学んでる小さな子ども』
暗中模索の中でも新境地を切り開く才能の持ち主です。
理論ばかりではなく、その考え方を実際に試してみる実行力があり、その結果不具合があればちゃんと調整しようとします、
試行錯誤を良い意味で繰り返し、その中で理屈と現実を突き合わせていきます。
自分の間違っていたところは素直に認めて訂正できる率直さや、前向きな姿勢に他人は感動し、あなたに協力を惜しまないでしょう。
また、自分が受けた恩恵を他の人々と分かち合うことのできる人です。
頑張っている人を心から応援し力づけ、一緒に向上してゆこうとします。
純粋な人間愛にあふれた行為ですが、少し押し付けがましい部分も見え隠れします。
人生を生真面目にとらえ、熱く正論を語りすぎる傾向があるので気をつけてください。
しかしその青春ぽさこそが、美点でもあるのです。
教育に適正がある人が多いはず。
(人を助けることで自分も学んでいくこと)

<11月26日~28日>
射手座5度『木の高いところにいる老いたふくろう』
とても深い叡智を持った人です。
自分はあまり表面に出ずに、しかし権力を握る立場になることが多いでしょう。
あなたの言葉はひとつひとつが意味深で周囲からしてみると何を考えているのかわかりにくいようです。
しかしなぜか説得力があり、周りを圧倒します。
それは人間の心の裏側に働きかけるように、言動を自分でコントロールできているからです。
人を操り、あおることがうまいでしょう。
根回しや裏工作が得意ですが、決して損得勘定ではなく純粋にプロセスを楽しんでいます。
そして、真面目でまっすぐなものにはちょっとばかり退屈しています。
子どもの頃から、学校と家庭以外の顔を持っていたのかもしれません。
知らないふりをしていても、実はたくさんのことを知っているという場合も多いでしょう。
でも故意にデマを流したりする人もいるので、行き過ぎは禁物です。
(物事を深く考えて、洞察力を磨くこと)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

蠍座で満月。牡牛座の月。そして柏原崇さん。

昨日は月が牡牛座の満月でした。
夜空に輝く月を見ましたか?
なんだかとても大きく見えたのは気のせい・・・?

月牡牛座(太陽は蠍座)の満月の時には、約半年前の新月(5月5日)に始めたことの振り返りをするのに、良い機会となります。
自分のやり方に固執するあまり、停滞期に陥っていたり、怠け心からつい現状維持に甘んじていたり、といったことが起こっているかもしれません。
また、独占欲や執着心からの解放ということも、必要かもしれません。

・・と、手帳を見ながら自分自身のことを振り返ってみると・・・なるほどなるほど、
このあたりで始めたことが、ちょっとダレダレになっています。
この機会に、軌道修正しておこうとおもいます。


ところで、『セレブと貧乏太郎』に柏原崇さんが出ています。
相変わらず、なんともいえないカッコよいムードを漂わせていますね。
この雰囲気はどこから来ているのだろうと、ホロスコープを見てみました。
まずはじめに目につくのが、
水瓶座の月に土星が180度、天王星は90度で、Tスクエア。
水瓶座獅子座(月土星)のしっかりした自分意識のラインに、蠍座の天王星が改革を仕掛けている形。蠍座なので、人との縁だったり、何か深いところから発生してくるものだったり。
頚肩腕症候群にかかられたというのも、なるほどわかりますね~。
月という肉体が水瓶座にあるので神経系にきやすい上に、獅子座の土星オポで「プライドもってしっかりやっていこうぜ」と頑張っているところへ、スクエアの天王星が奇襲をかけてくるのですが、蠍座なので、何かしがらみとかドロドロごちゃごちゃしたものが突然襲ってくるので、原因はストレスとか何かそういう感じで神経系にくるという、そういう体質をあらわしていると思います。
ちょうど数年前にごたごたあったあたりは、月の上に海王星が、天王星の上に冥王星が乗っていました。そして土星の上に土星が通過して終息したという流れになっています。
プライベート(月)では、ほんとうに大変な時期だったのでしょうね。
太陽と水星は魚座で、木星と60度、天王星や土星とセスキー。
魚座太陽に木星が60度で、なにか幻想的なイメージが広がっていますけれど、ここでも蠍座天王星や獅子座土星がキリリとアクセントを効かせています。ちょっと魔界の王っぽい雰囲気を醸し出しているかな。
牡羊座金星はキローンドラゴンテイルと合。
いい方がそばにいてくれると良いですよね。
水瓶座火星に牡牛座木星がスクエア、冥王星がセスキー。
やっぱり、締め系というか魔界っぽい雰囲気があります。
今、セレブ役なのは、この火星のイメージですかね。
なんというか、このチャートを見て、締め系黒マントで魔術にかけられているような気分になりました。

ところで、よく似ていらっしゃるのが玉山鉄二さんという方ですけれど、
玉山さんは牡羊座太陽に冥王星が180度、海王星120度、木星セスキー。
山羊座(または射手座)月に火星木星ノード120度。
太陽と月の状態だけを見ても、しっかりしつつ元気で明るく広がるイメージがあります。
顔立ちは似ていても、イメージの違いがあるのは、こうしたことにも現れているのかな・・と思いました。

なんだか、まとまりがありませんが、このへんで~笑。

****

<11月15日~17日>
蠍座24度『ひとりの男の話をきくために山から降りてきた群衆』
チャレンジ精神旺盛で、バイタリティーあふれるタイプの人です。
いったん走り出したら、目的地に到達するまでは決して止まることのない熱血漢です。
特に自分に与えられたこと、また自分にしか出来ないことに取り組んだら、もう誰もあなたを止めることはできません。
自分の精神のすべてを捧げても、目標を達成するために集中します。
そのため、何かをやっている最中誰かに呼び止められても、耳に入らないこともあるのでは。
それだけ高い集中力を持っていることを意味しています。
開拓精神も旺盛で、ニュースポーツなど、新しい分野で成功する可能性も大。
二番煎じに甘んじるより、試行錯誤してでも自分が先導していくことに生き甲斐を感じられるでしょう。
周囲の人はそんなあなたを見習って、同じ事を始めるかもしれません。
あなたの実行力は、人に影響を与えるのです。
(目標に向かいチャレンジあるのみ)

<11月16日~18日>
蠍座25度『X線』
物事を全体的に観察する力に長けています。
冷静で判断能力が優れ、失敗したりあわてふためいたりすることが少ない人。
周囲からの信頼も絶大で、相談を持ちかけられることが多いかもしれません。
しかし、どんな問題であっても、すぐさま結果を指摘するのではなく、その背後にある原因を追求してからでないと、答えを出すことはないでしょう。
何事も慎重に理解しようとするので、さらにそこから見えてくるものも多いはず。
また、人との付き合いも慎重になるタイプです。
人を見かけで判断せず、本質を見抜く力があるので、簡単にだまされることもなさそうです。
しかし慎重になりすぎるため、相手を信用するまで時間がかかります。
何年もかけてようやく親友になった友達もいるかもしれません
この度数の人は、分析に関心を持つことが多く、心理学者や科学者などに向いています。
(鋭い観察力で意志強固な自分作りを)

<11月17日~19日>
蠍座26度『キャンプをつくっているインディアンたち』
とりあえずは何でもこなしてしまう、器用な人です。
飲みこみが早く、新しいことを取り入れても、すぐに自分のものにしてしまう要領のよさを持ち合わせています。
飾り気のない性格で、誰とでも気さくに会話を楽しめるでしょう。
また、自然や生命のリズムに合わせた生活基盤を理想としているのでは。
そのため、自由気ままな生活に憧れを抱くでしょう。
どこに行っても、どんな環境にも馴染むことができるので、身ひとつでふらっと一人旅に出かけたくなることも。
無人島に取り残されても、生きるための知恵を持ち合わせている人。
ひとつの場所にとどまるのが苦手で、次々に居場所を変えたくなるでしょう。
それは実生活の中で、やや飽きっぽいという一面が出てくるからかもしれません。
この度数の持ち主は、生活の知恵が豊富で、自分の能力をいつも試したいと思っているのです。
(新しい環境に飛び込み未来を開く)

<11月18日~20日>
蠍座27度『行進している軍楽隊』
人に対しても、自分に対しても、依存心の高い人物です。
自分にあまり自信を持っていないため、誰かに頼っていなければ不安に思ってしまうのかもしれません。
その結果、お節介になっていまうことも。
良いと思ったことは、皆にも知ってもらいたいと思うので、興味のあるものやお気に入りの逸品などを友達に勧めて、ブームを起こしたといった経験もあるのでは。
それが行き過ぎると、押し付けがましいと相手にうつってしまい、
迷惑がっていることに気づかず、必死に説得していることもあるようです。
ただし、優れたものを独り占めせず皆に公開するので、敵を作ることはなさそうです。
あなたが寂しがり屋で人懐っこい性格は、周囲には憎めないキャラクターとして受け入れられるでしょう。
頼まれると断れない人のよさも特徴。
人情味にあふれ涙もろい人もいるでしょう。
(自分との戦い。依存心を捨てること)

<11月19日~21日>
蠍座28度『自分の領土に近づく妖精たちの王』
ひとりでいるのを好むタイプの人です。
わずらわしい人間関係の中で苦労するよりも、のんびり気ままに自分の時間を楽しみたいと思っているようです。
自分の領域を侵されることを嫌うので、人を寄せ付けないよう見えない壁を作ってしまっているかもしれません。
しかし、けして威嚇したり、ひねくれたりしているわけではないので、他人には落ち着いた穏やかな印象を与えることが多いでしょう。
一見、のんびり屋にうつることもありそうです。
ゆったりマイペースに過ごすことが活力源なのでしょう。
また、頭の中にいろんなことを思い巡らせるのが好きな空想家でもあります。
それは、理想を現実にするためのシュミレーションを行っているのでしょう。
そしてその理想というのも、富や名声を手にすることではなく、あくまでも心の安定した生活を送ることを意味しています。
(ひとりの時間を増やし心の安定感を得て)

<11月20日~22日>
蠍座29度『長に自分の子ども達の命乞いをするインディアンの女性』
人から何かを頼まれると、断れないお人よしな人物です。
困っている人を見ると、放っては置けなくなることもあるでしょう。
迷子になった子供を助けたために、自分は遅刻したといった経験もあるのでは。
他人には、頼りない印象を与えてしまいますが、そこがあなたの優しい部分で、長所ともいえるでしょう。
しかしその優しさも優柔不断になると気持ちが揺るぎやすく、状況に流されてしまうことも。
強い意志を持って望んだはずが、いつの間にか方向性を見失って立ち往生してしまうこともあるようです。
腐れ縁をなかなか断ち切ることが出来ないのも、このタイプの人です。
ものを捨てられなくて、ガラクタが集まってしまうこともあるのでは。
古いものを捨て、新しい環境に飛び込む潔さが必要です。
相手に対する態度は明確にあらわしたほうが、混乱は避けられるでしょう。
(泥沼の恐れあり。けじめをつけること)

<11月21日~23日>
蠍座30度『ハロウィンの悪ふざけ』
蠍座の特徴である神秘的な雰囲気や、何かと一体となって個人を生かしたい、という執着心を持たない人。
蠍座っぽくないなどといわれることが多い人物です。
明るく元気があって、あっけらかんとした印象を他人に与えます。
元気のない人を勇気づけたり、励ましたりすることが多く、人はあなたからパワーを受け取れるでしょう。
重く沈んだ雰囲気を巧みな話術で一瞬にして明るくできるムードメーカーです。
ただし冗談がきつく、毒舌っぽい一面があります。
そのため、ときには悪乗りが過ぎて、周りからひんしゅくを買ってしまうこともあるでしょう。
真面目に受け止めることが苦手で、茶化してしまうのかも。
それは自虐的であり、どこか退廃的な匂いがします。
自分の不真面目な行いのために、大切なものを逃してしまうこともあるかもしれません。
大切な人に対してはちゃんと真剣に向き合いましょう。
(悪乗り傾向にあり。茶化してはダメ)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

NHK『おかあさんといっしょ』

晴れ先日、職場のお姉さまが、
「むかし『おかあさんといっしょ』のけんたろうお兄さんとあゆみお姉さんが、イルカとイカの格好をして歌って踊って登場した時は、びっくりしたわ。その弾けっぷりに何が起こったのかと思った。」
と話しているのを聞いて、ピン!ときました。

―それってもしかして・・・・・

仮説を証明すべく、現在の『おかあさんといっしょ』を何回か見てみたのですけど、
この4月からお兄さんとお姉さんが変わり、とても穏やかなイメージですね。
歌も「赤とんぼ」などの昔の歌や「やまびこさん」のような昔からなじみのある“みんなで和やか”といった感じのものが多く歌われているような気がします。

そう、その仮説とは、「冥王星射手座時代は自由でユニークな表現の歌が多かった」「冥王星山羊座に入ってから、昔まらなじみのあるみんなで和める歌が主流になるのでは・・」というものなのですが、たぶんこれはほんとうになると思います。


魚話は戻って、先のイカとイルカの歌は、『イカイカイルカ』というタイトルで、“イカとイルカは似ているか。イルカのルを抜きゃイカになる。イカにルを足しゃイルカになる。イルカ~イカイカ、るるるるるるるる~”みたいな内容なんですが、
あゆみお姉さんが白塗りでイカの着ぐるみを、けんたろうお兄さんが青塗りサングラスでイルカを腰にはき、はじけながら歌い踊っています。(興味のある方、動画で検索してくださいw)

これはその前の冥王星蠍座時代を代表とする、坂田おさむお兄さんや神崎ゆう子お姉さんの頃を知っている人にとっては、かなり衝撃を感じる変化だったようです。

冥王星射手座時代を真っ先に走った、けんたろうお兄さんとあゆみお姉さんは、それ以降も『だんご3兄弟』のようなヒット曲が登場したり、ファミリーコンサートではミュージカル風になっていったりして、ほんとうに時代は変わったというのを実感するような流れになりました(看板娘のあゆみお姉さんは、太陽射手座)。
他にも最近までしらべていくと、冥王星射手座時代は『ミックスジュース』『虫歯建設株式会社』『ちょんまげマーチ』『かっぱなにさま?かっぱさま』『たこやきなんぼマンボ』『おすしのピクニック』『おしりふりふり』などなど、愉快な歌がたくさん登場。
こういうのって、ほんとに射手座っぽいですよね。


カラオケちなみに、蠍座時代代表の坂田おさむお兄さんは、今も歌いつがれるたくさんの歌を作詞作曲しています。
『どんな色が好き』『虹の向こうに』『公園に行きましょう』『夢のパレード』など、題名を聞いただけで歌い出せそうなくらい親しまれているものが多いです。
坂田さんは、太陽射手座。

福田和禾子さんという名前を、どこかで見たことがあるような気がする方も多いかと思いますが、おかあさんといっしょなどで歌われているほんとうに数多くの歌(『北風小僧の寒太郎』『そうだったらいいのにな』『あのねママ』などなど)の作曲編曲をされていた方でした。(歌のタイトルのところの作曲者名できっと見たことがあるかと思います。)
この方も、太陽射手座。(残念なことに先月お亡くなりになられたそうです。)

今月末に、冥王星は本格的に山羊座に入っていきます。
射手座時代が終わって、盛んに歌われていた射手座の作曲家の方がお亡くなりになり(おさむお兄さんは健在ですが)、また新しい山羊座時代の『おかあさんといっしょ』が作られていくのでしょうね。


るんるん歴代のお兄さんお姉さんの、太陽月星座(敬称略)。
坂田おさむ(射手、乙女) 神崎ゆう子(魚、蠍)
速水けんたろう(山羊、蠍) 茂森あゆみ(射手、蠍)
杉田あきひろ(牡牛、魚) つのだりょうこ(蟹、乙女)
今井ゆうぞう(牡牛、双子) はいだしょうこ(天秤、蠍)
体操
佐藤ひろみち(蟹、魚) 松野ちか(山羊、牡牛)
            タリキヨコ(魚、?)
小林よしひさ(蟹、双子) いとうまゆ(牡羊、?)

こうしてみると、
太陽や月に水系が多いですね。
人気があり、卒業後もあちこちで引っぱりだこだったりするのは、
(水、水)の、神崎ゆう子さんや佐藤ひろみちさん。
また、太陽に冥王星のアスペクトがある人が多いです。
(坂田おさむさん、神崎ゆうこさん、速水けんたろうさん、杉田あきひろさん、つのだりょうこさん、佐藤ひろみちさん)
体操系は太陽と土星のアスペクト
(佐藤ひろみちさん、松野ちかさん、小林よしひささん)

坂田さん、神崎さんペアの共通点は、月とVtの合(母や大衆のことをしていく)。
速水さんと茂森さんのペアの共通点は、火星(元気、エネルギッシュ)。
杉田さんと角田さんペアの共通点は、海王星(癒し、夢)。
今井さんとはいださんペアの共通点は、天王星(個性、改革)。

ちなみに、生年月日は明るみになっていませんが、
現在の、横山だいすけお兄さんは、5月生まれの双子座0型、
三谷たくみお姉さんは、5月生まれ、牡牛座、0型、だそうです。

なんだか、まとまりがなくなってきましたので、おかあさんといっしょ関連はこのへんで。


蠍座ちなみに、冥王星蠍座時代(1984年1月~1995年9月)の育児子育て事情はどんなだったかというと・・・。
塾やお稽古で子供たちが多忙になり、家に巣ごもり化。
こどもの一人ぼっち化(友達は習い事で忙しい)。
TVや漫画がともだち。TVゲームやファミコン。
ヒップホップ(安室奈美恵さん)
集団遊びより、ひとり遊びを好む。
1980年から母乳育児が主流に。ラマーズ法。紙おむつ。
育児はつらく感じられ「良い母親に疲れた時代」と表現されることも。
(その前の冥王星天秤座時代は、「母の愛情至上主義全盛期」という表現。)
学校週5日制、低学年の生活科導入、ゆとり教育。

射手座冥王星射手座時代(1995年9月~2008年7月)の育児子育て事情は・・・。
大勢でいるがよくみるとバラバラの子どもたち(集まっていても、それぞれ持ってきたゲームで遊んでいる)
ADHDやLDという言葉が広まる。学級崩壊。叱らない先生。
女子高生のサブカルチャー文化(浜崎あゆみさん)。
少年事件多発。
不登校ひきこもり、子どもの居場所作り。
のびのび子育てがさかんに提唱される。偏食などさまざまなことについて、こだわらず様子を見て、という考え方に。
ベビーフードが多種類に。紙おむつの価格も下がってくる。
便利な育児グッズがたくさん登場。
育児方法や価値観の多様化。
(「母の愛合理主義時代」と表現される事も)。
ランドセルが多色に。英語教育。
宮崎駿アニメ(1990年以降)

クローバーこうしてみると、蠍座時代は、親子ともども、とてもヘビーですね。
射手座時代は、多様化、自由化していますが、ちょっと広がりすぎの感じもあります。
おそらくこれからの山羊座時代は、ほんとうに大事なことが抽出されてくるのだと思います。親も先生も、締める緩めるの手綱さばきが大切だというふうになっていくのでは。

(まァ当たり前のことですけれど、まず大人側のリーダーシップのあり方が問われるようになるでしょうね。山羊座なので。)
どんな流れになっていくのか、楽しみです。

・・・と、真面目な感じで終わります笑。


****

<11月7日~9日>
蠍座16度『いきなり笑い出す少女の顔』
穏やかな気質の持ち主です。控えめで人よりも一歩下がったところに身を置くことが多いでしょう。
あまり人前に出ることを好まず、強い自己主張をすることもこだわらないでしょう。
平和主義で、争いごとも苦手で、とても女性的です。
また、周囲からの印象は薄いように見えて、集まりには必ず声がかかるのもこのタイプ。
あなたの優しい笑顔が、皆をホッとさせるのかもしれません。
あまり自己主張をしないので、安心して誘えるのかも。
また、自分から歩み寄っていかなくても、幸運がちゃんと向こうからやってきてくれるはずです。
友達にくっついて出かけていくと、自分のほうがラッキーな思いをすることもあるようです。
なじめない事柄に対しても、基本的にオープンマインドな姿勢を崩さないので、予想外の未来が開けてくることが多いのです。
(何事も受け入れる広い心を持つこと)

<10月8日~10日>
蠍座17度『自分自身の子どもの父である女』
あまり自分の気持ちを表に出さない人物です。
内向的で、常に神秘的な雰囲気をかもし出しているため、周囲からは理解されにくいでしょう。
ちょっととっつきにくいと思われることも。しかし、消して影の薄い存在ではありません。
あなたの発言や考え方は、一目置かれることが多いでしょう。
それは、思いつきで言葉を発したりすることが少ない分、的確に物事を判断しているからです。
また、自分に厳しく、何かあるとまず自分の心に問いかけてみる習慣があります。
こうすることで、大きな成果を得ることもあるのでは。
困ったことがあっても、他人に相談することは気が進まないようです。
自分の問題は、自分自身の中で解決する、それがあなたのポリシーなのかもしれません。
全て自分の中を見つめることから始まるので、他へ依存する傾向は少なくなる反面、頑固にもなりがちです。
柔軟性を養うと、もっと人生は大きく開けてきます。
(自分らしさとは何かあらためて考えて)

<11月9日~11日>
蠍座18度『豪華な秋色の森』
メリハリのある人生を送り、心に余裕があるときとないときがハッキリしている人です。
熱い魂の持ち主で、何に対しても一生懸命。
良い成果を上げるため、額に汗して頑張った後、結果を待つことができる、まさに人事を尽くして天命を待つタイプの人。
目標が定まればエネルギッシュに突き進みます。
中途半端が嫌いで、徹底的に満足いくまで努力しなければ気がすまないことも。
例えば、責任ある仕事を任されたら、それが終わるまでプライベートを犠牲にしてもいいと思っているのでは。
恋人と会う時間を削ってでも仕事に没頭し、その結果、相手がほんとうに自分に必要か否かに気づくことがあるかもしれません。
結果がどうであれ、ひとつのことに集中して取り組むことで充実した生き方が手に入るでしょう。
共同作業よりも、単独でひとつのことを全部任せられると、大きな実力を発揮します。
(徹底して集中し、達成感を得る)

<11月10日~12日>
蠍座19度『きいてはしゃべっているオウム』
物事をあまり深刻にとらえないタイプの人です。良い意味で大らか、悪い意味ではお気楽な一面も。
しかし、いつも笑顔を絶やさず、人に悪い印象を与えることはないでしょう。
人付き合いもよく、喧嘩や争いごとを嫌います。周囲からは「いいひと」と思われることも多いでしょう。
ただし自己主張をハッキリとしないあなたは、人の意見に流されやすい傾向にあるようです。
子どもの頃に友達に促されるまま、いたずらに加担したこともあったのでは。
また、深い意味もなく発した言葉で人を傷つけていることもあるので、発言には慎重になったほうが良いでしょう。
この度数の人は、鏡のように透明な心を持っていて、肝心な時に、重要なアドバイスをすることが出来るので、どんな場所でも必要とされることが多いはずです。
秘書的な仕事では有能さを発揮します。
(潜在能力を信じ、流れに身をまかせて)

<11月11日~13日>
蠍座20度『2つの重いカーテンを横に引っ張っている女』
しっかりと自分を持っている人。他人に流されることなく、自分のペースを守れるでしょう。
何があっても動じず、自分なりのポリシーを持って生きています。
自分をコントロールする力にも長けていて、行き過ぎた行動だと感じたときには、しっかりとブレーキをかけることができるでしょう。
そのため、自分の活力を無駄にせず、有効に使うことができるようです。
仕事の愚痴を、関係ない人にまできいてほしいとは思わないはずです。
自分のことを、他人に口外することも少ないでしょう。
言っても理解してもらえないことを、説明しようとは思わないので、秘密主義に思われることもしばしば。
また、精神世界に通じることに興味を持ち、宗教活動に加わってしまう人もいます。
普段とは別の顔を持ち合わせている人もいるでしょう。
(自分自身を制御。判断能力をみがくこと)

<11月12日~14日>
蠍座21度『職務に反抗する兵士』
自己の信念を持ち、何事にも流されることのないしっかりとした人です。
一度決めたら最後までやりぬく、強靭な精神力を持っています。
幼い頃から粘り強さには定評があったのでは。
どんなに寒い朝でも、雨が降ろうとも、一度やると決めたジョギングは、欠かさないのがこのタイプの人。
何かをやり遂げたあとの達成感を、何度も味わったことがあるでしょう。
反面こうすると決めたら、てこでも動かない頑固なところがあります。
そのため賛成できないことには、断固として戦います。
たとえ世界中の人を敵にまわしても、いいと思っているのかも。
また人と足並みをそろえるのが苦手で、最後は仲良くしていた友達も、喧嘩別れしてしまうこともあるようです。
当然ながら、社会の中で生きる苦労も並大抵ではないはず。
規律という枠に縛られることの抵抗があるので、集団生活には向かないのかもしれません。
(信念を曲げず、自分の道を突き進む)

<11月13日~15日>
蠍座22度『アヒルに向かって進み出るハンター』
自分の気持ちに忠実で、とても素直な人物。
善い面も悪い面もさらけ出せるので、周囲からは憎めない人と思われているのでは。
自分を包み隠さず表現し、裏表もないでしょう。
自分自身の全てを見せることで、相手も心を開いてくれることが多いかもしれません。
普通では知りえない情報を簡単に手に入れられたりと、自分に忠実なあなただからこそ大義名分をとはちがう、リアルな現実を知ることが出来るのです。
ただし本能のまま生きてしまうという、デメリットも否めません。
ほしいものがあれば、ローンを組んでも手に入れようとしたり、後先考えず豪遊に走ることも多そうです。
生活も華やかで、我慢強さにかけるところがあるかも。
これらの行動は、行き場のない怒りや衝動を発散させるため、必要な行為なのです。
この衝動をうまく方向付けると、エンターテイメント系の創作家として成功する人もいます。
(豪遊することで何かをまなぶべき)

<11月14日~16日>
蠍座23度『妖精に変容するウサギ』
穏やかで優しい印象の人物です。
物事に対して、自分から積極的に進んでいくタイプではありませんが、人望も厚く、人から頼りにされることも多いでしょう。
それはあなたの持つサービス精神によるもの。
人を喜ばせたり、楽しませたりすることを好み、皆に笑顔でいてほしいと思っているのです。
他人を攻めるなど、攻撃的に出たりすることもないので、あなたと居ると心が和むのかもしれません。
またドロドロした人情劇には、首を突っ込みたくないと思っているのでは。
できれば、いつも平和な世界で生きたいと思っているはず。
他人の悪口を言うことも少ないようです。
優れた感受性の持ち主で、芸術的なセンスに恵まれているので、趣味では絵画クラシック音楽といった、高尚なものを好む傾向にあるでしょう。
文化芸術面において、大いに活躍する要素をそなえている人です。
自分の中の荒々しさをそのような活動の中で、洗練されたものへと変容させる行為が喜びとなっています。
(穏やかに上質を好む)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

天皇賞予想・まとめ

天皇賞・秋の予想をしましたが、結果からして、それほど見当違いではなかったことがわかり、ホッとしました(あくまでもチャートだけを見て予想しました。)

上位5位までの馬や騎手を、いろいろな角度から再検討してみましたが、
やはり、3重円(ネイタル、プログレス、出走時刻のトランジット)で検討するのが一番いいかな。
(シナストリー、コンポジット、「火星海王星+火+不動+太陽や月に木星」は、プラス参考程度で)
馬、騎手両方見ますが、馬を優先にしたほうが良さそう。
(騎手が良くても馬がイマイチだとやっぱりイマイチ。しかしその逆はそうとは限らない様子。)
3重円のアスペクトも、「これがあれば!」という決め手はあまりないような感じがします。
重要天体にソフトアスペクトがあるのはもちろんいいのですが、オポジションなどのハードアスでもけっこう良く、また、ドラゴンテイルとの合や、土天海冥とのハードアスペクトなんかも、けっこう大丈夫(むしろ良い?)なようです。リリスの反対側ガブリエルとの合なんかも見逃せません。
悪いとされている意味合いでも勝てるというのは、『ギャンブルで昇華する』ということを意味しているのでしょうかネ。
こんな感じで3重円をじっくり検討して(シナやコンポ、3区分4区分などもさりげなくチェック)強そうな馬を見つけ出すという、オーソドックスな方法が一番良いらしいことがわかりました。(この程度のことがわかるまでに、ずいぶん時間をかけてしまった・・・・。)

また当日のトランジットの星模様では、月冥王星リリスジュノーPof合だったので、
「根性のある冥王星のきいている馬が勝ちそうだ」とか、
天王星が火星と120度、金星と90度だったので、「天王星のきいている馬も良さそうだ」と思っていた通り、
冥王星の強いウオッカ、天王星の強いダイワスカーレットが、ハナ差で1位2位という結果でした。よって、こうしたことも参考に出来そうです。

また、ドラゴンヘッドキローン海王星に火星と太陽が90度だったこの日。
「ギャンブルではいい夢が見られそう(楽しそう)」と予感していましたが、案の定、とても良いレースで盛り上がっていました。
ほんと、西洋占星術、おもしろいです。

<競馬の予想の仕方・まとめ>
・騎手と馬の3重円(ネイタル、プログレス、出走時のトランジット)の検討(ハードアスをあなどるなかれ)。
・シナストリー、コンポジット、3区分、4区分も一応チェック
・当日のトランジットに類似したアスペクトを持つ馬も一応チェック
・騎手より馬優先。

|

予想に挑戦『天皇賞』

この間、競馬のことを調べて発見した『強い馬に多い条件』は
『海王星と火星のアスペクト+火+不動宮+太陽や月に木星とのアスペクト』でした。
この「火+不動宮」って「獅子座=5ハウス=ギャンブル」ですよね。
つまり『「海王星と火星のアスペクト(=ギャンブル)」+「火+不動宮(=獅子座=5ハウス=ギャンブル)」+「太陽や月に木星とのアスペクト(=幸運)」』
もっと短縮すると『ギャンブル+ギャンブル+幸運』という図式になります。いや『2ギャンブル+幸運』(ここまですると意味不明ですが、笑)

明日(11月2日)は天皇賞です。
競馬のイベントで司会などをされているフリーアナウンサーの原山実子さん(http://blog.goo.ne.jp/ririan_h)に、
出場する馬と騎手の生年月日を教えてもらいました。
17頭17人の中で、上の図式(4つの条件)に当てはまる馬は、
アドマイヤモナーク、ポップロック、ハイアーゲーム、オースミグラスワン、の4馬でした。
このうち、騎手の木星持ちに絞ると、

ポップロック
ハイアーゲーム
オースミグラスワン

の3頭になりました。

また、全ての馬を3重円で(運気の良さそうな星回りを)調べてみると、

人馬ともに良好なのが・・
ディープスカイ
オースミグラスワン

ウォッカは、ものすごく根性のある時期なので、それが生かせれば人馬ともに良し。
サクラメガワンダーは、運気の良い福永さん次第。
ダイワスカーレットは、人気運抜群の時期ですが、その波に乗って気分良く走れればイイかも。
ポップロックは、内田さんの意欲と集中力にのってくれれば大丈夫。

という感じになりました。

さて明日のレース結果はどうでしょうか~(初めて競馬の予想をしてみました・・・ドキドキです。)

しかし、天皇賞に出られるというだけあって、どの馬も良い星回りをしているとおもいます。
予想って難しいですね。


ところで気づいたのですが、
太陽ドラゴンヘッド(開運良縁ポイント)持ちの武豊さんと仲が良いと言われている(?)オリビエ・ペリエさんも、太陽ドラゴンヘッド持ちです。
二人ともそれに加えて木星(幸運)と天王星(天才)のアスペクトももっています。
調べてみるとペリエさんは、凱旋門賞を3勝したことのあるすごい人のようです。
すごい人は、自分と似ているすごい人と親しくなったりするのかしら・・・。
(う~ん、興味深い)


****

<11月2日~4日>
蠍座11度『救助される溺れた男』
蠍座は、人とのつながりを大切にします。情を絡めて、より親密になろうとするのが特徴。
さらに、果敢に社会の中に飛び込んで、自分を他人と結びつけることに必死になるのが、この度数の人です。
人情派のあなたは、世のため人のために奔走することもあるでしょう。
人懐っこく、誰とでも気軽に接することができる、愛すべきキャラクター。
また、いつも誰かに依存していたいと思っている、寂しがり屋でもあります。
そのため好きでもない異性から誤解されることも多そうです。
お願い上手な一面もあり。無意識のうちに自分の弱さを見せて、誰かに守ってもらいたいと思っているのかも。
同情を集めて人を引き寄せることも、あまり恥ずかしいとは思わないでしょう。
愛する人との結びつきは、生きるうえで不可欠のもので、全てをさらけ出したところでの生々しい結びつきを作っていくことになるでしょう。
(情の世界につかって甘えてみる)

<11月3日~5日>
蠍座12度『大使館の舞踏会』
向上心が高く、バイタリィティにあふれるタイプの人です。
上昇志向があって、常に上を狙っています。
ある程度の自信を持ち、社会の中でもうまく生きていくことが出来る人でしょう。
どんな場所でも物怖じせず、堂々と自分をアピールできるので、他人からの注目度も高そうです。
また平凡な生活ではなく、華やかな世界での成功を、子どもの頃から夢に見ていたのでは。
場違いと思えるようなハイクラスの集まりにも躊躇せず飛び込み、見栄を張ることが多いでしょう。
無理に背伸びした自分で他人と接していると、真の自分を出しそびれ、ずっとその姿勢を続けていかなければならなくなりますが、続けることが出来れば、いつの間にかそれがあなたの地になっていくのですから、途中で諦めないこと。
また、損得を考える計算高い一面もあり、自分の必要なものとそうでないものを、判断して選別することは多いのですが、人生を創造していくための正当なコツのひとつでもあるのです。
(表向きの自分を磨き上げる努力)

<11月4日~6日>
蠍座13度『実験をしている発明家』
直感で動くよりも、物事をいったん自分の頭の中に取り込んで、よく考えてから行動に移す慎重派。
どんな困難にぶち当たっても、慌てふためくことはありません。
常に冷静で、画策する力に長けています。
特に人間関係において、その力を発揮するでしょう。
自分が目立つような大胆な振る舞いはせず、あくまでも控えめ。
自分は直接手を下さず、他人を動かすのが上手な人です。ある意味策略家でもあります。
人脈を積極的に活用して、根回しするのも得意なのでは。
人に何かを頼むときは、必ず別の方向から攻めることも視野に入れるなど、その人個人のポジションを操るのもうまいでしょう。
研究熱心で勉強家、また知識が豊富な人物です。
でも、策略家に見えても、かかわった人に新しい可能性をもたらすので、結局は全員が恩恵を受けることに成り、感謝されることも多いはず。
(人脈を生かして根回し上手になる)

<11月5日~7日>
蠍座14度『仕事をしている電話作業員』
人との関係において、合理的な考えを持っている人です。
誰とでも友達になりたいというのではなく、ほんとうに信頼できる友達は一人で十分だと思っているのでは。
そのため友人関係は狭く、友達は少ないかもしれません。
でもあなた自身、それを卑下することはないでしょう。
心から分かり合える人と、真の友情さえ築くことが出来ればそれで満足。
余計な人付き合いには興味がないようです。
また、自分の方向性が決まれば、それにむかってまっすぐ突き進むタイプの人です。
根回し上手で、時には人を使って利益を得ようとすることも考えます。
自分に必要な人は残し、それ以外はあっさり捨てることもできるでしょう。
そのため、新しい対人関係を作るのは得意ですが、長続きしないといった面もあります。
しかし、密な関係にある人とは頻繁に交流し、充実した時を過ごせるでしょう。
(必要な人だけを残す人員整理も必要)

<11月6日~8日>
蠍座15度『5つの砂山のまわりで遊ぶ子供たち』
何かと組織を作りたがるタイプの人です。
子どもの頃から友達と一緒にいる時は常に一番前を歩かないと気がすまなかったのでは。
また、大人になった今でも、グループ活動にいそしんでいるのかもしれません。
ランチタイムには会社の同僚を引き連れて、食事を楽しむこともあるでしょう。
飲み会を仕切るのも得意で、皆を集めては、自分が話題の中心になりたいと思っているようです。
旅行に行ったあと、皆に写真を焼き増ししてまわるのも、この手の人かもしれません。
人を束ねて頂点に立つことに、生き甲斐を感じられるでしょう。
周囲の人から自己中心的な人だと思われてしまう可能性も否めません。
しかしあなたが思いやりを持っているうちは大丈夫。
周囲もそんなあなたを理解し、あたたかく見守ってくれるでしょう。
柔軟な頭脳を持ち、豊かな才能のある人ですが、目的の確かさが成否の鍵を握ります。
(人の輪の頂点に立つ)

☆<引用参考文献>
松村潔 著「未来辞典―3年後の私がわかるサビアン占星術」角川書店

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »