« NHK『おかあさんといっしょ』 | トップページ | 3丁目の夕日 »

蠍座で満月。牡牛座の月。そして柏原崇さん。

昨日は月が牡牛座の満月でした。
夜空に輝く月を見ましたか?
なんだかとても大きく見えたのは気のせい・・・?

月牡牛座(太陽は蠍座)の満月の時には、約半年前の新月(5月5日)に始めたことの振り返りをするのに、良い機会となります。
自分のやり方に固執するあまり、停滞期に陥っていたり、怠け心からつい現状維持に甘んじていたり、といったことが起こっているかもしれません。
また、独占欲や執着心からの解放ということも、必要かもしれません。

・・と、手帳を見ながら自分自身のことを振り返ってみると・・・なるほどなるほど、
このあたりで始めたことが、ちょっとダレダレになっています。
この機会に、軌道修正しておこうとおもいます。


ところで、『セレブと貧乏太郎』に柏原崇さんが出ています。
相変わらず、なんともいえないカッコよいムードを漂わせていますね。
この雰囲気はどこから来ているのだろうと、ホロスコープを見てみました。
まずはじめに目につくのが、
水瓶座の月に土星が180度、天王星は90度で、Tスクエア。
水瓶座獅子座(月土星)のしっかりした自分意識のラインに、蠍座の天王星が改革を仕掛けている形。蠍座なので、人との縁だったり、何か深いところから発生してくるものだったり。
頚肩腕症候群にかかられたというのも、なるほどわかりますね~。
月という肉体が水瓶座にあるので神経系にきやすい上に、獅子座の土星オポで「プライドもってしっかりやっていこうぜ」と頑張っているところへ、スクエアの天王星が奇襲をかけてくるのですが、蠍座なので、何かしがらみとかドロドロごちゃごちゃしたものが突然襲ってくるので、原因はストレスとか何かそういう感じで神経系にくるという、そういう体質をあらわしていると思います。
ちょうど数年前にごたごたあったあたりは、月の上に海王星が、天王星の上に冥王星が乗っていました。そして土星の上に土星が通過して終息したという流れになっています。
プライベート(月)では、ほんとうに大変な時期だったのでしょうね。
太陽と水星は魚座で、木星と60度、天王星や土星とセスキー。
魚座太陽に木星が60度で、なにか幻想的なイメージが広がっていますけれど、ここでも蠍座天王星や獅子座土星がキリリとアクセントを効かせています。ちょっと魔界の王っぽい雰囲気を醸し出しているかな。
牡羊座金星はキローンドラゴンテイルと合。
いい方がそばにいてくれると良いですよね。
水瓶座火星に牡牛座木星がスクエア、冥王星がセスキー。
やっぱり、締め系というか魔界っぽい雰囲気があります。
今、セレブ役なのは、この火星のイメージですかね。
なんというか、このチャートを見て、締め系黒マントで魔術にかけられているような気分になりました。

ところで、よく似ていらっしゃるのが玉山鉄二さんという方ですけれど、
玉山さんは牡羊座太陽に冥王星が180度、海王星120度、木星セスキー。
山羊座(または射手座)月に火星木星ノード120度。
太陽と月の状態だけを見ても、しっかりしつつ元気で明るく広がるイメージがあります。
顔立ちは似ていても、イメージの違いがあるのは、こうしたことにも現れているのかな・・と思いました。

なんだか、まとまりがありませんが、このへんで~笑。

****

<11月15日~17日>
蠍座24度『ひとりの男の話をきくために山から降りてきた群衆』
チャレンジ精神旺盛で、バイタリティーあふれるタイプの人です。
いったん走り出したら、目的地に到達するまでは決して止まることのない熱血漢です。
特に自分に与えられたこと、また自分にしか出来ないことに取り組んだら、もう誰もあなたを止めることはできません。
自分の精神のすべてを捧げても、目標を達成するために集中します。
そのため、何かをやっている最中誰かに呼び止められても、耳に入らないこともあるのでは。
それだけ高い集中力を持っていることを意味しています。
開拓精神も旺盛で、ニュースポーツなど、新しい分野で成功する可能性も大。
二番煎じに甘んじるより、試行錯誤してでも自分が先導していくことに生き甲斐を感じられるでしょう。
周囲の人はそんなあなたを見習って、同じ事を始めるかもしれません。
あなたの実行力は、人に影響を与えるのです。
(目標に向かいチャレンジあるのみ)

<11月16日~18日>
蠍座25度『X線』
物事を全体的に観察する力に長けています。
冷静で判断能力が優れ、失敗したりあわてふためいたりすることが少ない人。
周囲からの信頼も絶大で、相談を持ちかけられることが多いかもしれません。
しかし、どんな問題であっても、すぐさま結果を指摘するのではなく、その背後にある原因を追求してからでないと、答えを出すことはないでしょう。
何事も慎重に理解しようとするので、さらにそこから見えてくるものも多いはず。
また、人との付き合いも慎重になるタイプです。
人を見かけで判断せず、本質を見抜く力があるので、簡単にだまされることもなさそうです。
しかし慎重になりすぎるため、相手を信用するまで時間がかかります。
何年もかけてようやく親友になった友達もいるかもしれません
この度数の人は、分析に関心を持つことが多く、心理学者や科学者などに向いています。
(鋭い観察力で意志強固な自分作りを)

<11月17日~19日>
蠍座26度『キャンプをつくっているインディアンたち』
とりあえずは何でもこなしてしまう、器用な人です。
飲みこみが早く、新しいことを取り入れても、すぐに自分のものにしてしまう要領のよさを持ち合わせています。
飾り気のない性格で、誰とでも気さくに会話を楽しめるでしょう。
また、自然や生命のリズムに合わせた生活基盤を理想としているのでは。
そのため、自由気ままな生活に憧れを抱くでしょう。
どこに行っても、どんな環境にも馴染むことができるので、身ひとつでふらっと一人旅に出かけたくなることも。
無人島に取り残されても、生きるための知恵を持ち合わせている人。
ひとつの場所にとどまるのが苦手で、次々に居場所を変えたくなるでしょう。
それは実生活の中で、やや飽きっぽいという一面が出てくるからかもしれません。
この度数の持ち主は、生活の知恵が豊富で、自分の能力をいつも試したいと思っているのです。
(新しい環境に飛び込み未来を開く)

<11月18日~20日>
蠍座27度『行進している軍楽隊』
人に対しても、自分に対しても、依存心の高い人物です。
自分にあまり自信を持っていないため、誰かに頼っていなければ不安に思ってしまうのかもしれません。
その結果、お節介になっていまうことも。
良いと思ったことは、皆にも知ってもらいたいと思うので、興味のあるものやお気に入りの逸品などを友達に勧めて、ブームを起こしたといった経験もあるのでは。
それが行き過ぎると、押し付けがましいと相手にうつってしまい、
迷惑がっていることに気づかず、必死に説得していることもあるようです。
ただし、優れたものを独り占めせず皆に公開するので、敵を作ることはなさそうです。
あなたが寂しがり屋で人懐っこい性格は、周囲には憎めないキャラクターとして受け入れられるでしょう。
頼まれると断れない人のよさも特徴。
人情味にあふれ涙もろい人もいるでしょう。
(自分との戦い。依存心を捨てること)

<11月19日~21日>
蠍座28度『自分の領土に近づく妖精たちの王』
ひとりでいるのを好むタイプの人です。
わずらわしい人間関係の中で苦労するよりも、のんびり気ままに自分の時間を楽しみたいと思っているようです。
自分の領域を侵されることを嫌うので、人を寄せ付けないよう見えない壁を作ってしまっているかもしれません。
しかし、けして威嚇したり、ひねくれたりしているわけではないので、他人には落ち着いた穏やかな印象を与えることが多いでしょう。
一見、のんびり屋にうつることもありそうです。
ゆったりマイペースに過ごすことが活力源なのでしょう。
また、頭の中にいろんなことを思い巡らせるのが好きな空想家でもあります。
それは、理想を現実にするためのシュミレーションを行っているのでしょう。
そしてその理想というのも、富や名声を手にすることではなく、あくまでも心の安定した生活を送ることを意味しています。
(ひとりの時間を増やし心の安定感を得て)

<11月20日~22日>
蠍座29度『長に自分の子ども達の命乞いをするインディアンの女性』
人から何かを頼まれると、断れないお人よしな人物です。
困っている人を見ると、放っては置けなくなることもあるでしょう。
迷子になった子供を助けたために、自分は遅刻したといった経験もあるのでは。
他人には、頼りない印象を与えてしまいますが、そこがあなたの優しい部分で、長所ともいえるでしょう。
しかしその優しさも優柔不断になると気持ちが揺るぎやすく、状況に流されてしまうことも。
強い意志を持って望んだはずが、いつの間にか方向性を見失って立ち往生してしまうこともあるようです。
腐れ縁をなかなか断ち切ることが出来ないのも、このタイプの人です。
ものを捨てられなくて、ガラクタが集まってしまうこともあるのでは。
古いものを捨て、新しい環境に飛び込む潔さが必要です。
相手に対する態度は明確にあらわしたほうが、混乱は避けられるでしょう。
(泥沼の恐れあり。けじめをつけること)

<11月21日~23日>
蠍座30度『ハロウィンの悪ふざけ』
蠍座の特徴である神秘的な雰囲気や、何かと一体となって個人を生かしたい、という執着心を持たない人。
蠍座っぽくないなどといわれることが多い人物です。
明るく元気があって、あっけらかんとした印象を他人に与えます。
元気のない人を勇気づけたり、励ましたりすることが多く、人はあなたからパワーを受け取れるでしょう。
重く沈んだ雰囲気を巧みな話術で一瞬にして明るくできるムードメーカーです。
ただし冗談がきつく、毒舌っぽい一面があります。
そのため、ときには悪乗りが過ぎて、周りからひんしゅくを買ってしまうこともあるでしょう。
真面目に受け止めることが苦手で、茶化してしまうのかも。
それは自虐的であり、どこか退廃的な匂いがします。
自分の不真面目な行いのために、大切なものを逃してしまうこともあるかもしれません。
大切な人に対してはちゃんと真剣に向き合いましょう。
(悪乗り傾向にあり。茶化してはダメ)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« NHK『おかあさんといっしょ』 | トップページ | 3丁目の夕日 »