« 天皇賞予想・まとめ | トップページ | 蠍座で満月。牡牛座の月。そして柏原崇さん。 »

NHK『おかあさんといっしょ』

晴れ先日、職場のお姉さまが、
「むかし『おかあさんといっしょ』のけんたろうお兄さんとあゆみお姉さんが、イルカとイカの格好をして歌って踊って登場した時は、びっくりしたわ。その弾けっぷりに何が起こったのかと思った。」
と話しているのを聞いて、ピン!ときました。

―それってもしかして・・・・・

仮説を証明すべく、現在の『おかあさんといっしょ』を何回か見てみたのですけど、
この4月からお兄さんとお姉さんが変わり、とても穏やかなイメージですね。
歌も「赤とんぼ」などの昔の歌や「やまびこさん」のような昔からなじみのある“みんなで和やか”といった感じのものが多く歌われているような気がします。

そう、その仮説とは、「冥王星射手座時代は自由でユニークな表現の歌が多かった」「冥王星山羊座に入ってから、昔まらなじみのあるみんなで和める歌が主流になるのでは・・」というものなのですが、たぶんこれはほんとうになると思います。


魚話は戻って、先のイカとイルカの歌は、『イカイカイルカ』というタイトルで、“イカとイルカは似ているか。イルカのルを抜きゃイカになる。イカにルを足しゃイルカになる。イルカ~イカイカ、るるるるるるるる~”みたいな内容なんですが、
あゆみお姉さんが白塗りでイカの着ぐるみを、けんたろうお兄さんが青塗りサングラスでイルカを腰にはき、はじけながら歌い踊っています。(興味のある方、動画で検索してくださいw)

これはその前の冥王星蠍座時代を代表とする、坂田おさむお兄さんや神崎ゆう子お姉さんの頃を知っている人にとっては、かなり衝撃を感じる変化だったようです。

冥王星射手座時代を真っ先に走った、けんたろうお兄さんとあゆみお姉さんは、それ以降も『だんご3兄弟』のようなヒット曲が登場したり、ファミリーコンサートではミュージカル風になっていったりして、ほんとうに時代は変わったというのを実感するような流れになりました(看板娘のあゆみお姉さんは、太陽射手座)。
他にも最近までしらべていくと、冥王星射手座時代は『ミックスジュース』『虫歯建設株式会社』『ちょんまげマーチ』『かっぱなにさま?かっぱさま』『たこやきなんぼマンボ』『おすしのピクニック』『おしりふりふり』などなど、愉快な歌がたくさん登場。
こういうのって、ほんとに射手座っぽいですよね。


カラオケちなみに、蠍座時代代表の坂田おさむお兄さんは、今も歌いつがれるたくさんの歌を作詞作曲しています。
『どんな色が好き』『虹の向こうに』『公園に行きましょう』『夢のパレード』など、題名を聞いただけで歌い出せそうなくらい親しまれているものが多いです。
坂田さんは、太陽射手座。

福田和禾子さんという名前を、どこかで見たことがあるような気がする方も多いかと思いますが、おかあさんといっしょなどで歌われているほんとうに数多くの歌(『北風小僧の寒太郎』『そうだったらいいのにな』『あのねママ』などなど)の作曲編曲をされていた方でした。(歌のタイトルのところの作曲者名できっと見たことがあるかと思います。)
この方も、太陽射手座。(残念なことに先月お亡くなりになられたそうです。)

今月末に、冥王星は本格的に山羊座に入っていきます。
射手座時代が終わって、盛んに歌われていた射手座の作曲家の方がお亡くなりになり(おさむお兄さんは健在ですが)、また新しい山羊座時代の『おかあさんといっしょ』が作られていくのでしょうね。


るんるん歴代のお兄さんお姉さんの、太陽月星座(敬称略)。
坂田おさむ(射手、乙女) 神崎ゆう子(魚、蠍)
速水けんたろう(山羊、蠍) 茂森あゆみ(射手、蠍)
杉田あきひろ(牡牛、魚) つのだりょうこ(蟹、乙女)
今井ゆうぞう(牡牛、双子) はいだしょうこ(天秤、蠍)
体操
佐藤ひろみち(蟹、魚) 松野ちか(山羊、牡牛)
            タリキヨコ(魚、?)
小林よしひさ(蟹、双子) いとうまゆ(牡羊、?)

こうしてみると、
太陽や月に水系が多いですね。
人気があり、卒業後もあちこちで引っぱりだこだったりするのは、
(水、水)の、神崎ゆう子さんや佐藤ひろみちさん。
また、太陽に冥王星のアスペクトがある人が多いです。
(坂田おさむさん、神崎ゆうこさん、速水けんたろうさん、杉田あきひろさん、つのだりょうこさん、佐藤ひろみちさん)
体操系は太陽と土星のアスペクト
(佐藤ひろみちさん、松野ちかさん、小林よしひささん)

坂田さん、神崎さんペアの共通点は、月とVtの合(母や大衆のことをしていく)。
速水さんと茂森さんのペアの共通点は、火星(元気、エネルギッシュ)。
杉田さんと角田さんペアの共通点は、海王星(癒し、夢)。
今井さんとはいださんペアの共通点は、天王星(個性、改革)。

ちなみに、生年月日は明るみになっていませんが、
現在の、横山だいすけお兄さんは、5月生まれの双子座0型、
三谷たくみお姉さんは、5月生まれ、牡牛座、0型、だそうです。

なんだか、まとまりがなくなってきましたので、おかあさんといっしょ関連はこのへんで。


蠍座ちなみに、冥王星蠍座時代(1984年1月~1995年9月)の育児子育て事情はどんなだったかというと・・・。
塾やお稽古で子供たちが多忙になり、家に巣ごもり化。
こどもの一人ぼっち化(友達は習い事で忙しい)。
TVや漫画がともだち。TVゲームやファミコン。
ヒップホップ(安室奈美恵さん)
集団遊びより、ひとり遊びを好む。
1980年から母乳育児が主流に。ラマーズ法。紙おむつ。
育児はつらく感じられ「良い母親に疲れた時代」と表現されることも。
(その前の冥王星天秤座時代は、「母の愛情至上主義全盛期」という表現。)
学校週5日制、低学年の生活科導入、ゆとり教育。

射手座冥王星射手座時代(1995年9月~2008年7月)の育児子育て事情は・・・。
大勢でいるがよくみるとバラバラの子どもたち(集まっていても、それぞれ持ってきたゲームで遊んでいる)
ADHDやLDという言葉が広まる。学級崩壊。叱らない先生。
女子高生のサブカルチャー文化(浜崎あゆみさん)。
少年事件多発。
不登校ひきこもり、子どもの居場所作り。
のびのび子育てがさかんに提唱される。偏食などさまざまなことについて、こだわらず様子を見て、という考え方に。
ベビーフードが多種類に。紙おむつの価格も下がってくる。
便利な育児グッズがたくさん登場。
育児方法や価値観の多様化。
(「母の愛合理主義時代」と表現される事も)。
ランドセルが多色に。英語教育。
宮崎駿アニメ(1990年以降)

クローバーこうしてみると、蠍座時代は、親子ともども、とてもヘビーですね。
射手座時代は、多様化、自由化していますが、ちょっと広がりすぎの感じもあります。
おそらくこれからの山羊座時代は、ほんとうに大事なことが抽出されてくるのだと思います。親も先生も、締める緩めるの手綱さばきが大切だというふうになっていくのでは。

(まァ当たり前のことですけれど、まず大人側のリーダーシップのあり方が問われるようになるでしょうね。山羊座なので。)
どんな流れになっていくのか、楽しみです。

・・・と、真面目な感じで終わります笑。


****

<11月7日~9日>
蠍座16度『いきなり笑い出す少女の顔』
穏やかな気質の持ち主です。控えめで人よりも一歩下がったところに身を置くことが多いでしょう。
あまり人前に出ることを好まず、強い自己主張をすることもこだわらないでしょう。
平和主義で、争いごとも苦手で、とても女性的です。
また、周囲からの印象は薄いように見えて、集まりには必ず声がかかるのもこのタイプ。
あなたの優しい笑顔が、皆をホッとさせるのかもしれません。
あまり自己主張をしないので、安心して誘えるのかも。
また、自分から歩み寄っていかなくても、幸運がちゃんと向こうからやってきてくれるはずです。
友達にくっついて出かけていくと、自分のほうがラッキーな思いをすることもあるようです。
なじめない事柄に対しても、基本的にオープンマインドな姿勢を崩さないので、予想外の未来が開けてくることが多いのです。
(何事も受け入れる広い心を持つこと)

<10月8日~10日>
蠍座17度『自分自身の子どもの父である女』
あまり自分の気持ちを表に出さない人物です。
内向的で、常に神秘的な雰囲気をかもし出しているため、周囲からは理解されにくいでしょう。
ちょっととっつきにくいと思われることも。しかし、消して影の薄い存在ではありません。
あなたの発言や考え方は、一目置かれることが多いでしょう。
それは、思いつきで言葉を発したりすることが少ない分、的確に物事を判断しているからです。
また、自分に厳しく、何かあるとまず自分の心に問いかけてみる習慣があります。
こうすることで、大きな成果を得ることもあるのでは。
困ったことがあっても、他人に相談することは気が進まないようです。
自分の問題は、自分自身の中で解決する、それがあなたのポリシーなのかもしれません。
全て自分の中を見つめることから始まるので、他へ依存する傾向は少なくなる反面、頑固にもなりがちです。
柔軟性を養うと、もっと人生は大きく開けてきます。
(自分らしさとは何かあらためて考えて)

<11月9日~11日>
蠍座18度『豪華な秋色の森』
メリハリのある人生を送り、心に余裕があるときとないときがハッキリしている人です。
熱い魂の持ち主で、何に対しても一生懸命。
良い成果を上げるため、額に汗して頑張った後、結果を待つことができる、まさに人事を尽くして天命を待つタイプの人。
目標が定まればエネルギッシュに突き進みます。
中途半端が嫌いで、徹底的に満足いくまで努力しなければ気がすまないことも。
例えば、責任ある仕事を任されたら、それが終わるまでプライベートを犠牲にしてもいいと思っているのでは。
恋人と会う時間を削ってでも仕事に没頭し、その結果、相手がほんとうに自分に必要か否かに気づくことがあるかもしれません。
結果がどうであれ、ひとつのことに集中して取り組むことで充実した生き方が手に入るでしょう。
共同作業よりも、単独でひとつのことを全部任せられると、大きな実力を発揮します。
(徹底して集中し、達成感を得る)

<11月10日~12日>
蠍座19度『きいてはしゃべっているオウム』
物事をあまり深刻にとらえないタイプの人です。良い意味で大らか、悪い意味ではお気楽な一面も。
しかし、いつも笑顔を絶やさず、人に悪い印象を与えることはないでしょう。
人付き合いもよく、喧嘩や争いごとを嫌います。周囲からは「いいひと」と思われることも多いでしょう。
ただし自己主張をハッキリとしないあなたは、人の意見に流されやすい傾向にあるようです。
子どもの頃に友達に促されるまま、いたずらに加担したこともあったのでは。
また、深い意味もなく発した言葉で人を傷つけていることもあるので、発言には慎重になったほうが良いでしょう。
この度数の人は、鏡のように透明な心を持っていて、肝心な時に、重要なアドバイスをすることが出来るので、どんな場所でも必要とされることが多いはずです。
秘書的な仕事では有能さを発揮します。
(潜在能力を信じ、流れに身をまかせて)

<11月11日~13日>
蠍座20度『2つの重いカーテンを横に引っ張っている女』
しっかりと自分を持っている人。他人に流されることなく、自分のペースを守れるでしょう。
何があっても動じず、自分なりのポリシーを持って生きています。
自分をコントロールする力にも長けていて、行き過ぎた行動だと感じたときには、しっかりとブレーキをかけることができるでしょう。
そのため、自分の活力を無駄にせず、有効に使うことができるようです。
仕事の愚痴を、関係ない人にまできいてほしいとは思わないはずです。
自分のことを、他人に口外することも少ないでしょう。
言っても理解してもらえないことを、説明しようとは思わないので、秘密主義に思われることもしばしば。
また、精神世界に通じることに興味を持ち、宗教活動に加わってしまう人もいます。
普段とは別の顔を持ち合わせている人もいるでしょう。
(自分自身を制御。判断能力をみがくこと)

<11月12日~14日>
蠍座21度『職務に反抗する兵士』
自己の信念を持ち、何事にも流されることのないしっかりとした人です。
一度決めたら最後までやりぬく、強靭な精神力を持っています。
幼い頃から粘り強さには定評があったのでは。
どんなに寒い朝でも、雨が降ろうとも、一度やると決めたジョギングは、欠かさないのがこのタイプの人。
何かをやり遂げたあとの達成感を、何度も味わったことがあるでしょう。
反面こうすると決めたら、てこでも動かない頑固なところがあります。
そのため賛成できないことには、断固として戦います。
たとえ世界中の人を敵にまわしても、いいと思っているのかも。
また人と足並みをそろえるのが苦手で、最後は仲良くしていた友達も、喧嘩別れしてしまうこともあるようです。
当然ながら、社会の中で生きる苦労も並大抵ではないはず。
規律という枠に縛られることの抵抗があるので、集団生活には向かないのかもしれません。
(信念を曲げず、自分の道を突き進む)

<11月13日~15日>
蠍座22度『アヒルに向かって進み出るハンター』
自分の気持ちに忠実で、とても素直な人物。
善い面も悪い面もさらけ出せるので、周囲からは憎めない人と思われているのでは。
自分を包み隠さず表現し、裏表もないでしょう。
自分自身の全てを見せることで、相手も心を開いてくれることが多いかもしれません。
普通では知りえない情報を簡単に手に入れられたりと、自分に忠実なあなただからこそ大義名分をとはちがう、リアルな現実を知ることが出来るのです。
ただし本能のまま生きてしまうという、デメリットも否めません。
ほしいものがあれば、ローンを組んでも手に入れようとしたり、後先考えず豪遊に走ることも多そうです。
生活も華やかで、我慢強さにかけるところがあるかも。
これらの行動は、行き場のない怒りや衝動を発散させるため、必要な行為なのです。
この衝動をうまく方向付けると、エンターテイメント系の創作家として成功する人もいます。
(豪遊することで何かをまなぶべき)

<11月14日~16日>
蠍座23度『妖精に変容するウサギ』
穏やかで優しい印象の人物です。
物事に対して、自分から積極的に進んでいくタイプではありませんが、人望も厚く、人から頼りにされることも多いでしょう。
それはあなたの持つサービス精神によるもの。
人を喜ばせたり、楽しませたりすることを好み、皆に笑顔でいてほしいと思っているのです。
他人を攻めるなど、攻撃的に出たりすることもないので、あなたと居ると心が和むのかもしれません。
またドロドロした人情劇には、首を突っ込みたくないと思っているのでは。
できれば、いつも平和な世界で生きたいと思っているはず。
他人の悪口を言うことも少ないようです。
優れた感受性の持ち主で、芸術的なセンスに恵まれているので、趣味では絵画クラシック音楽といった、高尚なものを好む傾向にあるでしょう。
文化芸術面において、大いに活躍する要素をそなえている人です。
自分の中の荒々しさをそのような活動の中で、洗練されたものへと変容させる行為が喜びとなっています。
(穏やかに上質を好む)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 天皇賞予想・まとめ | トップページ | 蠍座で満月。牡牛座の月。そして柏原崇さん。 »