« 蠍座の新月。 | トップページ | 天皇賞予想・まとめ »

予想に挑戦『天皇賞』

この間、競馬のことを調べて発見した『強い馬に多い条件』は
『海王星と火星のアスペクト+火+不動宮+太陽や月に木星とのアスペクト』でした。
この「火+不動宮」って「獅子座=5ハウス=ギャンブル」ですよね。
つまり『「海王星と火星のアスペクト(=ギャンブル)」+「火+不動宮(=獅子座=5ハウス=ギャンブル)」+「太陽や月に木星とのアスペクト(=幸運)」』
もっと短縮すると『ギャンブル+ギャンブル+幸運』という図式になります。いや『2ギャンブル+幸運』(ここまですると意味不明ですが、笑)

明日(11月2日)は天皇賞です。
競馬のイベントで司会などをされているフリーアナウンサーの原山実子さん(http://blog.goo.ne.jp/ririan_h)に、
出場する馬と騎手の生年月日を教えてもらいました。
17頭17人の中で、上の図式(4つの条件)に当てはまる馬は、
アドマイヤモナーク、ポップロック、ハイアーゲーム、オースミグラスワン、の4馬でした。
このうち、騎手の木星持ちに絞ると、

ポップロック
ハイアーゲーム
オースミグラスワン

の3頭になりました。

また、全ての馬を3重円で(運気の良さそうな星回りを)調べてみると、

人馬ともに良好なのが・・
ディープスカイ
オースミグラスワン

ウォッカは、ものすごく根性のある時期なので、それが生かせれば人馬ともに良し。
サクラメガワンダーは、運気の良い福永さん次第。
ダイワスカーレットは、人気運抜群の時期ですが、その波に乗って気分良く走れればイイかも。
ポップロックは、内田さんの意欲と集中力にのってくれれば大丈夫。

という感じになりました。

さて明日のレース結果はどうでしょうか~(初めて競馬の予想をしてみました・・・ドキドキです。)

しかし、天皇賞に出られるというだけあって、どの馬も良い星回りをしているとおもいます。
予想って難しいですね。


ところで気づいたのですが、
太陽ドラゴンヘッド(開運良縁ポイント)持ちの武豊さんと仲が良いと言われている(?)オリビエ・ペリエさんも、太陽ドラゴンヘッド持ちです。
二人ともそれに加えて木星(幸運)と天王星(天才)のアスペクトももっています。
調べてみるとペリエさんは、凱旋門賞を3勝したことのあるすごい人のようです。
すごい人は、自分と似ているすごい人と親しくなったりするのかしら・・・。
(う~ん、興味深い)


****

<11月2日~4日>
蠍座11度『救助される溺れた男』
蠍座は、人とのつながりを大切にします。情を絡めて、より親密になろうとするのが特徴。
さらに、果敢に社会の中に飛び込んで、自分を他人と結びつけることに必死になるのが、この度数の人です。
人情派のあなたは、世のため人のために奔走することもあるでしょう。
人懐っこく、誰とでも気軽に接することができる、愛すべきキャラクター。
また、いつも誰かに依存していたいと思っている、寂しがり屋でもあります。
そのため好きでもない異性から誤解されることも多そうです。
お願い上手な一面もあり。無意識のうちに自分の弱さを見せて、誰かに守ってもらいたいと思っているのかも。
同情を集めて人を引き寄せることも、あまり恥ずかしいとは思わないでしょう。
愛する人との結びつきは、生きるうえで不可欠のもので、全てをさらけ出したところでの生々しい結びつきを作っていくことになるでしょう。
(情の世界につかって甘えてみる)

<11月3日~5日>
蠍座12度『大使館の舞踏会』
向上心が高く、バイタリィティにあふれるタイプの人です。
上昇志向があって、常に上を狙っています。
ある程度の自信を持ち、社会の中でもうまく生きていくことが出来る人でしょう。
どんな場所でも物怖じせず、堂々と自分をアピールできるので、他人からの注目度も高そうです。
また平凡な生活ではなく、華やかな世界での成功を、子どもの頃から夢に見ていたのでは。
場違いと思えるようなハイクラスの集まりにも躊躇せず飛び込み、見栄を張ることが多いでしょう。
無理に背伸びした自分で他人と接していると、真の自分を出しそびれ、ずっとその姿勢を続けていかなければならなくなりますが、続けることが出来れば、いつの間にかそれがあなたの地になっていくのですから、途中で諦めないこと。
また、損得を考える計算高い一面もあり、自分の必要なものとそうでないものを、判断して選別することは多いのですが、人生を創造していくための正当なコツのひとつでもあるのです。
(表向きの自分を磨き上げる努力)

<11月4日~6日>
蠍座13度『実験をしている発明家』
直感で動くよりも、物事をいったん自分の頭の中に取り込んで、よく考えてから行動に移す慎重派。
どんな困難にぶち当たっても、慌てふためくことはありません。
常に冷静で、画策する力に長けています。
特に人間関係において、その力を発揮するでしょう。
自分が目立つような大胆な振る舞いはせず、あくまでも控えめ。
自分は直接手を下さず、他人を動かすのが上手な人です。ある意味策略家でもあります。
人脈を積極的に活用して、根回しするのも得意なのでは。
人に何かを頼むときは、必ず別の方向から攻めることも視野に入れるなど、その人個人のポジションを操るのもうまいでしょう。
研究熱心で勉強家、また知識が豊富な人物です。
でも、策略家に見えても、かかわった人に新しい可能性をもたらすので、結局は全員が恩恵を受けることに成り、感謝されることも多いはず。
(人脈を生かして根回し上手になる)

<11月5日~7日>
蠍座14度『仕事をしている電話作業員』
人との関係において、合理的な考えを持っている人です。
誰とでも友達になりたいというのではなく、ほんとうに信頼できる友達は一人で十分だと思っているのでは。
そのため友人関係は狭く、友達は少ないかもしれません。
でもあなた自身、それを卑下することはないでしょう。
心から分かり合える人と、真の友情さえ築くことが出来ればそれで満足。
余計な人付き合いには興味がないようです。
また、自分の方向性が決まれば、それにむかってまっすぐ突き進むタイプの人です。
根回し上手で、時には人を使って利益を得ようとすることも考えます。
自分に必要な人は残し、それ以外はあっさり捨てることもできるでしょう。
そのため、新しい対人関係を作るのは得意ですが、長続きしないといった面もあります。
しかし、密な関係にある人とは頻繁に交流し、充実した時を過ごせるでしょう。
(必要な人だけを残す人員整理も必要)

<11月6日~8日>
蠍座15度『5つの砂山のまわりで遊ぶ子供たち』
何かと組織を作りたがるタイプの人です。
子どもの頃から友達と一緒にいる時は常に一番前を歩かないと気がすまなかったのでは。
また、大人になった今でも、グループ活動にいそしんでいるのかもしれません。
ランチタイムには会社の同僚を引き連れて、食事を楽しむこともあるでしょう。
飲み会を仕切るのも得意で、皆を集めては、自分が話題の中心になりたいと思っているようです。
旅行に行ったあと、皆に写真を焼き増ししてまわるのも、この手の人かもしれません。
人を束ねて頂点に立つことに、生き甲斐を感じられるでしょう。
周囲の人から自己中心的な人だと思われてしまう可能性も否めません。
しかしあなたが思いやりを持っているうちは大丈夫。
周囲もそんなあなたを理解し、あたたかく見守ってくれるでしょう。
柔軟な頭脳を持ち、豊かな才能のある人ですが、目的の確かさが成否の鍵を握ります。
(人の輪の頂点に立つ)

☆<引用参考文献>
松村潔 著「未来辞典―3年後の私がわかるサビアン占星術」角川書店

|

« 蠍座の新月。 | トップページ | 天皇賞予想・まとめ »