« 武豊さんのトランジット | トップページ | 2009年の大きな星の動き »

射手座で満月。双子座の月。&奥田民生さん

先日、ピアノの先生をされている方がご自宅に何人かを招いてくださり、
ミニコンサートと称して、
ショパンの名曲や坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」や「鉄道員」などなどを弾いてくださいました。
感動鳥肌。。
やっぱり、生は良いですネ。。体温が伝わります。。
(涙されている方も・・)

「鉄道員(ぽっぽや)」は、ご存知、高倉健さん主演の映画ですが、
この主題歌、歌詞は奥田民生さんです(唄は坂本美雨さん、曲は坂本龍一さん)。
― 会いたい人なら 会いに行け あの山越えて 今すぐ会いに行け
― 悩みがあるなら 旅に行け 心を鍛えて 一人の旅に行け
う~ん・・・よい詩を書きますよね。奥田さん。

奥田さん、牡牛座の太陽に海王星が180度。天秤座の月はノーアス。
乙女座天王星火星冥王星合と魚座土星が180度。
つまり「土」成分と「海王星」成分のオポジション+ノーアスの月という感じの図です。そして、牡牛座金星双子座木星合が彩を添えています。
ユニコーンでは火星天王星冥王星オポ土星(ハチャメチャ)を、
パフィーでは金星木星(楽しい)を、
こうした鉄道員のような詩では、土成分オポ海王星成分&ノーアス月(現実、夢理想、迷い、さすらい、みたいな)をつかって、歌づくりをされているのでは・・・なんて思いました。


さて、今日は満月です。太陽は射手座、月は双子座。
半年前の6月4日新月のあたりで始めたことの、見直しを図るのにちょうど良い時期です。
好奇心の赴くまま学習や情報収集を進めた結果、とりとめのなさが目立ってきたり、中途半端になったり、おしゃべりが過ぎたり、深みが足りなかったりしないか、
ちょっと振り返ってみましょう。

今日の星の配置は、射手座太陽と双子座月のオポにおとめ座の土星が90度のTスクエア。そこに水瓶座海王星が調停に入っています。
まるで「夢や希望を持って向上心で進みなさいよ。でも、しっかり地に足をつけて。シビアに、そしてきちんと。」と土星に言われているようです。
苦境だけど、未来に向かって進むことで開けてくる意味合いの満月だと思います。
また、水星と冥王星が合(山羊座0度)ですので、深い洞察力や影響力のある話し方(山羊座水星で主に仕事面や社会的な面)、現実思考、見抜く力、みたいな意味合いもあります。
まとめると、しっかり現実に則しながらも、向上していく意思を持つという感じの今日です。

ところで、
冥王星が山羊座に入って最も打撃を受けているのは、冥王星同士が90度になる天秤座冥王星世代(1971年12月~1983年12月)でしょうか。
何といっても雇用問題ですよね(今、土星が乙女座にありますし)。
来年の秋ごろ土星が天秤座に入ったら、天秤座世代のもともとの課題である契約やパートナーシップ面でのことが、もっと大きくクローズアップしてきそうです。
一方、乙女座冥王星世代(1957年7月~1971年11月)の方々は、いかがでしょうか・・。抜けた感じがするかな・・?まだ、土星天王星オポがかかっているので、気が抜けない感じはありますよね・・。


****

<12月12日~14日>
射手座21度『借りた眼鏡をかけている子どもと犬』
一本気で熱血タイプ。
常に目標を高いところに掲げ、それに向かって全速力で走ります。
困難で、かつ新鮮なターゲットであればあるほど燃える人です。
ほどほどにしておくということを知らず、周囲からは無謀な人と思われやすいでしょう。
ひとつひとつ集中してやりとげ、そして次にむかって行くパターンが多くなります。
バランスよくいくつかの物事を平行してやっていくことはあまり上手ではありません。
しかしかなり無理をしてがんばる人なので、目標達成能力は高いでしょう。
そのために健康管理をおざなりにしやすい傾向が。
この度数の人は、あまり自分の身体の声に耳を傾けようとしません。
金銭や人の感情なども、自分が何かに熱中してしまうとあまり気にならないはずです。
いったん新しいものを獲得したらちょっと息を抜き、周囲を見回すことを心がけましょう。
(高い目標に向かって自分を磨くこと)

<12月13日~15日>
射手座22度『中国の洗濯物』
のんびりしたキャラクターで周囲からは癒し系と思われるタイプです。
初対面の人にもどこかなうか示唆を感じさせる雰囲気を持っています。
そして子どもの頃の素朴さと素直さ、のびのびした生命力を今も持ち続けているでしょう。
あまり無理をしてがつがつがんばる人ではありません。
負けん気が足りないと言われることも多いでしょうが、自分の資質を的確に把握してその中でできることを淡々とやっていこうという姿勢です。
実際、向上心がないわけではなく、足元を確認しながら目標達成に向かって地道にやっていく人なのです。
自分の本来の資質を自覚しないことには、どんなことも着実な達成などできません。
その姿勢はとても良いことですが、反面、自分はこうだからと決め付けることで、可能性を自らつぶしてしまうことにも。
自信を持ってもっと大胆に可能性にかけてみることも大切です。
(自分の本来の資質に目を向ける)

<12月14日~16日>
射手座23度『移民が入国する』
どんなに大きな失敗をしても、人生のリセットが可能な人です。
混乱した状態を改善するために多大な苦労をするよりは、未知の世界へ乗り出そうとする勇気とチャンスを持とうとするでしょう。
希望と現状とを合わせた結果、自分に最もフィットしたところを選び、次のフレッシュな環境に移動します。
そして新しい状況に飛び込む時、全身でその場に順応することができるのです。
「同じ人間同士だから何とかわかり合えるだろう」と楽観的に周囲に馴染み、
その後ろを振り向かない姿勢が共感を呼びます。
ひたむきに対象とかかわるので不器用な人と思われがちですが、結果的にそういった方法が一番の早道だったりします。
また、物事への順応力が高いので、あまり先入観で好き嫌いをいわず、何事もいったん自分の目で確かめてから判断すると言う、人に信頼を与える性格です。
(ひとつのことに全身で取り組んでみる)

<12月15日~17日>
射手座24度『家のドアにとまっている青い鳥』
落ち着いた雰囲気で、家庭的に恵まれた人です。
何を言っても憎めないような、かわいげと陽気さのあるキャラクターです。
あまり自分から積極的に動き回りませんが、愛情あふれる性格に、放っておいても人が集まってくるでしょう。
どんな人に接する時もこだわりと偏見を持っていないため、ちょっと世間から外れたような人に好かれるケースもあります。
しかし、全てを受容して開かれた姿勢を崩すことはありませんし、あなたの生き方がその影響で不安定になることはありません。
平和で安定した生活をいとなむからこそ、開かれた意識でいることができます。
そして守りに入らず、未来へのビジョンを引き寄せます。
外界に対してオープンな姿勢が常に幸運を運んでくるでしょう。
世間の風が発するメッセージに耳を傾け、いろんな情報を見聞きすることがラッキーポイントになります。
(オープンマインドで自然に暮らすこと)

<12月16日~18日>
射手座25度『玩具の馬に乗っている小太りの少年』
夢見がちでイマジネーション豊かな人です。
行動力はあまりなく、机に向かっていろいろなことを考えています。
一人遊びの中で想像力を鍛えていくでしょう。
完ぺき主義で自分の能力に対してプライドが高いため、ひとつのことをあらゆる方面から点検し、研ぎ澄まされたパーフェクトなものを作り上げようとします。
特定の分野で専門的な知識を得ることが多くなるでしょう。
とても豊かな教養の持ち主です。
しかし、現実の厳しさから目をそむけがちな傾向があります。
シビアな視点も取り入れないと、あなたの知識の完成度は高くなりません。
また、人と協力するよりも、最初から最後まで自分でやりとおしたいという部分も見受けられます。
周囲の人はなかなかあなたのレベルまで到達しないでしょうが、指導したり協力したりということも、ときには必要です。
(趣味や教養を極めていくこと)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 武豊さんのトランジット | トップページ | 2009年の大きな星の動き »