« 2009年の大きな星の動き | トップページ | 山羊座の新月。 »

佐藤竹善さん(SLT)

最近、友人に録ってもらった『Sing Like Talking』や『佐藤竹善』さんのCDをひっぱり出して聴いています。
しかし、それにしても、竹善さんの声はイイですね~。ほんとに。
小田和正さんのCDでも、バックコーラスをしている彼の声は、すぐわかります。
(同じように、いろんな人のアルバムの音で聴き分けられるのは、佐橋佳幸さん(松たか子さんのご主人)のギターや葉加瀬太郎さんのバイオリン。この音は!と思って調べると、だいたい当ります・・・と、なにげに自慢しています笑)

竹善さんは、太陽牡牛座。
声の良さといいどことなくどっしりとした風貌といい、牡牛座ですよね。
牡牛座の太陽に、海王星がオポ、火星がスクエアで、Tスクエアを形成。
火星と土星がオーブ6度でオポ。
土星を6~9度の広いオーブでみれば、太陽火星海王星土星で不動宮のグランドクロスを形成します。
また、冥王星が太陽に対して120度で調停。
決して信念を揺るがせず、夢をおもいきりハードに追いかける人なのだなと思います。
そして、例え転んだとしても(不動宮のグラクロなので、頑固に煮詰まって停滞している感じの転び方)、冥王星の力で復活します(柔軟宮乙女座の冥王星なので、周囲の状況を観察して読みながら次のチャンスをとらえる復活の仕方)。

そこで思い出すのが、こんなエピソード。
高校生のころコピーバンドを組んだり(ベース)していたようですが、
大学に入るとき、ビリー・ジョエルに感銘をいけて、突如「ボーカルとしてプロデビューしよう!」と決意されたそうです。
その頃は、曲が書けるわけでもなく、オリジナルなバンドを本格的に組んでいたわけでもなく、ピアノが弾けるわけでもなく、何の裏づけもないのに「プロデビューできる!」と思ったそうです。
以前、たまたまラジオで聴いて印象に残っていた話では、
ギターを持って、子どもの頃からの同級生の家に押しかけ、
「おい、バンドを組もうぜ!まだ日本にないカッコイイ曲を作ろう!」みたいに持ちかけたことが、SLTのバンドの始まりだったということでした。
で、そうやって決めてから、理想とする音楽を作るために、レコード(洋楽)をたくさん聴いたり、キーボードを練習したり、作曲を始めたりしたそうなのですが・・。

そういうのって、この竹善さんの太陽のアスペクトを物語っていますよね。
やはり、太陽に海王星が効いている人というのは、ビジョンを実現する力がとても強いと思います。
また、火星土星の絡みもあるので、かなり努力もしているはずです。

月天秤座の月は木星とオポ。双子座の水星は天王星とスクエア。牡羊座の金星は獅子座の火星とトライン。
人好きする人柄と、おもしろいトーク、明るく華やかな魅力をお持ちですネ。
今はソロ活動をされているみたいですが、ますますのご活躍を楽しみにしたいと思います。

ところで、余談ですが今夜(深夜)、小田和正さんの『クリスマスの約束』という番組があります。
毎年、楽しみにしている番組です。

さらに余談ですが、12月27日(22:45~13:30)NHKの『サラリーマンNEO』年末スペシャルがあります。
こちらも楽しみです!


****

<12月22日~24日>
山羊座1度『認識を求めるインディアンの長』
自己主張が強く、目標に向かって突っ走っていく勇気と集中力がある人でしょう。
常に積極的に物事にかかわり、自分の意とすることに周囲を巻き込んでいこうとする傾向があります。
責任感とリーダーシップをとることができ、皆の意識や意見をまとめあげる力もあるでしょう。
しかし、やや強引だったりプライドの高さから、心理面で人から反発されることも多くなる傾向があります。
この度数の人が満足できる状態になるには、掲げた理想をかならず成果として認めてもらう必要があります。
資格や免許などを経歴として残せるようにキャリアを積んだり、役職に就けるように努力しましょう。
また認めてもらいたいという気持ちが焦りを引き起こし、やることに力が入りすぎたり、暴走するかもしれません。
他者の気持ちを汲み取る努力を怠らなければ、成功するでしょう。
(価値ある人物になるための過程)

<12月23日~25日>
山羊座2度『3つのステンドグラスの窓のうち、ひとつは爆撃で損傷している』
夢を持ってはいても、冷静で現実的な考えが先行してしまう性質の人が多いようです。
そのためキャリアを積むことやお金をためることなど、誰もが認めてくれるような実績にこだわります。
人生のどこかの時期に夢を諦め、生活の維持のために働いたりすることもあるようです。
目的や希望を達成したいと願うならば、はじめから生活の安定が保証されているような場所での成功を狙ったり、会社は会社、趣味は趣味というように、夢と現実をはっきり区別できるようなライフスタイルにすると良いでしょう。
また、地位や生活の向上のために、激しく働き続ける人も多いのですが、
あまりに過ぎると情緒不安定を引き起こし、身体を壊すことも。
余裕ある生活を心がけることが、幸せな生活を送るための鍵となるでしょう。
(挑戦し続ける私)

<12月24日~26日>
山羊座3度『成長と理解に対して受容的な人間の魂』
飾らない性格で、だれであっても平等に接することのできる魅力ある人です。
行動することによって自分の方向性を決めていくようです。
自分の経歴や過去などにこだわらず、どんな環境にも飛び込んでいける身軽さがあります。
何かやりたい、と思ったらすぐにその環境に身を投じてみましょう。
人は少なからず若干の自己主張を持って物事の選択をしますが、
そういった自分に対する色づけ自体があまりない人のようです。
そのために吸収力に優れ、反抗や反感を買ったとしてもさほど気にせず目標をクリアしてしまうでしょう。
また、実績主義だと言うことは、目前の成果や実務に囚われやすいので、ある程度の社会性を身につけたら、長期的なビジョンを描くように心がけるとよいでしょう。
(自己の実行力を信じて、再スタートを切る)

<12月25日~27日>
山羊座4度『大きなカヌーへ乗り込む一団』
仲間との交流や団結を大事にする人です。
とても神経が細やかで、常に周囲に対して気を配っている人でしょう。
争いや揉め事を嫌い、仲裁に入ることも多いはずです。
平和主義であることも多く、自然保護団体やボランティア活動などに参加する人もいるようです。
腰の低い姿勢を心がけ、無理に主張を通すような行為はしないようです。
あなたにとって集団の中で同じ目的を達成することは、そのまま満足感につながるのです。
団体の中で、それぞれの意見をまとめたり、スケジュールを組んだりして、
円滑の物事が進められるよう手配する、縁の下の力持ちのような役割が向いている人もいます。
また生涯のどこかで、運命共同体とも言えるような重要な人と出会い、ともに歩んでいく可能性が高いでしょう。
個人で動くよりも誰かと成果を上げたほうが、自分の能力が発揮できるようです。
(バランスを保ちながら、結果を出すこと)

<12月26日~28日>
山羊座5度『カヌーを漕ぎ戦争の踊りを踊っているインディアン』
チャレンジ精神が旺盛な人で、いつでも実力を試せるよう、準備を怠らない人が多いようです。
他者はなぜかあなたの周りにいるとパワーを感じ、やる気になってしまうでしょう。
集団の中に属している人々の心に活力を与え、同じ目標を持たせる術を知っているようです。
また自ら先陣を切って物事に取り組むでしょう。
起業家やまとめ役になる傾向がありますが、けして威張ることはなく、
協力姿勢をとらせたり、ここのやる気を高めることに気を配るようです。
一人で取り組むより、人をあおり自分もあおられることでテンションを上げていくのですから、共同の事業などに向いています。
とても野心的なので、油断のならない人と思われることも多く、
それをうまく生かすには実業の分野に取り組むとよいでしょう。
(長いものに巻かれて学ぶ)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 2009年の大きな星の動き | トップページ | 山羊座の新月。 »