« 木星水瓶座IN | トップページ | 2009年世界天文年 »

山羊座で満月。蟹座の月。

今日は満月ですね。
1月11日12:26。太陽山羊座、月蟹座。

蟹座の満月で意識したいことは・・・
2008年7月3日の新月のあたりで始めたことの答えが出ている時期です。
うまく運んでいないことは、軌道修正をしましょう。
身内や家族を愛し慈しみ守る蟹座。
しかし、強すぎる身内意識や、揺れの激しすぎる感情は、時にはマイナス要素をもたらします。
社会に開かれた視点、自分の殻を破ってみる、好き嫌いにとらわれない平等さ、感情や気分に振り回されない冷静さ、家族のしがらみからの脱出・・
そんなことを振り返りたい今日の満月です。

****

<1月9日~11日>
山羊座20度『歌っている隠れた合唱隊』
穏健で他者の心をくみとりつつ、仕事を正確に処理できる人でしょう。
どんな作業でも淡々とこなせることが多いようです。
表現力や想像力が強く、芸術的な才能を持つこともあるようです。
しかし、ずば抜けた能力を持っていたとしても、けっしてひけらかすようなことはなく、
腰の低い人だという印象を持たれます。
会社などの組織の中で、自分だけが特別扱いされることを嫌い、
みなでそれぞれの特性を生かしながら成果を上げていくことに満足します。
たとえば、ボランティア活動といった社会に貢献できることなどに参加し、
全員で喜びをかみしめることに満足感を覚えるでしょう。
全体の働きの中で歯車のひとつとなることを示していますが、そのように目立たない役割を演じても、必ず人はみています。
結果、信頼されることが多くなるのです。
(自分の役割をわきまえ、協力する)

<1月10日~12日>
山羊座21日『リレー競争』
積極的で、何か始めようと思ったらすぐに行動に移す人でしょう。
一度自分の中に火が付いたら、結果を出すための努力を惜しみません。社会的な評価を受けるため、激しく働き続ける人もいます。
できれば若いうちに資格を取ったり、昇級試験などを受け、
できるだけ後のステイタスアップにつながる道を作っておくと良いでしょう。
すでに仲間とチームワークをとることには慣れていて、
互いに刺激しあいながら業績を上げようとしますが、
ライバルは個人ではなく他企業や他チームということになります。
また管理能力が発達することから、人事や責任者のポストは適任といえます。
企業人としては最も理想的で仕事のできる人、なおかつ協調性を持つという安定した評価を受けますが、無理にがんばるところがあるので、余暇をうまく使うべきでしょう。
(人々の感情の機微を思いやる)

<1月11日~13日>
山羊座22度『敗北を優美に認める将軍』
目標や希望を達成しようという向上心の高い人です。
真面目で責任感が強く、同時に人に譲るという潔さも持っています。
仕事では管理者につきやすいようです。
人生の傾向として、失敗により飛躍的に能力を伸ばすことがありそうです。
諦めの精神で何かにのぞむのではなく、高い希望を持って挑戦してみましょう。
成功しても、そうならなくても、大きな成果が残せる運勢のようです。
人生のどこかで、今までの価値観がまったく反対になってしまうような出来事にあいやすく、
そこから過去、足りなかった要素を埋めるかのような道を歩むことがあるかもしれません。
そのため、哲学的な考え方をする傾向が出てくるでしょう。
年を取るごとに包容力が増し、人間性が豊かになっていきます。
その懐の広さは、多くの人から厚い信頼をうけることでしょう。
(物事の裏側の動きを読み取る)

<1月12日~14日>
山羊座23度『戦争での勇敢さをたたえる2つの賞』
物事を偏った側面のみで判断せず、いろいろな角度からとらえる力のある人です。
周囲の状況や人間関係など、あらゆる要素を考慮できるバランスの良い人格でしょう。
運勢は強く、成果を出すタイミングや環境がそろいやすいようです。
しかし仮に大きな権力を握ったとしても、それに溺れるということはなく、
常に新しい目標を目指すようです。
大胆で積極的、潔さが社会的に認められやすいでしょう。
たとえ失敗や損失など、社会的にマイナスな要因が起こったとしても、苦労を厭わない傾向にあります。
人生の早いうちの体験したことによって、
どんな物事でも良い面と悪い面が必ず存在すること、そして両者がそろってはじめて、
もののおもしろさや充実感が得られることを知ってしまうようです。
また、相反する二つの職業を掛け持ちしたりすることが多いでしょう。
(複数の価値観を体験する)

<1月13日~15日>
山羊座24度『修道院に入る女』
精神性が高く、俗なものをどこか軽視する傾向があります。
勉強家で、精神性を充実させるための努力は惜しまないようです。
また、周りが敵ばかりの状態では、せっかくの高い能力も伸びづらくなるでしょう。
この度数の人は、自分の中の精神性の調整のために、引きこもりがちになるようです。
また、隠れたくなったり、逃げたくなったりしたときは、自然に状況が入院する羽目になったり、家から出られないような状況になることも。
若い頃は、こういった外から隠遁しなければならない状況に抵抗を感じ、
自由を求めるかもしれません。
しかし年を重ねるにつれ、そんな自分もいいではないかと許せるようになるでしょう。
集中作業を求められる職業が向いていますし、
また歴史ある会社や伝統業にたずさわったり、継承者になることもあるでしょう。
(身体を隔離させ、精神を解放させる)

<1月14日~16日>
山羊座25度『東洋の布を扱う商人』
おおらかで物事全般を平均的に判断する力が備わっている人でしょう。
人間関係での好き嫌いなどがあまりなく、
誰とでも分け隔てなく接する態度に、好感をもたれるようです。
この度数の日とは注目されることが多く、ほかと違う独特の雰囲気を漂わせているでしょう。
自分にとっては当たり前の発言や行動をしても、他者の目からは神秘的に映る傾向があるようです。
それゆえ仕事などではあなたの感覚や視点は大いに役立つようです。
進展が滞ったり何かひとつ物足りない時に重宝がられるでしょう。
アイディアや企画にたずさわる仕事では、成功しやすいといえます。
また、流れを察知したり状況把握に優れ、常に新しい情報を現状にとりこめる才能があるでしょう。
そのため管理者的立場になった場合、歴代のやり方とは違う、
新しい方法によって改革方針を打ち出せます。
(いまある自分からの脱皮)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 木星水瓶座IN | トップページ | 2009年世界天文年 »