« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

星占いサンプル

<毎月の星占い サンプル>
◆牡羊座
・全体運
運気は不安定。良かれと思ってしたことが、相手にとっては迷惑だったという失敗も…。見返りを求めず、献身的に尽くすと開運です。
・金運
ストレスを買い物で解消しやすい時期。余分なお金は持ち歩かないこと。温泉旅行はお勧め。
・愛情運
人気運に恵まれています。積極的に主導権を握っていくと、好きな人との仲がもっと進展する兆し。

◆牡牛座
・全体運
社交的な好調期。公私問わず新しい知り合いが増えそう。有益な情報が入ってきて、抱えていた問題も解決される見込みです。
・金運
金銭感覚に乱れが生じる様子。嗜好品などの細々したものが、散財の原因に。収支はしっかり把握を。
・愛情運
陰ながら支えてくれる人が、そばにいるはず。この機会に、感謝の気持ちを言葉にして伝えましょう。

◆双子座
・全体運
新たな課題が提示されそう。頑張り甲斐のある時期ですが、ひとりで抱え込むのは大変。困った時は目上の人や仲間に相談するように。
・金運
交際費はかさみますが、今後のためにも必要な出費です。節約は別の部分で工夫しましょう。
・愛情運
刺激のない怠惰な雰囲気が漂います。旅行やドライブの計画を立てるなど、変化をもたせてみて。

◆蟹座
・全体運
開放的な気分を味わえる星回り。過去よりも未来を大切にする姿勢が招運です。自分らしい伸び伸びとした魅力を、周囲に振りまいて。
・金運
必要な出費が多く、自分の思うように使えないことが多そう。講座やサークルへの支出は吉。
・愛情運
頑固な態度をとってギクシャクしそう。喧嘩になったら、早めの修復を心がけましょう。

◆獅子座
・全体運
少しくずぶり気味の運勢。はっきりしない出来事が多く、イライラを募らせやすいでしょう。焦らず、タイミングを計る余裕を持って。
・金運
気持ち良くお金を使えますが、あとで足りなくなる心配も。カードでの支払いやローン組みは慎重に。
・愛情運
好きな人と戸外で過ごす時間を持つと、より親しくなれそう。ドライブやスポーツ観戦に誘ってみて。

◆乙女座
・全体運
うやむやになっていた問題に決着がつく兆し。周囲を気にしすぎると迷いが増えるので、自分のやり方を貫いて正解です。
・金運
お金が貯まりやすい時期。定期預金を始めると長続きしそう。懸賞に応募するのもお勧め。
・愛情運
古くからの友人との関係が良好です。心が温かくなる交流をもてるでしょう。同窓会へはぜひ参加を。

◆天秤座
・全体運
意欲にあふれ、実力を発揮できる環境が整います。しかし、体力だけが不安要素。無理を避け、休息の時間はきちんと確保しましょう。
・金運
人に乗せられて、あまり必要のないものまで買ってしまう恐れあり。見栄を張るのは禁物です。
・愛情運
出会い運が良好。気の合いそうな人には、自分から声をかけてみて。長いおつき合いが始まる予感。

◆蠍座
・全体運
晴れやかな気分で過ごせる時期。魅力が増して、人気運にも恵まれます。流れに身を任せ、活動範囲を大きく広げていきましょう。
・金運
節約を実行しすぎると、ストレスが溜まる原因に。レジャーなどの楽しい計画を予定に入れて。
・愛情運
自分とは違う価値観を持つ人との出会いがありそう。視野が開け、可能性が広がっていくでしょう。

◆射手座
・全体運
物事が思うように進まず、苦戦する気配。でもここで諦めると後悔することに。忍耐力を駆使すれば、挽回できる機会が巡ってきます。
・金運
遊びにお金をかけることができ、満足度の高い運気です。少し贅沢をする旅行の計画を立ててみては。
・愛情運
こまやかな心遣いが、親密度を高める鍵に。相手の立場を思いやり、上手に褒めてあげましょう。

◆山羊座
・全体運
周囲との協力関係が運気安定の秘訣。頼まれ事は快く引き受けて正解です。調子に乗りすぎず、謙虚な姿勢を保ちましょう。
・金運
思いがけない出費の暗示。その他にも、家族のための出費や食費が増えそう。節約精神を忘れずに。
・愛情運
追われるよりも追う方に魅力を感じる時期。紹介やお見合いはまとまりにくいので、先へ伸ばして。

◆水瓶座
・全体運
平穏に過ごせる運気です。趣味や興味のあることに熱中できて、充実しています。体力作りのための運動を開始するのは大賛成。
・金運
家電やインテリアなどの買い替えが必要になる気配。装飾よりも、使いやすさを重視して購入を。
・愛情運
友達の紹介で人脈が広がる暗示。軽い調子ではなく、あくまでも真面目さを印象づけて正解です。

◆魚座
・全体運
存在感が増して、みんなから注目されそう。有言実行を心がけると、信頼度が高まります。自分に厳しく、人には寛大に接しましょう。
◆金運
お金への関心が高まります。貯蓄や保険の勉強をするのに最適。でも、資産の運用は慎重にすること。
・愛情運
プレゼント運がある兆し。貰うだけでなく贈るのも幸運です。使用頻度の高いものを選んで吉。

|

お父さん犬、北大路欣也さん

ソフトバンクのCMに出ているお父さん犬犬は、いつも、何かしらのお説教をしています。
・・「このお父さん、きっと太陽と土星がスクエアなんじゃないか」と思って、
北大路欣也さん(お父さんの声)のホロスコープを見てみました。

やっぱり・・・・電球
北大路さん、太陽と土星はスクエアです。
「青春は待ってくれないぞ!」とか言うわけです。
魚座太陽は天王星ともスクエアなので(ドラゴンテイルとはオーブ9度で合。合というには広すぎるかな)、どうりで、お父さんは犬になってしまいました。
水瓶座水星は、双子座土星や天秤座月海王星とグランドトライン。冥王星とオポジションでカイト。
ハッとさせるような厳しさだけでなく、人の心に沁みるお説教をしてくれるお父さんですね。
山羊座火星は蟹座木星とオポ。
それにしても、素晴らしい仕事能力ですね。
仕事ではビシッと大胆に、プライベートでは節度を保ちながらも優しく愛嬌のある方なのだと思います。
木星が蟹座というのも、お父さんっぽいですね。
みんなが求める家長的なお父さん像のお父さん犬犬です。

風系月の豊富なアスペクトの状態は(天秤座月海王星+土星+水星のグラトラ、金星とオポ、冥王星と60度)、CMに出ているお母さんの様々な面を表しています。
べたつかないけどチャーミング、そして家のことを整え、きちんと仕事もし、お父さんを尻に敷く、という・・。
魚座金星は月海王星とオポで、天王星が60度、120度。
夢見がちで優しいけれど、ちょっとキリッと個性的な面もある金星。
娘の上戸彩さん、もしかしたらもっと不思議で面白い役をやってもいいかもしれません。
お父さんは、そんな娘をほほえましく楽しく見てくれるはずです。
山羊座火星の状態からみると(木星とオポ、土星とセスキー)、息子さんは、ものすごく出世しそうですね。お母さんに「オバマに似ている」と言われていましたが、そのくらい大きなことをしてくれそうです。

大御所といわれる北大路欣也さんの、大御所たる所以や、親しみのあるお父さん犬のCMをしている所以などがよく解りました。
次はどんな物語に展開していくのか、とても楽しみです。

****

<2月22日~24日>
魚座4度『狭い半島での交通混雑』
何か良いことがあったり、おもしろいものを見つけたりしたとき、
自分の胸にしまって、一人で楽しむということができず、
他の人にも教えて、皆で喜びを共有しようとします。
そのため、大きな「人のネットワーク」を築き上げることができます。
ただ、人にはそれぞれ好みがあるということを忘れがちで、
誰にでも、自分の価値観を強制してしまう傾向があります。
自分の提案したことが、どんどん広がっていくことに喜びを感じるので、
企画、開発の仕事などにやりがいを見出すことができるでしょう。
自分のこころみたことが独り歩きをしていく傾向があるので、気がつくと初心を忘れていることもあります。
自分がそもそもはじめに何を伝えたかったのかをいつまでも忘れずにいると、
混乱を避けることができるでしょう。
(広い世界にメッセージを発信していく)

<2月23日~25日>
魚座5度『教会のバザー』
洗練された美しい人生を自ら演出し、テレビドラマやファッション雑誌からそのまま出てきたような完成された世界を作ろうとします。
人を惹きつける魅力があり、自分をうまくアピールできるので、常に多くの人の注目を集めるでしょう。
ちょっとしたアレンジなどで印象をがらりと変えたり、
ひとつのものを様々なバリエーションで工夫して魅力的に見せることに才能を発揮します。
演出、脚色、広告、宣伝の分野などで活躍できるでしょう。
そのままでは誰も価値がわからないものを、ちょっと手を加えるだけで華のあるものに変えてゆくことができる能力を使うと、
まだ知られていないものを皆に知らせる紹介者ともなれるでしょう。
(自己を華麗に演出)

<2月24日~26日>
魚座6度『正装で行進している将校たち』
常に、何か意義のあること、大きなことをして、充実した日々を送りたいと願っています。
真面目で正義感が強く、ボランティア精神にあふれており、
人の役に立とう、人にとって価値のある人間になろうと努力します。
何もしていない状態に我慢ならないあなたは、いつも目標を打ち立てて、前進しようとします。
そして、打ち込むべきものを見つけると、そこに、自分のすべてを注ぎ込んで奉仕するのです。
また、特に何もしなくても、あなたがそこにいるだけで、集まった人がひとつの方向に向けて結束するような不思議な力を持っています。
とても純粋な心の持ち主ですが、奉仕すべき対象がないと、いつ果てるともなく遊んでしまうところもあり、
大きな目的を見つけ出すことが、あなたの実力を引き出すキーワードになりそうです。
(ボランティア活動に打ち込む)

<2月25日~27日>
魚座7度『岩の上の横たわっている十字架』
いつも、スリルを待ち望んでいるあなたは、
これまで築き上げてきた世界を、すべて壊してしまってでも、新しい世界を追い求めていく傾向があります。
安定してしまうことを、どこかで恐れているのかもしれません。
自己ベストを更新しようと、己を奮い立たせるスポーツ選手のように、粘り強く努力を続け、自分の限界に挑みます。
己の限界を超えることができたとき、目の前に広がる新しい世界、新しい可能性、新境地をいつも夢見ているのです。
失望やショックの体験をした時、多くの人はただ失意の中に埋もれてしまうだけに終始するかもしれません。
しかしあなたは、こうした落ち込みの瞬間に新しいアイディアや力付けを得ることが多く、再生力の強い性格だと言えるでしょう。
(直感を信じて、自分の一手を進める)

<2月26日~28日>
魚座8度『ラッパを吹く少女』
純粋で何事にも一生懸命なあなたは、巧みな話術とムードを持っています。
情熱がすべての原動力となっており、己の信じる道をたくましいばかりの行動力で突き進みます。
ただ、熱くなりすぎて、状況を見失ってしまうことも時にはあるかもしれません。
自分の意見を推し進めていく前に、相手の考えにも耳を傾ける余裕をもてば、
あなたのパワーは効率よく生かされるでしょう。
熱中するものがないと、ただ怠惰な状況に沈んでしまう傾向があって、
そんなときはひとりで勝手に自分を盛り上げようとして、
あらぬ方向に暴走してしまうこともあります。
実りあることに労力を使うように、自分をしつける必要はあるでしょう。
(革命に必要なものは何かを探る)

<2月27日~29日>
魚座9度『騎手』
心を揺さぶられたものに大胆に飛び込むことで、自分で自分の道を切り開いていきます。
己が心から納得し、信じることができるのなら、
崖から空へ足を踏み出すようなことさえ、やってのけるでしょう。
いつも自分自身と、自分の直感を信頼することができる秘めた強さがあるので、
このような捨て身の行動が可能なのです。
ときには、周囲の雑音に悩まされることもありますが、
精神的に自立しているため、だれにも頼らず、一人で大きな決断をし、行動に移していきます。
時に、信じているものがあるから、というより、信じたいから、対象に飛び込むということもやってのけることがありますが、
考えるより先に走る癖のあるあなたにも立ち止まって考える時間は必要です。
(全身で新しい世界へ飛び込む)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

“ヨモギ君” 加瀬亮さん

映画『めがね』にすっかりハマっています。
コウジという名の犬が出てくるのですが、一年後という最後の場面で、
子犬たちに乳を吸わせているシーンが写し出されました。
・・・・コウジは女の子だったのか・・・・電球
確かに、誰もオスだとは言っていません。
おもしろすぎる・・・・。

さて、加瀬亮さん。
『めがね』では、小林聡美を「先生」と呼んで南の島まで追いかけてくる、謎の青年役の“ヨモギ君”でした。
この方、髪型が印象的ですよね。(流行なのかしら・・?それとも頭の形がそうさせているのかな・・?)
最近は、山田太一さん原作のドラマ『ありふれた奇跡』にも出ています。

加瀬さん、太陽金星火星が蠍座。太陽金星合に蟹座土星がトライン。乙女座の月と60度。
乙女座の月は木星と180度、海王星と90度(Tスクエア)。
おっとり穏やかで自然体の太陽と、優しくぼやけすぎの月。
癒し系とか振り回されやすいキャラクターの方です(このあたりは見かけ通り)。 でも、優柔不断なようできちんと自分を持っています。
蠍座蟹座や海王星など水っ気が多いので、感情共感能力が高く、また、蠍座の強さは魅惑的で(癒し系だけではない深さや激しさ頑固さ)、彼を好きな人にはたまらない魅力を感じさせる方だと思います(特に恋愛モノでは、癒し系だけではない底知れない面が現れそう)。
水星は天秤座の最後の方で天王星と合。海王星は射手座でノードと合、木星月のオポとTスクエア。
火の要素は海王星だけですけれど、水星などからは哲学的というか深層心理学的というか、そうした考え方や志向を持っている方だということがわかります。
びっくりするような真理を語ったりしそうですね。
たしか、何かで西島秀俊さんと共演されていたと思いますが、この哲学っぽさは西島さんと同じ匂いを感じます。
加瀬さんの場合は、人との関わりや出来事や物事の移り変わりを、俯瞰で見ながら体験的に得られる哲学という感じ。太陽や月のアスペクトからすると、力まずやっていく感じですね。
おもしろい役者さんになっていかれることと思います。
楽しみです。


****
もうすぐ魚座ですね。

<2月19日~21日>
魚座1度『公共の市場』
あなたは差別することなく、いかなる人でも受け入れてしまいます。
また、柔軟性があり、どんな状況でもうろたえることなく、すんなり対応できるでしょう。
都市や繁華街のような、いろいろなものが行き交う世界で生き生きとします。
雑然とした所でも平気で、むしろ、そのような環境でないと落ち着かず、
仕事や読書なども、雑音のするところの方が集中できるでしょう。
あまりにも広い範囲に対応できるため、自分にとってもっとも大切なもの、
自分に適したものが何かがわからなくなることがあるので注意が必要です。
取引や駆け引きなど、商業的な活動にやりがいを見出します。
趣味でも、フリーマーケットに出店したり、ネットオークションに出品するなど、
流通することに興味を持つでしょう。
(見るもの聞くものを新鮮な気持ちで受け入れる)

<2月20日~22日>
魚座2度『ハンターから隠れているリス』
生まれながらに防衛心が強く、自分を守る術に長けています。
表面的には、愛想良くふるまえる人ですが、自分の心の奥までは、決して他人に見せようとしません。
人の心の裏を読む癖があり、トラブルを察して回避することができたり、
逆にネガティブに考えすぎて、疲れてしまう傾向もあります。
対人関係では緊張しやすい性質なので、リラックスを心がける必要があるでしょう。
繊細な心の持ち主なので、多くの人が見落としてしまうことにも、配慮することができます。
ケースワーカーや販売員など、人の気持ちの先読みをして動くことを求められるような職業など、他者との絶妙な距離を保てる特性を生かすことに適性があります。
(砦の中でじっくりと己を見つめる)

<2月21日~23日>
魚座3度『化石化された森』
いくつになっても色褪せることのない、真に価値のあるもの、永遠のテーマを探し求めています。
強い意志を持ち、シンプルに生きていくのが理想です。
永遠の価値を求めるあなたは、理想に生きる覚悟を持つ人でもあるのです。
無駄な争い事は嫌いで、理性と理論で解決を試みます。
それができない場所では、かたくなになってしまうこともあります。
本物志向のあなたは、アンティークや希少本の収集などに夢中になったり、伝統芸能や伝承文化などにも興味を抱くことがあるでしょう。
本当に価値があると思った人や分野を守ろうとする気持ちが強いので、
あなたが愛好しつつ、人から無視されているものがあると、許せない気分になることも。
多くの人にそれを知らせるような仕事をすると満足できます。
(人生のテーマを見出す)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

『めがね』 もたいまさこさん

プレゼントそろそろバレンタインデーですね。
今年は「逆チョコ」という概念も登場し、ますます、木星水瓶座色(男女の性差意識が薄く平等感覚な水瓶座)を感じるこの頃です。土星と天王星のオポもあるので、既存の価値観を刷新したいという星回りでもありますしネ。

眼鏡ところで、
このところ何度も繰り返し、映画『めがね』というDVDを観ています。
お店の棚に置いてあるのを見た瞬間、
全員めがねであの不思議な体操をしている出演者さんたちに、目が釘付けになりました。
内容は・・・・・。
南の島の海辺の民宿ハマダへ、毎年春になるとやってくる“サクラさん”(もたいまさこさん)や、この春初めてやってきた女性(小林聡美さん)などなど、個性的な5人の出演者の織りなす、たそがれ模様というか・・・。
そう、それぞれ、海を見てたそがれたり、釣りをしてたそがれたり、かき氷を食べてたそがれたり、海辺で毎朝サクラさん(もたいさん)の教える“メルシー体操”をしたり、
おいしそうな朝ごはんを食べたり、梅干を食べたり・・といった、不思議でスローなお話しです。
最後まで登場人物の素性や背景など、ほとんどわかりませんでした。
でも、何度も繰り返し観たくなります。
もしかしたら今年の春もみんな、あの場所へ、たそがれしに行くのかしら・・・。
私も行きたいなぁ・・・。
(眼鏡をかけているし、たそがれるのは得意なんだけど・・。)

芽 さて、もたいまさこさん、

太陽と月は天秤座(少し離れている。もしかしたら月はおとめ座かも)、太陽のほうは土星海王星と合で天王星とスクエアです。
1952年生まれの方は、天秤座土星海王星合に蟹座天王星スクエアという、なかなか特徴のあるハードアスをお持ちな年代なのですね。対人関係やパートナーシップで夢を見ると同時に、様々な混乱が起こりやすいのですが(前の世代の家族的伝統的な価値観を覆したりする必要があったり)、
もたいさんの場合、そこに太陽が合だとすると、この人がそれをするか、夫やパートナーとなるひとがそういう人になるか・・。
月は火星とスクエア、木星とセスキー。意外とせっかちで短気・・?でも、気風が良く、啖呵切るのも得意です。
蠍座金星は木星とオポ、冥王星とスクエア(Tスクエア)。
おぉ・・・・。
もたいさん、実は若いころはすごくモテたのではないかしら・・・。
太陽を象徴する人物(劇団員さんぽいですねこの感じ)と熱烈で究極のドラマチックな恋模様が展開されていた様子がイメージされます。
もたいさんのあのもやんとした印象の中に、不思議さや底知れなさを感じるのは、この太陽と金星の過激でドラマなところから来ているのかも、と思います。
また、獅子座の冥王星ドラゴンテイルVtリリス合のひと固まりも、もたいさんぽくあやしい感じがしますね。
おもしろい役者さんは、ホロスコープも個性的なのだなと実感です。
歳を重ねても(木星期も土星期も)ますます活躍されそうですね。
とても楽しみです。
個人的には、『すいか(TVドラマ)』→『かもめ食堂(映画)』→『めがね(映画)』と続いた、何というか不思議で気持ちのよい空気感のお話しシリーズの続編が、待ち遠しいです。


****

<2月13日~15日>
水瓶座25度『右の羽がより完全に形成されている蝶』
表面的なものではなく、存在の根底から安定した理性的な自分を作り上げようと努力する人です。
単なる頭の善し悪しではありません。
感情と身体の統制をうまくとりながら、なにひとつ無理がないよう自分のすべてをコントロールすることを目指すのです。
それに成功し、真に理知的な自分を確立している人もいるかもしれません。
そのような人は、外界から面倒な物事が多少押し寄せてきても、決して揺らぐことはないと自覚しており、
どんな環境でもどんな状況でも生きていけるという自信をすでに手にしています。
また自分の心の深層まですべて統制下に置こうと試み、
深層心理などを研究する人もいるでしょう。
しかし深層の意識は果てしなく、どこまで掘り下げても底のない井戸のよう。
すべてを自分の意識下に置くことは難しいので、この課題はいつまでも続きそうです。
(心の奥まで理性的であること)

<2月14日~16日>
水瓶座26度『水圧計』
非常に注意深く、どんな小さなことでも見逃さない人です。
何かをする過程で、心の中にほんの少しでも気にかかるものを感じると、
注意深く気を配り、肝心なところで発見できるようです。
物事を理性的に観察するのはもちろん、
体感的なことや自分がどう思ったかという感情的な部分もきちんと統合して、
注意力を発揮できるようです。
決して客観的な判断を重視しすぎたり、自分のカンばかりに頼るわけではありません。
何かひとつに意識が偏りすぎると、かすかな違和感は見落とされてしまいます。
しかしあなたの場合、思考と感情と身体の機能がバランスよく働いているので、
正しく物事を判断していくことができるようです。
危険な仕事や一瞬にして状況が大きく変化するような仕事などで、この力は発揮できるでしょう。
(全力で注意を向けること)

<2月15日~17日>
水瓶座27度『スミレで満たされた古代の陶器』
自分の感情をそのまま口に出したり、行動として表現することに抵抗を覚える人かもしれません。
理性・感情・身体を、すべてバランス良く動かそうとするので、
自分の感情だけをクローズアップするようなやり方ではできないと自覚している部分があるようです。
そこで感情表現のよりどころを、すでに十分に価値の証明されているような古典芸術の中に見つけることになりそうです。
漢詩や古文から自分の気持ちを引用したり、またことわざなどを多用する人もいるはず。
もっと複雑になると、中世の絵画に描かれている内容に気持ちを託したり、古代文明の象形文字などを好んで使う人もいるでしょう。
またその文化自体にも興味をおぼえ、より深く研究する人も。
しかし相手が意図をくんでくれず、うまく伝わらない場合もありそう。
(遠まわしに自己表現すること)

<2月16日~18日>
水瓶座28度『のこぎりで切られ倒された木』
ひとりで考えることの大切さを知っている人です。
友達づきあいから距離を置いたり、同じ未来を目指す仲間とのネットワーク活動などでも、あえて参加しないよう自分で決めている人もいるかもしれません。
共感できる人達とつながっていると、勇気づけられ安心します。
しかし、それではその仲間たちの期待に沿った行動しかできないのです。
ひとりきりになって、自分の意志や目的を改めて認識し、
そこへ向かって歩き出そうというのがあなたのねらいのようです。
また、通常は友人たちとの交流を続けていても、ときおりその関係を断つという行動に出る場合も。
ひとりになって考える必要性を感じ、ふらっと長旅に出たり、
携帯電話やメールにも一切応じず音信不通状態になることもあるでしょう。
自分の求めるものに常に集中したいという人なのです。
(ひとりになって自分で考えてみること)

<2月17日~19日>
水瓶座29度『さなぎから出てくる蝶』
自力で生きて行こうとする人です。
単独行動を好み、徒党を組んだり協力態勢を組むことはあまりないはず。
ひとりで自分の可能性について考え、また人生の軸となるものを定めて、
それをもとに歩いて行くでしょう。
精神的に、真に自立していく人と呼べるかもしれません。
しかし、心理的に誰も当てにしないで生きるということには、常に不安がつきまといます。
自分の行動を評価し、励ましてくれる仲間がいないのです。
したがって新しい試みに挑む時には、これでよいのか?大丈夫なのか?と
不安を抱えたまま歩むよりほかないでしょう。
何度も失敗を繰り返し、行きつ戻りつしながらゆっくりと歩みを進めます。
しかしおぼつかない足取りでも、着実に自らの求めるものへと近づくのです。
手探りで、自分の実感のみを頼りに未来へと進むでしょう。
(孤独の中で自分で考え、行動する)

<2月18日~20日>
水瓶座30度『アーダスの咲いている野原』
一見やる気がなく、無気力な雰囲気を漂わせている人かもしれません。
また、あなた自身も、何をしても張合いがなく、毎日を無為に過ごしていると感じているようです。
それはあなたの価値基準が、今ここにいる自分やそれをとり巻く環境ではなく、
地球上のすべての人に共通する、魂の生まれた場所に定められているからかもしれません。
そしてそこは魂の帰って行く場所でもあるのでしょう。
魂の根源的な発着点を基準に考えると、地域の差や民族性、時代性、
個人の活動分野の違いなどといった区分や区別は何の意味もありません。
自分自身のこだわりなど大したものではないと考え、
がんばる気力がなくなってしまうのかも。
しかし、すべての人をつなぐような仕事に取り組むと、
がぜんおもしろくなってきます。
(こだわりが消え力をぬける時期に)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

水瓶座で満月(獅子座の月)

満月今日は満月です(2月9日23:49部分月食)。
獅子座の月。水瓶座の太陽。

1月26日新月から始まったことの見直しや、
約半年前の獅子座新月(1998年8月1日)頃からの振り返りをするのにふさわしい日。
特に、「自分の人生で独自のアイデンティティを確立できているか」ということの答えが現れているこの頃だと思います。
創造性をうまく発揮できているか、人を愛し愛される喜びを味わえているか、
自己中心的になっていないか、必要以上にドラマチックな展開を求めすぎていないか、
人のアドバイスを素直に受け止められているか、孤独に強くなる、俯瞰の視点を持つ・・・などなどの課題に、目を向けてみましょう。
自分のわがままを抑えて謙虚さを学んだり、包容力を増す努力をする良い機会のようです。
(岡本翔子 著「新月&満月のリズムで夢をかなえる」を参考にしました)


雷さて、個人的なことですが、
月にスクエアでかかっていた天王星、やはり事件が起こり天王星を発動しました(できるだけ無難な感じで)。
(星の解釈通り、やはり土星では天王星は抑えられませんね。)
そういえば少し前、太陽にスクエアでかかっていた天王星でも、変化がありました(わすれていました笑)。
やはり、大きな星のハードなアスペクトは、何かありますね。実感です。
天王星の場合は、「一部改築」のような変化なので、
冥王星ほど「家屋倒壊そして再建」というようなことにはならないようです。
海王星だったら「浸水」という感じでしょうか。
(と、松村先生のどこかの本に書いてあったような気がする・・・・)

てことは、冥王星がいま山羊座の2度。
山羊座山羊座、牡羊座牡羊座、蟹座蟹座、天秤座天秤座の、始め度数の方は、倒壊再建の真っただ中という感じでしょうか。
太陽だと3月22日前後、6月23日前後、9月25日前後、12月24日前後の生まれの方々ですね。
天王星は、魚座の20度~21度なので、
一部改築は(太陽で)、魚座魚(3月10・11日前後)、双子座双子座(6月11・12日前後)、乙女座乙女座(9月12・13・14日前後)、射手座射手座(12月12・13日前後)の生まれの方々。
ついでに海王星で、浸水(またはドリームハウス、または一躍有名という場合も)しているのは、水瓶座23度~24度なので、
水瓶座水瓶座(2月12・13日前後)、牡牛座牡牛座(5月12・13日前後)、獅子座獅子座(8月16・17日前後)、蠍座蠍座(11月15・16日前後)生まれの方々です。
どうかよい方向へ変化していかれますように。。。。クローバー

****

<2月8日~10日>
水瓶座20度『大きな白い鳩、メッセージの担い手』
真の意味でオープンな人と言えるでしょう。
あなたの周りで起こることを、主観を交えずそのまま受け止めるので、理解するには時間も手間もかかりますが、同時にチャンスも見逃しません。
その結果、何か問題が起こった時は、同時に解決ほうも導かれるように外界からやってくるようです。
道ですれ違った人の一言が問題解決の糸口になった、などという経験がかなりあるようです。
また先入観をあまり持たないので、答えがいつの間にか手に入ったとしても、素直にそれを活用できるはず。
したがって、たいていのトラブルは時間をおかずに解決できるようです。
また、身の回りのどんなものにも何か深い意味があると感じているので、
ありきたりな生活にも意義を見出すことができる人かもしれません。
注意力散漫な部分もあり、転んで怪我をすることなどもありますが、
それすらもあなたは人生の良いヒントとなるはず。
(心を開けば答えは目の前にある)

<2月9日~11日>
水瓶座21日『絶望し幻滅した女』
必要とされる仕事や大きな目的のために、純粋に貢献できる自分を作ろうと努力する人です。
欲求される義務を完璧に果たすために、人生の全てを投げ打って取り組むことになるでしょう。
休みをとるとかリラックスするという言葉は禁句かもしれません。
禁欲的な生活を自分に課して仕事を没頭することに、生きがいを感じる人も多いでしょう。
身体や精神面のバランスがとれているうちはそれでもいいのですが、
オーバーワーク気味でそれらの調整がうまくいかなくなってくると問題が生じてきます。
心や体から発せられる小さな警告なども全く無視して、仕事にのめりこむ傾向があります。
むしろそうすることで、いかに自分が献身的に働いているかを実感し、喜びに感じることも。
取り返しのつかないレベルまで行く前に休むようにしましょう。
(自分を追いたて義務を優先すること)

<2月10日~12日>
水瓶座22度『子供たちが遊ぶために床に敷かれた布』
遊びや童心に返ることの効果と大切さを知っている人です。
仕事などで切羽詰まった状況に陥っても、程よく遊んで息抜きをし、またバリバリ働くことのできる人です。
また人生には夢が必要であることを実感しているので、休日や仕事が終わった後、趣味にいそしむことも多いようです。
自分の感情や身体に対しても敏感に反応し、心身の不調を見逃さないので、
適当に休みをとったり、ストレスを感じる場所からは自発的に逃れることができます。
またそのような不調の原因が幼少期にあると推理し、それをとりのぞくためのセラピーに通う人もいるかもしれません。
幼少期のトラウマについてさらに興味を持ち、カウンセラーやセラピストとして働くこともあるでしょう。
また人間のための理想的な教育とは何かを真剣に考え、それを生かせる仕事を選ぶようです。
(あなたの中の子供を遊ばせること)

<2月11日~13日>
水瓶座23度『座っている手足を振っている大きな熊』
理性的な行動に抵抗する本能、感情、身体の癖などに目を向け、自発的に訓練し、心身一体での成長を促す人です。
仕事などでストレスを抱えている場合なども、心と体を鍛え、重圧に耐えられる自分を作ろうとします。
しかもそれは無理やりではなく、ゆっくりと時間をかけて行われるようです。
思考と感情と身体が調和的に働くための訓練として、簡単な気功やストレッチなどを日課にしている人もいるでしょう。
またその過程で、身体の癖が心の癖と連動していることにも気付くかもしれません。
骨盤の歪みが治ったら前向きに物事を考えられるようになった、などど実際に体験した人も。
そこからさらに動作や呼吸などの癖を直そうと思い立つこともあるでしょう。
ヨガや整体などを真剣に勉強する人も多いはず。
心身と理性のバランスを意識できるので、上達も早いでしょう。
(身体と心をゆっくり成長させる)

<2月12日~14日>
水瓶座24度『情熱に背を向け自分の経験により教えている男』
経験的に学習したことの中で、すべての人の役に立つと思われるものを他人に教えたいと願っているようです。
しかし同時に、主体的な経験を他人に教えることの難しさも理解しているので、
決して情熱的になることはないはず。
内容を冷静に分析し、どうやって考えれば効率がよいか、常に考え続けるでしょう。
また心や身体の個人差を熟知しており、それを考慮することができる人です。
他人ができないことを無理強いすることはなく、
自分に出来てなぜ他の人にはできないのかということを研究し、
わかりやすい形で再度教えようとするでしょう。
ひとりひとりの差に関心を抱き、人間の心や身体の構造などに興味が向かうこともありそうです。
どんな所にも個人差が存在していることを了解しているせいか、
皆が一律に良いと言っているものに関しては疑いの目を向けることが多いでしょう。
(情熱にとらわれず、体得したものを教える)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

2月の星の動き

今ちょうど、土星と天王星がタイトなオポを形成していますね。
柔軟宮の多い私としては、非常に鬱なこのごろですが(理由は瑣末なことばかり)、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
個人的な話では、しばらく月に土星がスクエアになっていて鬱々としているところに、天王星がさらにスクエアを仕掛けているので、
「えぇぃ、うっちゃっちゃる!(これ、もしかして方言ですか・・・?)」
みたいな気分の2月~3月ということになっています。
はい、自重します。自重は得意です。
そして、しばらく土星が逆行して太陽のほうが土星とスクエアになっていくので、まったくもって自重ですね。
(ということは、太陽は少し前に土星や天王星とスクエアになっていたということか・・。過ぎてしまうとわからなくなってしまうものですねぇ・・・・。)
そういうわけで、気持ちうっちゃり、実際自重という感じの私です。
あっ・・・そ、そういえば昨日、対向車線を逆走するという、ありえないことをしてしまい、自分でも非常に驚きましたcoldsweats02
さいわい、道路は空いていたので、次の交差点で戻れましたが、これが天王星の仕業か・・なんて・・・(いえ、まったくもって不注意ですwobblyスミマセン)

なんとなく、柔軟宮(双子座双子座、乙女座乙女座、射手座射手座、魚座魚)をお持ちの方々は、ちょっと大変そうな感じになっていることが多いように見受けられますね。
今年の秋ぐらいまで続くでしょうか。
のりきっていきましょう~☆


<2月の星の動き>

2月5日 土星と天王星オポ(世代交代。規律と改革の緊張状態)
2月6日 金星(牡羊)と冥王星スクエア(愛と支配欲の葛藤)
2月9日 満月
2月12日 太陽と海王星合(理想へのビジョン)
2月17日 金星と木星60度(恋愛チャンスの広がり)
2月18日 火星(水瓶)と木星合(エネルギーの増強)
     金星と火星60度(恋愛いい感じ)
2月21日 太陽(魚)と冥王星60度(カリスマ性をうまく使える)
2月24日 水星(水瓶)と木星合(知識増大)
2月25日 新月
2月26日 水星と金星60度(会話センス交際)

ペンまとめてみると、土星天王星のオポでジリジリとした感じはありますが、
だからこそ未来への理想ビジョンを作っていこうという星回りになっています。
行動力(火星)と知性(水星)も木星が重なって上々ですしね。

2月と言えば、バレンタインデープレゼントですけれど、
恋愛方面は活気がありますよね。
2月上旬は金星は冥王星とスクエアになるので、強引に迫ったり深刻になったりしがちですけれど、
バレンタインデー近辺は、木星や火星と調和、その後水星と調和なので、
あまり根を詰めず、ターゲットを広げて、ちょっと友達っぽく(ざっくばらんな感じ)でやっていくといいかもしれません。
金星は現在牡羊座なので、女性からの積極的なアプローチは好ましいですね。
ただし、くれぐれも相手を追い詰めるようなことだけはしないように冷や汗

車(セダン)そういえば、5日は、ホンダのハイブリット車「インサイト」が発表されましたが、
土星天王星オポですものね。金星冥王星もスクエア。太陽海王星合。
不況からの巻き返し。未来に向けた新機種。そして、トヨタの売れ線ハイブリット車に対抗して、シェアをとったる!みたいな意気込みが感じられる星の配置だなぁ・・・なんて、ちょっと思いました。ハイテクの水瓶座ですしね。
やっぱり、こういうのって、時期を選んで決めていたりするのかなぁ・・・。


<金星・牡羊座>2月3日~
愛情表現はストレートで情熱的。
愛する人のハートを射止め、征服することに喜びを感じます。
ひとたび恋愛が成就すると、興味は別の方向へと移るので、長い間恋愛感情を維持するのは難しいようです。

<火星・水瓶座>2月5日~
独創性があり、合理的かつ科学的。
火星の持つ純粋な怒りは表現されにくい配置。
火星の攻撃的なエネルギーは、他人の束縛から自由になるための闘争を通じて表現されます。
したがって、個人的な欲求を追求するというより、社会改革や自由と独立に熱意を燃やす人が多いでしょう。

<水星・水瓶座>2月15日~
周りに左右されない独創的な思考が生まれます。
未来を先取りする進歩的な考えの持ち主で、発明の才能にも恵まれます。
知的能力が発達しており、抽象的な概念を追及したりするのも得意。
人間そのものへの興味があり、親切で友好的ですが、クールで客観的。
科学全般と芸術への興味と才能があります。
最新メディアに関わること、公共性の強い職種・研究職などに適しています。

<太陽・魚座>2月18日~
自我から自由になりたい、解放されたいという欲求があります。
うお座がロマンティックな夢想家と呼ばれるのもそのせいです。
自分と他人をはっきり分けるはずの自我が、海王星の影響で揺さぶられるので、同情心が強く、人の影響を受けやすい人となります。
純粋なものに憧れながら、その一方で世俗的な世界にまみれやすいのも特徴。
意志が弱く、金銭感覚に欠け、現実逃避の傾向が強いのが欠点です。
(岡本翔子 著「心理占星学入門」より)

****

<2月4日~6日>
水瓶座16度『机に座っている偉大なビジネスマン』
非常に冴えた知性を持ち、それを活用して自分の夢や理想のビジョンを実現させようとするでしょう。
しかし、夢や理想の規模があまりにも大きく、なかなか形にするのは難しいかもしれません。
それでも人的ネットワークなどを利用して、うまく実現へ歩みを進めるようです。
仲間と協力して目的に向かいますが、あなたの緻密な計画や壮大な夢にはだれもかなわず、
いつの間にか中心人物として人々を指導する立場に立っていることが多いかも。
それでも周囲の人たちはあなたの計画に魅了され、協力を惜しまないでしょう。
しかし、横のつながりという対等な協力関係はあまり得意ではなく、
強調したり妥協したりすることは本意ではないはず。
またあなた自身も、周りに集まる人たちに対して、冷たく接しがちなようです。
時によってはあからさまに無視することもあり、冷たい人という評価も。
(周囲を動かして壮大な夢を実現する)

<2月5日~7日>
水瓶座17度『ガードをしている番犬』
自分の権利や立場などに敏感で、少しでも侵害されると不快に感じ、防衛を強固にする人です。
個人と周囲とのトラブルを解消して線引を明確にしようと、法律などを自発的に勉強する傾向もあるようです。
公的なものによって自分の権利を侵害されたり、押し付けがましい人から不条理なことを強いられた過去の経験が、あなたをそうさせている場合もあるでしょう。
また泥棒に入られたり、ウイルスメールを知らずにうっかり開けたなど、無防備な部分を突かれてひどい目にあった教訓を生かそうとします。
人権侵害問題や防犯、ネットワークセキュリティーなどにかなり詳しくなり、
それを職業にしてお金をもらったり、他人に教える人もいるようです。
特に過去の自分のような無用心な人を見かけると、同じ失敗をしないよう親身に相談に乗ってあげるようです。
(あらためて周囲との境界線を引くこと)

<2月6日~8日>
水瓶座18度『仮面がはがされた男』
集中と開放をリズミカルに繰り返す人のようです。
ある物事に集中し、しばらくして息苦しさを感じるようになると、その成果を自ら放出してしまうはず。
研究成果などの場合は、多くの人に貢献する利点もあるでしょう。
しかし、ため込んだ資産や物品などの場合は、もったいないという声も聞かれそう。
それでも手放したことでかなりの開放感を味わえるはずです。
しかしこの、蓄積しては放出するという自分のサイクルを自覚していない人は、
他人から無理やり秘密を暴かれたり、財産を手放さざるを得ない流れるなることが多いようです。
親しい人から勝手に個人情報を流されたり、隠してきた秘密をばらされてしまうという体験もしやすいかもしれません。
しかしこれは、あなた自身が心の深いところで蓄積と開放のリズムを求めていて、
自ら秘密をばらされるような隙を作っていることがほとんどです。
(重荷を解き放ち楽になること)

<2月7日~9日>
水瓶座19度『消し止められた山火事』
ありのままに物事を受け止め、対応できる人です。
何か問題が起こったとき、あまり過去を参考にしたり経験則を重視せず解決しようとするでしょう。
物事のパターンを分類して、手順に従って対処することは、あなたにとって本意ではないようです。
過去の例にこだわると、いま目の前で起こっていることを過去と同じだと思い込み、微妙な違いを見逃してしまいます。
またその小さな違いが重大な要素を含んでいる場合、かなりの損失をこうむってしまいます。
決めつけや先入観を捨てて物事に取り組むということは、大変手間がかかり、かなりの労力を使うでしょう。
また周りの人たちも要領が悪いと眉をひそめるかも。
それでもあなた自身は、ちいさくともたくさんの変化を常に体験しているという実感の方を選ぶでしょう。
(先入観を捨て、ありのままに受け入れる)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »