« 『めがね』 もたいまさこさん | トップページ | お父さん犬、北大路欣也さん »

“ヨモギ君” 加瀬亮さん

映画『めがね』にすっかりハマっています。
コウジという名の犬が出てくるのですが、一年後という最後の場面で、
子犬たちに乳を吸わせているシーンが写し出されました。
・・・・コウジは女の子だったのか・・・・電球
確かに、誰もオスだとは言っていません。
おもしろすぎる・・・・。

さて、加瀬亮さん。
『めがね』では、小林聡美を「先生」と呼んで南の島まで追いかけてくる、謎の青年役の“ヨモギ君”でした。
この方、髪型が印象的ですよね。(流行なのかしら・・?それとも頭の形がそうさせているのかな・・?)
最近は、山田太一さん原作のドラマ『ありふれた奇跡』にも出ています。

加瀬さん、太陽金星火星が蠍座。太陽金星合に蟹座土星がトライン。乙女座の月と60度。
乙女座の月は木星と180度、海王星と90度(Tスクエア)。
おっとり穏やかで自然体の太陽と、優しくぼやけすぎの月。
癒し系とか振り回されやすいキャラクターの方です(このあたりは見かけ通り)。 でも、優柔不断なようできちんと自分を持っています。
蠍座蟹座や海王星など水っ気が多いので、感情共感能力が高く、また、蠍座の強さは魅惑的で(癒し系だけではない深さや激しさ頑固さ)、彼を好きな人にはたまらない魅力を感じさせる方だと思います(特に恋愛モノでは、癒し系だけではない底知れない面が現れそう)。
水星は天秤座の最後の方で天王星と合。海王星は射手座でノードと合、木星月のオポとTスクエア。
火の要素は海王星だけですけれど、水星などからは哲学的というか深層心理学的というか、そうした考え方や志向を持っている方だということがわかります。
びっくりするような真理を語ったりしそうですね。
たしか、何かで西島秀俊さんと共演されていたと思いますが、この哲学っぽさは西島さんと同じ匂いを感じます。
加瀬さんの場合は、人との関わりや出来事や物事の移り変わりを、俯瞰で見ながら体験的に得られる哲学という感じ。太陽や月のアスペクトからすると、力まずやっていく感じですね。
おもしろい役者さんになっていかれることと思います。
楽しみです。


****
もうすぐ魚座ですね。

<2月19日~21日>
魚座1度『公共の市場』
あなたは差別することなく、いかなる人でも受け入れてしまいます。
また、柔軟性があり、どんな状況でもうろたえることなく、すんなり対応できるでしょう。
都市や繁華街のような、いろいろなものが行き交う世界で生き生きとします。
雑然とした所でも平気で、むしろ、そのような環境でないと落ち着かず、
仕事や読書なども、雑音のするところの方が集中できるでしょう。
あまりにも広い範囲に対応できるため、自分にとってもっとも大切なもの、
自分に適したものが何かがわからなくなることがあるので注意が必要です。
取引や駆け引きなど、商業的な活動にやりがいを見出します。
趣味でも、フリーマーケットに出店したり、ネットオークションに出品するなど、
流通することに興味を持つでしょう。
(見るもの聞くものを新鮮な気持ちで受け入れる)

<2月20日~22日>
魚座2度『ハンターから隠れているリス』
生まれながらに防衛心が強く、自分を守る術に長けています。
表面的には、愛想良くふるまえる人ですが、自分の心の奥までは、決して他人に見せようとしません。
人の心の裏を読む癖があり、トラブルを察して回避することができたり、
逆にネガティブに考えすぎて、疲れてしまう傾向もあります。
対人関係では緊張しやすい性質なので、リラックスを心がける必要があるでしょう。
繊細な心の持ち主なので、多くの人が見落としてしまうことにも、配慮することができます。
ケースワーカーや販売員など、人の気持ちの先読みをして動くことを求められるような職業など、他者との絶妙な距離を保てる特性を生かすことに適性があります。
(砦の中でじっくりと己を見つめる)

<2月21日~23日>
魚座3度『化石化された森』
いくつになっても色褪せることのない、真に価値のあるもの、永遠のテーマを探し求めています。
強い意志を持ち、シンプルに生きていくのが理想です。
永遠の価値を求めるあなたは、理想に生きる覚悟を持つ人でもあるのです。
無駄な争い事は嫌いで、理性と理論で解決を試みます。
それができない場所では、かたくなになってしまうこともあります。
本物志向のあなたは、アンティークや希少本の収集などに夢中になったり、伝統芸能や伝承文化などにも興味を抱くことがあるでしょう。
本当に価値があると思った人や分野を守ろうとする気持ちが強いので、
あなたが愛好しつつ、人から無視されているものがあると、許せない気分になることも。
多くの人にそれを知らせるような仕事をすると満足できます。
(人生のテーマを見出す)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 『めがね』 もたいまさこさん | トップページ | お父さん犬、北大路欣也さん »