« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

3~4月の星の動き

もうすぐ4月ですね~bud
だいぶ春らしくなってきましたtulip

そういえば、星の星座移動やアスペクト等を書いていなかったなと思って、
3月~4月の分の動きをまとめて書きたいと思います(復習)。

sun太陽
<魚座pisces>2月18日~3月20日
自己犠牲の精神と深い魂の共鳴力の持ち主。支配性の海王星は、感傷性とインスピレーションを授けます。
奉仕精神に富み、いかなる環境や立場にも素直になじめる順応性の持ち主です。
芸術的才能に富み、美しい夢と叙情を追い、全身全霊を上げて没頭できる世界があれば喜びを感じます。
そのため世俗を離れたところで生きようとし、物質的成功は望みません。
意志薄弱で他人に感化されやすく、利用されやすいのが欠点ですが、同情心が強く、感性を刺激されれば偉大な救済行為へと向かいます。
<牡羊座aries>3月20日~4月20日
進取の気質と指導精神の持ち主。支配性の火星は、対決に備える意志力と闘争本能を授けます。
誇り高く自己の能力への絶対的確信を持ち、一度理想に目覚めると、艱難を辞さない勇気と燃えるような情熱を持って目的に直進していきます。
未知の分野に先鞭をつけようとする開拓精神を持ち、物事の開始に際しては率先して主導権を握ります。
難事業を軌道に乗せることを喜びとし、障害は打破して進みます。
この生まれの人の激しい行動欲は、抑制できぬ内的衝動によるものですが、しかし本能を純化し得るだけの克己心も持っています。

pencil水星
<魚座pisces>3月9日~26日
同情的で直観的な知力を持ちます。芸術的・心理的なことや慈善に対する良い感受性もありますが、実際的な問題にぶつかると考えが混乱しやすいでしょう。
神経過敏で気持ちが動揺しやすく、躁鬱的な面があり、無意味な無駄話が多くなりがちです。
<牡羊座aries>3月26日~4月9日
統一のとれたパワフルな知力の持ち主です。辛辣で皮肉っぽく、言葉や思想が断定的になりがちです。議論に強く狡猾で、知謀や術策を駆使するタイプです。考えたことは即座に実行に移すほうですが、目的が利己的な利益追求に向かいやすいでしょう。
<牡牛座taurus>4月9日~5月1日
自分の考えに固執しやすく、やや陰険さもありますが、金銭や世間のことについてはなかなか才のきく利口な性格です。言葉や行動は遅いがなめらかで、冗長になりがちです。社交や愉快なことに気持ちが傾きやすく、声楽に優れた素質を持ちます。

heart金星
<牡羊座aries>2月3日~6月6日(逆行3月7日~4月18日)
衝動的に一目ぼれの恋をしやすく、恋愛事件で突進しがちです。愛のためには何でもしてしまう無鉄砲さがある反面、わがままで愛する者と争う性質を持ちます。また、私欲に強く利己主義の傾向を持ちます。性情は強く熱烈ですが、自制しないと快楽の追求が激しくなりやすいでしょう。

run火星
<魚座pisces>3月15日~4月22日
気が多すぎるためにかえって自分の能力に自信を失いやすく、確信のある行動ができません。自己犠牲をいとわず他人のために働く親切な気持もありますが、努力が混乱しやすく、人生をスポイルしがちです。精神的にも肉体的にも消耗しやすいでしょう。

clipまとめてみると、水星の星座移動が速いのと(目まぐるしく思考が変化していく時期。勉強や仕事面では、「準備→実行→維持」といった流れ)、
金星の牡羊座滞在期間が長いこと(恋のターゲットを獲得する意欲の強い時期ですが、途中逆行期間があるので紆余曲折はありそうですね)、
火星は魚座に滞在(情緒不安定になることが多いかも)、
という感じの3~4月です。
また、どういう影響があるのかはっきりとは言えませんが、4月5日~9月12日まで冥王星が逆行します。
4月はアスペクトもハードなものが多いので、ちょっと心配・・・・。

chick<3月の大きなアスペクト>
・3月2日 水星と火星合
心身のパワーの強さを示す座相。鋭い機智と鋭敏な頭脳。決断が早く雄弁で討論的。辛辣な批評家。
・3月5日 水星と海王星合
豊かな空想力と直観的な知力。繊細で感じやすい神経組織。他人の心情に対する同情的な理解力。詩的才能。精神混乱。
・3月8日 火星と海王星合
ダイナミックな感情表現と活動的なイマジネーション。神秘への強い興味。新しい形式を創造する力。非現実的な望み。
・3月9日 太陽と土星180度
実力は十分にあっても不運な障害に遭いやすく、人生上の発展を阻止されがち。野心家の割には小心で、向かない環境が失敗の原因を作る。過度の警戒心と冷淡さのために人望を失いがち。義務観念に縛られやすく、社会的に成功してもどこか失敗感がつきまとう。
・3月13日 太陽と天王星合
独創的な個性と自主独立の精神の持主。革新的な思想に傾倒しやすく反逆的な素質もあるが、独自の才能によって社会的に顕著な存在となるでしょう。劇的な人生。
・3月19日 水星と土星180度
疑い深く狭量。狡猾・不正直。悲観的な考えや恐怖心を持ちやすい。他人から義務や面倒な問題を押し付けられやすい。業務なども苦労が多い割に納得のいかない結果を招くことが多い。
・3月22日 水星と天王星合
才気煥発で聡明。勘が鋭く優れた記憶力の持主。独創的な発想と科学精神に富む。革命的気分にあふれたエネルギッシュな口演家。独自の研究や発明。
・3月24日 太陽と冥王星90度
自己顕示欲が強く、自己の能力を過大評価する傾向。狂信的な大望。支配的地位を渇望。運命的には社会的背景や後楯となる人を失いやすい。人生の重大事に信念を失う危機。

penguin<4月の大きなアスペクト>
・4月3日 金星と冥王星90度
社会的人気とともに異性を魅了する強烈なセックスアピール。好色的熱望があり、抑制されなければ性的に過剰となりやすい。理想と現実の相克。分不相応な望み。報われぬ愛。背徳的な恋愛事件。
・4月5日 火星と土星180度
活力を抑制されやすく、サディズムの素質と性的無関心。多くは厳格さや過酷さに傾きやすい。疑いと不信の念を抱くため、周囲の抵抗と敵意を招きます。力が尽きると破壊的になりやすい。
・4月15日 火星と天王星合
緊張性の自我。意志強固で強制や圧力に強く抵抗する性質。発作的な神経興奮。異常な行動をとりがち。ユニークな発想や創造力。科学技術や機械に対する興味と才能。
・4月22日 金星と火星合
情熱的・官能的な性質。愛する能力と美を楽しむ能力。愛に起因した事柄での闘争本能。
・4月23日 水星と木星90度
厚顔無礼な人柄。大げさな判断。都合の悪いことを見落とす。知的偏見や固定観念にとらわれやすい。機転や緻密さを要求される仕事には向かない。
・4月27日 火星と冥王星90度
獣性と暴力的な素質をもち、自ら危険に急接近しがち。異常な精力。性的には倒錯傾向。他人への無慈悲な行為によって目的を達する。身体の酷使。
(ルル・ラブア著『占星学』より引用)

clipこうしてみると、4月はマレフィック(火星・土星・天王星・冥王星)のハードアスペクトが多いですねぇ・・・。
ただでさえエネルギッシュな牡羊座。
創始のエネルギーとして働くのか、破壊として働くのか・・・・静観したいと思います。

****

<3月20日~22日>
牡羊座1度『女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く』
真にオリジナリティーのある人生を歩もうとするため、常に新しい世界を目指し、そこへ飛び込んでいきます。
しかし、明確な目的があったり深く考えた結果ではなく、衝動的に突き動かされてのこと。
口では説明できない心の盛り上がりを、そのまま行動に移していくでしょう。
しかし、勢いよく飛び出してみたものの、その後のことはあまり考えていないため、見知らぬ環境の中でどうしたら良いか分からず、不安を感じることが多いはず。
引き返したい気持ちや後悔の念も、いつも心に揺らめいているようです。
しかしそれでも新たな挑戦の新鮮さは何物にも代えがたく、あなたを生き生きと輝かせる大切な原動力なのです。
人生の方向を見定めるのは難しく、迷いもかなりありそう。
それでも、何かをスタートさせる力は秀逸で、群を抜いているようです。
(新しいスタート。とにかく行動を)

<3月21日~23日>
牡羊座2度『グループを楽しませているコメディアン』
置かれた環境になじもうとする柔軟な姿勢が常にあります。
その結果、周囲の人たちのやり方をそのまま見よう見まねで取り入れ、身につけることになりそうです。
あまり自覚はないかも知れませんが、人間の本質的な部分を見抜く力は抜群で、要所要所で他人の特徴をつかんで、必要な部分を取り込もうとします。
しかし自分の中で分析するということをせず、取り込んだものをそのまま表に出すので、時々周囲の人を笑いに誘うようです。
相手の奇妙な癖など、余計な部分まで吸収し、真似るので、ことさらおかしさが増すのでしょう。
しかしおかしい反面、周りの人は自分自身の縮図をあなたの中に見出すことも。
あなたの言動から、あらためて自分の生き方を見直す人も多いでしょう。
笑われることを恥ずかしがったりせず、堂々とあなたの思うように生きていきましょう。
(観察し、学習し、素直に取り組むこと)

<3月22日~24日>
牡羊座3度『彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り』
周囲の雰囲気を敏感に察し、無意識のうちに吸収してしまう性質があります。
いつも一緒にいる仲間、職場、住んでいる地域や土地柄などに影響されやすく、全体を流れているムードに心を明け渡してしまうのでしょう。
また、このような環境の側から流れ込んで切る大きな力に対して、自分をガードするための壁を作ることがないので、意識的に抵抗するのが難しいようです。
結果として、関わる集団の中に潜んでいる表面には表れないひずみや、解決できない問題なども知らず知らずに引き込んでしまいがちに。
すると、それらに無意識のうちに突き動かされ、大きなトラブルを起こすことも。
トラブルメーカーと呼ばれる人もいるでしょう。
しかしその逆の力を利用し、とてつもない力を発揮する人もいるので、たったひとりで大事業などを成し遂げる可能性もあるのです。
(周囲に身をまかせながら、時折自分を振り返る)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

香取慎吾さん

このところ、ドラマの最終回が多いですが、ハッピーエンドが多くてうれしいですね。
再放送のドラマ『薔薇のない花屋』もそうでした。
このドラマ、ストーリーもさることながら、香取さんの抑制のきいた演技が、とても良いと思いました。
香取慎吾さんといえば、“慎吾ママ”のように明るく弾ける系のキャラというイメージがありますけれど、このドラマや『ドク(という、ずいぶん前のドラマ)』のような、抑制抑圧系のキャラも印象的です。

香取さん、水瓶座の太陽に獅子座土星がオポ、天王星がスクエア(Tスクエア)、冥王星とトライン、海王星と60度。
不動宮のハードな天体を含むTスクエアは、抑制抑圧&突き抜け(改革)系を表しています。獅子座土星なので、パーソナリティーに分厚い殻が作られている。でも、蠍座天王星のスクエアで、体の奥深いところから「殻を突き破って自分を出していけ!」という声が響いている、という図。
そして、冥王星との風トラインは、カリスマ的ですね。水瓶座でもありますし、周囲から推されて立ち上がり、みんなの意見を聞いたり希望に向かって進んだり(海王星とのアスペクト)することのできるリーダです(改革者的)。
若いころは暗くなったりしてつらいこともあるかもしれませんが、歳をとるごとに深みを増して良くなっていく、最強の太陽ですね。
水星と火星が木星とトラインなので、行動面ではのびのびしていますし、そうした活動力を周囲から求められていることでしょう(孫悟空のように)。
ひとつひとつ見ていくと、ほんと面白い配置になってたりするのですが、
パーソナルな天体の月、太陽、水星、金星が、すべて土星と天王星とのアスペクト(マイナーなものも含む)を持っています。
あらゆる面で殻を身に着けたり破ったりしている方のよう。
(常識にとらわれたり覆したりとか・・)
真面目さ(土星)と意外さや面白さ(天王星)を見せてくれる役者さんです。
ただし火星は木星や金星とのソフトアスペクトが主なので(土星とはナシ、天王星とはQ)、“スマップ”や『孫悟空』『忍者ハットリくん』“慎吾ママ”などのバラエティーは、割合楽しくやれるジャンルなのでは。
(月と金星のスクエア及び天王星とのアスペクトというのが慎吾ママですw)
いずれにしても、
太陽の様子をみると、ほんんとうに今後が楽しみに思えてなりません。
期待しています♪

****

<3月15日~17日>
魚座26度『影響を分割する新月』
自分のもっとも大切なもの、人生における心の目的を、無意識のうちに理解しているあなたは、他人が気にもとめないようなささやかな日常や、何気ない出来事を大切にします。
人生の目的が何であるのか、具体的な言葉にすることはできなくても、その目的を達成するためにはどんな犠牲もいといません。
本来、その人の本当の目的を何人たりとも干渉することはできません。
個々人がそれぞれの自己実現に向かって歩む姿に、あなたは有形無形のフォローを与えるでしょう。
そのため対人関係も、去る者追わずのスタンスでのぞむことが多そうです。
あなたは夢に向けて歩みだそうとする相手を、自分のエゴで縛りつけようとは思わないのです。
そのため温和なキャラクターにもかかわらず、友や恋人との出会いや別れを繰り返すかもしれません。
はたから見るとそんなあなたの淡白さが理解できず、何を考えているのか理解できない人と思われていることもあるようです。
(ただひたすら己を見つめる)

<3月16日~18日>
魚座27度『収穫の月』
自分自身の根底の意思が作り出した結果を、好むと好まざるとにかかわらず受け入れなくてはなりません。
そばにいる人は、あなたが必要とするからこそ縁のあった人です。
そしてトラブルでさえ、自分自身が呼び寄せたものなのです。
自覚のあるなしにかかわらず、あなたは自分の運命の創始者であることを忘れてはなりません。
すべての出来事や人物の登場が、まるで一本の映画のような精巧な因果律に収束していくことでしょう。
社会が強要するどこかで見たような人生観は、あなたには用をなしません。
年齢や肩書、ステイタスといったもので世間にからめとられるよりも、モラルや常識を飛び越えて規格外のスケールで自分らしく生きることこそがあなたの運命。
そうすることで、余人にはうかがい知ることのできないドラマチックで陰影に富んだ毎日が送れることでしょう。
(たわわに実った成果を受け取る)

<3月17日~19日>
魚座28度『満月の下の肥沃な庭』
物質的にも精神的にも、引きの強い人生を歩む人です。
自分自身の本当の望みについて、結論も出していないうちから、皆にうらやましがられるような、環境や状況を引き寄せているのです。
困った時や、限界に行き当たったとき、起死回生をねらわねば、すでに後がないといった状況で、あなたは潜在的なパワーを100%発揮するでしょう。
するとその瞬間、天が願いを聞き入れたかのごとく、目の前に運が開けてきます。
強く望むことだけが宝箱を開く鍵となり、人生は予想外の展開を迎えることになるでしょう。
たとえるなら、何もかもを失った失意のどん底から、数年もたたないうちに、友人たちがあっと驚く変貌を遂げるような運命傾向をもった人といえるでしょう。
(己の中に、根本的な再生力を見出す)

<3月18日~20日>
魚座29度『プリズム』
一見複雑で多様に見えるようなものも、もとをたどればたった一つの原因があり、それが複雑な結果を生んだのだと考える人です。
卓越した洞察力とともに、雑多な物事を受け入れる力もバランスよく発達します。
この世界を動かす根本的な法則があるのではないかと考え、そうしたルールを探ろうとするでしょう。
古来から伝わる教義などには、そのルールのことが記されているのかもしれませんが、
こうした原理に自分の人生を同調させようと考えるのが、あなたです。
陰陽に代表される東洋思想や日本の古神道、アーユルヴェーダなどに、親近感を覚え、入門書などを手にする人も多いようです。
この地上にあるあらゆる事象は、本来一つのものに端を発した、そう考えると、細かいことに気を煩わせることもなくなるでしょう。
(足もとから見つめなおし、さらなる前進を)

<3月19日~21日>
魚座30度『巨大な石の顔』
非常にはっきりとしたビジョンを持ち、実生活の中で、このイメージを色褪せることなく抱き続けようとする人です。
それは頑固な岩に似て、環境や時代の波にも、風化や摩耗することはありません。
多くの人々が見る夢や目標を模倣せず、自分の奥底にある憧れや深い熱意を大胆に実行する勇気も持ち合わせた人です。
そのことで誰かを傷つけたり、周りから孤立しても、一度覚悟さえ決めれば動じることはありません。
あなたの抱く思い込みの強さに周りの人も舌を巻きますが、一貫してポリシーを変えない姿を見るうちに、それが真実ではないかと思い始めます。
そのように周りを巻き込んで、強烈にイメージを形にしていこうとする意志の持ち主です。
(己の世界を完成させる)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

山田太一さん、倉本總さん。

山田太一さんの作品って、会話や人間関係の重なりで織りなされていくものが多いな…と思って、ホロスコープを見てみました。
似たイメージとして、倉本聰さんのホロスコープも同時に見てみたいと思います。

山田さん。
2:2:4:2で風が多いですね。5:2:3で活動、次いで柔軟の順です。
太陽は双子座。天秤座木星とトライン、乙女座海王星とスクエア。
月は牡羊座。双子座火星と60度、蟹座水星とスクエア。
金星は牡牛座。天王星と合、海王星とトライン。
火星は双子座。月と60度。水瓶座土星とスクエア。オーブ7度で海王星とスクエア。
風が多い。双子座の太陽火星。月のサインやアスペクトから感情の盛り上がりや神経の細かさ。風変わりな金星(恋愛)。活動及び柔軟。全体的に海王星が効いている。水瓶座の土星。などなど。
ざっとですが、個人的な周辺で起こる様々な不可解な出来事(恋愛がらみ)と、それによる感情の起伏を描いている様子が表れているかな、と思います。
双子座の太陽と火星(月とのソフトアスがあるので、感情を言葉で表現していく)、風過多、活動&柔軟・・・・なるほど、対話中心のストーリー展開というのもうなずけます。
また、ありふれた日常のひとこまから、喜怒哀楽や人生の幸不幸が生まれるということを、よく知っている作家さんなのだと思います。

倉本さん。
1:4:2:3で地と水。6:3:1で活動と不動。
太陽水星金星は山羊座。
山羊座太陽水星は、蠍座の月木星合と60度、乙女座海王星とトライン(月木星と海王星は60度、金星とも60度)、天秤座火星とスクエア。
蠍座月木星を中心としたアスペクトは、富良野で若い人たちを集めて活動している様子が表れています。
太陽と火星がスクエア(火星は土星とセスキー、太陽は海王星とトライン)というのは、理想に燃える倉本さんと若い男の子との間で、葛藤したり揉めたりすることなどもあるのでしょう。でも、Vtが火星に乗っているので、そうした男の子たちとの関わりは、お互いにとって特別な意味があるはずです。
金星は天王星とスクエア、月木星と60度、海王星とトライン、冥王星とオポ。
富良野に集まってくる女子達は、濃くて面白いですね。
倉本さんの理想に共鳴し、より深いものを求め、ちょっと翻弄するという、倉本さんにとっては新発見することの多い関わりが生まれていることと思います。
そういえば「北の国から」の父・五郎(太陽)、息子・純(火星)、娘・ほたる(金星)の関係は、まんま倉本さんのホロスコープですね。
やはり、山羊座や土が強いし、柔軟が少ないので、現実を描く社会派的な作品で、いろいろな出来事が起こりますが、山田作品のように相手の感情や言葉で右往左往する感じではありません。五郎も純も、どこか一本気で頑固なところがあります。

山田さんと倉本さんの二人に共通しているのは、海王星のアスペクトが多いこと。
やはりお話を書く人は、海王星のアスペクトが豊富なのだということを再認識しました。
また、金星と天王星のアスペクトと、火星のハードなアスペクト。
恋愛模様等の意外なストーリー展開とか、事件が起こったり奮起したりするエネルギーとか…なるほどなるほど、どんどん引き込まれていくわけですね。
これからのおふたりの活躍、ますます楽しみです。

****

<3月7日~9日>
魚座18度『巨大なテント』
何事もやり過ぎることのないよう制限を設けて行動し、しっかりと自己管理します。
目標がある方が燃えるとも言えるので、明確な目標を立てていくようにすると、実現しやすい人です。
また状況によってコントロールするテクニックがあるので、
余計な争いごとからはうまく切り抜けることができます。
人を楽しませるエンターテイナーとしての才能にあふれています。
こわもてな雰囲気や、遊び人ぽい言動とは裏腹に、意外と礼儀正しかったり、仕事の期限はきちんと守ることが多いようです。
遊び心と実務能力を兼ね備えている人といえそうです。
あなたがイベントやお店を主宰すると、そこは誰もが安心してハメを外せ、
無礼講でふるまえる空間を作り上げることが可能です。
オーガナイザーとして卓越した活躍をすることができるでしょう。
(限定すれば、なお楽し)

<3月8日~10日>
魚座19度『弟子を指導する巨匠』
何らかの形で、自分の知識や経験してきたことを人に教える立場に立つ人です。
もともと学ぶことが好きでセンスもあるので、いつの間にか博識になってしまったあなたの周りに人が集まり、教えを請うたり、影響を受けていくことが多いでしょう。
人当たりが大変良く、威圧的な態度で教えを押しつけるようなことはまずありません。
人にものを伝えるということは、知識や知恵に限らず、その笑顔や柔らかな物腰で相手の心を和ませることも含めて、あらゆる手段を講じて行う行為と本質的に心得ているからです。
頭でっかちな知識よりも、リアルな体験を伝えるということに重きが置かれているので、
相手とともに楽しみながら、一緒に何かしようとすることが多いでしょう。
そうすることでいつの間にか自分の伝えたいことが相手に伝わり、すばらしいレッスンが実現するはずです。
(真に理解し合う)

<3月9日~11日>
魚座20度『夕食のために用意されたテーブル』
運命の流れに逆らうことなく、物事に執着せず、何が起ころうとも状況を信頼して生きる人です。
いつもゆったりと生活を楽しみ、肩の力を抜いて生きているあなたは、
周囲の人から慕われ、相談事などを持ちかけられることも多いでしょう。
相手の生まれ育ちや性別・年代にはこだわらず、常に誠実にかかわろうとし、そのための労をいといません。
わけ隔てない態度が自然にできるので、広大なネットワークを築くことができるでしょう。
あたかも世界が一つの家族のようにみなし、自分の身内に分け与えるように善意を惜しみなく与えます。
お金や時間などに執着せず、気前よく他者に手放すことができるあなたは、結果的に大きな報酬に恵まれる暗示が出ています。
何事にも無欲で見返りを期待しない姿勢を貫くことで、もっとも大きな利益を手にすることでしょう。
(すべてを手放し、すべてを手に入れる)

<3月10日~12日>
魚座21度『小さな白い羊と子供と中国人の召使い』
言葉に説明できないようなビジョンに導かれ、インスピレーションに突き動かされて行動するので、一見他人には予測できない動きをする人かもしれません。
自分がどこから来てどこへ向かうのか、自分の夢や理想を他人に具体的に説明することは苦手かもしれません。
それでもトラブルに見舞われた時には、不思議と自分自身を見守ってくれるようなガイドが、目に見えない部分で手を差し伸べてくれ、あなたもそれに素直に応じることができるようです。
そのため九死に一生を得るような体験をしたり、天啓を受けたようにスランプから脱することも多いようです。
学業やスポーツなどは、努力や練習によって何かを勝ち取るというよりも、もって生まれた天賦の才で目覚ましい活躍をすることになるでしょう。
ただ優れた才能を持つ反面、精神的にはいまいち大人になりきれないアンバランスな一面も。
ときには子供のようなわがままで、分別ある人々を混乱させますが、それでも何となく憎めない、と周囲からは受け入れられてしまいそうです。
(直感に導かれ、新しいビジョンを追い求める)

<3月11日~13日>
魚座22度『シナイから新しい法則を持ち降りてくる男』
これまで知られている知識に、異質な新しいものを組み合わせることで、
第三のまったく新しい考えを作り出す行為に興奮を覚えます。
差し迫った状況下で、混乱した環境でもインスピレーションを受け取り、その場に必要なシステムを提案することが得意でしょう。
企画や開発の仕事に目覚ましい適性を発揮します。
この度数の人は、誰もが持つ漠然とした不安に知性で立ち向かう覚悟があります。
これまで言葉で説明がつかなかった現象を、知性の光のもとに明確に解き明かしてしまうことに多くの人が驚嘆することでしょう。
自分の見つけたノウハウを利用してものを作るというよりも、それを他人にレクチャーして理解させることに心を砕きます。
親切に何かを教えたり、人の世話を焼くことが大好きで、中には自分の時間を犠牲にしてまでそうした行為に当たっている人も。
(インスピレーションを実用化できるものにつくり変える)

<3月12日~14日>
魚座23度『精神主義的な現象』
おのれに厳しく、自己管理能力のあるあなたは、心の中で思い描く理想を理想で終わらせることなく、現実の生活の上で、しっかり結実させていくことができます。
日々を惰性で過ごすことには耐えられず、緻密な計画性と行動力のもと、着実に夢を実現させていくのです。
そして、生活の隅々にまで新しい精神を浸透させ、定着させていきます。
そんなあなたは、自分に窮屈さを感じるたびに、古い自分を脱ぎ棄て、成長していくことができるでしょう。
心と身体が一致しない生き方は、嘘の人生だと考え、物質生活に精神を合わせるより、精神に合わせた実生活を新しく創造しようと考えます。
その結果、多くの人と共存できない人になってしまうかもしれませんが、いつの時代でも、それを支持する仲間は少なからずいるものです。
(胸に秘めた生き方を、具体的に実践していく)

<3月13日~15日>
魚座24度『人の住んでいる島』
人々の様々な感情が行き来する混沌とした都市より、豊かな自然に囲まれた環境を好みます。
自然界からの恵みを受け取る能力が高く、木々や鳥など、人間以外の生き物の意識をおのずと感じることができるでしょう。
ナチュラルな自分の内面をそのまま生活に反映させているため、内面と外面の間に矛盾はありません。
無駄なものをそぎ落としてシンプルに、かつ、自分に素直に生きています。
いつもマイペースでのびのびとしているあなたは、生きること自体を楽しむことができるでしょう。
自分の存在を声高に主張するより、自然や世界全体の中にうまく溶け込ませることに価値を置くので、競争社会では地味な存在です。
しかし、一個人としては、とても幸せな喜びの多い生き方ができるでしょう。
(人としての原点に戻る)

<3月14日~16日>
魚座25度『聖職の浄化』
高い精神性に恵まれた人。そうした心の気高さは、周囲に対する謙虚さや、博愛精神にあふれた行動を通して、周りの人に評価されることでしょう。
常に高い志を持ち、自分のポリシーに恥じることのないような生活態度を標榜するでしょう。
しかし中には度を越えた潔癖さゆえに、自分と社会との距離を測りかね、自らバランスを崩しているような人も。
たとえば、清貧の思想を信じるあまり、お金は汚いものと信じ込み、労働の正当な報酬すら受け取ることを拒むような人のようなものかもしれません。
清濁を合わせてこの地上で生きるとはどういうことなのかを、昔の偉人たちのエピソードに照らし合わせて考えてみると参考になるでしょう。
常に居住まいを正し、身の回りの後片付けに余念がない人もいるかもしれません。
(注意深く、身辺整理を)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

3月の毎日の流れ

3月の毎日の星の動きを、13の月の暦手帳にチマチマと記入していたところ、
週ごとのCodonのテーマと星の動きが、なんとなく相関している(と私は思う)ことに気付きました。(許されたし、意味不明)

Codon47『源泉への呼びかけ』
(日にち) (この日の星配置イメージ)
3月 1日  やや緊張
   2日  ボケしっかり
   3日  神経質、突飛、変人
   4日  暴走、葛藤
   5日  夢や自立に向けて闘志を燃やす
   6日  わがまま過ぎるけど愛らしい
Codon6『離れる人々』
3月 7日  気まま
   8日  ヤバイことやっちゃう仲間
   9日  ヤバイこと見つかる反抗期の息子。
  10日  神経ピリピリ
  11日  抑圧、身動き取れない状況
  12日  根性
  13日  自立して楽しくやりたい
Codon10『実践』
3月14日  のびのび勝手に
  15日  ちょっとやりすぎかな
  16日  思い切り賭けてみるか
  17日  あれこれ相談して考える
  18日  変革しちゃう
  19日  これに決めた
  20日  ちょっと我がままに楽しくやるよ
Codon25『共時性』  
3月21日  自由だ
  22日  出会いもあるし
  23日  思いやりも持とう
  24日  気合い入れていこう
  25日  慎重に
  26日  こだわりを持って
  27日  楽しく、でも慎重さも忘れずにGO
Codon13『組織された人々』
3月28日  夢のある暮らし
  29日  やる気もあるし情報も入ってくる
  30日  精神性も大切にするよ
  31日  頭使って思い切りやろう

ざっとこんな感じですが、意味わかるかな・・・?
3月1日~6日までの間で、何かを呼び覚ます出来事があり、
7日~13日で、今あるところから離れ、
14日~20日で、いろいろやってみて、
21日~27日で、仲間ができ、
28日~31日で、まとまって組織化される、
・・・という流れの3月のようです。
なかなか盛り上がりがありますね。

今月は、火星と海王星合、先月に引き続き土星と天王星180度、の大きなアスペクトがあるので、
夢や希望に向けた行動(怪しい行動という場合も)、世代交代や新旧交代、というテーマもある3月です。

おっ・・・今、3月11日の満月図を見てびっくりしました。
魚座太陽天王星合に乙女座月土星合がオポ。水瓶座火星海王星キローン合。牡羊座金星と水瓶座木星がスクエア。
激しいですね~。ガラッと変えるエネルギーがあります。びっくりです。
(まとまりませんが、このへんで・・・)

****

<2月28日~3月2日>
魚座10度『雲の上の飛行家』
想像力が非常に豊かで、自分で生み出した空想の世界を大切にしています。
現実の世界に、自分の感情を落とし込んでなじむのが苦手で、
別世界をいくつも生み出すことで現実とのバランスをとるところがあります。
デリケートで、外界に対して強い警戒心を抱くため、自分の本心を他人に見せることはありませんが、理解力と観察力に優れているため、そのことでトラブルが生じることは少ないでしょう。
むしろ秘密を身の内で守ってくれる人という評価が得られます。
自然の中にいるときが、もっともリラックスできるナチュラリストです。
アートや神秘の世界では生まれながらのエリートで、他人の追随を許しません。
(仮想現実の中にリアリティーを見つける)

<2月29日~3月2日>
魚座11度『光を探している男たち』
漠然とした不安に立ち向かう能力を持った人です。
未来を感じるアンテナが人よりしっかりしていて敏感なため、
現実の自分をどこかにしっかりと位置づけ、人生の目的を明らかにすることにエネルギーを注ぎます。
自分の胸の内をうまく言い表してくれる言葉や、自分をより高めてくれるような知恵を探し当てるのがうまく、勉強熱心で理解力探求力に優れています。
ファッションやインテリアなど、身近なことに関しても、デザイナーの哲学や信条を勉強することで、自分の中に取り入れていく人です。
学究的な性質が強く、究極のものを求めてあらゆる労力を使ってゆきますが、
自分の意にかなうものが見つかるまでは、果てしなく放浪する性格があるので、周囲の人が心配になることも。
しかしいつかは、これと思った生き方を見つけ出すでしょう。
(バラバラな自分をまとめるシステムを探す)

<3月1日~3日>
魚座12度『新参者たちの試験』
生まれつき精神面が成熟していて、誇り高く生きる人です。
本質的なプライバシーを守りたい本能から、自分から積極的に明るくふるまう傾向があるので、周囲はいつも賑やかです。
公私の区別をつけることに価値を見出すので、疲れた表情やグチを表に出しません。
物事には裏と表があることを本能的に知っているので、出来事や人物に対する許容範囲が広く、多面的な人格で、ミステリアスな人生を歩む人です。
組織や学校、あるいは大きな伝統に対して自分を明け渡すことには迷いが大きくなり、
ときには一度属した集団から脱落することもあり、最後まで自由な一個人としての生き方を捨てきれません。
自分の生きるポジションがどこにあるかをはっきりさせないと、
永遠に揺れ続ける人にもなるでしょう。
(己のすべてをさらけ出す)

<3月2日~4日>
魚座13度『博物館にある刀』
何らかのネットワークや組織、企業など、ある集団の中で、権力を握る代表的な立場につくことがあります。
降ってわいたように大きな権限が与えられることが多く、そのプレッシャーはとても大きいのですが、うまくこなすことで大きな充実感を得ることができるでしょう。
カリスマ的な資質が備わっており、あなたの言動一つ一つが、人々の大きな影響を与えます。
自分に力を与えているのは一体何なのか、自分は何のために働いているのかを正確に知ることで、有意義な人生を送ることができるでしょう。
ただし権限を与えられた段階で、自分の責任でないものまで負わなくてはならないので、覚悟が必要です。
(カリスマ的資質を発揮して、大役を担う)

<3月3日~5日>
魚座14度『キツネ皮をまとった女性』
あなたは勘が鋭く、人の心や思惑、その場の空気や流れ、目に見えない力関係や裏の事情などを、正確に読み取ることができます。
そのため世渡りが非常にうまく、潤滑油的な存在として重宝されるでしょう。
また、先のことを見通す能力も備わっているため、トラブルは巧妙にかわして、自分弐は火の粉がかからないようにします。
雰囲気や視線など、あらゆるものを利用し、暗示的に真意を伝えることも上手な人です。
強い力や権力というものは、人を驚かせ緊張をもたらすので、
実力を隠して穏やかにふるまうということも多く、自分をひけらかさないので、
誰からも愛されるでしょう。
(“ずるい女”で、うまく世渡り)

<3月4日~6日>
魚座15度『部下の訓練を準備している将校』
周りの意見を聞いてから自分の態度を決める傾向があり、賛成されれば積極的に自分の意見を主張し、反対されればすぐに取り下げてしまいます。
防衛心が強く、恥ということをかなり意識するため、いつも失敗のない安全な道を選択します。
しかし真意を伝えることの難しさを承知しているので、人間関係には誠意をもって対処します。
表現の工夫やタイミングなど、細部にわたって注意が向く人です。
本来人に意思を正確に伝えることは不可能だということを自覚して、真意については口を閉じたままの人も多いでしょう。
(伝えていくことの難しさを知る)

<3月5日~7日>
魚座16度『ひらめきの流れ』
繁華街のような、雑多で賑やかなところにいると、インスピレーションがどんどんわいてくるあなたは、自分のアイディアで成功したいという意思が強いでしょう。
規則や管理というものが大の苦手で、マニュアルがあり、毎日同じ時間に同じ作業を繰り返すような状況には耐えられません。
いつも新しい気分で自分を奮い立たせ、何かを創造する現場が好きなのです。
アーチスト気質の非常に高い人ですが、同時に、大衆的な、あるいはちょっと妖しいことも考えだす人でしょう。
流行ものや芸能分野の仕掛け人としては、この度数の人はもっとも有能で、大人の心と子供の心を両方とも引きつけることができるのです。
しかし、実践的なことに直接携わるよりも、アイディアを考えだしていくことにエネルギーの大半を使うようです。
(ドキドキを求め、未知への旅に出る)

<3月6日~8日>
魚座17度『復活祭の歩道』
多くの人を盛り上げ、楽しませることのできる、エンターテイナーとしての優れた才能があります。
バイタリティに溢れ、いつも周囲の人を明るい気持ちにさせるので、周りの人にとって、太陽のような存在として輝きます。
理屈ではなく、考えるより先に人を楽しませることを思いつき、
またそのことが、自分にとっても喜びとなる資質の持ち主です。
気遣いや遠慮で縛られているような伝統の世界の人々は、時に拒否反応を起こすかもしれませんが、結局は個人の小さな枠を壊してしまうような、この人の自由な活動に憧れを感じるでしょう。
ただそれが行き過ぎになってしまったときは、無秩序な喧噪を生み出してしまうので、迷惑な人だと思われるかもしれません。
しかし、比較的複雑な感性を持っているので、単純で子供っぽい人格ではありません。
(気の向くままお祭り騒ぎをして楽しむ)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »