« 3月の毎日の流れ | トップページ | 香取慎吾さん »

山田太一さん、倉本總さん。

山田太一さんの作品って、会話や人間関係の重なりで織りなされていくものが多いな…と思って、ホロスコープを見てみました。
似たイメージとして、倉本聰さんのホロスコープも同時に見てみたいと思います。

山田さん。
2:2:4:2で風が多いですね。5:2:3で活動、次いで柔軟の順です。
太陽は双子座。天秤座木星とトライン、乙女座海王星とスクエア。
月は牡羊座。双子座火星と60度、蟹座水星とスクエア。
金星は牡牛座。天王星と合、海王星とトライン。
火星は双子座。月と60度。水瓶座土星とスクエア。オーブ7度で海王星とスクエア。
風が多い。双子座の太陽火星。月のサインやアスペクトから感情の盛り上がりや神経の細かさ。風変わりな金星(恋愛)。活動及び柔軟。全体的に海王星が効いている。水瓶座の土星。などなど。
ざっとですが、個人的な周辺で起こる様々な不可解な出来事(恋愛がらみ)と、それによる感情の起伏を描いている様子が表れているかな、と思います。
双子座の太陽と火星(月とのソフトアスがあるので、感情を言葉で表現していく)、風過多、活動&柔軟・・・・なるほど、対話中心のストーリー展開というのもうなずけます。
また、ありふれた日常のひとこまから、喜怒哀楽や人生の幸不幸が生まれるということを、よく知っている作家さんなのだと思います。

倉本さん。
1:4:2:3で地と水。6:3:1で活動と不動。
太陽水星金星は山羊座。
山羊座太陽水星は、蠍座の月木星合と60度、乙女座海王星とトライン(月木星と海王星は60度、金星とも60度)、天秤座火星とスクエア。
蠍座月木星を中心としたアスペクトは、富良野で若い人たちを集めて活動している様子が表れています。
太陽と火星がスクエア(火星は土星とセスキー、太陽は海王星とトライン)というのは、理想に燃える倉本さんと若い男の子との間で、葛藤したり揉めたりすることなどもあるのでしょう。でも、Vtが火星に乗っているので、そうした男の子たちとの関わりは、お互いにとって特別な意味があるはずです。
金星は天王星とスクエア、月木星と60度、海王星とトライン、冥王星とオポ。
富良野に集まってくる女子達は、濃くて面白いですね。
倉本さんの理想に共鳴し、より深いものを求め、ちょっと翻弄するという、倉本さんにとっては新発見することの多い関わりが生まれていることと思います。
そういえば「北の国から」の父・五郎(太陽)、息子・純(火星)、娘・ほたる(金星)の関係は、まんま倉本さんのホロスコープですね。
やはり、山羊座や土が強いし、柔軟が少ないので、現実を描く社会派的な作品で、いろいろな出来事が起こりますが、山田作品のように相手の感情や言葉で右往左往する感じではありません。五郎も純も、どこか一本気で頑固なところがあります。

山田さんと倉本さんの二人に共通しているのは、海王星のアスペクトが多いこと。
やはりお話を書く人は、海王星のアスペクトが豊富なのだということを再認識しました。
また、金星と天王星のアスペクトと、火星のハードなアスペクト。
恋愛模様等の意外なストーリー展開とか、事件が起こったり奮起したりするエネルギーとか…なるほどなるほど、どんどん引き込まれていくわけですね。
これからのおふたりの活躍、ますます楽しみです。

****

<3月7日~9日>
魚座18度『巨大なテント』
何事もやり過ぎることのないよう制限を設けて行動し、しっかりと自己管理します。
目標がある方が燃えるとも言えるので、明確な目標を立てていくようにすると、実現しやすい人です。
また状況によってコントロールするテクニックがあるので、
余計な争いごとからはうまく切り抜けることができます。
人を楽しませるエンターテイナーとしての才能にあふれています。
こわもてな雰囲気や、遊び人ぽい言動とは裏腹に、意外と礼儀正しかったり、仕事の期限はきちんと守ることが多いようです。
遊び心と実務能力を兼ね備えている人といえそうです。
あなたがイベントやお店を主宰すると、そこは誰もが安心してハメを外せ、
無礼講でふるまえる空間を作り上げることが可能です。
オーガナイザーとして卓越した活躍をすることができるでしょう。
(限定すれば、なお楽し)

<3月8日~10日>
魚座19度『弟子を指導する巨匠』
何らかの形で、自分の知識や経験してきたことを人に教える立場に立つ人です。
もともと学ぶことが好きでセンスもあるので、いつの間にか博識になってしまったあなたの周りに人が集まり、教えを請うたり、影響を受けていくことが多いでしょう。
人当たりが大変良く、威圧的な態度で教えを押しつけるようなことはまずありません。
人にものを伝えるということは、知識や知恵に限らず、その笑顔や柔らかな物腰で相手の心を和ませることも含めて、あらゆる手段を講じて行う行為と本質的に心得ているからです。
頭でっかちな知識よりも、リアルな体験を伝えるということに重きが置かれているので、
相手とともに楽しみながら、一緒に何かしようとすることが多いでしょう。
そうすることでいつの間にか自分の伝えたいことが相手に伝わり、すばらしいレッスンが実現するはずです。
(真に理解し合う)

<3月9日~11日>
魚座20度『夕食のために用意されたテーブル』
運命の流れに逆らうことなく、物事に執着せず、何が起ころうとも状況を信頼して生きる人です。
いつもゆったりと生活を楽しみ、肩の力を抜いて生きているあなたは、
周囲の人から慕われ、相談事などを持ちかけられることも多いでしょう。
相手の生まれ育ちや性別・年代にはこだわらず、常に誠実にかかわろうとし、そのための労をいといません。
わけ隔てない態度が自然にできるので、広大なネットワークを築くことができるでしょう。
あたかも世界が一つの家族のようにみなし、自分の身内に分け与えるように善意を惜しみなく与えます。
お金や時間などに執着せず、気前よく他者に手放すことができるあなたは、結果的に大きな報酬に恵まれる暗示が出ています。
何事にも無欲で見返りを期待しない姿勢を貫くことで、もっとも大きな利益を手にすることでしょう。
(すべてを手放し、すべてを手に入れる)

<3月10日~12日>
魚座21度『小さな白い羊と子供と中国人の召使い』
言葉に説明できないようなビジョンに導かれ、インスピレーションに突き動かされて行動するので、一見他人には予測できない動きをする人かもしれません。
自分がどこから来てどこへ向かうのか、自分の夢や理想を他人に具体的に説明することは苦手かもしれません。
それでもトラブルに見舞われた時には、不思議と自分自身を見守ってくれるようなガイドが、目に見えない部分で手を差し伸べてくれ、あなたもそれに素直に応じることができるようです。
そのため九死に一生を得るような体験をしたり、天啓を受けたようにスランプから脱することも多いようです。
学業やスポーツなどは、努力や練習によって何かを勝ち取るというよりも、もって生まれた天賦の才で目覚ましい活躍をすることになるでしょう。
ただ優れた才能を持つ反面、精神的にはいまいち大人になりきれないアンバランスな一面も。
ときには子供のようなわがままで、分別ある人々を混乱させますが、それでも何となく憎めない、と周囲からは受け入れられてしまいそうです。
(直感に導かれ、新しいビジョンを追い求める)

<3月11日~13日>
魚座22度『シナイから新しい法則を持ち降りてくる男』
これまで知られている知識に、異質な新しいものを組み合わせることで、
第三のまったく新しい考えを作り出す行為に興奮を覚えます。
差し迫った状況下で、混乱した環境でもインスピレーションを受け取り、その場に必要なシステムを提案することが得意でしょう。
企画や開発の仕事に目覚ましい適性を発揮します。
この度数の人は、誰もが持つ漠然とした不安に知性で立ち向かう覚悟があります。
これまで言葉で説明がつかなかった現象を、知性の光のもとに明確に解き明かしてしまうことに多くの人が驚嘆することでしょう。
自分の見つけたノウハウを利用してものを作るというよりも、それを他人にレクチャーして理解させることに心を砕きます。
親切に何かを教えたり、人の世話を焼くことが大好きで、中には自分の時間を犠牲にしてまでそうした行為に当たっている人も。
(インスピレーションを実用化できるものにつくり変える)

<3月12日~14日>
魚座23度『精神主義的な現象』
おのれに厳しく、自己管理能力のあるあなたは、心の中で思い描く理想を理想で終わらせることなく、現実の生活の上で、しっかり結実させていくことができます。
日々を惰性で過ごすことには耐えられず、緻密な計画性と行動力のもと、着実に夢を実現させていくのです。
そして、生活の隅々にまで新しい精神を浸透させ、定着させていきます。
そんなあなたは、自分に窮屈さを感じるたびに、古い自分を脱ぎ棄て、成長していくことができるでしょう。
心と身体が一致しない生き方は、嘘の人生だと考え、物質生活に精神を合わせるより、精神に合わせた実生活を新しく創造しようと考えます。
その結果、多くの人と共存できない人になってしまうかもしれませんが、いつの時代でも、それを支持する仲間は少なからずいるものです。
(胸に秘めた生き方を、具体的に実践していく)

<3月13日~15日>
魚座24度『人の住んでいる島』
人々の様々な感情が行き来する混沌とした都市より、豊かな自然に囲まれた環境を好みます。
自然界からの恵みを受け取る能力が高く、木々や鳥など、人間以外の生き物の意識をおのずと感じることができるでしょう。
ナチュラルな自分の内面をそのまま生活に反映させているため、内面と外面の間に矛盾はありません。
無駄なものをそぎ落としてシンプルに、かつ、自分に素直に生きています。
いつもマイペースでのびのびとしているあなたは、生きること自体を楽しむことができるでしょう。
自分の存在を声高に主張するより、自然や世界全体の中にうまく溶け込ませることに価値を置くので、競争社会では地味な存在です。
しかし、一個人としては、とても幸せな喜びの多い生き方ができるでしょう。
(人としての原点に戻る)

<3月14日~16日>
魚座25度『聖職の浄化』
高い精神性に恵まれた人。そうした心の気高さは、周囲に対する謙虚さや、博愛精神にあふれた行動を通して、周りの人に評価されることでしょう。
常に高い志を持ち、自分のポリシーに恥じることのないような生活態度を標榜するでしょう。
しかし中には度を越えた潔癖さゆえに、自分と社会との距離を測りかね、自らバランスを崩しているような人も。
たとえば、清貧の思想を信じるあまり、お金は汚いものと信じ込み、労働の正当な報酬すら受け取ることを拒むような人のようなものかもしれません。
清濁を合わせてこの地上で生きるとはどういうことなのかを、昔の偉人たちのエピソードに照らし合わせて考えてみると参考になるでしょう。
常に居住まいを正し、身の回りの後片付けに余念がない人もいるかもしれません。
(注意深く、身辺整理を)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 3月の毎日の流れ | トップページ | 香取慎吾さん »