« “もう中学生”さん | トップページ | 5代目 尾上菊之助さん »

5月の星の動き

眠い・・・・。
自分でいくつかみつくろって購入してみた『フラワーレメディー』チューリップというのを、
さっき試しに数滴飲んでみました。
ただいま、すごい眠気に襲われております眠い(睡眠)(リラックスしたんでしょうかネ)。
今さらですが、おもしろいですね。自然療法みたいなの(フラワーレメディーとかホメオパシーとかハーブとか)クローバー
いろいろ調べてみようと思います。

牡牛座さて、牡牛座に入りましたネ。
金星は4月18日に順行に戻りましたが、水星が5月7日から逆行を始めます(5月31日まで)。

がま口財布5月は、大きな星の配置では、牡牛座太陽と水瓶座木星海王星がスクエアに。
お金に関係する牡牛座太陽と、インフレを意味する木星海王星(しかも、民衆の水瓶座)のスクエア。
“お金のある人(ところ)は、みんなに分け与る必要に迫られる”という動きになりそうですね。
5月はじめに牡羊座金星は冥王星とスクエアがあるので、強引に大儲けするような意味合いもありますが、そのあとに、儲けたものをみんなに配るという感じになりますか・・・。
(恋愛面では略奪愛なんていうのもありうそうですね。火星も牡羊座です。金星と火星のオーブは、ずっとだいたい5~6度ぐらい。)
どうかこれ以上、庶民の暮らしが悪化しませんように。。。。
また、木星海王星合を“博愛主義、神秘主義”とすると、「物質よりも精神性を…」みたいな動きが出てくることも考えられそう。または、スピリチュアル能力を持つ方々(江原さんや三輪さんのような)の活躍というのも、ありそうかな・・・。

あぁ・・4月はあたふたしているうちに、あっという間にGW突入。
久々にショートヘアーにして、気分すっきりです。

晴れ太陽(牡牛座)
牡牛座実際的な感覚と不屈の活動力があります。美への愛着と肉体的な快楽を喜ぶ心を授けます。決定は遅いが一度決意が固まると、堅忍不抜の意志力を持って物事を推進して行きます。用心深くはあるが人に信用されればよく責任を果たし、途中で立場を放棄することもありません。その手腕は堅実で安定性があり、人の信頼に足るものを備えています。所有欲旺盛で物質的満足を喜び、入手したものを保持しようとする願望にも激しいものがあります。この生まれの人は欲深さのために自らの魂を深く傷つける人で、根本は純粋な魂を持った人です。

えんぴつ水星(5/2~双子座、5/7~逆行、5/15~牡牛座)
双子座双子座…機知がありなかなか騙されない利口な性格です。考えは速やかですが変わりやすい。談話に強く表現力に富み、自分の言葉や文章に自信があるタイプです。旅行を好み、活発に良く動き回る性質を持ちますが、修養を積まないと才に溺れる怖れがあります。
牡牛座牡牛座…自分の考えに固執しやすく、やや陰険さもありますが、金銭や世間のことについてはなかなか才のきく利口な性格です。言葉や行動は遅いがなめらかで、冗長になりがちです。社交や愉快なことに気持ちが傾きやすく、声楽に優れた素質を持ちます。

揺れるハート金星(牡羊座)
牡羊座衝動的に一目惚れの恋をしやすく、恋愛事件で突進しがちです。愛のためには何でもしてしまう無鉄砲さがある反面、わがままで愛する者と争う性質を持ちます。また、私欲に強く利己主義の傾向を持ちます。性情は強く熱烈ですが、自制しないと快楽の追求が激しくなりやすいでしょう。

走る人火星(牡羊座)
牡羊座行動欲が強く断定的な性格です。誇り高く自己を高く評価し、進んで挑戦相手や達成目標を求めます。激しい気性の持ち主ですが、大胆不敵で勇気もあります。戦闘的で過度に攻撃的になりやすいことが欠点ですが、よくそのファイトによって立身します。
(ルル・ラブア著「占星学」より)

****
<4月17日>
牡羊座27度『想像の中で復活された、失われた世界』
いろいろな物事に手を出して、失敗することが多いかもしれません。
しかし、度重なる失敗の中で「よく考えてみると、あの時うまくいかなかったおかげで、今の自分がある」と思い当たることもあるでしょう。
このように、考え方次第で過去の苦い思い出を自分自身の糧にできる才能を持っている人ですが、人生において本当の成功がどこのあるのかを考え始めると、基準がわからなくなり、脱力してしまうことも。
自分の人生の意味を、常に考え続けている人もいるでしょう。
ただ、自分にとって何が一番大切かと自覚できた人には、もう怖いものは何もないかもしれません。
社会的に失敗に見えることでも、自分自身にとっては次のステップへのきっかけだったり、部分的な成功だと解釈できるのです。
何度危機が訪れても、そのたびに自分を立て直すことができるでしょう。
(見方を変えることで可能性を開くこと)

<4月18日>
牡羊座28度『落胆させられた大聴衆』
周囲からの評価はあまり高くないようですが、あなた自身はそんなことなどまったく気にしていないはず。
むしろ、自分のやりたいことがきちんとできているかということのほうが、重要な問題に感じられるでしょう。
周囲の期待に添ったやり方をしていれば、それなりに評価されるとわかっているのですが、
あえてそれには乗らず、自分らしく生きることに意義を見いだせた人なのです。
ここにいたるまでに、親の期待に背いた経験がある人もいるでしょう。
周囲のイメージするあなたと自分自身がなりたいと思う姿にギャップがあり、
その落差に我慢できなくなったのが原因かもしれません。
周りの思惑に乗らず、自分の意志を貫くことは、かなり勇気のいることです。
しかし、あなたにはその勇気があり、勇敢だからこそ今の状況をつかみとれたのでしょう。自分に対する信頼感も、しっかりと持っている人です。
(勇気を出して自分の意志を貫くこと)

<4月19日>
牡羊座29度『天球の合唱隊が歌っている』
非常に繊細かつ敏感な人です。特に、自分の置かれた環境全体の雰囲気を感じ取る力に秀でているようです。
音楽好きな人も多いのですが、特定の楽器やテクニックにひかれるというのではなく、曲全体に充満する雰囲気に浸ることを好みます。
瞑想などでまわりを取りまく空気を感じることが好きな人もいるかもしれません。
また、芸術にも関心を寄せ、作品に込められた純粋な思いには敏感に反応します。
物事を判断するとき、どのような場合でも「好き・嫌い」といった言葉とは違う、全体的なトーンのようなものから考えようとする傾向があります。
しかし、世間的にわかりやすい具体的な判断基準ではないので、周囲にはあなたがなぜそれを選び、そう判断したのか、わかってもらえないことが多いはず。
自分の感じたことを説明しても理解されないので、あえて口を閉ざす人もいるようです。
(ゆったりかまえて周囲の雰囲気を感じる)

<4月20日>
牡羊座30度『アヒルの池と、それが育む子供たち』
自分の力量を知り、それに見合った動きをする人です。
等身大の自分を把握しているので、無茶な冒険をしたり、無理な課題を自分に課すことはないでしょう。
全体的にリラックスしたムードを漂わせているので、周囲の人たちからはのんびりした人と見られることが多いかもしれません。
しかし、気合いを入れるべきところでは、しっかり実力を発揮するので、いざという時に頼られることも多いでしょう。
ただ、人見知りする傾向もあり、初めての場所では萎縮してしまうかも。
いろいろな人が出入りする場所も、苦手かもしれません。
また、動物などをかわいがり、育てるのも上手です。
子供の頃、捨てられた子犬や子猫を見つけると、何はさておき拾ってきた経験も。
弱いものを放ってはおけない優しい心の持ち主です。
同様に、身内が困っている時には、必ず救いの手を差し伸べるでしょう。
(自分の居場所がわかり身の丈にあった生活へ)

<4月21日>
牡牛座1度『清らかな山の小川』
持って生まれた強い個性で、それにふさわしい宿命的な人生を生きる人です。
自分から特に働き掛けることがなくとも、ある方向へと強い力で運命が開いていくといった経験も多いでしょう。
小細工や技術を加えることもなく、裸一貫、才能だけで勝負することに向いている人です。
チャンスと才能に恵まれ、大きな影響力を持ち得る人ですが、順序立てた動きや理論的な思考は苦手かもしれません。
直感で何でも判断するのは構わないのですが、あなたの代わりに人生をプロデュースしてくれる信頼できるパートナーを確保できるとベストでしょう。
自分の資質に無自覚な場合がほとんどだからです。
あなたの潜在的な資質は好むと好まざるとにかかわらず、具体化の道へと進んでいくこととなりそうです。
(直感を信じてチャンスをつかむ時)

<4月22日>
牡牛座2度『電気的な嵐』
自分で狙ったわけではないのに、環境に大きな影響をあたえ、激しい反応を呼び起こす人です。
反応によって、あらためて自分の行為を理解するという方法で、自己認識を深めることができるでしょう。
知らないうちに人の怒りや反感を誘発してしまう経験が、あなたを委縮させてしまうかもしれません。
しかしあなたの生きざまは、他者への指標となり、人を導く力を秘めているのです。
自分の行為に気を配ることは大切ですが、萎縮したりおとなしくする必要はありません。
周囲に与え得る影響の大きさを念頭において動いていきましょう。
この生まれの人は、よどんだ空気や古臭くて硬直した環境に、活を入れることができます。
ひとたびあなたが関われば、周囲の空気に電気的な嵐が発生するのです。
単なるトラブルメーカーにならないように、常に自分の生きざまに信念を持つことです。
(後ろを振り返らず、先ヘ進もう)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« “もう中学生”さん | トップページ | 5代目 尾上菊之助さん »