« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

5月の星の動き

眠い・・・・。
自分でいくつかみつくろって購入してみた『フラワーレメディー』チューリップというのを、
さっき試しに数滴飲んでみました。
ただいま、すごい眠気に襲われております眠い(睡眠)(リラックスしたんでしょうかネ)。
今さらですが、おもしろいですね。自然療法みたいなの(フラワーレメディーとかホメオパシーとかハーブとか)クローバー
いろいろ調べてみようと思います。

牡牛座さて、牡牛座に入りましたネ。
金星は4月18日に順行に戻りましたが、水星が5月7日から逆行を始めます(5月31日まで)。

がま口財布5月は、大きな星の配置では、牡牛座太陽と水瓶座木星海王星がスクエアに。
お金に関係する牡牛座太陽と、インフレを意味する木星海王星(しかも、民衆の水瓶座)のスクエア。
“お金のある人(ところ)は、みんなに分け与る必要に迫られる”という動きになりそうですね。
5月はじめに牡羊座金星は冥王星とスクエアがあるので、強引に大儲けするような意味合いもありますが、そのあとに、儲けたものをみんなに配るという感じになりますか・・・。
(恋愛面では略奪愛なんていうのもありうそうですね。火星も牡羊座です。金星と火星のオーブは、ずっとだいたい5~6度ぐらい。)
どうかこれ以上、庶民の暮らしが悪化しませんように。。。。
また、木星海王星合を“博愛主義、神秘主義”とすると、「物質よりも精神性を…」みたいな動きが出てくることも考えられそう。または、スピリチュアル能力を持つ方々(江原さんや三輪さんのような)の活躍というのも、ありそうかな・・・。

あぁ・・4月はあたふたしているうちに、あっという間にGW突入。
久々にショートヘアーにして、気分すっきりです。

晴れ太陽(牡牛座)
牡牛座実際的な感覚と不屈の活動力があります。美への愛着と肉体的な快楽を喜ぶ心を授けます。決定は遅いが一度決意が固まると、堅忍不抜の意志力を持って物事を推進して行きます。用心深くはあるが人に信用されればよく責任を果たし、途中で立場を放棄することもありません。その手腕は堅実で安定性があり、人の信頼に足るものを備えています。所有欲旺盛で物質的満足を喜び、入手したものを保持しようとする願望にも激しいものがあります。この生まれの人は欲深さのために自らの魂を深く傷つける人で、根本は純粋な魂を持った人です。

えんぴつ水星(5/2~双子座、5/7~逆行、5/15~牡牛座)
双子座双子座…機知がありなかなか騙されない利口な性格です。考えは速やかですが変わりやすい。談話に強く表現力に富み、自分の言葉や文章に自信があるタイプです。旅行を好み、活発に良く動き回る性質を持ちますが、修養を積まないと才に溺れる怖れがあります。
牡牛座牡牛座…自分の考えに固執しやすく、やや陰険さもありますが、金銭や世間のことについてはなかなか才のきく利口な性格です。言葉や行動は遅いがなめらかで、冗長になりがちです。社交や愉快なことに気持ちが傾きやすく、声楽に優れた素質を持ちます。

揺れるハート金星(牡羊座)
牡羊座衝動的に一目惚れの恋をしやすく、恋愛事件で突進しがちです。愛のためには何でもしてしまう無鉄砲さがある反面、わがままで愛する者と争う性質を持ちます。また、私欲に強く利己主義の傾向を持ちます。性情は強く熱烈ですが、自制しないと快楽の追求が激しくなりやすいでしょう。

走る人火星(牡羊座)
牡羊座行動欲が強く断定的な性格です。誇り高く自己を高く評価し、進んで挑戦相手や達成目標を求めます。激しい気性の持ち主ですが、大胆不敵で勇気もあります。戦闘的で過度に攻撃的になりやすいことが欠点ですが、よくそのファイトによって立身します。
(ルル・ラブア著「占星学」より)

****
<4月17日>
牡羊座27度『想像の中で復活された、失われた世界』
いろいろな物事に手を出して、失敗することが多いかもしれません。
しかし、度重なる失敗の中で「よく考えてみると、あの時うまくいかなかったおかげで、今の自分がある」と思い当たることもあるでしょう。
このように、考え方次第で過去の苦い思い出を自分自身の糧にできる才能を持っている人ですが、人生において本当の成功がどこのあるのかを考え始めると、基準がわからなくなり、脱力してしまうことも。
自分の人生の意味を、常に考え続けている人もいるでしょう。
ただ、自分にとって何が一番大切かと自覚できた人には、もう怖いものは何もないかもしれません。
社会的に失敗に見えることでも、自分自身にとっては次のステップへのきっかけだったり、部分的な成功だと解釈できるのです。
何度危機が訪れても、そのたびに自分を立て直すことができるでしょう。
(見方を変えることで可能性を開くこと)

<4月18日>
牡羊座28度『落胆させられた大聴衆』
周囲からの評価はあまり高くないようですが、あなた自身はそんなことなどまったく気にしていないはず。
むしろ、自分のやりたいことがきちんとできているかということのほうが、重要な問題に感じられるでしょう。
周囲の期待に添ったやり方をしていれば、それなりに評価されるとわかっているのですが、
あえてそれには乗らず、自分らしく生きることに意義を見いだせた人なのです。
ここにいたるまでに、親の期待に背いた経験がある人もいるでしょう。
周囲のイメージするあなたと自分自身がなりたいと思う姿にギャップがあり、
その落差に我慢できなくなったのが原因かもしれません。
周りの思惑に乗らず、自分の意志を貫くことは、かなり勇気のいることです。
しかし、あなたにはその勇気があり、勇敢だからこそ今の状況をつかみとれたのでしょう。自分に対する信頼感も、しっかりと持っている人です。
(勇気を出して自分の意志を貫くこと)

<4月19日>
牡羊座29度『天球の合唱隊が歌っている』
非常に繊細かつ敏感な人です。特に、自分の置かれた環境全体の雰囲気を感じ取る力に秀でているようです。
音楽好きな人も多いのですが、特定の楽器やテクニックにひかれるというのではなく、曲全体に充満する雰囲気に浸ることを好みます。
瞑想などでまわりを取りまく空気を感じることが好きな人もいるかもしれません。
また、芸術にも関心を寄せ、作品に込められた純粋な思いには敏感に反応します。
物事を判断するとき、どのような場合でも「好き・嫌い」といった言葉とは違う、全体的なトーンのようなものから考えようとする傾向があります。
しかし、世間的にわかりやすい具体的な判断基準ではないので、周囲にはあなたがなぜそれを選び、そう判断したのか、わかってもらえないことが多いはず。
自分の感じたことを説明しても理解されないので、あえて口を閉ざす人もいるようです。
(ゆったりかまえて周囲の雰囲気を感じる)

<4月20日>
牡羊座30度『アヒルの池と、それが育む子供たち』
自分の力量を知り、それに見合った動きをする人です。
等身大の自分を把握しているので、無茶な冒険をしたり、無理な課題を自分に課すことはないでしょう。
全体的にリラックスしたムードを漂わせているので、周囲の人たちからはのんびりした人と見られることが多いかもしれません。
しかし、気合いを入れるべきところでは、しっかり実力を発揮するので、いざという時に頼られることも多いでしょう。
ただ、人見知りする傾向もあり、初めての場所では萎縮してしまうかも。
いろいろな人が出入りする場所も、苦手かもしれません。
また、動物などをかわいがり、育てるのも上手です。
子供の頃、捨てられた子犬や子猫を見つけると、何はさておき拾ってきた経験も。
弱いものを放ってはおけない優しい心の持ち主です。
同様に、身内が困っている時には、必ず救いの手を差し伸べるでしょう。
(自分の居場所がわかり身の丈にあった生活へ)

<4月21日>
牡牛座1度『清らかな山の小川』
持って生まれた強い個性で、それにふさわしい宿命的な人生を生きる人です。
自分から特に働き掛けることがなくとも、ある方向へと強い力で運命が開いていくといった経験も多いでしょう。
小細工や技術を加えることもなく、裸一貫、才能だけで勝負することに向いている人です。
チャンスと才能に恵まれ、大きな影響力を持ち得る人ですが、順序立てた動きや理論的な思考は苦手かもしれません。
直感で何でも判断するのは構わないのですが、あなたの代わりに人生をプロデュースしてくれる信頼できるパートナーを確保できるとベストでしょう。
自分の資質に無自覚な場合がほとんどだからです。
あなたの潜在的な資質は好むと好まざるとにかかわらず、具体化の道へと進んでいくこととなりそうです。
(直感を信じてチャンスをつかむ時)

<4月22日>
牡牛座2度『電気的な嵐』
自分で狙ったわけではないのに、環境に大きな影響をあたえ、激しい反応を呼び起こす人です。
反応によって、あらためて自分の行為を理解するという方法で、自己認識を深めることができるでしょう。
知らないうちに人の怒りや反感を誘発してしまう経験が、あなたを委縮させてしまうかもしれません。
しかしあなたの生きざまは、他者への指標となり、人を導く力を秘めているのです。
自分の行為に気を配ることは大切ですが、萎縮したりおとなしくする必要はありません。
周囲に与え得る影響の大きさを念頭において動いていきましょう。
この生まれの人は、よどんだ空気や古臭くて硬直した環境に、活を入れることができます。
ひとたびあなたが関われば、周囲の空気に電気的な嵐が発生するのです。
単なるトラブルメーカーにならないように、常に自分の生きざまに信念を持つことです。
(後ろを振り返らず、先ヘ進もう)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

“もう中学生”さん

“もう中学生”さん、とても気になる方ですよね。
きっと誰もが、気になって仕方がないと思います。
なんというか・・・・・そう、親心をくすぐられるというか・・・。
(母性本能というより、親心ですね。うん。)

いつもホロスコープを見る前に、おおまかな見立て(なんとなくこういう人なんじゃないかなぁと)をするのですが、
“もう中学生”さんの場合、中学生というからには、きっと水星の状態(中学生は水星期)が特徴的なのだろうと予測しました。

やっぱり・・・・。
山羊座水星はリリスと合、蠍座土星&天秤座冥王星とスクエア。
水星リリスというと、思春期でしょうか。または小学生くらいの時。土星冥王星スクエアなので、かなりショッキングな出来事があったように思います。打ち砕かれた小~中学生期(どんなことがあったのかと想像すると、なんだか胸がつまります。ひどいいじめにあったりしていないといいのですが・・・。)
そして水星を中心に、魚座金星火星がSe、射手座木星天王星がSe。
Se(セプタイル)というと、働きかけが続くが終点がないという7(ハーモ7、果てしなく続く夢の追求)の性質を持ち、避けられない宿命をあらわしたり、いったんはじまると追及はエンドレスになったりする意味合い。
傷ついた水星期を、魚座金星火星で夢を見たり、射手座木星天王星を追いかけたりしているよう。
魚座金星火星というと、おとぎ話の世界ですよね。シンデレラとかそういうロマンチックな恋愛観。“もう中学生”さんが穢れないイメージなのは、このあたりにありそうですね。思春期は壊されてがっちり蓋をされていますので(おそらくリリス系のことは意識にも上らないくらい抑圧されている)、こうした穢れなき中学生さんが完成されています。おとぎ話の世界を追いかけずにはいられないという状況。
そして、同じくSeアスペクトのある射手座木星天王星。このサビアンは、射手座9度「階段で子供達を連れている母親」。母親が子供たちを先に導いていく意味合い。パネルシアターで「ためになったね~」と道徳を教える様子に表れています。追及はエンドレス。きっと生涯、おもしろく解りやすく夢のある方法で道徳を教えることを、仕事にされていくと思います。

魚座の月は、この「お母さんが子どもに教えている射手座木星天王星」とスクエア、蠍座土星とトラインですので、基本とても真面目、そしてびっくりするようなおもしろい方法で教えてくれます。それが、ダンボールに描いた絵で芸をする方法に行きついたのですね。なるほど納得です。

水瓶座太陽は、サビアンでは人間として最も理性的で完成されている25度『右の羽がより完全に形成されている蝶』。それが天秤座冥王星とトライン。この冥王星のサビアンは、天秤座30度『哲学者の頭にある3つのこぶ』。そして射手座海王星と60度。
哲学的な知性に裏付けされた完璧に理性的な人間としての太陽ですね。
う~ん、立派な太陽をお持ちです。大物になること間違いなし。(知識を教える「ためになったね~」は、こういうところからも発せられているのですね。)
そして、3重円では、この太陽の上にプログレスの月&トランジットの海王星キローンが合、さらに、もうすぐ木星が乗ってきます。
もう・・ものすごいことになっていますね。現在26歳で太陽期に入っていますし、
これから、ぐんぐん頭角を現してくると思います。
注目株の“もう中学生”さん。とても楽しみです!

追記。そういえば、土星冥王星でがっちり抑えられている水星リリスは、解除されることがあるのでしょうか。解除キーがあるとしたら、やっぱり冥王星でしょうね。
水星リリス(N)と冥王星(T)が60度になったのは、“もう中学生”さんが12歳のとき。まさに中学生の時ですね。このとき、さらに天王星(T)が水星(N)に合になっています。少し修正できるようなことがあったのでしょうか・・・?じっくりお話を聞いてみたいところです。
これから来るとしたら、冥王星(T)が水星リリス(N)と重なる41歳のとき。
合ですのでね。同時に冥王星土星(N)ともスクエアになりますしね。どうでしょう。
わたしの希望としては、蓋が大きく外れた後に、美しい男女交際のあり方などを、いつものダンボールシアターで「ためになったね~」と教えてくれたらいいナ・・と思います。

****

<4月8日>
牡羊座18度『空のハンモック』
自分自身の身体や精神の状態を、敏感に察知できる人です。
気疲れしたり、消耗しすぎている時などは無理せず、ペースを落として対処することができるでしょう。
体調が悪かったり、精神的に低迷している時は、単調な仕事をこなすことだけにとどめ、規則正しい生活を続けて、気力や体力を回復させるようです。
自分なりのリハビリ方法を知っている人も多いでしょう。
あまり積極的ではなく、強い主張をすることはなさそうですが、基本的には打たれづよく、よほどのことがない限り完全にダウンすることはないはずです。
また、あまり好きではない職場や本気になる必要のない場面などでは適度に力を抜き、体力を温存します。
その力を自分の好きな事柄や興味のある事柄に注ぐことも。
また、地味で淡々としたゲームやスポーツなどに、ひそかな楽しさを覚えることも多いようです。
(単調な毎日の中ゆっくりリハビリを)

<4月9日>
牡羊座19度『魔法の絨毯』
話に大げさな尾ひれをつけたり、多少の脚色を加えることがあるようです。
しかしそれは好ましくない癖などではなく、気分を盛り上げたり、テンションを上げるためにやっているのかもしれません。
自分が落ち込んでいる時はもちろん、周囲の雰囲気が沈んでいるときなど、場を盛り上げようと懸命になることもあるでしょう。
特に、自分のテンションが落ちてきたかな、と感じたときほど、ことさら饒舌になりそうです。
時折できそうもない課題や実現が難しいようなアイディアなどを「できる」と言い切ってしまうような、大風呂敷を広げる傾向も。
できなければただのウソつきですが、実現させれば素晴らしい実力の持ち主として称賛を浴びるはず。
自分を燃え上がらせるために壮大なビジョンを夢想するということを、本能的に分かっているのかもしれません。
罪のない想像で元気になれるので、子供向けの童話を読めば、力がわいてくる人もいそうです。
(景気の良い行動でテンションを上げる)

<4月10日>
牡羊座20度『冬に鳥に餌をやる少女』
保護育成する能力のある人です。この力が自分に向けられると、長期的な目標に対して、じっくりと取り組む力となります。
この目標に気持ちの全てが傾けられるので、日常生活も静かで無駄のない暮らし方を好むかもしれません。
また、他人にこの力が向けられた場合、非常に優秀な指導者になるでしょう。
相手の尻を叩いてせっつくのではなく、少しずつ働きかけながら、時間をかけて育てていくのです。
傷ついたり落ち込んだ人を見ると何かせずにはいられず、救いの手を差し伸べようとします。
特に、昔自分が体験してきた苦しみと同じような状況に陥ってしまった人に対して、非常に理解をしめし、アドバイスしたり、元気になれるよう声をかけ続けたりすることもあるようです。
社会に貢献するために、ボランティアやリハビリテーションにかかわる仕事をする人もいるでしょう。
(目的に向かって辛抱強く取り組む)

<4月11日>
牡羊座21度『リングにあがる拳闘士』
自立心があり、どんなことでも自力で乗り越えていく力のある人です。
弱点を自分で克服しようとする意志があり、そのほとんどはクリアできるはず。
自信家と言われることもありますが、自信がないあなたを支え、パワーを与えている一面もあるでしょう。
また、自分の意思に従い、外に向かって戦いを挑む時。
多少の困難は予測しているので、失敗して落ち込むことはあまりないようです。
基本的に打たれ強い性格と言えるでしょう。
チームを組んで活動するより独立遊撃隊的なスタンスを好み、その方がよりいっそう実力が出ると思っているはず。
しかしあなたの戦いぶりを見守る観客やセコンドのような応援者の存在は大歓迎しそう。
特に、多くの人の注目を集めた中で、自分の能力や才能を見せつけることに喜びを感じるはずです。
また、ルールに従って堂々と勝つことを目指します。
(戦いのとき、力を出し切って)

<4月12日>
牡羊座22度『欲望の庭に続く門』
こだわりがなく、どんなことでも受け入れられる人です。
また、苦労することなく、望みのものをうまく手にすることができる才能があるでしょう。
多少のディテールのちがいに目をつぶって、拒絶さえしなければ、願っていた地位や欲しいものは手に入るのだと知っているのかもしれません。
また、他人の気持ちを親身に受け止め、丁寧に話を聞いてあげることもありそう。
しかし、いつの間にか相手の望みが刷り込まれ、あなた自身も同じようなことを願うようになる場合も。
結果的に、本当は欲しくもないブランド品を買ってしまったり、たいして思い入れもない仕事に就く可能性もあります。
知らないうちに欲望が膨らむので、だいそれた願望を胸に秘めている人もいるでしょう。
(混乱もありますが、徹底的に受け身でいて)

<4月13日>
牡羊座23度『重く価値があるがベールに隠された荷を運ぶ、パステルカラーの服をきた女』
他者と戦う力、他者を受け入れる力の両方を持ち合わせ、それらをうまく使い分けることができる人です。
周囲の状況を受け止めたり、自力で切り開いたりしながら、自分で望んだ未来に向かって着実に進んでいきそう。
また、どんなことでも、やると決めると即座に状況的変化が訪れるようです。
小さな変化を繰り返しながら、長い時間の経過の中で、初めは考えられなかったような大変化を体験することもあるでしょう。
押したり引いたりという駆け引きがうまいので、恋愛関係なども活発な傾向が。
地道に作戦を練って、目当ての相手を時間をかけて落とすのが得意でしょう。
また、生命の不思議さや大切さを知っていて、動物や植物をいつくしみ、育てていくことにも適性があるようです。
(押したり引いたりして変革を進めて)

<4月14日>
牡羊座24度『風が吹き、豊穣の角コーヌコピアノ形になる、開いている窓とネットのカーテン』
行き過ぎた行動や、他人に理解できない言動が原因で、周囲の人が引いていったり、人の輪から外れてしまうことが多いようです。
しかしそれはふつうなかなかできないような経験をしてしまったことが原因である場合も。
事故で生死の境をさまよったり、目の前で起きたショッキングな事件を目撃してしまったという人もいるかも知れません。
また、目に見えないものを見たり神秘的な経験をしたおかげで、今までの世界観や考え方が根底から変わってしまった、というようなケースもあるでしょう。
はっきりとした意識のない幼いころに、このような経験をすることはありうるので、記憶に残っているとは限りません。
一度、違う世界を目の当たりにしてしまうと、常識というもの自体、あなたの中で崩れてしまいます。
そのためはたから見ると、あなた自身も一般的な常識からはみ出しているように見えるようです。
(はみ出しを気にせず、直感を優先して)

<4月15日>
牡羊座25日『二重の約束』
自分の欲求と現実の問題のバランスをうまくとろうとする人です。
しかし、実生活の中で自分の心を完全に満たすことは難しく、なかなかできることではありません。
そこで、社会に従って周りの要求を聞き入れながら普通の暮らしをしていく部分と、純粋に自分の夢を追い求める部分とを分け、スイッチを切り替えながら両立させていきます。
お金のために仕事と本当にやりたい活動を同時にこなすので、結果的に二つの職業を持ち、二枚の名刺を持ちあるく人も。
妥協的な解決策ですが、精神的な満足と衣食住や金銭的な充実のどちらが欠けても、生きていくことができないと感じているからでしょう。
体力的には相当厳しい部分もありますが、精神的に満ち足りているので、よっぽどのことがない限り倒れることはないはず。
忙しい方が張りがあって、元気に過ごせるでしょう。
(二重生活で、夢も安定も両方どり)

<4月16日>
牡羊座26日『持ちきれないほどの贈り物を所有する男』
実に器用で、才能あふれる人です。
仕事の飲み込みも早く、トントン拍子に昇進していくこともありそう。
また、趣味や習い事など何をやっても上手にでき、それほど長い時間修練しなくても、講師のレベルまでたどり着くのは簡単でしょう。経験したことがないものに飛びつく傾向がありますが、それでも結構うまくこなせるので、不可能なことはほとんどないように感じているかもしれません。
しかし逆に、どれか一つに集中し、人生を賭けることはできないようです。
どれもこれも興味深くおもしろそうなので、ひとつ選択して、残りを捨てることはできないはず。
そうやっていろいろ抱え込むうちに、時間と体力の許容量を超えてしまうでしょう。
また、いくつものことを同時に行うので、重要なことを忘れる危険も。
人生の目標を見落とさない程度の節度を自制心は必要です。
(可能性は豊か、ただし収拾は難しそう)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

獅子座金星の 『mihimaru GT』

先日、車をぶつけられてしまい、修理のために代車を借りているのですが、
カーオーディオに『mihimaru GT』という、私にとっては物珍しいユニットのアルバムが録音されていていたので、興味津々で聴いてみました。
・・・・か・・かわゆいですね。あの声。
まるで“ベティーちゃん”のような(古いか・・)、あるいは“ネコ科の動物”のような声と歌い方で、ぐぐっと惹き込まれました。
ノリノリのポップな曲調+ヒップホップみたいな感じも混じっていて、楽しいです。
いったい、どんな人たちなのだろうと思って、ホロスコープを見てみました。

猫主に歌っている女性のhirokoさんは、太陽が獅子座1度。月がおそらく双子座のはじめの方(正午で出して5度)。
太陽は冥王星とスクエア、月は天王星とオポ。
なかなか元気なお嬢さんですね。
ネコ科の動物のなかでも“子トラちゃん”というイメージ。
はじめの方の度数なので、明るく勢いがありますし、ヒップでポップというのも納得です。
金星は獅子座(土星とスクエア、天王星とトライン、海王星とセスキー)、火星は蠍座ノーアス。
元気でおもしろい歌がたくさんできそうですね。
自分をしっかり持っている個性の強い男性と、明るくユニークだけど実はちょっと奥手で甘え下手なところのある女性との恋愛模様が、多く描かれているのではないかな・・?

犬相方の男性のmiyakeさんは、太陽が天秤座(ノーアス)、月は獅子座(冥王星スクエア、天王星火星トライン、海王星150度)。
なるほどなるほど、オシャレな感じはmiyakeさんの色づけのようです。
太陽が天秤座ノーアスに対し、月が強いアスペクトを持つ獅子座なのは、このユニットの特徴をよく表していると思います。
hirokoさんは強いアスペクトをもつ獅子座系の女性なので、miyakeさんの月と一致。
強い獅子座というと派手に盛り上がりすぎる傾向がありますが(miyakeさんの金星も獅子座なので、ほんとうに獅子座が強調されているユニット)、miyakeさんの天秤座太陽が、客観性を持ってほどよくまとめる役割をされていると思います。
で、太陽ノーアスなので、主張しすぎることなく主役はhirokoさんにゆずり、また、時に強烈なhirokoさんの太陽を引き受けて自分を締めたりしているのではないかしら。
miyakeさんの金星は獅子座(冥王星と60度、乙女座水星と60度、蠍座火星天王星と90度)。火星は蠍座(天王星と合、月とトライン、木星と60度、土星とSe)。
バリエーションに富みエネルギッシュな金星火星ですね。おもしろい音楽がたくさん作られていくのがわかります。

るんるん相性は、二人とも金星は獅子座、火星は蠍座なんですね。太陽は天秤座&獅子座、月は獅子座&双子座。う~ん、合いそうですね~。明るくノリノリで、バリエーションに富んでいてエネルギッシュなお二人です。
しかし合成図を見てみると、ちょっとおとなしい感じになりますか。
太陽は乙女座(天王星とスクエア)、月が双子座か蟹座(海王星とオポ、水星とスクエア)。
出生図だと、感覚やノリで音楽を作る感じですが、二人が合わさることによって、もっと常識的で人々に受け入れられるようなユニットになり、音楽も緻密に作り込んでいく天才的要素をプラスしている感じだと思います。月のアスペクトでは、ぐっとナイーブさが増し、周囲の様子や流行などにもアンテナを張り巡らせていくような敏感な感じになりますね。二人が一緒になることで、お互いに出生図にはない面をひっぱりだ出して補っているようです。
逆に、ふたりの出生図、合成図ともに変わらず華やかなのが獅子座の金星(土星冥王星60度、火星木星スクエア、海王星トライン)。
とにかくこの方たちの獅子座金星の威力はすばらしいですね。
華やかな恋愛力だけでなく、エンターティナーとしても有望です。
(ジャズの「イン・ザ・ムード」を曲の中に取り入れたりして、実におもしろい)
これからもずっと、20歳前後の人達に好まれる、華やかでノリの良い音楽と恋愛の歌をたくさん作っていかれると良いと思います。
恋愛力や輝く活力をアップさせたい方、華やかな獅子座金星の『mihimaru GT』をどうぞexclamation

****

<4月2日>
牡羊座13度『成功しなかった爆弾の爆破』
思いついたことを、すぐさま実行できる人です。
頭の回転が速く、フットワークも良いのですが、次の展開を早く見たいと思う気持ちから、急いで事態を変えようとしてしまいます。
その性急さのせいで、順調に進んでいる物事でも、機が熟す前にごり押ししてしまい、思い通りに状況が運ばないこともしばしばありそう。
なかなか良い結果を得られなかったり、成果を上げられないことも多いでしょう。
また、うまくいかない腹いせに、周囲の人に当たり散らしたり、イライラした雰囲気をまとって周囲から警戒されることも、一度や二度ではないはず。
基本的に短気な性分ですが、気持ちの切り替えも早く、失敗してもあまり深く落ち込まないで、新たなトライアルに挑んでいく強さを持っています。
負けを重ねることで経験値も上がるので、時とともに慎重に物事が進められるようになるでしょう。
(先を急がず物事を進めるように)

<4月3・4日>
牡羊座14度『男女のそばでとぐろを巻く蛇』
自分から率先して物事を進めたり、何かに飛び込んでいくということがあまりない人かもしれません。
初めから「何をやっても無駄」と、倦怠感を漂わせていることもありそう。
これは、あなた自身の能力の問題ではなく、何をやっても足を引っ張られると思っていることが原因かも。
人間関係のしがらみや制限を常に感じ、自分の思い通りにうまく進むわけがないと心の底で決めつけている傾向もあるようです。
何かに、もしくは誰かに縛りつけられていると、いつも不満を抱えている状態かも。
しかしほんとうのところは自分の意志のすべてを通そうと意固地になっていて、自由にさせてくれないものを妨害者のように感じているだけなのかもしれません。
冷静になって自分自身のやり方を振り返り、周囲との関係をもう少しじっくり見てみましょう。
(縛っているものをよく見て、理解して)

<4月5日>
牡羊座15度『毛布を編むインディアン』
少しずつ、しかし着実に物事を進めていける人です。
仕事などでも長期的スパンで進行を考え、無理なく地道に進めていくので、
歩みは遅くとも、非常に効率的なやり方を選択できる力があるといえるでしょう。
また、周囲の人たちとの間に何かトラブルが発生しても、根気強く相手を説得したり、手間を惜しまず解決しようと努力するので、人間関係は全般的に良好のようです。
派手なアクションを起こしたり、強く自己主張することはあまり好まず、万事控え目であろうとするでしょう。
しかし、その謙虚さが裏目に出て「積極性がない」と評価されることも。
また、場合によっては取るに足らない人として軽く扱われたり、侮られたりすることもありそうです。
しかし、その心の中に、人間として必要な豊かさを備え、人として何が大切かを自覚しているはず。
自分のペースを大事にしてください。
(地道にコツコツやり続けること)

<4月6日>
牡羊座16度『日の入りに踊っている妖精ブラウニー』
おおらかに物事を受け入れ、いつも自然体で過ごしている人のようです。
あまりキリキリと神経質にならず、自分に鞭打ってまで物事に打ち込んだり、頑張ったりする必要はないと考えているのでしょう。
ですから、仕事や勉強などを人生の主流に持ってくることはせず、遊びや課外活動に力を入れることが多いはず。
アフター5になると、がぜん元気がわいてくる人もいそうです。
また、自分に合わない仕事をあっさり辞めたり、アルバイトでお金を稼ぎながら好きなことをメインに暮らす人もいるでしょう。
周囲の要求に合わせて自分自身を無理やり変えたり、上下関係に支配されることを好みません。
しかし、そのせいで「根性がない」とか「協調性がない」などと非難されてしまうことも。
そんな声には耳を貸さず、休んだり、力を抜くことに価値を見いだせる自分を大切にしましょう。
(肩の力を抜いてゆとりある生活を)

<4月7日>
牡羊座17度『ふたりのしかめ面した独身女性』
比較的シニカルなものの見方をする人のようです。
周りで流行っていることなどくだらないと思い、背を向けがちかもしれません。
特にはしゃいでいる人を見かけると、余計に気持ちが覚めていき、周囲の雰囲気を壊すことも。
しかし、内省的なので、何か失敗しても自分の中で十分に反省し、悪いところを分析したうえで次につなげるよう努力することは怠らないでしょう。
心の中の微細な部分までじっくりと検証していく傾向から、人間心理の表と裏に通じてくる人が多くなり、それが特技となるでしょう。
特に女性の感情に詳しくなり、表向きの理屈では通じないような矛盾した面まで十分に理解します。
(自分の内面に目を向けましょう)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

HY『366日』 仲曽根泉さん

ハート『赤い糸』という、ケイタイ小説を映画(ドラマ)化した作品の主題歌を歌う、HYの仲宗根泉さん(作詞作曲も)。
『366日』という歌の歌詞は、
“それでもいいと思える恋”とか“恐いほど覚えている、あなたの匂いや仕草すべて…”など、印象に残るフレーズがたくさんあります。
そして“別れているのにあなたのことばかり(想っている)”という最後の部分は、魂を込めて歌い上げられている感じで、鳥肌が立ちます。
そんな仲宗根さんは、どんなホロスコープの持主なのかなと思って、見てみました。

蠍座太陽は蠍座で水星土星と合(オーブ9度で冥王星とも合)。
やはり、蠍座の方でしたか。
このような濃い歌を作り歌われるのは、きっと蠍座か冥王星色の強い方ではないかとは思っていましたが、太陽の方にこれが来ていたのですね。
冥王星はぎりぎり29.8度天秤座でオーブが広めなので、それほど究極の非常事態とまではいかないまでも、蠍座太陽土星合ですので、それに近い緊迫感と重圧をお持ちの人生傾向ではないかと思います。
「それでもいいと思える恋」というのは、蠍座の親族血縁関係という意味合いに当てはめると、映画(ドラマ)の内容とシンクロしますね。
「それでもいい」というのは、本人たちだけの事情を指すのでははなく、家族関係などのもっと複雑な環境や背景や人生傾向のことを示していると思います。

乙女座金星と火星と月は乙女座で合、リリスと180度、木星と90度。
華やかですね~。熱い恋愛(金星火星)をしているのが自然(月)な方なのですね。
チャンスもいっぱい(木星)ありますし、盛り上がりのある楽しい恋です。
しかも、純愛ですね。これは。(乙女座&リリスとオポなので)
高校生たちが主人公の恋愛映画(ドラマ)の主題歌として、大ヒットするのもうなずけます。
しかし、この部分(金星火星月)だけをみると、切ない恋の要素はあまりありません。
でも、マイナーアスペクトを調べると、
この太陽土星水星を中心に金星火星月がセプタイル。そして海王星ともセプタイルで、複雑な人生傾向に絡んで恋愛にも宿命的要素が加わっていくというふうに読み取れます(まさに「赤い糸」ですね)。

時計3重円を見てみると、金星火星月に対して、ここ1年ぐらい天王星がオポ、ここ数カ月くらい土星が合で刺激しています。恋愛方面は事件や失恋なとの要素が色濃く出ていますので、さまざまな出来事をきっかけにした切なく苦しい恋の歌などの作品が、今まさにたくさん作られていそうな感じですね。
もともと木星とのアスペクトで、明るく華やかな恋の歌の人なのですが(また恋愛の歌作りを求められる人)、こうしてトランジットの刺激が加わることによって、恋の要素が上書きされていきます。
5年ぐらい前には、冥王星がスクエアだったので、純愛の殻を破って、お互いを奪い合うような激しい恋の歌を作られたりしたのでは。
この「赤い糸」の主題歌『366日』も、この冥王星で変化したのを土台に、天王星や土星の要素(変化、悲恋など)を加えて、あのような歌に仕上がったのだと思います。
あと10年後くらいには、海王星がオポになるので、儚い恋の歌や幻想的なイメージの歌の要素が加わりそうですね。
年齢を追うごとに深みを増して進化する恋を歌われる、仲宗根さんです。
これからがとても楽しみです。

クローバーそれにしても、いよいよ4月です。
4月の予定を確認していて気付いたのですが、あたふたしているうちにG・Wになってしまいますね。4月はほんと短い。

がま口財布最近、あちこちのスーパーが家計応援価格でうれしい限りです。
もう100円や98円では高いという印象がありますね。
57円、77円、97円という値札を見て、スーパーは頑張っているなぁと、つくづく思います。個人的にはとてもありがたいです。

水瓶座少し前から、民衆を意味する水瓶座に木星海王星合というアスペクトが出来ています。
このアスペクトはインフレやデフレなどの通貨危機を意味しますが、民衆を意味する水瓶座で起こっているので、スーパーや電化製品やハイブリッドカーの値下げなどとして表れているのかなと思います。
また、理想社会へ向けた市民運動とか、博愛人道主義、精神性などがクローズアップされてくる時期でもありますが、“エコ”への関心がさらに高まっている(今日の朝日新聞の一面は風力発電について)のも、その理由かなと思います。太陽光発電も推進されているこのごろですしね。

****

<3月24日>
牡羊座4度『隔離された歩道を歩くふたりの恋人』
人目につかないところで、自分の好きなものや興味のあるものに没頭することで、大きな喜びを得るようです。
それは趣味やゲームや運動、また特定の人物や品物かもしれません。
なにかひとつのことに自分の心を集中させ、それを通してあなたの人生の方向性も徐々に定めていくことになるでしょう。
絵画や文学など創作活動に熱中したり、また歴史上の人物について一人でこつこつと研究する人もいるでしょう。
しかしその成果を発表したり、公の目に触れさせることはありません。
このように他人の目を避けるのは、ある種の防衛心かもしれません。
もちろん邪魔をされたり干渉されるのを防いだりするためでしょうが、アドバイスや単純な感想を述べられることすら嫌がる傾向が。
自分の情熱や意欲に水をさされるような気がするからでしょう。
(誰にも内緒で一点集中を)

<3月25日>
牡羊座5度『羽のある三角』
何かを考えたり理解しようとするときに、ひらめきの中から瞬時に答えを手に入れることができる人です。
自分の経験や証拠を積み重ねたり、他の人から意見を聞いたりすることもなく、物事の本質を一瞬にして理解できることも多いでしょう。
また、一般常識や社会通念は勿論、過去の体験などをあまり重視しないので、先入観にとらわれたり、疑いの目で見ることはないようです。
そのせいか、普通に考えたらありえないような超自然的な事柄などに対しても、ありのままに受け止め、素直に関心を抱く人も多いかも。
また、抽象的な概念を理解する力も十分にあるので、哲学や精神世界などに目を向けてみてもよいでしょう。
しかし、あなたが自身が理解したものやその過程などを表現するのは苦手で、それを人に伝えなければならないとき、ちょうど良い言葉を選ぶ困難さを感じることがあるかもしれません。
(直感を信じて行動すること)

<3月26日>
牡羊座6度『一辺が明るく照らされた□』
純粋な集中力があり、自分の気になることに関しては徹底したこだわりを見せる人です。
ある意味頑固と言ってよいかもしれません。
自分の気に入った考え方やインパクトを感じた思想などに対しては、かなり肩入れする傾向があり、鎧のようにがっちりとそれを着込み、理論武装して力強く邁進する人もいるでしょう。
自分の思い入れの強い部分に関しては、かなり押し出しが強く、人の意見に耳を傾けることを一切しない場合も多いようです。
性格的に偏っていると言えるかもしれません。
しかし、このような思い入れや偏った考え方を捨て、周りの人たちに迎合したり、妥協して生きていくことなど、あなたにとって本意ではないでしょう。
周囲との摩擦やトラブルなどが頻繁に起こっても、心の底から満足できるまで、自分の思う通りの道にとことんのめり込んでみる方が、実りも大きいようです。
(縛られた状況の中でも多くを学んで)

<3月27日>
牡羊座7度『二つの領域でうまく自己表現している男』
善と悪や敵味方など、ふたつの物事が対立するという単純な世界観で、人生や生活全体を見定めることが多いようです。
一見、幼稚で単純な考え方をしているように見えますし、周囲からそれを指摘されることもあるでしょう。
戦う相手や物事を見定めることにより、意欲ややる気がみなぎるのも事実。
人生全般を生き生きと輝かせることを知っているので、その方法を意識的に取り入れている人も多いでしょう。
実際にライバルが登場したり、不利な立場に立たされたりする方が、かえって元気がわいてくるはず。
また刺激を求めて、自ら逆行に飛び込んでいくことも。
淡々と平坦な人生コースを歩むことは、不本意とすら思っているかもしれません。
また、日々の生活の中にも強弱をつける傾向があり、全力で働いた後は全く何もしない…など、メリハリをつけようとするでしょう。
(パワフルにメリハリのある毎日を)

<3月28日>
牡羊座8度『風にたなびくリボンのついた大きな帽子、東に向いている』
じっと静かに観察することで、物事の本質的な部分を見抜いて行こうとする人です。
書物や口コミなどから情報を引き出すより、実際にその場に行って現状を見る方がもっともよく理解できると感じているはず。
その一方で、目に見えない気配や予感、夢の暗示なども、良い判断材料になるようです。
またトラブルに巻き込まれたときも、客観的に物事を見通したいと思う気持ちから、一歩引いた立場をとることが多いでしょう。
極端なこだわりや自己主張を持つことはなく、周りで何が起こっているか真摯に受け止めようという姿勢を持つ人です。また、流れる風を感じるように、周りの人々の話に静かに耳を傾けます。
常にこのような態度で人と接するので、自然と周囲の信頼を得ることも多く、あなたにだけ心を開く人も多いでしょう。
(周囲のトラブルは距離を置いて観察して)

<3月29日>
牡羊座9度『水晶を凝視する人』
どのような状況に置かれても、物事を全体としてとらえようとし、またそれを分析する能力がある人です。
あなたが取り巻く世界を、断片的にではなく、全体像として理解しようと常に努力するでしょう。
それは、ただなんとなく自分の居場所から距離を置いて、全体を眺め渡すだけではありません。
観察したものを頭の中で再構成し、それにはどんな意味があるのか、自分なりにまとめることができる人です。
全体の大筋をつかみ、それを元にそこに含まれる細かい枝葉の部分を判断していくようです。
基本的に大意をつかむのは得意で、全体に即した発言や行動の仕方を、いち早く見つけることができるでしょう。
状況にあった的確な判断を下すので、たいていのことはそつなくこなせるはず。すぐれた実務能力を持った人かもしれません。
(物事の全体像を見てからくりを知ること)

<3月30日>
牡羊座10度『古い象徴に対する新しい形を教える男』
昔からある象徴に自分なりの解釈や変更を加え、周りの人々に伝えたいという欲求を持っています。
古代文明の紋章や古くから伝えられているシンボリズムなど、従来の解釈では満足できず、自分なりのオリジナルの考え方で読み解こうとします。
さらに、今ある思想や哲学、身近な言い伝えや生活の知恵などでも同じことが言えます。
これらに独自のアレンジを加え、それを新しいアイディアとして発表したいと思うことが多いようです。
周りからは驚かれたり、理解されなかったりすることがほとんどかもしれませんが、そのリアクションは、いかに斬新な発想であるかということを示しており、あなたにとってはそれも本望でしょう。
理解できるよう繰り返し伝えることで、自分でも不明な点や曖昧な部分は見直され、次第に確立されていくでしょう。
(勇気を持って新しいことを広める)

<3月31日>
牡羊座11度『国の支配者』
他人の能力や地位などに敏感に反応し、自分のとの力関係で優劣をつけてしまう傾向が見られます。
自分より下の人をそれなりに扱い、優れている人にはいつまでたっても頭が上がらないという状況になることが多いようです。
対等な対人関係をあまり作りたがらず、自分とよく似たレベルの人を見ると、何かしら比較できる点を見つけてひっぱりだし、優劣をつけ、立場の違いを明確にしようとします。
同じ立場で仲間になってしまうと、自分の個性や独創性が壊されてしまうのではないかという不安が、心の奥底にあるのかも。
ひとより有利な位置に立つことで他人との間に壁を作り、恐れる気持ちを隠す部分もあるでしょう。
そういう点においては、子供っぽいと言えるかもしれません。
常に勝つか負けるかという状況で、心の休まる時はあまりなさそうです。
(戦いに負けず自己主張を貫くこと)

<4月1日>
牡羊座12度『野生の鴨の群れ』
自然界を動かす法則に関心を寄せたり、宇宙的なリズムに魅了されることが多いでしょう。
また、ただ感心したり憧れたりするだけでなく、あなた自身の生活全体をその法則に即したものに変えていこうとするはず。
ネイティブアメリカンに心酔し、身につけるものから生活リズムまでその通りにしたり、風水に凝って、運気が上がるよう完璧にインティリアコーディネートを施したりする人もいそうです。
また身の回りで起こるどんなことでも、その法則を通して判断します。
問題やトラブルが起こっても、その考え方に沿った解決法を見つけることができるので、いつまでも悩み続けることなどあまりないでしょう。
しかし、その素晴らしさに自分が心酔しているからといって、誰にとっても良いものだと思いがち。
いつの間にか周囲の人に押し付けてしまう傾向もあるので、注意が必要でしょう。
(自然の法則にしたがった生活を)

◇<引用参考文献>
松村潔 著、「未来辞典-3年後の私がわかるサビアン占星術」、角川書店

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »