« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

成宮寛貴さん

芽成宮さん、“幼少期に両親の離婚、中学生の時に母が亡くなり、祖母と弟と3人暮らし。 中学校へはほとんど行かなかった” というエピソードに惹かれてホロスコープを見てみました。

クローバー成宮さん、「ブラッディ・マンディー」の時のように、今はなかなかハードな男系の役をされていますが、「いま、会いに行きます(TV版)」の時のような優しい役柄をされることもある方ですね。

やや欠け月素の部分の月を見ると、情感豊かな獅子座でリリスとオポで、ほんとうに純真な子供っぽさをお持ちな上に、蠍座木星がスクエアなので、深入りしたりされたり、おまけに射手座天王星もトラインで、もう「自由に誰でもウェルカム!」みたいな方だったのですね。
晴れきちんとしている乙女座太陽も、射手座海王星に「こじんまりするな、大志を抱け!」みたいにしてかき回されているので、
成宮さんの根幹の部分は、「しっちゃかめっちゃか何でもアリ」と言っても言い過ぎではないと思います。

えんぴつ水星期である小~中学生のころは、天秤座水星に土星と冥王星の合となっているので、かなりヘビーですね。常に死が身近にあったような状況だったと思います。お母様が亡くなられたということも表れています。
学校へ行かなかったというのは、そうした極限状態という理由だけでなく、上記(太陽と月)のしっちゃかめっちゃか状態に蓋をするというか、あれこれ介入してくる外野を遮断して身を守るという意味もあったのではないかと思いますね。
そして、自分なりの考えを固めたり、周囲の状況をよく観察分析したり、対人関係の距離感をつかんだりする機会にしたのでは…と思います。

車(セダン)現在26歳、太陽期に入ってほどないのですね。
20歳前後の金星期は、乙女座金星に木星が60度で、なかなか順調に来れたのではないかと思います。
これからは、乙女座太陽は射手座海王星とスクエアですものね。役者さんなので、いろいろな役柄を憑かれたように演じられる力がつきそうですね。
ひとつひとつの役柄を、きちんと、そして、あくなき向上心で研究されていかれると思います(迷いながら探していくことも、資質磨きとなりそうです)。仕事の水星は、土星と冥王星とでガチガチになっていますので、真剣そのものの役者魂といった感じではないでしょうか。
月は個性的でのびのびしてますので、舞台の上では思い切り自分を輝かせることができますしね。ほんとうに役者さんとしてふさわしい星の配置になっていると思います。
もちろん、ふつうの人だとしたら大変です。

走る人36歳くらいからの火星期は見ものですね。天王星と合、太陽と60度。
おそらく試行錯誤しながらやってきたことの結果が出るのではないでしょうか。
どういう方向性で、どういう表現で、というエネルギーの向け方では、「自分のオリジナリティーはこれだ!」というのが、つかめる時期なのではないかと思います。
キローンとのアスペクトがあるので、そのあたりはほんとのところコンプレックス(迷い)だったりするかもしれませんね。
でも、彼なりの男性的なスタイルは、ほんとうに光って周囲を魅了する力がありますので、年齢を重ねてますます注目したい人です。
(筋肉質の男らしさというのは、蠍座火星男性ですよね。ちょっと暗めのまなざし。セックスアピールというか、そういうフェロモンがありますね。)

カチンコ癒し系、明るくオープン、怖いくらい深刻、暴力的なほど渦巻くエネルギー、などなど、ホロスコープからもたくさんの役者としての引き出しが見える成宮さんです。
これからが楽しみです。

|

細川茂樹さん

ひよこいや~・・・。
天王星と土星のオポ、やっぱり穏便ではすまないものなのですね。
やってくれるぜ、天王星・・・(太陽と月へハードに直撃状態継続中)。
(でも、かつて冥王星が太陽や月に合やオポで直撃した時ほどではないかも・・・。やっぱり冥王星はすごい威力ですよ。)
年末~来年になると、柔軟宮の後ろのほうの方々&活動宮の初めのほうの方々は、
のきなみ土星と冥王星と天王星のTスクエアに翻弄されていきますので、どうぞお楽しみにしていてくださいませませ。。。(やはり冥王星が絡むと、大きなことになるのは必至でしょうね)。

TVさて、
最近、家電芸人さんなど、家電に詳しい方がよくTVに出ていらっしゃいますね。
先日、細川茂樹さんが家電について説明する番組?を見て、「この、あまり生活臭のない(または、電機系職業青年っぽさなどもない)イケメン俳優さんがなぜ・・・?」と思ったので、ホロスコープを見てみました。

遊園地細川さん、そういえば、馬の王子様や仮面ライダーとしても活躍されていました。
ネットで調べてみると、詳しいものやお好きなものに、株や経済、スポーツ、獣、教員免許などなど・・・ふむふむ・・・武骨な男らしさ&社会派の匂いのするものを好む方のようです。

えぇと
太陽月とも射手座。水星、木星、海王星も射手座。
射手座ですよ。そうそう、上記の好みはすべて射手座です。ぷらす、金星が山羊座なので、株や経済などの社会派要素も入り、火星が魚座なので、どこか物語の王子風な俳優さんでもあり、武骨なことをしていてもなんとなく柔らかいところのある王子風男性と言う・・・・パーソナルな天体の星座だけで、こんなふうにざっと説明ができてしまいましたが、
細川さん、何といっても射手座な男性だったのですね。

射手座と言うと、学問、哲学、宗教、スポーツ、外国、などなどいろいろありますが、細川さんの場合、正々堂々とフェアに戦うスポーツ&学問色が強いですね。実際のスポーツ(サッカーや水泳)の場合もありますし、社会競争で知識をつけて戦うという意味での株や経済。電化製品も、各社とも性能を工夫して市場競争していますものね。
つまり、「フェアに競争して勝って成功する」というのがお好きな方なのだろうと思います。

これが別の星座だと、同じ家電や経済を趣味としていても、違う意味合いがあるのでしょう。
乙女座だと、その電気系統の仕組みやプログラムがどうなっているのかなど緻密なことまで知っているとか、水瓶座だと、さらに人類のために進化した製品について研究したいとか、牡羊座だと、今まで誰もやっていないパイオニア的な方法で知名度を上げたいとか、獅子座だと、ギャンブル的に株で儲けたいとか、双子座だと、知識量の多さで人を出し抜きたいとか・・・・。

さて、詳しくアスペクトなどを見てみると・・・
太陽は射手座で水星木星と合、魚座の火星と90度、天秤座天王星と60度。
木星、火星、天王星のアスペクトですものね、男らしいですよね。
火星をみると、ちょっと短気なところもあるかもしれませんが、大勝負を賭けることができる資質でもありますので、きっと良い方面に生かされていることでしょう(とくにスポーツなどでは、そうした負けん気は必要ですものね)。

月は海王星と合、双子座土星とオポ、冥王星と60度。
双子座土星ですので、競争意識のプレッシャーはあるでしょうね。土星海王星オポなので、そうしたものが原動力となって、さらに理想に向けて努力をすることができるという資質になっていると思います。冥王星も絡むので、根性入れて努力する方です。ちょっとやそっとのしごきでは音をあげません。
月と合&オポなので(しかも射手座)、高い理想を自分に課して、それに向けてものすごい努力をされていると思いますね。私生活をのらくら楽しむなんていうことはしないで、人知れず勉強に励んでいらっしゃるかもしれません。
また、身内には大変献身的で我慢強い方かもしれませんし、お母様や奥様となる人(結婚されているのかな・・?)は、とても自己犠牲的に尽くす方なのかもしれませんが、
このあたりが、表に現れない、細川さんの神秘的な謎の部分ですね。

山羊座の金星は、魚座火星と60度、天秤座天王星リリスと90度。
恋愛や遊びは、いろいろなことがあっておもしろいエピソードがたくさん聞けそうですね。
山羊座は真面目と言われていますが、飲み会などでは羽目をはずしてくだけますので、お仕事後の打ち上げなどでは、みんなで盛り上がっていることでしょう。
また、馬の王子様のように、おとぎ話のような王子の衣装を着て白馬を連れて、真面目に仕事をされている様子も、この金星に現れているかなと思います。

あっ・・・時間がないので(原稿やらなくちゃ。今、これを書いて逃避中。)
3重円をざっとみると・・・

おっ・・そのまえに、要素の構成をみると、
火と風が優勢で、土と水が少ない、柔軟が多く不動がゼロ。
これまた個性的ですねぇ・・・。自由な射手座+火と風+柔軟(不動ゼロ)ですものね。
ほんと自由に興味や好奇心の赴くまま弓をかまえて駆けていく射手座そのものの男性ですね。
だれも細川さんを捕まえてはおけません。

そうそう、3重円。
そうかそうか、細川さんも、太陽水星木星が、このしばらく続いている土星天王星のオポに翻弄されているのですね。
どういった心境の変化(太陽なので、社会的な立場の変化)が見られたのか、じっくりお話を聞いてみたいところです。
もしかしたら、家電系になったというのがそうなのかもしれませんし、ここのところでまとまったことをこれから世間に公表するのかもしれませんしね。ちょっとこれから目が離せませんネ。

cherryえぇとえぇと、とっちらかっておりますが、ではこの辺で。。。

P・S 新しいTVのこと、さっぱりわかりません(まだアナログ使用)。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »