« 香川照之さんと弥太郎 | トップページ | 正岡子規と夏目漱石 »

いきものがかり

さてさて、卒業シーズンですね。
今年、どれだけたくさんの子どもたちや学生さんたちが『いきものがかり』さんの「YELL」を唄っているのでしょう。イイ歌ですよね。

チャートを見てみました。
へぇ~(意外)と思うのはですね、リーダーの水野良樹さんは金星水星(月も?)ドラゴンテイル系、紅一点の吉岡聖恵さんは水星リリス系&金星と土星はスクエア(恋愛下手)なんですよね。
ストリートミュージシャン出身というのはうなずけますし、親しみのあるトーク(吉岡さんはオールナイトニッポンのDJ、水野さんのコメントは、なんだか力が抜けてるふう)ですし、大学生のややオタクなバンドになってしまう可能性も十分にありましたが、山下穂尊さんがぐっと洗練させて華やかにしている(獅子座金星を持つ)という図になっています(吉岡さんと山下さんの太陽は木星と60度、天王星と90度というのも大きい)。
バンド名が『いきものがかり』という、ちょっとばたくさいネーミングになっているのは(コンサートツアーの名称なども、ちょっと変わっている)、おそらく水野さんと吉岡さんの趣味ですが、山下さんが居ることで『ミヒマルGT』系の華やかさが加わるという、そういう感じになっています。

別の角度から見ると、水野さんが高い理念・ビジョンを掲げて牽引し(射手座太陽海王星合、冥王星土星60度。山羊座月水星金星)、吉岡さんが魅力的に広く頒布(水瓶座月金星合、魚座太陽が山羊座木星と60度)、山下さんが全体的な基盤を支える(乙女座太陽と蠍座木星60度、テイルやリリス系ではなく芸能界に最適な華やかなアスペクトを持つ獅子座金星を持つ)という図。

さらに別角度から、山下さんは、水野さんの思想をよく理解してサポートし、吉岡さんの行動を読み取ってフォローしている形が見えますね(射手座に水野さんの太陽と山下さんの月。吉岡さんの太陽に対して山下さんの木星がトライン。吉岡さんと山下さんは、太陽のアスペクトが似ていおり、太陽と天王星90度、木星60度)。

吉岡さんがかつてスランプに陥った時、水野さんが説得に当たったものの、いつも喧嘩に発展し、山下さんがフォローにあたったら、すぐさま立ち直ったというエピソードがあるそうです。
これはおそらく(チャートから想像するに)、水野さんが理想を熱く語って吉岡さんの説得を試みていたが、吉岡さんの方は、ただツライ気持ちをわかって欲しかったわけなのであって、それで毎回喧嘩に発展し、そのへんの齟齬をよく解っている山下さんが、吉岡さんの気持ちを十分に汲み取ってあげたので、吉岡さんはスランプから脱することができたという、そういう話の流れだったのではないかと思います。
吉岡さんは火が1水が6の人なので、射手座の強い水野さんに、もっともっと!と言われても、余計つらいのですね(さらに水野さんは、吉岡さんの太陽に木星と天王星を90度をもってきて、おもいきり個性的に広げようと仕掛ける)。「ただ気持ちを解って欲しかっただけなのに~(説教されてしまった・・・)」という吉岡さんの声が聞こえてくるようです(こういうパターンは、この二人に限らず男性と女性の間ではよく見られます)。

そういえば、水野さんが、小田和正さんの「クリスマスの約束」という番組に、スターダストレビューの根本要さんとともに企画段階から参加していましたが、大御所である小田さんにも熱く自分の考えをぶつけていたのがとても印象的でした。射手座太陽海王星合&土星冥王星60度の“頑固一徹高い理想の男”な人柄をよく表している出来事だったと思います。

また、この三人は、お互いの魅力を強調し合いながらも、考え方などの面では相容れざる面をも内包しているという、つまり、お互いに刺激を与えながら切磋琢磨しているという図も作っています。
理想を追求しすぎる水野さんに、山下さんが乙女座太陽&水星でビジョンを具体的にしようと細かな突っ込みを入れ、水野さんの山羊座月水星金星の社会的な部分に吉岡さんが木星を乗せて広げ、水野さんの太陽を吉岡さんの月金星が60度でサポートし、吉岡さんの蠍座火星に水野さんは木星を乗せて思い切り鼓舞させ、吉岡さんの恋愛下手に対して山下さんが刺激を与え、現実的な山下さんに吉岡さんが夢を見る方法を教える、などなど。
実によくできているグループですね。
親しいながらも慣れ合いにならず、高いビジョンを持ちつつ、仕事としてもしっかり成り立たせてやっていくという(太陽だけで見ると、水野さんが射手座、吉岡さんが魚座、山下さんが乙女座で、Tスクエアになりますし)。
様々な点ですばらしいバランスです。

一徹で高い理想を持ちつつストリート系の素朴さを持つ水野さん、チャーミングで親しみのある魅力を持ち切ない恋愛をうたう吉岡さん、そつのないミヒマル系の華やかポップさをもつ山下さん、ポッキーのCMのような個性的でおちゃめな感じなのは三人とも!という『いきものがかり』さんです。
これからの活躍が楽しみです。
club
ところで、
ホンダから、スポーツタイプのハイブリッド車『CR-Z』が出ましたね。
今年(6~8月)は牡羊座で木星と天王星が合になりますから、ハイテクなスポーツカーが颯爽と登場するというのは、まさに!という感じがします。牡羊座なので、どこよりも先駆けて出てくるのが肝心なのです。
噂によると、6速マニュアルミッション車が、わりと売れているらしいです。車好きにはたまらないでしょうネ(このあたりも牡羊座木星っぽいですね)。
私もいちおう、教習所ではマニュアル車で免許を取りましたが、卒検を4回も受けましたので、(一度目は全てにおいてボロボロ、二度目はエンスト、三度目は交差点右折で立ち往生)、オートマしか乗らないことに決めています。でも、マニュアルの面白さはなんとなくわかります。ちなみに、CR-ZのMTは、比較的エンストしにくいような造りになっているそうです。


|

« 香川照之さんと弥太郎 | トップページ | 正岡子規と夏目漱石 »