« 『てっぱん』遠藤憲一さん | トップページ | 『ノルウェイの森』村上春樹さんと松山ケンイチさん »

MONGOL800(モンパチ) キヨサクさん

先日、小田和正さんの『クリスマスの約束』という番組を観ました。
それに参加されていたMONGOL800(モンパチ)のキヨサクさん。
「小さな恋のうた」のところで、“こ、この人は!!”と電流が走って、10回以上は巻き戻して観てしまいました。
モンパチというと、元気な金髪のお兄ちゃんたちがやっているロックバンドというイメージでしたが、あれから何年かたった今は、だいぶ大きくなった体つきで、包容力や温かさがにじみ出ていて、声も落ち着いた渋さがあって、でも遊び心がふつふつと沸き出ていて、何とも言えないイイ感じ(会場を良いムードに巻き込んで)を醸し出していました。
なんていうのか、聴いている人の心のけんこうな部分を引き出される感じ・・・・?(たとえば、体つきの大きい沖縄のおばあさんが、両手を広げて迎えてくれて、「なんくるないさ~(なんとかなるさ~)」とか言ってくれるようなイメージというか・・・なんとなくわかりますかしらね。)
若い10代の人たちが、大勢でこの歌をうたっているCMがありましたね。
なんか、そんなふうに、みんなで歌いたくなります。


そんな、キヨサクさんのチャートを見てみました。
お~~。すごいです。
太陽は水瓶座、天王星スクエア、冥王星トライン、海王星60度の小三角。
普通の人間を超越して世界人類的な視野を持つという水瓶座に、天・海・冥という常識の枠を超えた天体とのアスペクトですので、宇宙レベル的にスケールの大きい生き方をする人です。

それに対して、月は蟹座で木星土星スクエア、火星とトライン。
沖縄の郷土や家族や仲間を愛し、古きを大事にしつつ、新しい人もウェルカムなのが持ち味です。とても真面目ですが、とても優しくておおらか。

月蟹座&太陽水瓶座という150度のチグハグさは、実に興味深いですね。
沖縄で、身内でこじんまりやっていたものを、世界人類レベルにまで広げていくというのが、キヨサクさんの人生のテーマになります。
太陽に天王星がスクエアの人は、アウトサイダータイプですし、キヨサクさんの場合は水瓶座ですので、郷土(沖縄)の抱えている問題を唄わずにはいられないと思います。
また、天秤座の木星&土星スクエア持ちですので、「人見知りなんてしてないで、もっと広く(芸能界)デビューしろ」と世間からけしかけられて広げられていく図ですね。
さらに、今年(来年)の活動宮Tスクエアの影響で、ますます人生が大きく変わってきているこの頃だと思います。

この月に対するカーディナルクライマックスは、郷土沖縄の危機的状況というのも表している(彼にとって心を痛める問題であるとともに、自分を根本的に変える出来事でもある)のではないでしょうか。
さらに、ネイタル太陽の上にトランシット海王星がずっと(2009年あたりから)ウロウロしていますので(途中、木星も乗っていた)、夢や理想の方向へ大きく広がるように後押しされていますしね(同時に体も大きく…)。
そしてさらに、今年(2010年)は、サターンリターンの年でしたので、特に対人面(仕事にまつわる)での書き換えが彼の中で猛烈に行われていたという、大変化の(始まりの)年だったのではないかと思います。

海王星は4月に魚座に抜けますが、抜けた先にはネイタル水星が待ち構えていますし(仕事面や歌詞などの歌作りに海王星の影響が加わる)、活動宮にいる冥王星や天王星は、まだまだキヨサクさんの月や木星土星を刺激し続けますので、まだまだ、世界人類(宇宙)レベルの水瓶座太陽への道へと変化を促されつづけそうですね(現在、太陽期ですので、太陽を開発している時期なのですね)。

これからの活躍が、とても楽しみです。
注目したいと思います。

|

« 『てっぱん』遠藤憲一さん | トップページ | 『ノルウェイの森』村上春樹さんと松山ケンイチさん »