« 2011年2月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年9月

秋分図

あちこちで話題になっている、本日の秋分図(18時04分)。
これ、ちょっとすごいですね(この秋~冬にかけて)。

MCに山羊座冥王星で、6ハウス太陽―12ハウス天王星のオポと合わせてTスクエアですものね。
アセン牡羊座。アセンとIC蟹座の支配星月火星は5ハウスで合(□1ハウス木星)で、太陽を含めたTスクエアを調停。
MCの支配星は7ハウスで金星とゆるく合。

いろいろな解釈はあると思いますが、
社会の大きな変化に伴い、自分の眠っている創造的な可能性を引き出して、
自己改革、自己実現の道を歩め、ということなのではないでしょうか。
対人関係や対外的なことは、ごくシンプルに(見栄などは捨てて)ということでしょうね。

やっぱり、日本から始まるわけなのですね。

エレニン彗星が、太陽と地球との間に入って直列する(9月26日、11月23日)とか、地球に大接近するとか(10月17日)、地球の軌道を通過するとか(10月31日)というのと、大きな地震および火山活動などというのは、関連があるのでしょうか。やっぱり。

|

山田孝之さん、小栗旬さん。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』と『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』
秘かに楽しく毎週観ています(夜間なので録画して)。
すごくおもしろい。おもしろすぎる。
・・・まぁ興味のある方は、ぜひ観てください~。

『勇者』ではヨシヒコ、『荒川』では星である山田孝之さん。
この方、おもしろい役者さんですね。
シリアスなものから、学生モノから、おかしなものまで、さまざまな役柄をこなしている。
(『鴨川ホルモー』は楽しかった)

『荒川』ではカッパ村長の小栗旬さんが、山田さんを星に抜擢したそうですが、
ふたりの関係をちょっと探ってみたいと思います。

まず、山田さん。
太陽天秤座に冥王星が合、海王星が60度。
なかなか濃いですね。セカチュー、電車男、白夜行などがぴったり。
『勇者』では、主人公の“勇者”でありつつちょっとオトボケな様子がよく表れていると思います。4人組(単独行動の勇者ではない)で行動しているあたりも、まさに天秤座。
天秤座は平和主義と言いますが、正義感に駆られて戦うこともやぶさかではありません。
月は牡羊座で射手座木星や天王星と120度。
興味のあることには、一番にすっ飛んで行くタイプです。おもしろ好きで、やりたいことは誰にも止められません。
鴨川ホルモー他、いろいろコミカルな役もこなしているのは、このカラー。
金星と火星は乙女座で合、木星天王星とスクエア、土星と60度。
恋愛や行動面では、さまざまなビックリするようなエピソードが次々と起こります。でも基本真面目で、ことに学生モノはピッタリ。
天秤座の水星は、ノーアスです。
これだけバラエティーに富めば、あらゆる役をこなすことも可能ですね。
できれば、今までにない新しいシチュエーションの役柄だと、本人は燃えると思いますが。


一方、小栗旬さんは
太陽山羊座でドラゴンテイル合、月(牡牛座)120度、土星冥王星60度。
牡牛座の月は、土星冥王星とオポ。
山羊座水星はリリスと合で、土星冥王星とスクエアです。
かなりハードですね。
黒の組織ににらまれた工藤真一役はピッタリ。
それだけカリスマ的な存在感はありますが、土星冥王星が各所に効いているので、かなり本人的には重い感じだと思います。
獣医ドリトルの役は、このイメージですね。
また、年齢を経るに従って、もっとダークな役柄(黒の組織ふうの)が増えてくるように思うのですが。
それに対して、山羊座金星はノーアス、水瓶座火星は天王星と60度、射手座の木星はノーアス。
つまり、個性的な趣味を生かして楽しもうという性向をもっていますので、『荒川』のカッパ役に立候補したのは、なるほど納得だと思います。

さて、今週放送の『勇者』には、小栗さんがゲスト出演するような予告がやっていました。
きっと「山田くん、あの番組、おもしろいね(小栗)」「よかったら小栗さん、出てみませんか?監督さんに言っておきますョ(山田)」「え、そう?(内心、とても嬉しい)(小栗)」といった会話がなされたのではないかしら?
おもしろいもの好き(しかもこだわりがある。独特な匂いのあるもの。)の小栗さんですが、山田孝之さんは、まさに、この匂いにぴったり当てはまりますね。チャートを見ると。
また、閉じがちな小栗さんを、開かれた場所へ自然とひっぱっちゃうのも山田さんです。
このコンビ、まだまだイケますよ。
おもしろいのも、シリアスなのも、ダークなのもOKです(ふたりとも)。

ちょっと注目していきたいですね。これからも♪

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年11月 »