« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

『トッカン』 北村有起哉さん

今日は、ドラマ『トッカン』の最終回ですね。
個人的には、鏡トッカンは、けっこう好きなんですが。。
鏡トッカン役の北村有起哉さんのホロスコープチャートを見てみました。

うん。出てますね~。ドSキャラ。
蟹座火星土星合に天秤座冥王星がスクエアで、守るべき集団の規律に合わないことはバッサリやるタイプ。
太陽や水星が牡牛座なので、個人の資産についてを命題としていますが、太陽は木星60度で公明正大、海王星150度で理想追求、そして水星は冥王星150度で、手元につかんでおきたい資産を公正という権限の元に矯正(引きはがす)、ということをする図になってます。
性格的には、太陽は牡牛座で月は獅子座の不動宮スクエアコンビなので、ちょっとしたことには動じず横柄にふるまう面(月獅子座に冥王星60度)がありますが、獅子座は情感豊かですし(やや自分勝手な面はあるものの)海王星とも120度ですし、魚座の金星や木星もありますので、弱者に対するいたわりや思いやりがあるという(つまり心はある)、
すべてをとってみても、北村さんにばっちりハマっている鏡トッカンです。

ところでグー子である井上真央さんは・・・。
おやおや(!)北村さんと2重円を出してみてびっくり。
井上さんの牡牛座の月が、北村さんの太陽に重なってますね。夫唱婦随のように、ばっちり鏡トッカンについていくグー子さんですが、なんとグー子さんは月冥王星オポの人なので、じつはトッカンを掌の上に載せている・・・なんていうこともありそうですね。
トッカンは太陽月スクエアで公私がブレますので、グー子さんが強力にサポート&コントロールして仕事に集中させていく(ワガママ言わせない)様子がうかがえますが、さて、いかがでしょうか~w

このふたり、太陽同士が120度の好相性でもありますし、トッカンのリリスに(グー子の)太陽を乗せてますので、トッカンの最もイタイ部分(モロイ部分、ヤバイ部分、エロイ部分)をしっかりつかみます(と同時に、グー子も転がされる)。

また、トッカンの火星に(グー子は)海王星オポで仕掛けるので、シャープなドSがマイルド化されたり(Sするシーンで、まーまーここは私に任せてくださいよ的な)、火星同士がスクエアになるので、ケンカ腰になったりも(ドSのトッカンにも義侠心で対等に渡り合う)。しかし、グー子の火星は海王星とスクエアなので、混乱が生じることも(騙されたり)。

ここでちょっと気になるのが恋愛ですよね。
基本的に、金星火星の組み合わせでは、合わない感じのふたりですが。(トッカンは、金星魚座、火星蟹座。グー子は、金星射手座、火星牡羊座。火星同士スクエア。)
グー子のほうが恋愛面では華やかでモテますね(火の金星火星トラインのひと)。
トッカンの金星にグー子の木星が乗ったり、トッカンの月とグー子の金星がトラインだったりするので、トッカンは感情や愛情面での心地良さを開発されるものの、恋愛という深みにハマる前に、グー子のモテ体質を目の当たりにして、秘かに意地ヤケたりする感じですね。
恋愛というより、夫婦的な相性の方が強いですよね。夫婦のような上司と部下というのは、ピッタリだと思います(押したり引いたりドタバタありますが)。


今日で最終回とは、残念です。
ハマリ役だし、共演者も良いので、続編を期待したいと思います♪

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »