« 2013年5月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

林修先生「いつやるか、いまでしょ」

「いつやるか、いまでしょ」の林修先生のホロスコープを見てみました。

太陽は乙女座で、天王星、冥王星と合、魚座の土星とオポ、蠍座の火星海王星と60度。
この年代の乙女座さんは、土・天・海・冥が絡むので、まともに見えながらも数奇な方というのが多いですよね。きちっとしている中に緩みがあり、無意識的なものに翻弄されているかのような人生傾向で。でも、それは魚座土星ですから、陰陽バランスを整えるような意味合いでの試練や課題だったりするのですが。
林先生のwikiを見ると、そんな感じが見受けられますものね。
資質的には「まとめる能力」「重要箇所を抽出する能力」に長けるのも納得です。魚座から曖昧模糊としたものを引っぱりつつ乙女座でコレというものを整理して提示する。天王星・冥王星合ですから、究極的なものをバンと出しつつ全てを包括している内容だったりするわけです。

月は午前中生まれなら蠍座、午後生まれなら射手座。
射手座ならドラゴンテイル合なので、バラエティー番組にも適応可能なのもうなずけるのですが、そうすると太陽と月はスクエアになってしまいますね。でも、一年の3分の1くらいは(仕事で)ホテル暮らしだそうなので、そのあたりは、自分の特徴を合理的に活用しているのかもしれませんね。

また、もともと、蠍座火星海王星が(ゆるく)合ですので、いわゆる「生真面目な教師」というだけのキャラクターではないのは、TVなどでモレ伝わってくるプライベートや過去を見聞きするとわかると思います。魚座土星ですし、火星海王星ですので、真面目な事だけやっていては、かえって人生がおかしなことに翻弄されて行ってしいます。そういった面でも、林先生は、ご自分のことがよくわかっていて、いろいろ特殊なことをやったり、なにか出来事が起こったとしても、うまく解釈したり対処したりして、ご自分の性質を生かしているのではないかなと思います。

現在、この火星海王星部分に土星が来ていて、太陽やその周辺の星を60度で刺激しているので、林先生自身も「いつやるか、いまでしょ」というのを実感していることと思います。

また、もともとノーアスペクトの双子座木星をお持ちで、去年・今年は木星回帰だったので、このような人気に火がついたものと思われますが、林先生自身は「もうすぐこれも終わり」「本業に集中」的な事を発言していることからも、そろそろ時期が過ぎた(木星が蟹座に入宮)ことを肌で感じているのかも知れません。
でも、蟹座木星は、林先生の太陽にとっては好都合。ますます、頑張っていかれることと思います。

こうして書いてみると、林先生は、ご自身のこと(運勢的な流れも)をとても良くわかっていて、無駄なくうまく活用されているのだなぁということがわかりますね。
もっともっと、いろいろな話を聞いてみたいですね。
これからのご活躍、楽しみにしています。

|

壇蜜さん

すこし出遅れた感がありますが、壇蜜さんのホロスコープを見てみたいと思います。

壇蜜さん、太陽が射手座で天秤座の土星木星と60度。
基本真面目で哲学と礼節を大切にする人生観は、おじさまたちを惹きつけるに足る資質の持ち主。
エロだけど、そんなにおドロおドロしていない感じは、この射手座ですね。

月は天秤座でリリス、ジュノー、冥王星と合、海王星と60度。
なるほど。やっぱりリリスですね。でも、幼少期などはいじめられたりなどしたのではないでしょうか。まさにエロに転じて吉ですね。徹底的に、かつエレガントに、そして癒しや精神性を込めて大吉なわけです。いじめなんかに負けてはいけません。

水星は蠍座で天王星と合。
これですよ。あの突飛なおもしろエロ発言。蠍座ですから、もっともっと深く探ってハッとする言葉を生みだして欲しいなと思います。

金星は蠍座で、キローンとオポ、火星と60度。
金星もキローンと関わっているわけですね。女性として傷ついたことも多くあると思いますが、それを奇跡や癒しとして変化させられる意味合いですね。男性を癒すだけでなく、女性の傷も癒すことができます。女性性や母性に傷を負っているひとから、ひそやかに根強い支持があるのではないでしょうか。ただの“エッチなお姉さん”だけではないのです。

おもしろいのは、火星が山羊座で、天秤座の木星土星とスクエアな点ですね。
山羊座の火星は、むっつりスケベとか耳年増とか、そんなイメージがありますが、それが木星土星スクエアなのですから、まさに寸止め状態ですね。ご自身の中で、行きたいけど止められている状態のものを、常に抱えているというわけです。


さて、昨年から大活躍だった壇蜜さん。木星が太陽と対極の双子座にいまたし、牡羊座の天王星も120度で応援しているので、このような活躍がみられたのでしょう。
また、土星が蠍座にいるので、発言(水星)や女性性(金星)の面でも禁欲的な色合いが増していますし、
さらに、冥王星が山羊座で先の「火星寸止め」に対してもっと過剰(性欲)に仕掛けていますので、たまらなく面白い感じになっているのだと思います。

今後はですね。木星が蟹座に入りましたので、この一年は、もっと魂を揺さぶるような(エロと癒しと)発言の研究と、寸止めのエキスパートを目指されるとよいのではないかなと思います。

活躍を楽しみにしたいと思います。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年9月 »