« ドラマ『半澤直樹』 堺さんと香川さんの関係 | トップページ | 『ごちそうさん』の人間模様(和枝さんを中心に考察) »

『水曜どうでしょう』がはじまる。

『水曜どうでしょう』2013年の新作が、ついにTVKテレビ神奈川で放送されますね!
待っていた・・・・・。

ずっと地方テレビで、過去の再放送を観ていました(TVKでは月曜夜なので、うちでは「月曜どうでしょう」と呼んでいる)。
新作のCMを見た、うちの子らの第一声が「ミスター老けた!」なのですが、今回もみなさんで、きっと苦労オモシロ番組を見せてくれることでしょう。それより、お元気なのかが気になりますね(血圧や血糖値など)。

ミスターこと鈴井貴之さんは、
牡牛座の太陽に海王星がオポ、土星がスクエア(Tスクエア)。自分の持っている才能を発揮して夢を目指していくけれども、そこには苦労もあるという感じですね。水瓶座の土星なので、グループでの管理者としての苦労とか、ひとりよがりでなく社会貢献のために能力を使わねばとか、もっとずっこけてオリジナリティー豊かにせねばとか(ドラゴンテイル合)でしょうか。
札幌農学校にゆかりの深いクラーク博士の言葉で「少年よ、大志を抱け」というのがありますが、まさにミスターはそれにぴったりなアスペクトだと思います。そして調べてみると、この言葉にはその続きがありました。
「少年よ大志を抱け。ただし、金を求める大志であってはならない。
利己的なものを望む大志であってはならない。
名声という浮わついたものを求める大志であってはならない。
人が人として備えなければならぬ、あゆることを成し遂げるために・・・・」
これなんか、牡牛座の鈴井さんのチャートの内面の葛藤にピッタリではないかと思いますが、いかがでしょうか。
鈴井さんの月はというと、双子座月金星水星と合、木星とスクエア、冥王星とスクエア(Tスクエア)なので、かなり華々しいですよね。富と権力を意味する木星冥王星のアスペクトがありますが、それと月金星水星はスクエアなのですから、貧したり貪したり振幅が激しいのですが、双子座ですので、カブに乗って日本中を旅するのが日常の楽しみ的な生活スタイルを仕事にして稼ぐというのは、じつに合っている(ハードで面白そうなものほど良い)わけです。

頻繁に登場する藤村ディレクターはどうでしょうか(今はもっとえらくなっているみたいですが)。
なんと、ミスターの旅する双子座のあたりに太陽木星金星を乗せていて、ミスターの木星冥王星のところに土星冥王星オポ&冥王星火星合を乗せているので、この旅が激しいカオス状態になっていくことが暗示されます。でも、太陽木星金星なので、とても大幸運で発展的、人気を集めて楽しい旅になります。
また、藤村Dの双子座太陽をミスターの双子座月が全面サポート。またミスターの牡牛座太陽を藤村Dの牡牛座月が全面サポートするので、お互いがお互いを助けてまるで一心同体の夫婦のような相性ですね。
『水曜どうでしょう』はこの二人なくしては成立しないというくらいの協力タッグを組んでいることが分かりました。また、番組に藤村Dが登場してしまう理由もわかりました。

大泉さんはどうでしょう。
大泉さんは、牡羊座太陽金星合、月も牡羊座で時間によっては合、水瓶座火星木星と60度、双子座土星と60度、射手座海王星と120度、冥王星は月と180度なので、六芒星の一点欠けもちですから、もし獅子座に大きな星(木星が2014年6月以降に)来たら、それはもう、本人も制御できないくらいの大きな波に飲まれる(神意の元に動く)人なわけですね。来年の6月以降一年間ぐらい、大泉さんにどんなことが起こるのか、みんなで楽しみに見守っていましょう!
大きな星ではなくても、獅子座に何らかの星が入ったら、いちいちそれがトリガーとなって流れが起こるわけですから(本人がその気にならなくても)、忙しくも楽しそうに見えますね(体験している本人に、どんな感じなのか聞いてみたいですね)。また、ソーラーアークの土星が獅子座に入る45歳以降は、ゆるぎない形になりますので、神意のもとに何らかの責任(天命)を果たしてやっていくことになるのでしょうね(ますます北海道に貢献するとかでしょうか)。
また、ミスターのドラゴンヘッド(開運や良縁を呼び込むポイント)が獅子座の真ん中あたりにあって、六芒星が完成するので、ミスターの会社に入って大正解なわけです。ミスターと組んでお仕事をすると、神意の流れにのって天命をはたせるわけです。
また、ミスターの牡羊座火星に大泉さんは太陽金星月を乗せているので、ミスターは「新しくておもしろいことやってやろう」という気概がわきます。
一方、大泉さんの太陽は、朝方生まれだと新月の一歩手前ですがお昼過ぎからはほとんど新月になります。それに対して海王星が120度、木星が60度なので、じつにスピリチュアル的ですよね(見かけによらず…)。牡羊座なので、新しいことをするわけなのですが、『水どう』は当時やっぱり新しかったですよね。太陽はキローンや金星も合なので、楽しみや癒しにもつながるジャンルです。バイクを走らせながらの他愛もないおしゃべりや、ホテルや道中にみんなで騒いでいる様子は、なんというか、少なくとも私は観ているだけでも癒されますね(いわゆる癒しのジャンルとは違うのですが)。

番組では、ボケ的な役割の安田さんは、射手座太陽海王星ゆるく合なのでまさにぼけてる感じです。これが、ミスターや藤村Dの双子座部分にオポ。旅や移動に関して、スケールを大きく(遠出)夢を持たせてくれる存在ですね。ミスターの牡牛座太陽や藤村Dの月のあたりに安田さんは月を乗せていますので、一回り近く上の世代のふたりのふところにググッと入り込んでいる安田さんです。
また大泉さんの太陽ともトラインの好相性なので、このグループの潤滑油的な存在として入ってきた感じでしょうかね。

とまぁこんな感じで、ホロスコープは終わりにして、
今回も4人のゆかいな旅を楽しみに観ていきたいと思います。

|

« ドラマ『半澤直樹』 堺さんと香川さんの関係 | トップページ | 『ごちそうさん』の人間模様(和枝さんを中心に考察) »