« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年5月

『2014年 日本ダービー(東京優駿GI)』予想

いよいよダービーですね。
せっかくなので、予想してみます。

これまでの経験から
・当日のトランジット(出走時刻)に類似した馬
・馬のチャートが大事
・騎手との相性
の3点に絞ってみていくと良さそうなことがわかっていますので(森んこの独自手法)、
今回もそのやり方にこだわって、予想してみたいと思います。
それは「出走時のトランジットや馬のチャートで当てることができたら、誰にでもやさしく予想することができて楽しいじゃないか!」との思いがあるからです。
なので、このやり方でしつこく予測検証を続けています。
ちなみに、いままでの検証の結果は、当たるような当たらないような・・・というかんじであります笑。
(競馬にあまり詳しくないというのが、一番の難点のような気が・・)

では早速、
<出走時間>
2014年6月1日15:40出走

出走時のチャートからみると、
→外見はやや暗く底知れないムードだが、こどもっぽい愛嬌がある馬。
→初期(幼少期)からの訓練で遺伝的な才能を開発されている馬。
→お茶の間的人気絶大、安定感がある(親の代から)。突出した才能(訓練でめきめき発揮)がある。
→遺伝的才能とパワーを使って社会的地位を確立する馬。人気。ギャンブルで夢や癒やしを与える。
の4点が浮かび上がってきました。
総合的にまとめると、
⇒人気を集め、人の心をつかむお茶の間ヒーロー(ヒロイン)の誕生。
 特に母の人気を受け継ぐ。
遺伝的にとても才能を与えられている良血馬。

この段階で、もう私は、「トゥザワールド」しかないような気がしてきました。
顔つきや外見は・・・・ちょっと馬相にうとい私には判別がつかないですけれども(暗い底知れないムードはある?)、超良血馬だということは、シロウトの私にもわかります。(父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリー、母方の父がサンデーサイレンス)

ネットで調べたところ、
“トゥザワールドは、学習能力が高く、ネジを締めあげていけば楽しみは大きい馬である”と書いてあるので、ますますトゥザワールドだという気がしてなりませんね。
トゥザワールドなら、今後もお茶の間の人気馬として君臨することも可能のような気がします。

しかし、ディープインパクトのお仔さんたちも出馬しますしね。
(お茶の間的人気馬といったらディープですものね)
では、それぞれの馬について、見てみましょう。


<イスラボニータ>
素質的に良いものを持っている。快適に走れるかどうかがカギになりそう。
訓練は、好みに合うものなら長続きするけれど、気に入らないやり方は受け付けない傾向があるかも。
当日は、ご機嫌なときと、イライラしているときの、気分の変動が大きい。なんか調子が出ない感じも。
騎手さんとは好相性。頑張らせて、飛び抜けた発展をさせることができる。


<トゥザワールド>
ザ・競馬王といったゆらぎのない風格。根性と冴えたパワーと集中力を持つ。駆け引きにおいて天才的な一面も。つかまえどころのない魅力で人気。
当日は、P木星が太陽の1歩手前で、成功直前のエネルギーに満ちている。カーディナルクロスにはまっているので、がっつり成功するか、行き過ぎて怪我するか。
騎手さんとは吉凶。欠点を補う視点を持つので、バランスは取れるけれど、思う通りにやらせてくれないストレスも多少。


<ウィンフルブルーム>
機敏で瞬発力があり、綱渡りが上手。ひらめきの才あり。逃げ足は速いタイプ。
愛嬌があり、どこか飄々としていて、天然不思議ちゃんな面も。
当日は、天才的な冴えを見せるが、独自のやり方を貫きたくなり、ルールを無視して場外へ走って行きたくなる衝動にかられそう。
騎手さんに対して、言うことを聞ききれない(騎手さんについていけない)部分もあり?


<ワンアンドオンリー>
夢をみせてくれる競馬王。印象は地味な感じだが、奇跡を起こせる。性格がよく(人懐っこい)、傷ついた人を癒す能力を持っている。あまり華やかなものは好まない傾向。
当日は、居心地よくなじんでいるので、本来の力を発揮できそう。魅力が輝き、すごい人気を博する予感。けっこうイケるのでは。
騎手さんとは、ツーカーで気が合う相性。騎手さんのほうが満ち足りた気分になる。お馬さんは自分らしく走れる。


<ショウナンラグーン>
ワンアンドオンリーと同じ誕生日。ミラクルを起こせるかも。
当日は、ワンアンドオンリー同様、調子良いので、けっこうイイせんいかるかも。
騎手さんは、元気のないときは楽しく盛り上げてくれる存在だけれど、元気なときは、うるさく感じてしまうかも。


<ワールドインパクト>
もともと気が大きくて先を急ぐタイプだけれど、しつけられてセーブできている。行っていいとなったら急加速していく感じ。
当日は、カーディナルクロスにはまっているので、神経がピリピリして、気が急く傾向がありそう。
騎手さんとは、気が合い、ノリが合うので、充実した走りができる相性。


<ベルキャニオン>
独特な魅力がある。エネルギーがあるが、無理なくコントロールされていて、バランスが良い。
当日は、プレッシャーが大きく、いまひとつ本来の良さを発揮できないかも?
騎手さんは、楽しみながらうまくコントロールしてくれる存在。胆力を出させてくれる。しかし、騎手さん自身は、このお馬さんに、何か苦手意識を感じてしまう面が。


<レッドリヴェール>
理想に向かってまい進できるお馬。日程や時間割など、計画通りにきちんと進まないと嫌がるかも。
当日は、そつなく気持ちよく元気に走るのでは。
騎手さんにはハッパをかけられるけれど、それはもしかしたら本当はイラつくことかも。


<ハギノハイブリッド>
頑張り屋さんで、禁欲的で、いつも緊張してる感じ。
当日は、さらに頑張る星回りだけど、心の中はかなりセンシティブになってるから、「よく頑張ってるね」とちゃんと褒めてあげることが大切。


<タガノグランパ>
公の場ではどっしりと構えているが、プライベートでは落ち着きがなく、扱いを間違えると気難しくなったりする。でも、しつけがうまくいけば、天才肌で根性がありモチベーションが高い。
当日は、魅力が増すけれども、やりすぎになる傾向あり。このレースをきっかけに、初心に戻ってスタートしなおす心境になりそう。


<エキマエ>
賞金狙いのお馬。馬力があり、我慢強く、人当たりも良い。
当日は、賞金を狙っていけるけど、ちょっと価値観を変えようかなと思う出来事があるかも。(我慢しすぎない競馬をしたくなるかも)


<トーセンスターダム>
気が急ぐ。短気で神経質でちょっと強引な面も。才能はあるが、気分の変化を受けやすい。
当日は、水の星座のグラトラができる。気分よく走れそう。
騎手さんとは、騎手さんの力で人馬一体化してカリスマ馬になれる、運命的な相性。


<アドマイヤデウス>
マーペースでこどもっぽい。好きなモノは好きだが、好きでないものは受け付けない頑固な面も。ちょっと気分屋。良い人にしつけられて、まともなお馬さんになる。
当日は、いつもよりさらにしっかりしつけを強化。
騎手さんは、俺様でマイペースなお馬さんに、内心イラッとすることあるかも。


【結論(予想)】
(すべてのお馬さんや騎手さんを検証しきれていない部分は、どうかご勘弁を!)
トゥザワールドは、どちらに転ぶかわからないトガッた勢いがありますね。
円満な感じで良いのは、ワンアンドオンリーでしょうか。

1.ワンアンドオンリー
2.トゥザワールド
3.イスラボニータ
4.トーセンスターダム

これでいかがでしょうか!
さてさて、明日を楽しみに待ちましょう~♪
【結果】
1、ワンアンドオンリー
2、イスラボニータ
3、マイネルフロスト
4、タガノグランパ
5、トゥザワールド
でした!
ワンアンドオンリー、当てました!
この調子で、次回は有馬記念に挑戦してみます。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年9月 »