« ミュゼプラチナムさま社内報『BICE』 | トップページ | ドラマ『ゆとりですがなにか』と冥王星蠍座世代 »

ドラマ『ダメな私に恋してください』ディーン・フジオカさん

このところ、身近なところで、ディーン・フジオカ大絶賛ムーブメントが起こっていたので、注目していました。
「ディーンのインスタグラムを見て!どの角度の写真もステキ!」「非の打ち所がないカッコよさ」等々の大評判なため、さらに美容院や職場などあちこちの女性にインタビューしてみたところ、一様に「良い」という反応でした。すごいですね。

そんな周囲のムードにのせられて、
ドラマ『ダメな私に恋してください』を観てみました。
確かにカッコいいかもしれないですねディーン。

ホロスコープを見てみましょう。
ディーン・フジオカさん
太陽獅子座・・・納得です。主任、けっこうオレ様口調ですものね。
でも、あの優しさとスマートな感じは何でしょうか。
金星蟹座、火星天秤座。なるほど。
脱サラして喫茶店のマスターになって料理をしたり、なんだかんだと面倒見が良かったりする役(元ヤンキーで親分肌。子分が慕ってくる)でしたが、そのあたりは、金星蟹座&太陽獅子座のミックスを感じますね。
客観的で理性的な視点と、周囲の人をえこひいきしない態度、それとスマートなイメージは火星天秤座ですね。そのぶん、好きな人だけにまっしぐらに行けない変な優しさが生まれます(火星は天秤座ではデトリメント)。

そして、すごく葛藤な部分は、月が蠍座・天王星合・太陽スクエアですね。
月と太陽がスクエアの人を観察していると、ほんとうに苦労性だなと思います。
「ほんとうはこれがしたい、自分が生き生きとするのはこちらだ(太陽)。でも家族やいろいろな事情があるから(月)どうしても行けない。断ち切ってあちら(太陽)に行くか、それとも人情を優先してこっち(月)でやっていくか・・・」みたいなことをいつも葛藤しているのを見かけます。
ディーンさんの場合は、月が蠍座なので、情が深い分、その絆がしがらみが深くて、やすやすと自分らしい太陽を発揮できない人生場面が多かったかもしれません。
また月に天王星が合ですので、様々な家庭の事情で十分に甘えられなかった(早くから独立を迫られた)幼少期だったかもしれません。
かなり自分自身の中での葛藤が深い部分を持っているディーンさんです。
このドラマでも、家庭面や恋愛面でいろいろな事情がある様子でしたね。

でも、スクエアはノエルティル流に言うと「成長のための緊張」ですから、この人が成長したあかつきにはどうなるかというと、「家族や身内などの絆を大切にしつつ(蠍座月)、依存しすぎることなく(天王星)、自分を輝かせてオリジナルな生き方を生き生きと表現する(獅子座太陽)成熟した男性」になるというわけですね。

このドラマでそれを実現させるきっかけになったのが、柴田ミチコ(深田恭子)の存在です。
柴田は依頼心の強い貢ぎ体質の残念な女子という設定ですが、見ていると甘え上手ですよね。
演じている深キョンのホロスコープを見てみると、
太陽蠍座・金星合、月は牡牛座(太陽とオポかも)木星とオポです。
太陽・金星合の人はほんとうに愛され上手ですよね。加えて蠍座ですから、甘え上手なわけです(甘えている風で実は支配していたり)。さらに月牡牛座で木星とオポなので、何でも手に入れちゃう感じですよね(逆に貢いでしまうというふうにも出たり)。
ドラマの中で、自立しようと一人暮らしをがんばっていましたが、こういう人はかなり難しいのではないかと思いますね。適材適所で長所を生かした生き方が良いんじゃないかと思います。
そういう意味で、月蠍座で徹底サポートしてくれる主任に出会えてよかったですねと言いたいですね。(太陽双子座・月山羊座の最上くん(三浦翔平さん)では、依存するには力不足)

主任にとっては、しっかりコミットしたい月蠍座を満足させられるような、身内感があってピタッと寄り添える(甘えられ、それに応えることで、自分の甘えも満たす)相手が柴田だったというわけです。
同時に、支配されないぞとばかり多少突き放して(天王星)、オレ様な態度を見せて自分の威厳を保ちつつも(獅子座太陽)、食事などかいがいしく世話を焼いて彼女を守り抜き(金星蟹座)、でも、仲の良いケンカのような小競り合いみたいなことをしている(太陽・月スクエア)様子が、ディーンのホロスコープをくまなく使って表現できているなと思います。

そのわりに柴田は少々鈍感で(月牡牛座)、なんだかんだやってもらって依頼心も甘えも支配欲も(蠍座太陽・金星)、安心安全な生活環境も(月牡牛座)、自分にとって重要なものすべて手に入れられて結局幸せをつかんでいる様子も、深キョンのホロスコープをしたたかに使って表現できているなと思います。
配役が絶妙なドラマでした。
(余談ですが、最終回のストーカー役が柄本時生さんには笑いました。なんて贅沢!)

ちょっとした疑問ですが、不動宮(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)の人って、スクエアやオポで相性が悪いとされる同じ不動星座の人と恋愛や交際しているのをよく見かけるのですが、どうしてなんでしょうか。
謎です。(心当たりのある方、教えてください^^)


ところで、ニコラボさんのニコプラネット(http://nicopla.net/)さんの方で、記事をUPしていただけることになりました。 (ありがとうございます!)
今回、二コラボさんの会合で「獅子座男性の魅力って何?」みたいな質問をさせていただきました。
「獅子座は素敵ですよ。たたずまいや存在感が」「孤高のひとですよ」「孫正義のような、頭がぴかッとした感じがまさに獅子座」「ステテコはいてても素敵」とか、「自分の好きなことを、好きなようにしている。くもりなく。」「遊びが仕事のような、楽しむ力がある」という意見がありました。

獅子座は、大きく赤々と燃えている太陽ですが、近くに寄るものを焼きつくしてしまうほどの高温の熱ですから、実は孤独です。たとえ周囲に星たちをはべらせ回していても。
孤高の人というのはそういうところでしょうか。プライドとか。
人に影響されたり支配されたりしてしまっては、自分色の太陽は輝かせられないですものね。
でも獅子座さんたち、実は寂しがりやな人って意外と多いですよね(そんなことを言うと怒られるでしょうか)。

私は、父が獅子座だったのですが、まぁ獅子座の悪い面が出ているときは、家族全員困ったな~と思うことがしばしばでしたが、死んで居なくなってからはほんとうに寂しいですね。
太陽の存在感の大きさですね。
あれだけ夫婦喧嘩していた母も今では「お父さんの良いところしか思い出さない」などと言って泣いたりしています。(死んでしまうと、みんないい人になってしまうようです。)
私はどちらかというとお父さん子だったので、ほんとうに寂しいです。

そんなこんなで、終わります。

|

« ミュゼプラチナムさま社内報『BICE』 | トップページ | ドラマ『ゆとりですがなにか』と冥王星蠍座世代 »