« 2017年9月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月

子どものころ印象に残った童話とホロスコープ

子どものころ印象に残った童話は、その人の人生の脚本になっているという説を聞いたことがあります。

自分のホロスコープと照らし合わせると、案外それを象徴する箇所があったりします。
童話でなくても、マンガやアニメやライトノベルなどでも効いているのではないかと、息子たちを見ていてそう思います。

西半球DES付近に太陽のある長男は、学園ものや青春群像もの、
南半球MC付近に太陽のある次男は、努力して成功を勝ち取っていくストーリーを好みます。

私の場合は、ひとつは『マッチ売りの少女』。
もうひとつは『幸福の王子』。

『マッチ売りの少女』の方はけっこう私のコンプレックスを象徴していて、
いまだに、良くも悪くも強く支配されている部分があることを痛感します。
―――寒い夜、貧しい少女が街角でマッチを売っているものの、誰も買ってくれず相手にもしてもらえない。寒い。
ふと、建物の窓の中を覗くと、そこには暖炉の火が燃えている暖かな部屋と、テーブルには御馳走。クリスマスツリーが飾られ、子どもたちがサンタに貰ったプレゼントに歓声を上げている。お父さんとお母さんが笑顔でいる暖かい光景…。
少女は寒さをしのげる場所を探し、持っているマッチを灯しながらわずかながらの暖をとる。寒い。寂しい。誰も助けてくれない。―――
たぶん挿絵の印象が強いのか、こうしたイメージが強く残り、
「マッチなんて売ってちゃダメだから、ちゃんと働いて、あの暖かなお部屋の中のほうの人にならなければ。」
なんてことを、幼心に強く思ったことを今でもよく覚えています。
もう、暖房のきいた部屋に暮らせるし、クリスマスの御馳走も並べられるし、クリスマスツリーも飾れるし、子どもたちにサンタのプレゼントをして喜ばせることもできるようになって、もう窓の中の人になれたのに、私の中にはまだ、窓の中を凍えながらお腹をすかせながら覗いているマッチ売りの少女がいることを実感します。
(占星術的には、北東半球の強調、両親問題、自己価値問題、2ハウス太陽と6ハウス土星、そして8ハウス、12ハウスなどに現れているかな。)

もうひとつは『幸福の王子』。
―――街を見下ろせる場所に立つ王子の銅像。体は金箔、目は宝石でしつらえてあります。王子は、貧しさや病気で困っている家庭を見つけては、ツバメに体の金箔をはがして持っていかせ、最後には宝石の眼をもっていかせて、ついに朽ち果て、ツバメも死んでしまう―――
これは、私のホロスコープでは理想主義の現れで、職業選択に大いに影響していると思います。
(海王星(5ハウス支配星)が1ハウス、11ハウスに木星と天王星のアイランドなど)。


ホロスコープは自分らしい生き方をあらわすもので、活用できていない部分があると不全感が生じると、昔なにかで読んだことがあります。

どんなアスペクトでも、さまざまな階層レベルで活用できますから、がっかりする必要なんてありません。
「建物でいえば、暗く冷えた地下深くから、光を浴びる最上階まで、エレベーターで移動できる。」と、ノエルティル占星術の新里ひろき先生(2015年のセミナー)はおっしゃっていました。
できることなら最上階と言わず、宇宙エレベーターなんかでもっともっと高くまで行ってみたいものですが。

これを読んでいるかた。
こんどもし何かでお会いする機会があったら、
あなたの「印象に残っている童話」や「好きな物語」を聞かせてください。

|

2017年11月の星占い

<今月の星の動き>
木星が蠍座に入り、数週間たちましたが、いかがですか?
自分が所属する場所が明確になったり、深い関わりのご縁が生まれたり、
逆に埋めようもない溝が生まれたり、別れを経験したりといった出来事が、
早速起こった方もいるのではないかと思います。

11月の星の動きのトピックは、木星と金星の合。
11月14日に起こります。
金星の動きを追っていくと、今期は、甘く密度の濃い恋愛がテーマとなりそうです。
火星と冥王星がスクエアにもなるので、究極の恋、奪い奪われるような恋、
そして官能的なエピソードなんかも生まれそうですね。
背景に土星と天王星のトラインが起きているので、
常識を刷新するような目覚めなどもあるかもしれません。

今回は、全星座恋愛運でいってみます。
(ちょっと射手座をひどく書きすぎました。射手座諸君、すまん!)


<牡羊座>
波乱含みの運気。
長期的な関係や絆づくりを意識したいとき。
交際中の人は、親密度は増すものの、
執着心や嫉妬心が強まる傾向が。
ライバル登場の暗示も。
まずは冷静に。
募集中の人は、出会いから一気に深い仲へ進展する予感。


<牡牛座>
出会いの多い運気。
募集中の人は、職場だけでなく、
取引先など仕事関係のご縁に注目してみて。
礼儀正しさや清潔感が好印象です。
目上の人に仲介役を頼むのもグッド。
交際中の人は、対等な関係づくりを試行錯誤する必要がありそう。


<双子座>
殻を破る必要あり。
「おりこうさん」や「おすましさん」は卒業を。
募集中の人は、出会いの数は少ないものの、
将来有望株とのご縁が。
大胆なアプローチは逆効果。
常に笑顔キープで徐々に距離を縮めて。
交際中の人はスポーツデートが◎。


<蟹座>
自己アピールが成功し、喜びにあふれる時期。
これまでの努力が実を結び、意中の相手と急接近の予感。
片思いの人は、想いを伝えるチャンス。
募集中の人は、お見合いにも期待大。
交際中の人は、可愛いワガママが愛を深めます。


<獅子座>
感情過多になり、心身のバランスが崩れやすい星回り。
リラックスしてつき合える異性が好相性です。
片想いの人は、告白しても手ごたえに欠ける時期なので、待って。
交際中の人は、鍋を囲んだり、気持ちを労わり合ったりすると吉。


<乙女座>
楽しいハプニングの予感。
懐かしい人と再会し、恋心が復活する可能性が。
募集中の人は、趣味を通じた出会いに期待できそう。
また身近な異性が恋人に昇格したりも。
交際中の人は、会話する機会を増やすと招運。
メールよりも電話を。


<天秤座>
安泰ムード。
交際中の人は、グルメデートが楽しめそう。
映画やコンサート、美術館、舞台といった、
芸術系のものを一緒に味わうのもお勧め。
ただしマンネリに陥りやすいので工夫は必要。
募集中の人は、条件にこだわりすぎてチャンスを逃さないよう気を付けて。


<蠍座>
魅力的になり人気運がアップ。
異性からの楽しいお誘いが増えそう。
募集中の人は、出会い頭の恋など、
突然始まり急進展する恋愛に縁が。
交際中の人は、障害のある関係ほど燃えそう。
結婚を考えているなら、今が話を進めるチャンス。


<射手座>
密かに想い焦がれる恋になりそう。
片思いの人は、相手の気持ちを裏読みしてドツボにハマる恐れ。
危険な恋に憧れやすい時期ですが、妄想だけにとどめておいて。
交際中の人は、煮え切らない恋人の態度にイライラも。
冷静さが大切。


<山羊座>
対人関係を中心に活気ある星回り。
異性同性問わず、心強い協力者が現れる予感も。
募集中の人は、友情が恋に発展しやすいので、
サークルや研究会に参加するのはお勧め。
異業種交流会なども◎。
交際中の人は、切磋琢磨する関係に。


<水瓶座>
仕事にスポットが当たる星回り。
恋愛を後回しにしやすく、態度もそっけなくなりがち。
交際中の人は、いつもより愛情表現を大きめにして。
募集中の人は、プライドが邪魔をしてチャンスを逃す傾向が。
フランクな態度で接すると◎。


<魚座>
楽観的なムードで希望が感じられる星回り。
片思いの人は、想いが成就する兆し。
電撃的な出会いの予感も。
外国人や知識レベルの高い人とのご縁に注目を。
交際中の人は、海外などの長距離旅行に出かけると、
絆がグッと深まります。




|

« 2017年9月 | トップページ | 2018年1月 »