« 2021年1月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年2月

映画『花束みたいな恋をした』菅田さんと有村さんのプログレスシナストリー

おばさんですが、若い子たちの恋愛をみたくなって観てきました。
平日の昼間だったからか、観客70歳オーバーの女性が多くてとても和みました。

ストーリーは、若い男女が意気投合してとても仲の良い恋愛期間を過ごし、仕事など社会との関わりが増えるにしたがってすれ違って別れるというお話。
大学生から社会人になっていく過程で、どのカップルも必ず通りそうな別れまでの展開なので、観ていて苦しい人も、あるいは思い出して苦しくなる人も、結構いるのではないかなぁ…。

それにしても、趣味や考えていることなどが合う意気投合した恋愛というのは、花束のように貴重ですね。

☆この二人のホロスコープチャートを出してみました。
内円:有村架純
外円:菅田将暉
Photo_20210222222901
やっぱりこうなりますね。
ずいぶん気が合うなぁとか、感覚が似ているなぁと思う人は、誕生日が近い(惑星配置が同じ)人が多いですよね。
特に、菅田将暉さんの月が有村架純さんの太陽と合なので、菅田さんが有村さんをサポートしながら一心同体のようについて行く感じになります。
この感じ、わかりますか?自分の月の上に太陽を載せてくる人について行ってしまう感じ。

ふたりとも、金星+火星+木星のTスクエア同士なので、これはこんな熱烈な恋愛になりますよ。はい。
で、やっぱりすれ違って行ってしまうのは、菅田さんが太陽を生きるようになったからですよね。
少しの度数の違いですが、菅田さんは太陽魚座、有村さんは太陽水瓶座。
度数が近いけれども星座が違う者同士って、「似ているけれども違う」というのが際立つようですね。

もともと大きく違えば気にならないものを、たった少しの違いがすれ違う原因になっていくというのは、切ないものがありますね。相性は良かったのに。
通常、あの段階でプロポーズされたら結婚してしまうもののような気がしますが、
まぁでも、月同士がスクエア(有村架純:月蠍座、菅田将暉:月水瓶座)というのは、やはり肌感覚として埋めがたいものがあるのでしょうか。
そもそも、有村さんは太陽スクエア月の人なので、自分自身の問題として、結婚に踏み切れない何かを抱えているのかもしれませんね。
とか難しく考えているけど、単に、似ていて兄弟みたいな感覚になって他を求める、みたいな生物学的な選択かもしれませんし。

若い時期に同性なり異性なりと、一心同体のような仲の良い状態を経験するのは、発達的に良いみたいなことを何かの本で読んだな…(そのあと自立する流れになりますが)。
そういう貴重な時期を拝見させていただいた気がします(おばさんです)。

☆さて、相性を見るうえで参考にしたいのが、プログレスシナストリー。
ふたりが出会った2015年はどうかというと、
Photo_20210222222902
ふたりのP(プログレス)金星同士がぴったり合です。
すばらしい。
通常、しばらく同じペースで一緒にプログレスしていくものですが、残念、菅田さんのP金星は逆行していくので、離れていってしまいます。
2019年別れていった時がこれ。オーブが消えていく瞬間(点線)。
Photo_20210222222903

ところが2020年、ひょんなところで再会。
2021
菅田さんのN(ネイタル)金星と、有村さんのP火星がスクエアで角度を取り始めました(プログレスシナストリーでは、ハードアスペクトほど良い)。
これは再燃の予感を感じますね。
映画はここで終わってしまいますが、つづきのプログレスシナストリーをみてみますと…。

ピッタリ角度をとるのが2025年。
2025
ここでまた付き合い始めたらおもしろいなぁ。

さらに2029年はすごいです。
2029
菅田さんのP太陽が、有村さんのN金星と合。
菅田さんのN金星とP金星が、有村さんのP火星とスクエア。
菅田さんのP火星と、有村さんのP金星がスクエア。
(もともと菅田さんのN火星と、有村さんのN金星はタイトにスクエア)

ここで「やっぱり私たちは運命だ」となって結婚などしたらおもしろいなぁという、希望的観測というか、妄想的その後の展開を語ってみました。

2029年、ふたりでまた、こんどは大人な恋愛映画作品などいかがでしょうか、なんていうも期待も込めて。

ではでは。

|

ミュゼプラチナムさま『BICE』2021年の運勢12星座占い

ミュゼプラチナムさまの社内報『BICE』とメルマガにて、

2021年の運勢12星座占いを執筆させていただきました。

ありがとうございます。

かわいいイラストで仕上げてくださいました。

感謝申し上げます^^

1

2_20210202162301

3

4

5_20210202162301

6

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年12月 »