« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

振り返りからの2022年

なんだかんだとご無沙汰しております。

さて、

2020年からの振り返りと、

今後の展開を見ていきたいと思います。

 

2020年、山羊座で土星コン冥王星(1/13)

2020

例のものが流行り始めた年ですね。

土星・冥王星というと極限の忍耐的な意味合い。

自粛、マスク、ソーシャルディスタンス、

クラスターが発生して大騒動になったりとか。

極限の恐怖と忍耐みたいな感じがありましたね。

山羊座でこのアスペクトなので、現実的な世界(社会的世相的)の面での極限状態です。

 

2021年、土星□天王星(2/18、6/15、12/24)3回

2021_20220103003401

土星・天王星というと、新旧交代、古いものがひっくり返って新しくなる意味合い。

お注射が始まり、テレワークが広まったり、新しい生活様式とかですかね。

ニュースでは大きく言われない部分で、ひっくり返りがあったとかも…。

(後年になって、表に出たりするのでしょうね…)

2021年、このハードなアスペクトが3回あったのですが、どうですか?

個人的には(私的なことではなく)このあたりの時期は厳しい感じがしましたが…。

土星は水瓶座、天王星は牡牛座なので、金融や精密機器や技術面での変化になりますが、

噂では聞きますが、今年あたり公表されたりするのでしょうか。

 

2022年、魚座で木星コン海王星(4/22)

2022

木星・海王星は、精神世界やスピリチュアルな意味合い。

現実離れしていると思われるかもしれませんが、

最近、盛んに言われ始めていることで(今までも言われていましたが、切実さを持って特に)

ビジョンを描いて引き寄せたり、潜在意識を顕在化したり、波動を上げたり、

目覚めとか、意識の切り替わりとか、未来は自分の力で創造するものとか、ありますね。

そういう感じのムーブメントが大きくなっていくのでは。

特に魚座でのアスペクトなので、スピリチュアルや癒しに関連したことで現れそうです。

代替医療なども広まっていくのではないかと思います。

一方、

魚座で木星海王星と言うと、悲しみや犠牲的な意味合いもありそうですね。

原因不明の病気とか、免疫の問題とか、薬害とか、見えないものの問題(またウイルスですかね)、

悲しみを癒す意味合いでのスピリチュアルとか、ありそうな感じもします。

 

また、2021年に引き続き、土星□天王星のオーブ圏内にありますから、

ひっくり返りのような出来事も次々に起こったりするものと思われます。

 

2022年は、5月12日~10月28日で、木星が牡羊座に入ります。

この期間は、新しいことに挑戦したりして、アクティブに活動したい時期になります。

世の中的にも新しいものが立ちあがったり、活気にあふれたりする時期になりそうです。

10月28日~2023年3月21日は、木星は魚座に戻りますので、

挑戦したことの反省点を元に、もう一度、

準備をする期間になります。

イメージワークなどして新しい生き方や世の中を作るための意識作りをするとか、

癒しきれていない過去の傷を見直すとかですね。

 

良い世の中になるといいな…という他者依存的な意識ではなく、

良い世の中にするぞ、幸せになるぞ、という自分目線での意識が必要なようですから、

おたがいに頑張りましょう。ということで…。

(その後の大きな流れは次回。)

 

|

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »