« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年以降

このあいだ、振り返りからの2022年を書きましたが、

そのつづきなど。

 

2022年 (土星□天王星のオーブ圏内)

    4月 魚座木星コン海王星

2023年3月 冥王星水瓶座in 

    6月 冥王星山羊座in

2024年1月 冥王星水瓶座in

    9月 冥王星山羊座in

    11月 冥王星水瓶座in

2025年3月 海王星牡羊座in

    7月 天王星双子座in

    10月 海王星魚座in

        11月 天王星牡牛座in

2026年1月 海王星牡羊座in

    2月 牡羊座土星コン海王星

    4月 天王星双子座in

2028年6月 土星□冥王星

    11月 土星□冥王星

2029年5月 土星□冥王星

2032年1月 双子座土星コン天王星

2033年9月~2034年1月 土星□海王星

2035年10月~2036年7月 土星オポ冥王星

2039年10月~2041年7月 天王星□海王星 (※シンギュラリティ=メディア・テクノロジーの発達)

2042年1月~2042年3月 土星オポ海王星

2043年1月~11月 土星□天王星

   6月~8月 土星オポ海王星

2044年11月 土星□冥王星

    12月 冥王星魚座in

2046年9月~2048年6月 天王星オポ冥王星 (政治、文化の意識改革)

 

と、こんな感じの流れになっています。

来年の春(2023年)、冥王星が水瓶座にイングレス(破壊と再生)するのを境に、

2025年の海王星牡羊座イングレス(理想やイメージや宗教性的な価値観の変化)、

天王星双子座イングレス(言語やコミュニケーションの変化)、

と、時代の色合いが一気に変わっていきそうですね。

その後、土星の動きに合わせて

土星と海王星土星と冥王星土星と天王星のアスペクトを挟みつつ、

2039年には天王星□海王星があります。

これは科学技術やメディアの発達に関するアスペクトです。

2045年にシンギュラリティーが起こるのではと言われていますが、もうこの2039年あたりから大きく舵を切ってきそうな感じがしますね。

※シンギュラリティーとは、

AIが人類の知能を超える技術的特異点や、AIがもたらす世界の変化。

・雇用の変化(一部の仕事や職業が人工知能に置き換わる)

・社会制度の変化(ベーシックインカムなど所得の保証)

・人体への変化(人体の一部を人工化)

 

巷では、2040年問題(海面上昇)がささやかれていますが、ご存知でしょうか。

2046年には天王星オポ冥王星がありますから、政治や文化的な面での大きな変化の時期も起こりそうですし、

2040年近辺以降、何か地球や人類規模での大きな変化あって、技術的にも大きな変革が起こりそうな予感がします。

 

冥王星水瓶座では(2023年3月~2044年12月、最初のin)、何を破壊と再生していくのでしょうか。

国境?肉体?知性?現代技術?

(ちなみに、冥王星山羊座では社会や政治を破壊と再生をしていきました。と言っても2022年3月現在、再生はまだされていないような気もしますが…。)

冥王星水瓶座では、AI化へ大きく舵を切っていくというふうにも考えられますが、

逆にAI化を水瓶座の象徴とすると、AI化を破壊と再生するというふうにも読めるのではないか…とも思ったりします。

やはり二極化でしょうかね…。はたしてどうなっていくのやら…。

 

では今日はこんなところで。

|

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »