« 2023年2月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年3月

『夕暮れに手をつなぐ』北川悦吏子さん

北川悦吏子さんのドラマ『夕暮れにてをつなぐ』

良かったですね~。細部まで。
恋愛ドラマであり感情ドラマですよね。
しばらく余韻に浸っていました。

そこでムクムクとわいてくるのが「役者さんのチャート上の関係性はどうなっているのか見てみてみたい!」ってことなんですが(笑)

というわけで出してみました。
☆浅葱空豆(広瀬すず、内円)&海野音(永瀬簾、外円)
Photo_20230327024301
・月星座が同じ牡羊座。太陽がふたり風星座(空豆は双子座&音は水瓶座)。
まるで幼馴染のように日常生活で気が合って一緒にいられる感じですね。
お手玉を投げ合ったりじゃれ合ったり、楽しそうでしたよね。
それによって元気になれますし、何ならケンカもエネルギーチャージのひとつになります。
太陽同士が風星座というのも、人生の目的の上でも気が合いますね。一緒に歩いて行かれそうです。
・金星同志はスクエア(空豆は牡牛座&音は水瓶座)
美意識や趣味志向に関しては性質が違います。クリエイティブな人生選択では気が合うものの、その方向性は、服飾と音楽とで違っています。
でも、他の星の角度が良いので、一緒に共同創造的な作業ができるという感じでしょうか。
・空豆の太陽(双子座)を中心に、音の金星(水瓶座)と火星(天秤座)で風のグランドトライン。
音の恋愛モードは空豆の登場でスイッチが入り、二人の世界が創り上げられます。グラトラは閉じた意味合いもありますから、二人独特の言語や意思疎通の仕方が出来上がりそうですね。
・音の太陽(土星・火星とTスクエア)‐0度‐空豆の海王星(海王星□土星)
空豆の夢や理想(なかなか困難なことも多い夢)を、音が背負っていく(絶え間ない努力を通じて実現していく)形ですね。
ストーリー的にもその通りで、これか~(!)と思いました。

☆空豆(広瀬すず、内円)&アンダーソニア久遠徹(遠藤憲一、外円)
Photo_20230327024302
では、デザイナーの道のはじめの一歩を導いてくれは作ってくれたアンダーソニアの師匠との相性はどうだったのでしょうか。
・金星同志が牡牛座、水星同士が蟹座
美意識面で意気投合し、なおかつ師匠の話や考えがツーカーでわかる相性です。
・空豆の海王星を、師匠の木星と土星が挟んでいる。
空豆の夢や理想(海王星)を実現化するための、社会的な導き(木星・土星)を与える相性です。
社会的な成功のための現実的な努力の方法を、褒めたり叱ったりして教える先生を師匠(遠藤憲一さん)は担っています。
は~、すごい出会いと相性ですよね。

☆空豆(広瀬すず、内円)&音(永瀬簾、中円)&下宿先の大家さん雪平響子(夏木マリ、外円)
Photo_20230327024303
・空豆と音の気の合う日常生活(月同士牡羊座)に、まるで親戚のような距離感で楽しくかかわってくれる響子さん(水星・金星牡羊座)ですね。
響子さんの話や思想(水星)、そして人間関係や美意識(金星)を、二人(月)は子供のように吸収します。
・二人の土星(土星□海王星)‐0度‐響子さんの金星・木星
この世代に共通する悲観的になりがちな土星を、響子さんの金星と木星で発展性を与えたり楽しみを見出したりしています。
つまり下積み生活を支える応援団みたいな感じですね。
大家さんは響子さん(夏木マリさん)でなければ!という相性です。

☆空豆(広瀬すず、内円)&母、浅葱塔子(松雪泰子、外円)
Photo_20230327024304
母親との関係はどうでしょうか。
・空豆の火星‐0度‐母の土星。空豆の月‐180度‐母の天王星
空豆にとって厳しめのアスペクトが二つ。
行動力を抑制したり努力を強いたりする面と、安心安全であるべき幼少期の生活が切り離される意味合い。
・母の金星・火星‐180度‐空豆の土星
それは母親にとっても抑圧や禁欲や努力を強いるものでした。
・母の太陽・海王星・水星(□月)‐0度‐空豆の冥王星
母の人生の目的(太陽)や夢・理想(海王星)や仕事面(水星)は、そもそも母としての役割(月)との両立に苦難しがちな形をしています。
そこに空豆の冥王星が合しているので、母は人生に大きなスイッチを入れられた形になったのでしょうね。
死と再生レベルの冥王星ですから、子どもを置いていく覚悟も並大抵ではなかったと思います。
・空豆の水星‐180度‐母の木星
空豆の仕事(水星)を応援し、パートナーとして引き出すように木星を対向からかける形の母です。
この空豆の水星は、アンダーソニアの師匠の太陽と水星をしっかり吸収したものであることを忘れてはなりません。
また『夕暮れに手をつなぐ』というタイトルは、母と空豆のことだったのですね。最終回のあのシーン、とても良かったです。
恋愛ドラマのようですが、実は母娘のドラマでもあったんだ(!)ということにハッとしました。

☆北川悦吏子さん
Kitagawa
Ap
作者である北川悦吏子さんのチャートはどうなっているんだろうと思って出してみました。
・AP=水星/金星、太陽/火星、太陽、太陽/金星、火星
射手座最終~山羊座初期のあたりに、太陽・金星・火星・水星が固まっています。さらにそこに天王星がトラインで援護射撃。
これAPポイントですね。
すごいですね~。恋愛ドラマの女王。
きっちり社会に打ち出していく山羊座。そして公衆に広く知れ渡るAPポイント。
そしてありきたりでないハッとするストーリーを仕掛けてくる(天王星)。
見事ですね。
・蟹座月‐180度‐山羊座土星
あんなに感情をゆすぶられるストーリーなのに、北川さん自身の感情や日常生活面では抑制的。不思議ですね。
エモーショナルな作品を残す方でこの月・土星のアスペクトを持つ方をよく見かけます。
土星が感情に形を与える働きをしているのでしょうか。
月は肉体をも意味しています。
心身にストレスがかかりがちなので、どうぞお体を大切にして欲しいです。
そしてまたエモーショナルな北川作品をお願いしたいと思います。

今回も、役者さんのホロスコープチャートが、ドラマとリンクしていて面白いなということがわかりました。
またやってみます。



|

« 2023年2月 | トップページ | 2023年8月 »