« ドラマ『光る君へ』⑨道綱とまひろ&さわ | トップページ | ドラマ『光る君へ』⑪伊周(三浦翔平)と道長 »

ドラマ『光る君へ』⑩道隆(井浦新)と高階貴子(板谷由夏)


少し前に、関白・藤原道隆(井浦新)が、糖尿病にてお亡くなりになりました。

父・兼家の最後と同じように、夫婦でむかし送り合った和歌を詠み合って逝くさまが描かれていて、
この摂関家(以前は右大臣家)の家風は文化的なんだなぁ…
(たしか定子の最後も夫・一条天皇に向けた和歌を残したようですし)というふうに思いました。

文化的と言えば道隆の妻・高階貴子(板谷由夏)は、聡明で学識豊か、良妻賢母であることで有名ですね。
若手を集めて歌会など開いており、夫の良きサポート役を担っておりました。

では、この二人の相性を見てみましょう。
内円:高階貴子(板谷由夏)
外円:藤原道隆(井浦新)
Photo_20240512235101 

この夫婦、意外や意外、スクエアが多いのです(赤線)。
道隆の金星□貴子の月・海王星
貴子の月□道隆の木星
貴子の太陽□道隆の火星・冥王星
貴子が煽られる感じのスクエアです。

そして特徴的なのは、
お互いの水星がトライン。
貴子の水星コン道隆のドラゴンテイル
貴子の月コン道隆のドラゴンヘッド
道隆の水星60貴子の月
道隆の太陽60貴子の土星

水星が効いているのは、文化に造詣が深く、
和歌などのコミュニケーションを大切にしている様子がよくあらわれていると思います。
ノードの相性なので、前世からのご縁でしょうか。
水星-テイルなので、前世では朋友とか。
月・海王星-ヘッドなので、今世では理想的な妻とか。

ネイタルとも合わせると
わりとゆるゆるな道隆(緑線-月・金星オポ木星□海王星)を、
グラトラ・カイト持ちの出来た貴子(オレンジ線-金星△月・海王星△火星・木星オポ天王星)
がサポートしていて、
さらに貴子の殻を破くべく道隆が煽っているように見えます。

道隆の死後、貴子は家族に訪れる不幸に翻弄され、つらい境遇に落ちていきますが、
それすらも、道隆が与えた殻を破く試練だったりするのかな…と思えました。

次回は貴子がつらそうな予告編でしたね。
蟹座の貴子(板谷由夏)が演じる母の姿に胸が締め付けられそうな予感です。

それではこのへんで。

|

« ドラマ『光る君へ』⑨道綱とまひろ&さわ | トップページ | ドラマ『光る君へ』⑪伊周(三浦翔平)と道長 »